記述があっているか間違っているか選ぶという問題の中で、
「タイやコイではえらにある塩類細胞が浸透圧調整にかかわる」
という記述に関して、私は○かと思ったら×でした。

「淡水産硬骨魚のえらにはほとんど塩類細胞が発達してないから」
というのが解説でした。

でもたしか。。。
「淡水産硬骨魚は体液浸透圧が、外液(川や池などの水)より高いので、外から水が入ってくる。
そこで、えらにある塩類細胞から、能動輸送によって、ナトリウムイオンを吸収し、多量の低張尿を排泄している。」んですよね?ではやっぱり上の記述は○だと思うのですが。。。
どうでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

そう断定的に教えれていたが、ちょっと待ったになっていた。

私見ですが、恐らくそういうことだと思います。

「水環境で生きるための化学」(広瀬茂久・中田勉。東京工業大学大学院)
http://www.hirose.bio.titech.ac.jp/kagaku.pdf

淡水魚のエラにある、ミトコンドリアの豊富な大きい細胞が、塩類細胞ではないかという仮説を、専門家が定説として教科書に載せるほど認めて、それを信じる素人が丸呑みにしてきたのですが、
研究技術の進歩した現在において、分子生物学的な説明が出来ずにいる状態のようです。


淡水魚と海水魚ではイオンの出し入れが逆ですから、海水魚と逆になる分子生物学的説明をあらためてしなければなりません。机上で矢印や言葉をひっくり返せば、済む話じゃないということですね。


先生と名の付く人が金とって断定ばかりしてきたということです。
定説を常に再検討する人が、真の科学者です。
どうしていいのそれでと疑問に思うのが、科学の精神です。
現象や数式を記述しただけで、現実になる訳ではないのです。


予備校の模試ですか?なかなか憎いことしますね。ついでに言うと、質問文は「鯉」のエラですから、解説文の内容はともかく、コイがそうでなければなりませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
添付資料までつけてくださってありがとうございます。
参考にしますね☆

お礼日時:2011/04/19 17:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクワガタムシのメスの見分け方

ノコギリクワガタとミヤマクワガタのメスの見分け方を教えて下さい。

Aベストアンサー

アゴの太さと色という感じがします。

参考URLが詳しいですので、ご覧ください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~id8k-sgn/baka99c/coelacanth/gal_miyama.html

Q海産硬骨魚の塩類細胞

海産硬骨魚を塩類細胞で能動輸送をして余分な塩分を排出する、というのは前からわかってました。しかしふと考えてみると、海産硬骨魚は外液より浸透圧が低いので、塩分が体内に多いほうが体内の浸透圧が高まり、水が体から出ていくのを弱めることができるのではないかと考えました。
そこで塩分が体内に蓄積するのは人間と同様に体に悪いんだろうなあと思ったのですが、わざわざ能動輸送するほど「体に悪い」というのはなぜなんでしょうか?なんとなく「体に悪い」のはわかるんですが、具体的にはわかりません。それとも別の理由で塩分を排出するのでしょうか?

Aベストアンサー

大量に塩分を摂取し、排出しなければまず血液の塩分濃度が上がりますね。すると細胞内のほうが低浸透圧ですから細胞が水分を放出して収縮し最悪死んでしまうし、血圧も上がるから各組織がダメージを受けるでしょう。

じゃあ細胞内のイオン濃度も上げてしまえばいいんじゃないか、と思われるかもしれませんが、細胞内の様々な生体機能の調節にはイオン濃度や膜電位が重要な役割を占めています。殺菌のために塩水を使ったりするのはイオンの急激な変化が細胞を死滅させることを利用しているからです。単細胞生物の細胞は多細胞生物の細胞より外界の変化に強いですが、その単細胞生物ですら普段生きている環境とイオン濃度の違う環境にさらされてしまえば死んでしまいます。高濃度の塩水が殺菌効果があるのはもちろん、逆に普段海水中で増殖している細菌は真水にさらすと死んでしまったりします。

当然のことながら魚が適切な量を超えるイオンを体内に取り込めば魚の細胞は死滅するでしょう。

Q鮭のオス、メスの見分け方

鮭を買うときに、卵が入ったメスが欲しいのですが、判別ができません。見分け方を教えて下さい。

Aベストアンサー

一番分かり易い見分けは、オスは目の先が長い。

<鮭のオス、メスの見分け方>
http://www.sapporo-park.or.jp/sake/data/smleaf06.pdf
http://ameblo.jp/ayannbo-blog/entry-10352811962.html

↓(例)上から オス、メス、メス
http://blog.goo.ne.jp/himitary/e/d51805255e168059c1f3e2e13d1a4288

Q塩類細胞について

魚が浸透圧調整のために塩類を排出・吸収する塩類細胞というやつがえらにありますよね?
これは何由来、何が発達して出来た細胞なのでしょうか。
魚が浸透圧調整のためだけにある器官だと思うので何から発達してこんな細胞が出来たのか気になります。

解るかたぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 個体発生のレベルで言えば、鰓の発生とともに分化した細胞でしょう。外胚葉由来か内胚葉由来かは判りません。

>魚が浸透圧調整のためだけにある器官だと思うので何から発達してこんな細胞が出来たのか気になります。

 塩類の調節は、何も塩類細胞の専売特許ではありませんよ。ただし、塩類細胞がその能力が極端に高いということです。

Na-K ATPaseと呼ばれる酵素が、塩類調節の要となるものですが、この遺伝子は基本的にどの細胞も持っています。これを大量に生産するように分化したものが塩類細胞です。元の細胞群の中から、どれが塩類細胞に分化するかは、鰓組織の中での細胞間での連絡によるものと考えられます。

系統進化的にみると、海産硬骨魚類では海水と体内の浸透圧差を調節するために、腎臓だけでは賄いきれない塩類排出(元は腎臓の役目だった)を補うために、たままた外界に最も接す場である鰓の細胞に、その能力を持たせたのでしょう。

Qグッピー 妊娠中のメスの見分け方について

妊娠中のグッピーのメスと普通のメスの見分け方は何ですか?
我が家のメスはおなかが少々膨らんでいて、あと目立つところは
おなかのお尻に近いほうの膜が黒ずんでいることです。
まだ飼って1ヶ月かそこらです。

グッピー初心者なもので、先日もいきなり水草の間に稚魚が1匹いることに驚きました。(アドバイスをいただきました)

見分け方を知っている方、ぜひ教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

1回の交尾で3回くらい子供を産みます。
黒いのはメスならたいてい黒か肌色っぽくなっていますので、目印にはならないです。

実際子持ちかどうかは、腹のふくらみ具合でしかわからないと思います。

Q海水産魚類と淡水産魚類で動物体液の浸透圧が違なるのはなぜ?

浸透圧の勉強をしています。大学受験問題です。
題名の通りなのですが、
動物の体液の浸透圧についてよく理解できません。
よく教科書に載っているグラフについてなのですが、ネット上ではみつけられませんでした。

○海産無脊椎動物と海産軟骨魚類はほぼ海水と同じ浸透圧をもっていますよね?ですが、その浸透圧調整の方法は
海産無脊椎動物はすべて無機塩類で調整しているのに対し海産軟骨魚類はほぼ半分を尿素で補っています。また海産硬骨魚類の浸透圧は、海水のほぼ半分です。
そこで質問なのですが、三種類とも動物なのにどうしてこのように異なるのですか?そもそも無脊椎動物と軟骨魚類、硬骨魚類とはどう違うのでしょうか?無脊椎というのはわかりますが、軟骨魚類と硬骨魚類の違いがよくわかりません。

○これも同様の質問になるかもしれませんが、海産硬骨魚類と淡水産硬骨魚類の体液の浸透圧はほぼ同じです。これもどうしてなのかわかりません。上のように同じ海産動物でも異なるのに淡水産と海水産が同じだとは…。もちろん淡水産と海水産ということで外液の濃度が異なるのはわかりますが、体液の濃度が異なるのはわかりません。

勉強不足ですが、どなたかご存知の方にアドバイスをお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

浸透圧の勉強をしています。大学受験問題です。
題名の通りなのですが、
動物の体液の浸透圧についてよく理解できません。
よく教科書に載っているグラフについてなのですが、ネット上ではみつけられませんでした。

○海産無脊椎動物と海産軟骨魚類はほぼ海水と同じ浸透圧をもっていますよね?ですが、その浸透圧調整の方法は
海産無脊椎動物はすべて無機塩類で調整しているのに対し海産軟骨魚類はほぼ半分を尿素で補っています。また海産硬骨魚類の浸透圧は、海水のほぼ半分です。
そこで質問なのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

無脊椎動物は体内に効果的に機能する浸透圧調整の機能を持ちません。
したがって、外界そのままの浸透圧を体内に持つ事になります。
しかし、高速で遊泳する運動機能(生理的な代謝や体内の様々な組織の分化とそれぞれの最適な機能環境など)や外界の変化に対応する順応力、の問題で、外界に直接影響を受けるままでは望ましくありません
進化の過程で、外界と異なる体液構造を持つことによって、身体の機能を高めてきたのです。
軟骨魚では、体内の尿素によって調整しており
硬骨魚では、腎機能によって体内の水分と塩分を適宜排出して能動的に調整しています。
海産魚と淡水魚との違いはあっても、同じ魚類としての体液構造や浸透圧の最適値はほぼ同じです(魚種によって多少の差異はありますが)

つまり魚としての体液の最適値を得るように調整機能が進化してきたと言うことでしょうか。

Q淡水産のエビの見分け方

 数ヶ所の湖や沼で、ほぼ透明のエビを見つけたのですが、体長や模様などから2種類にわけられるような気がします。淡水産のエビの見分け方について、資料などがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

何種類か画像が公開されていたページがありましたので、
書いておきます。

参考URL:http://www2.fish-u.ac.jp/LAIZ/topics/tansui/tansui1.html

Q硬骨魚類の体液浸透圧の調節

センター試験生物の選択者です。

「硬骨魚類の体液浸透圧の調節」の単元が何回やっても何回やっても忘れてしまい、もうイヤになってきます・・・。以下の事項のことです。

海水産硬骨魚
(1)腸から海水(水+塩類)を吸収し、水分を補給する。
(2)海水とともに入ってきた余分の塩類をえらから、能動輸送で体外に捨てる。
(3)腎臓で、体液と等張の尿を少量造り排出する。

淡水産硬骨魚
(1)腎臓で体液より低張の尿を多量につくり、余分な水分を排出する。
(2)外界の塩類をえらから能動輸送で体内に送り込む。

なるべく「深い理解をともなった暗記」をして定着をはかりたいのですが、なにぶん自習者のためそういうわけにもいきません。

それぞれの事項について、「なぜそうなるのか?」というのを解説していただけないでしょうか?

たとえば、「等張」の尿を「少量」つくり・・・とか、「低張」の尿を「多量」つくり・・・・
・・・もうまったく理屈がわからないので丸暗記に走るしかありません・・・(そしてすぐに忘れます…)

理屈がわかってるのは、
海水産硬骨魚は体外の浸透圧のほうが高く、
淡水産硬骨魚は体内の浸透圧のほうが高い、
といったことぐらいでしょうか・・・。

よろしくお願いします。

センター試験生物の選択者です。

「硬骨魚類の体液浸透圧の調節」の単元が何回やっても何回やっても忘れてしまい、もうイヤになってきます・・・。以下の事項のことです。

海水産硬骨魚
(1)腸から海水(水+塩類)を吸収し、水分を補給する。
(2)海水とともに入ってきた余分の塩類をえらから、能動輸送で体外に捨てる。
(3)腎臓で、体液と等張の尿を少量造り排出する。

淡水産硬骨魚
(1)腎臓で体液より低張の尿を多量につくり、余分な水分を排出する。
(2)外界の塩類をえらから能動輸送で体内に送り込...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。おっしゃるようにこの問題は>丸暗記に走る・・・と大変つらいものがあります。

浸透圧の原理だけ覚えておくと比較的楽に済みます。

浸透圧とは、膜を隔てて濃い溶液と薄い溶液がある時、濃い溶液は膜を通して水分を吸い取るように働く性質があり、その圧力を浸透圧といいます。
この圧力が働かないようになる両方の濃度(成分が同じとは限りません)の状態が「等張」です。

具体的な数字なんかいいですから、「濃い方は水を吸い取る」と覚えてください。

海水産の魚は、外が濃いので水を体内にキープする必要があります。
大量の水分を出すわけにはいかないので尿に水分を沢山使えません。等張までしか濃縮しないのは、高張まで濃縮すると水分が尿に吸い取られるからです。

淡水産の魚は、体内の方が濃いので、水が入りすぎるのを防ぐ必要があります。
水が体内に入りすぎると塩類の濃度が薄まって、生命維持に問題が生じるからです。

Q金魚の簡単なオスとメスの見分け方

金魚のオスとメスの見分け方を教えて下さい。金魚の種類は和金です。

Aベストアンサー

春先や繁殖期になるとオスの金魚には前ビレの前の部分やエラ蓋に追い星と呼ばれる白っぽい小さな突起状のものが列をなすようにいくつも現れてきます。
メスは産卵をするのでお尻の穴はオスに比べて丸く肉厚に盛り上がっていて反対にオスは精子を上手く卵に掛けられるように縦長な逆三角形をしています。
またメスはオスより比較的大型でふっくらとしていてオスに追い星がでる繁殖期の頃のメスのお腹は大きく張ってきますので直ぐ区別が付きますよ。

Qマレーシアの魚 コイの様ですが肉食です

見た目が鯉の様ですが、小魚を食べ、釣りではルアーも追うそうです。写真の魚になりますが、検索しても正式な名称が分からず困っています。ご存知の方いらっしゃいますでしょうか。

Aベストアンサー

鯉科の セバラウ(英名 ジャングルパーチ)と思われます。

現地名 「セバラウ」で検索して画像を確認してみてください。


人気Q&Aランキング