A 回答 (10件)

3月11日の地震と津波による被災時は天災です。


3月11日の午後9時頃、設備点検時に職員が原子炉からの水漏れを発見。
職員の水漏れ報告を無視した時点から、人災に変わりました。(東電の経営責任)

振り返れば、あの漏水を早期に止水できれば、原子炉燃料棒が露出することもなかった可能性がある。
漏水を、その後12時間以上も放置したから、原子炉燃料棒が露出し、水素爆発に至った可能性が強い。
漏水報告時に、即、しっかりと調査し、3月11日の午後9時から、即座に、燃料棒露出の危険性を予見し、対策を講じていればIAEAレベル5で留めることが出来たのではないでしょうか。
    • good
    • 0

人災です。



全電源喪失は、研究者の中では、珍しくもない、既知の問題だったそうです。東電や国が、ありえない、と無視していただけ。


原発は、大事故=国家の致命傷、なので、大事故を起こす可能性があれば、建てられません。(さすがに、隕石が落ちてきたとか、宇宙人に攻撃された、とか言うのは、天災ですが。)

事故の起こさないこと、と、想定しない、ということを同一視したのが問題。
    • good
    • 0

地震大国でありながら、40年間も建て替えず使いまわした結果がこれですからね。

人災的部分が非常に多いです。
    • good
    • 0

発端は天災ですが、原因は人災です。



日本の最新の技術を用いた最新式の原子炉に建て替え出来ていたのなら「完全に外部電源が喪失しても、そう簡単には大きな事故に発展しない筈」でした。

しかし、以下のような原因があって、人災により、事故が大きくなりました。

「原発反対派が建て替えに反対して、建て替え出来なかった」

「古くて安全性が低く、廃炉にすべき炉を、そのまま延長して使い続ける事を政府が承認してしまった」(建て替えできないから仕方ない)

「4機とも止めてしまえば良かったのに『電気代さえ払えば電気は無尽蔵に手に入ると思い込んでいた我々一般庶民』のせいで、電力需要に答えねばならず、止めるに止められなかった」

「事故の最初で首相が『視察と言う名の誠治パフォーマンス』を行い、現場の邪魔をした」(首相が被曝しようがお構いなしにベント開放をもっと早く行っていれば、こんな事にならなかったかも)

人災と言える原因は、まだまだ山ほどあります。
    • good
    • 0

この問題は、過去に大勢のかたが質問されており、大勢の方が議論されています。


検索されて、見てはいかがですか。
    • good
    • 0

放射能問題は、人災かと思います。



いろいろ、対策をあやまったからでしょう。最初から、冷却水を入れていればこんなことにはなりませんでした。
しかし冷却水がありませんでした。政府はアメリカの支援を断ったり、めちゃくちゃです。
    • good
    • 0

原発は人間が作ったものですから人災です。


人間が作った自動車を人間が運転して人を轢いたのと同じ。

自動車を運転していたとき、地震がきました。
その地震のせいで運転を誤り、人を轢き殺しました。
これを天災と言えますか。
言えません*^-^)。
    • good
    • 0

両方。



世界最大級の津波という自然災害が原因。

それを想定しなかった人間も原因。
    • good
    • 0

『津波による福島原発』としては天災と考えます。



『原発の存在』は人災です。
    • good
    • 0

結構な部分が 人災 だと思います。



元々「無理やり安全と云う事にしている」原発を作った処から始まり、
過去に「今のままじゃ危ないから○○作りなさいね」という事を云われていたのに
それを作らなかった(人災)、備えていなかった(人災)結果、
地震によって発生した津波(天災)に対応出来ず、
しかしその状態になってから直ぐに対応すれば此処まで酷くならなかったのに、
日本の首相自らそれを妨害し(人災)、東電自身も妨害しました(人災)。

端折っている部分が殆どですが、本当に酷いもんですよ。
政府と東電、それから所謂マスゴミもですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング