http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0907/27/n …

こちらの記事をご覧ください。日本電球工業会が、直管型LEDは未成熟だと断じたものです。

ここにlm/w(1w当たりの全光束)という、一見大変公平なデータが出てきます。しかし、蛍光灯はほぼ360度の方向に光を出しますが、人間が利用しているのはその半分にも満たない量です。天井に取り付けられた蛍光灯の光の半分は、天井を照らし(笑)、またいくらかは天井と同じ高さの横の壁を照らします。それに対しLEDは照射角が狭い分、出す光のほとんどを人間が有効利用しますから、LEDの方のルーメンを2~3倍して比較しなければなりません。

私の家では、白熱電球を全部LED電球に置き換えました。私が享受する光を同等にした消費電力を比較すると、8分の1から6分の1程度です。電気代は千円単位で減りました。ものすごい省エネです。みんなが白熱電球をLED電球に取り換ええば計画停電は夏も必要ないのではないか、LED電球に換えてナイターをやればよいのではないかと思うくらいです(言い過ぎだと分かっています。ナイターは白熱電球でしょうが、照明全体の半分以上は蛍光灯だからです)。

日本電球工業会は、現在発売されている直管型LEDは未成熟だからという理由で、新規に規格を作りました。なんと従来の口金とは互換性がありません(現在発売されている直管型LEDは旧来の蛍光灯口金と互換性がある)。

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20101 …

これは要するに、今大手メーカーは蛍光灯でビジネスを大々的に展開しているので、直管型LEDは、新興メーカーにとってはビジネスチャンスでも大手メーカーにとって邪魔な存在だから、普及させたくないということではないでしょうか?このままでは、現在発売されている直管型LEDは規格外扱いになってしまいます。

従来発売されている直管型LEDは未成熟でしょうか?新規格対応のLEDは照明器具とセットで売られていますが、

http://store.shopping.yahoo.co.jp/yusac/ledt-223 …

のようにバカ高くて買う気になれません。だいたい、今の照明を撤去しなきゃいけません!賃貸住宅などに住んでいる人は、照明器具自体は変えられないので買いようもありません。

本当に現在出回っている、輸入品などの直管型LEDは未成熟で問題が多いのでしょうか?問題が多いのでなければ、夏の計画停電を回避するためにも、国家レベルで普及させるべきでしょう。私は、従来の照明器具で利用できるLEDを普及させる方が、はるかに現実的でいいと思いますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>従来発売されている直管型LEDは未成熟でしょうか?



 未成熟というより、過渡期の産物でしょうね。
オートバイを2台並べて4輪車を作るより、最初から4輪車を
設計するほうが効率は良いかと思いますよ。

 現在の蛍光灯が、白熱電球から置き換えが進んだのも
20年位の時間がかかってるかと思いますが。
 蛍光灯の場合は、吊り下げ型蛍光灯で白熱電球から
そっくり交換できる方法が、簡便だっただけですよ。

 蛍光管置換型より専用設計器具が良いとは、質問者様も
理解されてますよね。

 埋め込み型や天井直付け型の場合は、器具そのものの
交換に、職人(電気屋さんの工事)が絡むので蛍光管置換型が
現実的だと考えてられますよね。
 (賃貸住宅等では、管理者側の負担が必須の為に。)

 しかし、器具が故障した場合に再度従来の蛍光灯器具に
交換するのがベストでしょうか?
 器具の故障時は、専用設計器具に交換したほうが
良くないでしょうかね。
 現実論を最優先させると、いつまでも新規格に移行出来ない
現実が、続くわけです。
(東西日本で、電力線周波数が、50ヘルツと60ヘルツで
固定化されたようにね。)

 TV放送の地デジ化を勧めるのに、専用TVでは無くチューナーのみ
設置すれば良いとの発想に似ているのかもしれません。

 インバータ機器の、今以上の発展で家庭内の配電も直流に
なる時期が来るかもしれませんしね。

 どの方法が、ベストかは判らないのが、現状ではないでしょうか。

 

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

真面目なご意見、ありがとうございました。

私は、夏の停電を真剣に憂えているのです。私は幸いにも寒がりで、元々設定温度を高めにして付けたり切ったりしていますが、エアコン禁止はさすがに困ります。

夏までにみんなが蛍光灯を直管型LEDに換えれば停電は回避できるのではないか、政府はそれを後押しすべきではないか、などと馬鹿なことを考えていました。だから口金等の規格は現状の蛍光灯のままである必要があるのです。

お礼日時:2011/04/12 23:47

蛍光灯は中で放電させて紫外線を作り、それを蛍光体に当てて可視光線にして光らせています。


放電させるためには100Vより高い電圧が必要です。そのためにグロー式等は安定器という名のインダクタンス、インバータ式は電子回路で高圧を作っています。

逆にLEDは100Vより低い電圧が必要で、殆どは内部インバータで作っています。LEDを使う時、蛍光灯をさせるための回路は必要ないどころか、邪魔になるのです。
だから、専用の規格を作ることに意味があるのです。専用の規格を作る時、間違って前の物を刺さないように口金を変えるのは必要なことです。

なお、グロー式はグロー球を外せば安定器は殆ど無視できますが、ユーザーが間違ってグロー球を付けたまま点灯させるとショートしてしまいます。日本の大手メーカはそこの危険も考慮に入れているのでしょう。

ところで、蛍光灯とLEDの効率は2:1程度の差だと言われています。で、蛍光灯は上にも光を出しています。蛍光灯の上側にアルミ箔等をはり反射させることで、2本の蛍光灯を1本にしても殆ど光量は変わらないそうです。
こうすれば、殆ど経費をかけずにLED並の効率を得られます。ご参考までに。
    • good
    • 0

>利便性を損なわずに計画停電を回避するには、蛍光灯をLED蛍光灯に換えるしかないと思っています。

買い替え需要により、景気も刺激されます。経済は消費や投資があって初めて回るものなわけでして。

実際に使われてみれば判りますよ。

LED電球やLED蛍光灯を使用する場合、影の出方が今までと丸っきり変わります。

従来の蛍光灯は天井や、蛍光灯器具で反射した光が色々な所から回り込むために、太陽光に近い自然な影が出来ます。
これがLEDランプや蛍光灯になると、光の向きが固定化される為、まわりこんでくる光がほとんどなくなり、ものすごく影がはっきりします。
この中で生活して居るととても目が疲れるのが実感できると思お居ます。

また、安いLEDランプは、ランプ自体が点滅しており、明るくする為に蛍光灯の様な蛍光剤が使えない為、ちらついて、目が痛くなったり頭が痛くなったりします。
そういう部分で、使いにくいんですよ。


現実的に使われる直管蛍光灯のサイズは、40W型が多くなります。
このサイズでのLED蛍光灯は約20Wです。
消費電力は半分になって居ますが、光の向きなどを考えると、1.5倍から2倍程度設置しなければなりません。

2倍設置したら、蛍光灯と変わりません。
そしてコストに関しても、蛍光灯が1本5~800円程度で購入できるのに対して、LED蛍光灯は約1万円です。
単純に蛍光管だけを交換しただけではだめで、増設しないと明るさが足りないですので、機器を増やすと、あまり効率は変わらなくなってしまうのです。

そもそも、現在の技術で、蛍光灯とLEDの発光力のトータルで計算すれば、LEDの方が負けて居ます。
明るさがあまり必要とされなかったり、スポット照明で済む所であれば、LED照明は有効ですが、面を明るくするには、まだまだ発展途上です。

実際にLED照明の下で生活して見ると判りますが、上に書いた内容から、光の向きの関係で人の顔などは、彫りがとても深くみえ、しわなどが良く目立つ様な照明になります。

一般家庭で使われて居る事の多い、サークライン(ドーナツ型)に関しては、LEDでは明るさが出ず、現実的に難しいんです。


それと、景気の為にと書かれて居ますが、LED蛍光管は、今ほとんどが中国製と韓国製です。
いくら沢山売れても国内の工場で作って居ませんので、景気回復にはほとんどならず、日本のお金を海外にばら撒くだけになります。
(一部商社とお店だけしか儲かりません。)

この回答への補足

>>この中で生活して居るととても目が疲れるのが実感できると思お居ます。

白熱電球を全廃してLED電球に置き換えましたが、少なくとも白熱電球からの置き換えにおいて不便を感じていません。頭も痛くなっていません。札幌市役所など、そこそこの規模の施設で一括採用されているようですね。

>>それと、景気の為にと書かれて居ますが、LED蛍光管は、今ほとんどが中国製と韓国製です。

単純に操業時間を短縮するような節電方法(景気にマイナスの作用しか及ぼさない)に比べれば、はるかに景気に良い、と思ったまでです。

補足日時:2011/04/13 11:12
    • good
    • 0

現在のLEDそのものが室内照明としては言えないでしょう。


今のLEDは点発光です。
チップ型を使おうともその面積はミリ単位です。
室内照明としてはチップ型の光度が出るパネル状のLEDが最適でしょう。
蛍光灯の形にする必要がなく天井そのもの、あるいは少しだけ飛び出したデザインで
最大数メートル単位の正方形で作れれば天井そのものが一面照明も可能でしょう。
横や上に逃げる光もなく使うLEDの数も非常に少ない数になります。
    • good
    • 0

はじめまして♪



田舎で小さな小売店をいとなんでおります。

40W型蛍光灯が48本有るので、いちど検討した事が有るんですが、今の機具に取り付けられるタイプに交換する事で、約60万円の経費と、省エネ効果は、長期間の機器交換を含めて表示されている為、個人的なヨミとしては電気代に換算出来るレベルでは無さそうです。
(家庭用電源を、蛍光灯放電に変換し、その電気を低圧直流に変換する、、なんと無駄な、、、)

機具ごと専用に、、もう経費だけで考える事すら諦めちゃいました。

なにより、天井が暗く成るのは困り者で、天井へ向けた照明を増やさなくちゃって、もはや電気消費も増えちゃいそうって 思えたんですよ(笑)

天井に埋め込み型で、真下方向だけの光量が有れば良い使い方でしたら、それなりのメリットは有るかもしれません。

問題点は、従来の蛍光灯ですら、点灯管タイプ、ラピットタイプ、インバータータイプなど、機具が幾つも存在する事と、専用機具にするには工事が伴う(屋内配線なので、最低限電気工事士の免許が有る業者に頼まないと、、、)など、諸問題が多過ぎますね。

なにしろ、白熱電球より省電力で長持ちが特徴の蛍光灯、我が家ではネットで安い業者から直接買う事で40W直管型で210円/1本(プラス送料)程度だったりします。

価格比で50倍近いのでは、経費削減から、到底採用不能と言うのが実情だったりします。
早く景気が良くなって、改装でも出来るなようになったら、その時にでもまた考えてみる程度です。

でも、東北なので地震後から全然売り上げが伸びません、、店内照明は半分消しています。節電の目的が経費削減と言う現実、、、残念です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そちらでは天井を明るくする必要があるんですか。一般家庭では天井を明るくする意味はほとんどなく、天井に設置された埋め込み型でない蛍光灯の光の、半分以上が無駄になっています。

現在ですと120mm直管型LEDの最安値は、4000円以下のようです。

利便性を損なわずに計画停電を回避するには、蛍光灯をLED蛍光灯に換えるしかないと思っています。買い替え需要により、景気も刺激されます。経済は消費や投資があって初めて回るものなわけでして。

お礼日時:2011/04/12 18:47

蛍光管は家庭用電源をそのまま使用しているわけではありません



ですから蛍光灯器具に蛍光灯ランプと同じ形状口金のLEDランプを挿しても点灯しません(器具に合わせた回路を内蔵していれば別ですが)

直管型LEDランプは蛍光灯ランプの互換ではなく、新しい規格の器具とするほうが適切です
(無駄な対応をしなくて済み、またLEDの特性を生かした器具とできます、LEDをAC100Vで点灯させるのは無駄が多いです)
市販の直管型LEDランプは蛍光管の代わりに使用できるかどうかは個々に確認が必要です

電球型LEDランプもAC100V対応のために無駄な発熱が大きいです

直管型にこだわらず、器具を含めてLEDを適切に使用できる仕様を策定して、器具、ランプそれぞれの互換性を確保することが望ましいと思います
たとえばLEDランプはDC12V点灯とし、口金の形状と最大の大きさと電力を規定すれば、器具は蛍光灯器具のように用途に合わせて1個用から複数用まで種々のものが可能になります

この回答への補足

>>直管型にこだわらず、器具を含めてLEDを適切に使用できる仕様を策定して、器具、ランプそれぞれの互換性を確保することが望ましいと思います

従来の規格で使えないと、普及が進みません。賃貸住宅の居住者は導入したくても導入できません(照明器具を勝手に変更できないため)。

現在市販されている輸入品の直管型LEDは、従来の蛍光灯に、グロー球を外せばそれで使用可能となっていますよ(グロー球式でないと、工事が必要みたいです)。

補足日時:2011/04/12 18:15
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング