お世話になります。

本日(4/12、17:25)のテレビ朝日系のANNスーパーJチャンネルで

●1日の放射線量×24時間×28日=60ミリシーベルト

とか説明されています。しかし、1日の放射線量を規程していません。しかし、キャスターは「わかりました。ありがとうございました。」と答えていました。ここで、「1日の放射線量」とこの式が理解できませんので、簡単にご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1日の放射線量でなく、「1時間あたりの放射線量」と言っていたはずです。



1時間あたりの放射線量を24倍すれば、1日=24時間あたりの放射線量となり、
それを28倍すれば28日あたりの放射線量となります。
おそらく、放射能漏れが始まってから今日までで28日で、最初からずっと同じ放射線量で漏れ続けていたと仮定して、積み上げの放射線量がいくらになるか計算した、という話だったのでしょう。

60ミリシーベルトは60,000マイクロシーベルトなので、計算式を逆算していくと1時間あたりの放射線量を求めることができます。

60,000マイクロシーベルト/28日=2,143マイクロシーベルト/1日
2,143マイクロシーベルト/24時間=89マイクロシーベルト/1時間
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

24倍なら、1時間あたりの放射線量ですね。およそ、100μSvなら問題ないと言うことで理解しました。

お礼日時:2011/04/12 18:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング