私の使っているステレオスピカー(左右)は縦長です。先日の地震で倒れてしまいました。
幸い故障はしていませんでした。
故に本来の置き方をやめて始めから左右スピカー横倒しにして倒れないようにしました。
この場合物理的、電気的、音響的に何か不具合が出ますでしょうか。
詳しい方教えてください。

A 回答 (5件)

http://www.yoshidaen.com/ 吉田苑チューンCDレシーバーCR-D2シリーズのページにいって、CR-シリーズセッティングのご紹介のページを見て下さい。横にしても特に問題はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL見ました。ツイターを外側にしています。
有難うございました。

お礼日時:2011/04/13 10:35

スピーカーは何個付いてますか?


下に低音放出用の穴はありますか?

>この場合物理的、電気的、音響的に何か不具合が出ますでしょうか。

まずスピーカーには大切な音場再現性の問題があります。
縦型のスピーカーは椅子に座った時に最善の音場が再現されるようにスピーカーの位置やバランスを思考錯誤の上設計されてます。
それを横に置くということは楽器等が定位されず、方向性があいまいになるため設計者の意図をまるで無視する事になので、お勧めは出来ません(^_^;)。

人間の耳は高音になるほど耳に付きやすく、高音用スピーカーの位置により全体の方向が分かるのです。

シングルコーンスピーカーに根強いフアンが多いのは、定位がよく音場再現性に優れているからです。

>物理的には
横置きの場合低音を内側に、高音を外側になるよう置き音場の広がりを確保。
出来ればBOXの下に何かを挟んででもスピーカーの向きを耳に向ける。

>電気的、
特に問題は無いです

今回の震災に遭遇された方にはお気の毒で、そんな議論は無用と思われますが、余震が収まり早く元通りに出来るといいですね。

この回答への補足

ご回答者の皆様有難うございました。
大変勉強になりました。
この場を借りてお礼申し上げます。

補足日時:2011/04/13 10:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
実は何十万もするスピーカーではないので質問しておきながら恐縮ですがご回答者が思っておられる
スピーカーとは質が違う等級です。
再度書き込み有難うございました。

お礼日時:2011/04/13 10:51

横置も考慮してメーカー名などのプレートが回るスピーカーもあります。


ほとんどのスピーカーは縦置きを基本に設計されているでしょうけど
設置環境では横置きの方が好みの音が出る場合もあるようです。
http://blog.goo.ne.jp/yutaka_022/e/14f5b450c86d0 …

ご自分で違和感が無いならば横置きでも問題ないと思いますが、ホームシアターなどの細長いタワー型スピーカーとなると横置きは不都合があるかもしれません、
説明書で確認するか、もしくはメーカーに問い合わせした方が良いかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLは面白かったです。
説明書には横置きの解説はありません。又メーカーに問い合わせるべく昨日一日中電話をかけましたが
混雑のためつながりませんでした。
何十万もするスピーカーではないので縦置きも横置きも聞いて違和感がありませんので
このままゆきます。
有難うございました。

お礼日時:2011/04/13 10:46

はじめまして♪



壊れないまでも、倒れてしまったので、お見舞い申し上げます。

私も東北なのですが、運良く持ちこたえてくれました。

さて、縦型スピーカーを横に寝かせて利用する場合、置き方が変わる事で音への影響が考えられます。

理想的な高音ユニットが耳の高さからは成れてしまう事や、置き方によって床へ地下ずく事による床との反射音による影響、多数のユニット構成製品でしたら、音域により左右間隔が変わる事で音の方向感や空間表現に影響が出てくる可能性が大きくあります。

そのあたりに注意して、角度や高さ、高音を内側、外側など、いろいろ試してみて、好みのサウンドが得られるように成れば、それでオッケーですよ。

構造的な強度と安定性が確保出来る製品なら、逆さまだって問題有りません。

ただし、アンプ内蔵のスピーカーの場合では、アンプの発熱を空気の流れでコントロールする関係から、横倒し使用は控えた方が良い製品も有ります。

避けた方が良さそうな製品はとても少ないのですが、御質問者様の製品が該当しないか、少し心配でもあります。

差し支えが無ければ、メーカーや機種番号等をお教えいただけますと、助かります。

私個人はスピーカー工作も趣味としていて、何組かのスピーカーを積み重ねたり、その際に横倒しや上下逆さま配置は何度も行っています。 四角い箱で、上下左右にユニットやダクトが有る物は注意ですし、アンプ内蔵の製品や、天板の上に出っ張った高音ユニットが有る物等は逆さま配置が難しい場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お見舞い有難うございます。
又詳しく書いていただき有難うございます。
音に違和感がありませんのでこのまま設置します。
ご回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/13 10:38

物理的、電気的には問題ありません。


問題は音質的にどうなのか?ですが・・・
自身がスピーカーの音を聴いた上で特に違和感も何も感じなければ問題ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

聞いても違和感はありません。
ご回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/13 10:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカー、立てるも寝かせるも自由?

こんばんは。

単純な質問なのですが、スピーカーというのは、立てても寝かせて置いてもいいものでしょうか。

今BOSEのスピーカーを使っているのですが、横に寝かせて置いています。

■■□■■ (真中はプレーヤー)
  ↓
 ■ ■
 ■□■

もしスピーカーが悪くなるようだったらあきらめます。
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

物理的には大丈夫です。
壊れる事はありません。

ただし、音像という方向から行くと、二つほど問題があります。

まず、BOSEのスピーカーは横に音を広げるように
できているということです。
飲食店やライブハウスの様な狭い処でも、左右において鳴らせば
ちゃんとどの場所でも広がりをもって聞こえるようにできています。
逆にいうと、これを縦にすることで、上下方向の反射音ばかりの
横の広がりの無い音が出来上がってしまう可能性があります。

もうひとつは、ツイーターとの関係です。
2wayでは、2つのスピーカーの音がバラバラに聞こえるようになると
音像感が非常に悪くなります。
この様な事が無いようにツイーターの位置を決めているのですが、
この設計が崩れる可能性があります。

まあ、どっちにしても壊れません。
やってみて、音が悪ければ元に戻すというのが一番でしょう。

Qスピーカーの置き方~スピーカーは自分の方を向ける?

PCスピーカーの置き方について質問です。

当方PCスピーカーはONKYOのGX-500HDを使用しています。
http://www.jp.onkyo.com/pcaudio/poweredspeaker/gx500hd/index.htm

設置個所の関係上、スピーカー間は130~140cmとなってしまいます。
私は各スピーカーを結んだラインの中心から、60~80cm離れた位置で視聴することになります。

       130~140cm
  ■―――――――――――■
          ┃
          ┃60~80cm
          ┃
          ┃
          私

この場合、スピーカーの向きは自分の方を向けて設置する方が良いのでしょうか?
それとも、真正面を向けるべきなのでしょうか?

「聴き比べてみて音が良い方を向ければいい」とは思いますが、一般的な、又理想的な置き方を知りたく思い、質問させていただきました。

詳しい方、ご教示願います。

Aベストアンサー

一般的にカタログに載っている周波数特性は正面特性です。
昔のオーディオ専門誌の測定では、正面特性と30度特性の差が小さいほうが音が良く聞こえる可能性が大きいという記事が出たことがります。

実用的には正面から左右30度程度が試聴範囲と考えればよいと思います。
それでも正面30度の位置では高音はかなり減衰するスピーカーが殆どです。特に5kHzを越えるとこの傾向は顕著かなと思います。
正面30度というのはスピーカーと聴取者は正三角形で位置する場合の聴取位置の角度になります。
もともとステレオが出来たときはこの正三角形の頂点で聞くものとされていました。
その点ではあなたの例は少し聴取位置がSPに近すぎて左右の角度が大きいという気はします。

でもフラット過ぎるな高域はきつく聞こえるという人もいます。
従って正面方向から、内側方向へと向きを替えてみながら、一番聞きやすい角度があなたにとっても最適試聴方向だと思います。

ちなみに私は中高音はホーンタイプのスピーカーを使っていますので、すべて内側を向かせています。

Q安価で効果のある、スピーカー台になるもの

ちゃんとしたスピーカー台は高いです。
高価なものはきっととても良いんでしょう。

しかし、そんなにお金かけたくないのです。
そのスピーカーはそろそろ引退するかもしれないので・・

安くて、手に入り易くて、見た目もまぁまぁで
それなりに音質向上するような
そんな夢のようなスピーカー台になるものって
何かないでしょうか?

スピーカーの大きさは幅約35センチ・奥行き約30センチ
高さ約60センチです。床はフローリングです。
今は厚さ1センチ弱のゴム板4個を角に敷いてます。

もう少し高さが欲しいので10~15センチくらいで
なにかないでしょうか?

ブロックとかレンガはダメです。いらなくなったときに
処分が困ります。

Aベストアンサー

スピーカー台になるものということですが
重量があって、硬くて、振動をある程度吸収するものが良いと思います。
また安価で廃棄の事や入手性という条件で考えてみました。

合板とブチルゴムテープのサンドイッチ構造はいかがでしょうか?
基本材料は、できればシナ合板です。
それをブチルゴムテープで貼り合わせていく要領です。

合板で重量と剛性・硬さを確保して、ブチルゴムテープで振動や合板の共振を抑え込みます。
15ミリ合板6層と1ミリのブチルゴムテープ5層で95ミリになります。
18ミリ合板5層と1ミリのブチルゴムテープ4層で94ミリになります。
仕上げに木目が残る塗料で塗れば見た目も良くなると思います。
インシュレーターっぽく10センチ角のものでも、スピーカーベースっぽくスピーカーの底面サイズや2まわりくらい大きいサイズ作ってもいいと思います。
下記でお話するソルボセインをそれらとスピーカーの間に挿入してみるのも手です。

それから
今ゴム板を4個を角に敷いているとの事ですが、ソルボセイン等試された事おありでしょうか?
ホームセンターのゴムコーナーにも売っています。
一度試されて、音の変化に気付くかと思います。
恐らくゴム板よりクリアな音になると思います。

音質への貢献を考えると、冒頭の要素を取り入れると音質的にベターな方向に向かうと思います。
試行錯誤とトライ&トライです。

スピーカー台になるものということですが
重量があって、硬くて、振動をある程度吸収するものが良いと思います。
また安価で廃棄の事や入手性という条件で考えてみました。

合板とブチルゴムテープのサンドイッチ構造はいかがでしょうか?
基本材料は、できればシナ合板です。
それをブチルゴムテープで貼り合わせていく要領です。

合板で重量と剛性・硬さを確保して、ブチルゴムテープで振動や合板の共振を抑え込みます。
15ミリ合板6層と1ミリのブチルゴムテープ5層で95ミリになります。
18ミリ合板...続きを読む

QNS-10Mを横置きする場合…。

 私は現在、YAMAHA NS-10Mを横置きで使用しています。
最近気になっていることがあります。私のスピーカーは、白いウーハ―についている黒い点(+と-の線が接着しているところ)がスピーカーが横になったため横を向いた状態になっているのですが、テレビで見るレコーディングスタジオで使われているスピーカーは,縦置きの時と同じ下を向いているような気がします。
これは、自分で90度回転させて使うものなのでしょうか?それともはじめから縦置き,横置き違う仕様なのでしょうか?
 それと、横置きの場合でもL,Rの表示のとうり設置したほうが良いのでしょうか?
私はウーハ―,ツイーターの位置関係から、L,Rを入れ替え天板を外側にして設置した方が良いように思ってそうしていますが,はたしてこれで良いのでしょうか?。
詳しくない方でも結構なのでご意見をお聞かせ下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

changuさんこんにちは、早速ですがスタジオなどで横置きされているのは、NS-10Mの兄弟のNS-10M studioと言うやつです。詳しくはリンク先を
見てください。
少しだけ違いがあるようです。(接続端子とか、コーン紙の特性とか)
ちなみにNS-10M studioの縦型がNS-10M PROです。あまり見かけませんが。
3機種とも、今は製造されていません。ヤフオクで中程度(小傷、コーン紙変色)のもので、10Mが1万5千 studioが2万5千が相場ですね。
昔、オーディオ関係の雑誌で、同じような質問を見ました。そのときはツイーターを外にした方が広がり感がでて、内にしたら何とか(忘れました)と書いてありました。
低音域は音の性質上、全周方向に向かいますが、中高音域は直線的に耳に届くので
内置き外置きはリスニングポジションで決まると思います。
いろんなとこで、スピーカー横置き見ますが、ツイーター内側に置いてるのあまり見ないです。
私なら何も考えず外置きしますね。
国産スピーカー史に残る名機、NS-10Mをいつまでも大切にしてください。
それでは

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/product/proaudio/speaker/ns10mst/

changuさんこんにちは、早速ですがスタジオなどで横置きされているのは、NS-10Mの兄弟のNS-10M studioと言うやつです。詳しくはリンク先を
見てください。
少しだけ違いがあるようです。(接続端子とか、コーン紙の特性とか)
ちなみにNS-10M studioの縦型がNS-10M PROです。あまり見かけませんが。
3機種とも、今は製造されていません。ヤフオクで中程度(小傷、コーン紙変色)のもので、10Mが1万5千 studioが2万5千が相場ですね。
昔、オーディオ関係の雑誌...続きを読む

Qスピーカーの土台にコンクリートブロック

スピーカーの土台にコンクリートブロックをおくとすごく音が良くなると聞いたのですか、本当ですか?

もし本当ならば、コンクリートブロックはどのくらい積んだら良いのか、積み方も併せて教えて頂ただければ幸いです。

後、コンクリートブロックは粉がたくさんでるようなので、コンクリートブロックに代用できるような物などはないでしょうか?

Aベストアンサー

コンクリートブロックといっても様々な種類がありますが、大別して、ブロック塀などに使われるような発泡性のものと、人工大理石調の高密度のものがあります。

このうち、特に発泡性のものは一聴すると音が良くなったように感じることがありますが、個人的には音の密度感がなくなって、良くいえばスッキリと整理された感じ、悪くいえばスカスカした音になるように思います。
内部の細かな空洞が音を吸ってしまい、本来聞こえるべき音までがなくなってしまうからだと思います。(現に同様の原理で、アスファルトに気泡を作って騒音を減らす技術が各地の幹線道路で実用化されているようです。私の地元でも数カ所確認しています。)

一方で高密度タイプのものですが、形としてはタイル状のものや、車止めとして売られているものがあります。(これもホームセンターで売っています。)
こちらは、良くいえばカッチリと締まりのある音に、悪くいえばキンついた音になりがちです。

いずれの場合でも、単体で使うとこの特徴が顕著に出てきて再生音を変えてしまうことが少なくありません。薄手(1mm以下くらい)のゴムシートやコルクシートなどを床との接触面に使ったり、スピーカーとの接点には小さな木片や金属片を挟むと、自然な音になるでしょう。
ただし、軟性素材のシートを使う場合はできる限り薄く、かつ接触面んが最大となるようにします。柔らかい素材を小さな接触面積で使うとコンプライアンスが大きくなり、振動が減衰できなくなります。つまり、シートを使う場合はブロックと床の接触部分全てに触れるように、大きなものを使う必要があります。

粉が出る点に関しては、包装紙などで包んでしまえば良いかと思います。ただし、小さな気泡が水分を含んでいるため、晴天下で数日は乾燥させないと、部屋に入れてから紙に皺ができたり、カビが出たりします。
また、ブロックの場合は空洞が設けてありますが、ここに綿などを詰めておかないと、特的の周波数で共鳴して、不要な音が出たり、逆に必要な音が消されたりします。(目隠ししない場合も同じです。)

代用品、というより、より良い素材としては、大理石や人工大理石、木材(基本的には比重が大きいものほど使い勝手が良い)などが良いでしょう。大理石は意外に値段が安く、石材店などに頼めば面取りもしてくれます。人工大理石は多少高いですが、端材を使って作ってくれる店もあります。
木材に関しては、日曜大工に自信があれば、かなり自由な設計が可能です。直線カットはたいていのホームセンターでやってくれますが、店員によって精度が変わるのが難点です。(良い店では0.数mm以内、酷い店では切り幅すら確認しない店員もいました。もちろん責任者を呼びつけましたが....)

積み方や厚さ、素材の使い分けはノウハウに属する部類のもので、カットアンドトライで調整していくしかありません。組み合わせはほぼ無限ですので、いろいろ試しながら音の変化を聴き、好みのセッティングを見つけてください。

コンクリートブロックといっても様々な種類がありますが、大別して、ブロック塀などに使われるような発泡性のものと、人工大理石調の高密度のものがあります。

このうち、特に発泡性のものは一聴すると音が良くなったように感じることがありますが、個人的には音の密度感がなくなって、良くいえばスッキリと整理された感じ、悪くいえばスカスカした音になるように思います。
内部の細かな空洞が音を吸ってしまい、本来聞こえるべき音までがなくなってしまうからだと思います。(現に同様の原理で、アスファルト...続きを読む

Qスピーカーの重ね置きについて

みなさんにお尋ねしたいのですが、現在設置スペースの関係で、KENWOODのLSF-555(防磁型)の上にTANNOYのmercury m2(非防磁型)を直置きしているのですが、こういう置き方はスピーカーにダメージ(お互いの磁気回路に悪影響を与えてしまう等)を与えてしまうことがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

厳密に言って、磁気の影響を避けるためには10cm以上離す必要が有ると思います。

また、低音の共振が他方のスピーカーに伝わって微妙に音色も変わります。

上下に重ね置きする場合は、最低でも3cm以上離す必要が有ります。

ですが、スペース等の関係で横に並べるのが無理な場合は、Joshinやビックカメラなどのショップにオーディオインシュレータというものが販売されています。

例えば、

タオック
小型インシュレーター
(8個1組)
TITE-25SP-B(TAO
http://jmall.joshin.jp/servlet/emall.odr_wp?SHP=2&PGN=0&LVC=100&LVT=1&CRY=847&IID=2097774835806

山本音響工芸
中大型インシュレーター(4個)
PB-12(ヤマモト)
http://jmall.joshin.jp/servlet/emall.odr_wp?SHP=2&PGN=0&LVC=100&LVT=1&CRY=847&IID=4939325007776

など、いかがでしょうか。

実は、私も重ね置きしているのですが、間にインシュレーターを挟む事で低音のもたつきが解消されました。

もし上記の製品が高価で、改善されるかどうか心配だとおっしゃるのでしたら、ホームセンターなどに有る角材を四角に切って貰うとかして確認してみてください。
スピーカー同士をベタ置きしていたのを、間を空けると意外と音質は変化しますよ。

挑戦してみてください。

厳密に言って、磁気の影響を避けるためには10cm以上離す必要が有ると思います。

また、低音の共振が他方のスピーカーに伝わって微妙に音色も変わります。

上下に重ね置きする場合は、最低でも3cm以上離す必要が有ります。

ですが、スペース等の関係で横に並べるのが無理な場合は、Joshinやビックカメラなどのショップにオーディオインシュレータというものが販売されています。

例えば、

タオック
小型インシュレーター
(8個1組)
TITE-25SP-B(TAO
http://jmall.joshin.jp/servlet/emall.odr_...続きを読む

Qサブウーファーの置く位置

初歩的な質問で申し訳無いんですがサブウーファーというものを初めて使います。

環境的に、今はプリメインアンプに左右のスピーカー、という状態ですが、
そこにサブウーファーを追加しようとしているんですが、
サブウーファーは(左右スピーカーに対して)どういう位置に置いたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計されており、壁際に寄せると音波の放射状態などが変わってしまって、音質に影響するからです(もともと壁際に寄せて使うことを前提としているサブウーファーについては、もちろん、この限りではありません。なお、ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいますが、壁際に寄せることが常にベストであるとはいえません)。

また、サブウーファーの場合、壁との角度はほとんど関係ありません。なぜなら、低音は指向性(直進性)が弱いという特徴があるので、そもそも「角度」に意味がないからです。単純にいえば、高音は懐中電灯の光、低音は裸電球の光と思えば良く、サブウーファーの角度に意味がないのは、裸電球をどの角度から見ても意味がないのと同じです。

なお、上で「ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいる」と書きましたが、実際にはこれがいちばん重要です。専門的には「定在波」というものがあって、壁との距離の調整は、これを上手くコントロールするものだからです。

したがって、結論的には、

(1) 左右のスピーカーの間に置くのがベストだが、壁(や家具。以下同じ)に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(2) 間に置けない場合は、左右いずれかのスピーカーのすぐ外側がベストだが、壁に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(3) 壁との距離は、実際に音を聞きながら良い位置を探す。基本的に、壁際や、特に部屋のコーナーは良くないことが多い(多いだけで、絶対にダメという訳ではない)。

(4) サブウーファーの角度は、あまり関係がない(もっとも、角度を変えるとユニットやポートの位置が変わるので、場所を動かしたのと同じく壁との距離が変わる、という意味では関係する)。

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計さ...続きを読む

Qウーハーの向きについて

クリエィテブの5.1SP
http://product.rakuten.co.jp/product/CREATIVE+IN-T6300/0ffa490c8a6ddb3c821df2c909294a93/
のウーハーを机の下に置いているんですが、机の下に固定棚みたいなのがあって
それが邪魔で机下の奥に置けません、横置きなら突っ込めるんですが、スピーカーが箱の下にあって
多分それが↓になるような仕様なのでしょうか?
というのも横置きが可能なら奥に突っ込めてすっきりので、、、横向きするとあまり音質とか良くないでしょうか?

Aベストアンサー

サブウーハーを同じ机の下に入れているなら、影響はでないと思います。

低音は指向性がない。っとよく言われますが、私はサブウーハーを使用しているとき、
右側や左側どちらかに置いて聞いたときと、真ん中に置いた時では違いを感じました。
真ん中の方が聴き疲れしませんでした。

きっと、サブウーハーといっても、高音がバッサリと極端にきれているわけではないので、
指向性を感じる音の高さが影響したのではないかと思っております。
あと、見た目も影響したいたかもしれません。 

ですが、質問者さまのウーハーは机の下で見えないのですよね。
一回、横に入れて机の下にスッキリ入れてみたらどうでしょうか。
それで、音の違いがなければ、問題はない。っということになるとおもいます。

もし、横にして音が不自然に感じた場合やどうしても横置きが気になる。
っという場合もやめたほうが良いと思います。
たとえ、音の影響を感じなくても、横にしていること自体が気になってしまっては、
せっかくの音楽や動画を楽しめないと思いますので・・・。

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Qサブウーファーの入力端子について

この種のジャンルは全くの素人ですので、
ちょっと幼稚な質問になってしまいますが
何とぞ宜しくお願い致します。

まずあるオークションの写真の2枚目を御覧にな
ってください。その中の「サブウファー出力」
という黄色の文字がございます。
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m23338071

このウーファー出力端子はRCAピン型1本のみ
なのですが、
比較的古いウーファーの入力端子は
RCAピン型2本つけるような形態になっており
どのような接続方法をとればよいか分かりません。
これは接続不可能っていう意味でしょうか?
それとも、RCAピン型1本⇔RCAピン型2本に
変換するようなものが存在するのでしょうか?
教えてください。

ただ、最近のウーファーの中には
http://www2.onkyo.com/jp/product/products.nsf/view/FE6ADAEACE00C27F492569A6003E450A

のように「2系統入力装備」のあるウーファー
もあるので、こちらの場合は
RCAピン型1本⇔RCAピン型1本
でつながるので、分かりやすいのですが。

素人なので、質問表現方法も幼稚なものに
なりましたが、御回答おまちしております。
宜しくお願い致します。

この種のジャンルは全くの素人ですので、
ちょっと幼稚な質問になってしまいますが
何とぞ宜しくお願い致します。

まずあるオークションの写真の2枚目を御覧にな
ってください。その中の「サブウファー出力」
という黄色の文字がございます。
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m23338071

このウーファー出力端子はRCAピン型1本のみ
なのですが、
比較的古いウーファーの入力端子は
RCAピン型2本つけるような形態になっており
どのような接続方法をとればよいか分かりません。
こ...続きを読む

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

あまり深く考える必要はありません。

百万円の高級機からウン千円の機種まで入力端子が1つ(センター)と2つ(R L)の物があります。

5.1ch回路を持たないアンプで安易に5.1chを味わいたい時、サブウーファーに内蔵されているアンプを利用して、サラウンドスピーカーを鳴らすための出力端子が備わっているパワー内蔵のサブウーファーがあるからです。
その手のサブウーファーは電源とR Lの入出力端子がありますので、それで解ります。

その際のサブウーファーの入力端子はアンプのTapeのRec Out端子から引きます。

一部の高級機種には出力端子が付いていないにもかかわらず、RとLの入力端子が備わっている物がありますが、殆どの場合2つのスピーカーが内蔵されています。
RとLをミックスして1つのセンターウーファーとして鳴らすよりも2つの左右のスーパーウーファーからの音は断然違いますが、何しろ大きい箱になるので・・・。

入力端子が1つしかないサブウーファーで5.1ch機能のないアンプに接続する時は、あまり深く考えずにRかLのどちらかのRecOut端子に接続して下さい。
それは、重低音は左右どちらからもほぼ同じ出力で録音されているからです。

※ステレオをモノラルに変換するケーブルでつないだ場合、アンプ内部でL R分離に影響が出る事もありますので、要注意です。

最近のDVD AudioやSACDの一部には左右別々の重低音が録音されているメディアもあります。
センターウーファーと聴き比べると低音の広がりが全く違ってきますよ!

自称オーディオマニアです。

あまり深く考える必要はありません。

百万円の高級機からウン千円の機種まで入力端子が1つ(センター)と2つ(R L)の物があります。

5.1ch回路を持たないアンプで安易に5.1chを味わいたい時、サブウーファーに内蔵されているアンプを利用して、サラウンドスピーカーを鳴らすための出力端子が備わっているパワー内蔵のサブウーファーがあるからです。
その手のサブウーファーは電源とR Lの入出力端子がありますので、それで解ります。

その際のサブウーファーの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報