私は学校の課題の指定で、谷崎潤一郎を読むことになりました。
どれを読もうかと調べてみたのですが、どれも恋愛、情欲、フェチズム?的な作品ばかりな気がします。

実は...私の愛読するのは宮沢賢治のような本なのです。
出来れば谷崎潤一郎の本の中でも読みやすい本、趣向の違う本がありましたら教えて頂けないでしょうか。

A 回答 (4件)

そうですねぇ…耽美派の作家ですからねぇ


なかなかフェチシズムから離れられるものはありませんが(^^;)

かなり長いですが、『細雪』はいいですね。
エロティックなものはほとんど出てきません。
心がゆったりします。

あとはあんまりエグくないのは『春琴抄』ですね。
読みやすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細雪、良いですね。
とっても綺麗なタイトルだなあと思っていました。
春琴抄も、参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/04/13 01:04

私は谷崎潤一郎も宮沢賢治も大好きですし、いずれ劣らぬ第一級の文学者だと思われてなりません。



たとえば、自己犠牲によって友人を救ったカンパネルラの生き方を自分自身の問題として引き受けようとするジョバンニ(『銀河鉄道の夜』)も、肉体的な不能となって、なおかつ性への妄執に取り憑かれ、息子の嫁とSMプレーに呆ける隠居老人(『瘋癲老人日記』)も、いずれも人間の生の普遍的な一極点を見事に描き出したものと言えるのではないでしょうか。

ということで、谷崎の作品の中では、脳溢血を患いながらも、口述筆記により、ほとんど執念で完成させた晩年の最高傑作、『瘋癲老人日記』を是非お読みになるようお薦めいたします。

>どれも恋愛、情欲、フェチズム?的な作品ばかりな気がします。

一面ではおっしゃる通りかもしれませんが、もし、われわれがこういう題材・素材から条件反射的に卑猥で淫蕩なモノしか連想できないとすれば、それは、われわれが浅薄で表層的な社会通念に囚われているからと言えなくもないですよね。

なお、『瘋癲老人日記』においては、エロ老人の書いた『日記』の中にではなく、むしろ周囲の関係者たちが書いた『日記』の中にこそ、作者のおそろしいほどに強靱な自己批評力、諧謔精神が発揮されているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おっしゃる通りなのかもしれませんが...はじめて読むということで読みやすいものから読んでいきたいと思ったので。
決して谷崎潤一郎を否定しているわけではありません。

お礼日時:2011/04/13 01:08

『陰翳礼讃』は小説ではありませんが、名随筆です。


『乱菊物語』は娯楽時代小説です(未完ですが)。
ともに傑作です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どちらも面白そうです!
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 01:05

「刺青・秘密」新潮文庫をお勧めします。



短編集で読みやすく、もし、この作家に偏見を持っていたなら目からウロコです。
私自身、この一冊で彼のファンになりました。
少年時代の話や、家族の話などエロチシズムから離れていて、純文学の真髄です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
短編集は入門編として良いなと思いました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/04/13 01:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章はどんな感じでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。ある中国人作家のインタビューで谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章が好きだと聞きました。私は二人ともの作品をあまり読んだことがありません。谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章はだいたいどんな感じなのか、ご存知の方教えていただけないでしょうか。谷崎潤一郎と三島由紀夫のどちらについてもかまいません。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章はだいたいどんな感じなのか、

実際に読まれるのがいいのですが、ひとことでいえば即物的な描写を心がけ、それが成功した文章だということでしょうか。さらりと流すのではなく、これでもか、これでもかと形容詞や比喩を駆使し、何重にも描き重ねて表現したいものを正確に、しかも美的に表現することに努めたということだと思います。

二人の小説は主題はかなり異なりますが本質的に似通っていると思います。哲学的に深いものはありませんが、読者を酔わせるものがあります。

単なる私見です。
ご参考になれば。

Q谷崎潤一郎の作品で上海を舞台としたものってどれですか?

はじめまして。上海に関する日本文学でレポートしなければならないのですが、谷崎が上海を舞台に小説を書いているということがわかりました。でも作品名がわかりません。どなたかおわかりでしたら、お教えいただけませんでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

「上海もの」の系譜 リスト
http://www.rcedu.kyushu-u.ac.jp/~pengin/shanghaimono1.html
谷崎潤一郎「上海見聞録」(「文芸春秋」大正15年5月)
谷崎潤一郎「上海交遊記」(「女性」大正15年5・6・8月)



谷崎潤一郎全集・文庫対照表
http://www2u.biglobe.ne.jp/~kinko/tanizaki.htm
上海見聞録 上海交遊記



谷崎潤一郎略年譜
http://www.ad.wakwak.com/~ipk/tj_biblio.htm

参考URL:http://www.rcedu.kyushu-u.ac.jp/~pengin/shanghaimono1.html,http://www2u.biglobe.ne.jp/~kinko/tanizaki.htm

Q谷崎潤一郎君って誰?(誰もわからないかな?)

私が所蔵している明治時代の古本の中で、
少年画報と言う古い雑誌を見ていたら、
懸賞論文で谷崎潤一郎君という中学生が
「時代と聖人」と言う題で入賞していました。
この彼は後の文豪、谷崎潤一郎と同一人物でしょうか?

私の直感では同一人物ですけど、誰かご存じないですか?
私の新発見という事はないですよね。

Aベストアンサー

残念ながら新発見じゃないです。谷崎が少年時代から『中学世界』や『少年画報』などに投稿していたというのは研究者の間では良く知られているのです。
今は海外に来ていて資料の持ち合わせがないのですが、5年ほど前の『日本文学』(日本文学協会)の学会発表で、このことを踏まえて発表している人がいましたよ。

Q谷崎潤一郎の「春琴抄」の論文について

「春琴抄」についての論文を探しているのですが、
論文のリストなどが載っているHPがあれば教えていただけないでしょうか?
検索して探してみましたが、見つからなかったので・・・。

また、論文を探す方法にはどんなものがあるのでしょうか。
できれば新しい論文をたくさん読みたいのですが・・・
具体的に教えていただけないでしょうか。

上記の質問のうち、どちらか1つでもかまいませんので
御回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

もう探し出してるかもしれませんが、谷崎関係の
論文本を紹介します。(すこしですが・・。)

「谷崎潤一郎論ー伏流する物語」/永栄啓伸著
双文社出版/1992

「谷崎潤一郎ー母性への視点」/永栄啓伸著
有精堂/1988

「谷崎潤一郎」/秦恒平著/筑摩書房/1989

論文を探す方法には、データベースを使う方法と、
目録・年鑑・雑誌を使う方法があります。

まず、データベースですが、NACSIS Webcat
というオンライン上のサービスで目録を検索できます。
URLは http://webcat.nacsis.ac.jp です。

国立国会図書館が出しているCD-ROMも使いやすいです。
「雑誌記事索引CD-ROM for windows カレント版」
では、昨年までの雑誌掲載論文が検索できます。

こういった電子ものでの検索は便利なのですが、綿密さにかける
という点もあります。

本になっているものでは、
「日本文学研究文献要覧」
がオススメです。
調べたい作家の名前でひくと、その作家について発表された
ほとんど全ての論文の題・著者・発表雑誌名・何ページに
のっているかまで記載されており、便利です。

雑誌では、
「国文学 解釈と鑑賞」
「国文学 解釈と教材の研究」
「日本近代文学」
は必須でしょうね。ざっと毎月の表紙だけ見ていって、
谷崎の特集が組まれている号があれば(あるとおもいます)
こっちのものです。


もっと緻密にいこうと思うなら、やはり「国文学年鑑」
になってしまいますね。これを几帳面にひろっていくのが
最も手堅いです。毎年発刊されていますので、去年
までの論文はこれでひろえます。
これで、「春琴抄」についての論文がどんな雑誌に
のっているか調べます。

あとは、論文の入手手段ですね。
近くの公共図書館や大学図書館にその雑誌があればいいですが、
ない場合もありますね。
そんな時には、
「学術雑誌総合目録 和文編」
があります。雑誌名でひくと、その雑誌をどの大学(公共図書館)
が持っているか調べることができます。また、上記のwebcat
でもリサーチ可能です。

あとは、ほしい雑誌を所蔵している所へ出向いていく、
もしくは、コピーして送っていただくなどして、論文
をゲットします。

参考になりましたでしょうか?

もう探し出してるかもしれませんが、谷崎関係の
論文本を紹介します。(すこしですが・・。)

「谷崎潤一郎論ー伏流する物語」/永栄啓伸著
双文社出版/1992

「谷崎潤一郎ー母性への視点」/永栄啓伸著
有精堂/1988

「谷崎潤一郎」/秦恒平著/筑摩書房/1989

論文を探す方法には、データベースを使う方法と、
目録・年鑑・雑誌を使う方法があります。

まず、データベースですが、NACSIS Webcat
というオンライン上のサービスで目録を検索できます。
URLは http...続きを読む

Q谷崎潤一郎の本で読みやすい本は?

私は学校の課題の指定で、谷崎潤一郎を読むことになりました。
どれを読もうかと調べてみたのですが、どれも恋愛、情欲、フェチズム?的な作品ばかりな気がします。

実は...私の愛読するのは宮沢賢治のような本なのです。
出来れば谷崎潤一郎の本の中でも読みやすい本、趣向の違う本がありましたら教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

そうですねぇ…耽美派の作家ですからねぇ
なかなかフェチシズムから離れられるものはありませんが(^^;)

かなり長いですが、『細雪』はいいですね。
エロティックなものはほとんど出てきません。
心がゆったりします。

あとはあんまりエグくないのは『春琴抄』ですね。
読みやすいと思います。

Q古典作品を読む場合、~系統の本という感じで本文のことがよく問題とされますが、これはどうしてですか。

古典作品を読む場合、本文のことがよく問題とされますが、これはどうしてですか。

つまり、「源氏物語」の場合「青表紙本」系統と「河内本」系統とがありますよね。本文を研究する場合、まずどちらの系統か確認してから読み進めていくと思います。本文が、どちらの系統か読む前に問題とするのはなぜなんでしょうか。

Aベストアンサー

古典の本文の研究というのは、写本の年代や筆写した人物・他の写本との異同を調べて作品の本来的な形を推測したり、成立過程を明らかにしたり、受容の歴史を考えたりするのです。
だから、いつごろ誰がどの系統の本を写した写本なのかを最初に問題にするのは当然です。
私は専門家ではありませんから、これ以上の知識はありません。
もし、試験の対策などでしたらもうすこし専門的な知識のある人の意見を参考にして下さい。

Q芥川龍之介と谷崎潤一郎。

芥川龍之介と谷崎潤一郎が好きだという人
がいます。どういう人だと想像できますか…?
なにを表していると思いますか…?
20歳女性の人で。

Aベストアンサー

芥川龍之介好きというところは、素直で、また洞察力もある、という印象をもちますね。
芥川龍之介は、本当に素直に、芸術表現、文学表現の行き着くべきところを探求した人と思いますから。
僕は芥川龍之介大好きなので、それだけで、その人に好印象を持ちます。
中途半端な好奇心や、刺激を求めて本を読む人には受け入れられない作家だとも思うのです。

それに反して、谷崎潤一郎はまず「女」「性」「官能」なんて言葉がすぐに浮かんでくる小説家ですね。川端康成と並べてよく評価されますよね。
なので、谷崎潤一郎好きな女性というと、それなりに好奇心もあり、またいろいろな物を許容する、人物の深み、なんてのも、想像してしまいます。

二十歳で、芥川龍之介と谷崎潤一郎が好きな女の子というのは、ちょっと気になる存在ですね。
話がしてみたい。
そんな印象です。

Q一冊の本を読む時間?

一冊の本を読む時間はどれくらいかかりますか?私は、ここ何年か読書をしてきて、一日100ページ読めれば、ノルマかなと思って読んでいました。難しいところを何度もじっくり読んだり、初めて読むような慣れない文体だと冒頭でスロースタートになってしまいます。
1時間3~40ページくらいとし、1日3時間読むと、300ページくらいの本は、3日くらいかなと思ってます。忙しいときや気乗りしないときは読まないこともありますけど。
皆さんの感覚が知りたいので教えてgoo!
できれば、作者とタイトル等もあわせて教えていただければ、幸いです。
日本では、村上春樹、町田康、大江健三郎などをよく読みます。プルースト「失われたときを求めて」、トルストイ「アンナ・カレーニナ」「戦争と平和」、カント「純粋理性批判」、サルトル「存在と無」など、外国文学、外国古典、哲学なども、教えていただけると嬉しいです。
いろいろ知りたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。本好き人間です。
村上春樹作品は言葉遣いが平らなので、かなり読み飛ばします。東京綺譚集で3時間くらいでしょうか。読み始めたら、あのくらいの長さのものなら眠らないで読むことにしています。その代わり、気に入ったものはかなり読み返します。
町田作品も、告白は一晩で読みきりました。一晩で読みきれる限界は、あの位の長さだと思います。浄土も1日でした。
失われた時は、どちらの翻訳を読むかでスピードが変わるのでは?かなり丁寧に読まなければならない事情があったので、井上訳を7日で1冊のペースで一回目は読みましたが、それでも息切れしました。
アンナ・カレーニナが3日、罪と罰は徹夜で1日。両方とも新潮版です。トルストイは文体が重たいせいか、あまり早く読めませんでした。
哲学といっていいか分かりませんが、バルトの明るい部屋は楽しく読みました。1日です。
ちなみに、仲間うちでは私は読むのは遅い方です。それと、何度も再読するので、内容をつかむ時間は、上記の何倍にもなる場合もあります。

Q谷崎潤一郎を読もうと思っているのですが

谷崎潤一郎を読もうと思っているのですが、どの作品から入ればいいでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

谷崎は短編もいっぱい書いてますね。「痴人の愛」のような長編も良いのですが、
まず短編で味見をしてみるのも良いと思います。「刺青」を始め、色々と有名な
ものがあるのですが、私の一押しは、何と言っても「蘿洞(らどう)先生」と
「続 蘿洞先生」です。(中公文庫「潤一郎ラビリンス<2> マゾヒズム小説集」
に所収されていると思います。私は別のもので読みました)

両作品とも大変に短く、10分もあれば読めてしまう程度の文字量ですが、
侮ってはいけません。谷崎の悪毒の方の感性を濃縮したような作品です。
とにかくグロテスクで貪婪なエロティシズムに満ちている、とんでもない小説です!
私は、読んだ当時、結構ショックを受けましたね。
人によっては気分が悪くなる小説ですので、そういったものに嫌悪感を
感じるられるようでしたら、避けた方が良いです・・

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122031737/qid=1048088196/sr=1-51/ref=sr_1_2_51/250-7094664-7095422

谷崎は短編もいっぱい書いてますね。「痴人の愛」のような長編も良いのですが、
まず短編で味見をしてみるのも良いと思います。「刺青」を始め、色々と有名な
ものがあるのですが、私の一押しは、何と言っても「蘿洞(らどう)先生」と
「続 蘿洞先生」です。(中公文庫「潤一郎ラビリンス<2> マゾヒズム小説集」
に所収されていると思います。私は別のもので読みました)

両作品とも大変に短く、10分もあれば読めてしまう程度の文字量ですが、
侮ってはいけません。谷崎の悪毒の方の感性を濃縮したよう...続きを読む

Q平家物語の延慶本を読むにあたって。

大学の講義で平家物語の延慶本を扱うことになったのですが、延慶本はまだ注釈が完成していないので、今まで平家物語を教科書でしか読んだことのなかった私にはかなり難しく、困っています。
とりあえず平家物語の現代語訳を読もうと思うのですが、どなたかおすすめを教えていただけませんか?なるべくなら文庫本のものが好ましいですが、この際なんでもかまいません。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「平家物語」の現代語訳と云う事で。
講談社学術文庫に入っていますが、一部版元品切(と云うより一部残本ありと云う感じ)ですね。
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1583514
以下は図書館ででもご確認後購入されたらと思います。
この全集にも全訳は入っています。
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/sol_detail?isbn=4096580457
御参考迄に。
http://www.shinchosha.co.jp/book/620325/
http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/qsearch
http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/qsearch
(岩波文庫は訳は入っていません)

「平家物語」の異本たる「源平盛衰(じょうすい)記」などは省略してあります。

お役に立てば幸甚です。


人気Q&Aランキング