look atという自動詞+前置詞の語について教えて下さい。
He looked up at the sky.
と言う文はlook atという語に自動詞lookを修飾するupが入ったという考え方ですか?
また、通常は動詞を修飾する副詞の位置は動詞(+目的語、補語)の後ですが、lookの後にupが来るのは at the skyはlookに対しての目的語(the skyはatに対しての目的語?
)、補語ではないので自動詞lookの後に副詞のupがくるという考え方で合っていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

修飾しているだけですよね。


go to A
go back to A

も同じですね。


前置詞のすぐ後ろに名詞が来ることが通常だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2011/04/13 21:39

正解だと思います。



書いていらっしゃるように、「up」は副詞で
動詞を修飾する副詞は、
目的語や補語の後に来ることが多いです。

で、「at the sky」。

文型の考え方では、
前置詞が率いる文節は
目的語や補語にはなりません。
だから、「at the sky」は、
目的語でも補語でもない、
たんなる修飾語。

だから「up」は「look」の直後に入るしかない、と。

あと、( )の中に書かれている
「the sky」は「at」に対しての目的語?」
という部分も、まさにその通りです。
ただ、ここでの"目的語"という表現は
文の要素としての"目的語"とは違いますよね。
文の要素として考えると、
「at the sky」ひとくくりで修飾語。

だと、思います。
    • good
    • 0

私はlook(自動詞)+up(副詞)+at(前置詞)と考えます。

Look upを一つの動詞句と見ることも出来るのでは?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の前置詞Even if you have lots of experience in read

英語の前置詞
Even if you have lots of experience in reading books,you will still.......

なぜここで前置詞のinが使われるのでしょうか?
似たような例文も一緒に教えてくれると有り難いです。

Aベストアンサー

日本語の助詞のように英語学習者にとっては前置詞はとてもやっかいで一緒に使われる動詞や名詞と組で覚えていくのが最善と思います。英文に慣れ親しむにつれ自然と分かってきます。

なお補足にある independence in language learning に納得がいかないということですがこの意味は『言語学習の独立』であり independence of (from) language learningは『言語学習からの独立』であり両者の意味は違います。

Q<自動詞+前置詞+目的語>の文構造上の分類は?

<自動詞+前置詞+(前置詞の)目的語>例えばS go into serviceは、基本文型などの文構造の観点からは<S+V+修飾語>となるのでしょうか。

Aベストアンサー

look at ~ 等こなれたものは、

I look at this picture every morning.

で 第3文型とする人がいます

look at で ひとつの意味と考えれば それが V になります。

判断基準は 受動態が可能かどうか。

This picture is looked at by me every morning.

いわゆる 受動態にしたときに前置詞が付いてきてしまうものは、群動詞としてVと見なして良いと思います。

My neighbor took care of my dog.(SVO)
なぜならMy dog was taken care of by my neighbor.が可。

go into serviceについては・・・

New Traffic Signals In Northwest Las Vegas Go Into Service On Monday.
というようなものが
Service is gone into by new traffic signals...

となるのは チョときついと思われますので

go と into service は 分離して考えた方がよいとなり、SVMになります。

look at ~ 等こなれたものは、

I look at this picture every morning.

で 第3文型とする人がいます

look at で ひとつの意味と考えれば それが V になります。

判断基準は 受動態が可能かどうか。

This picture is looked at by me every morning.

いわゆる 受動態にしたときに前置詞が付いてきてしまうものは、群動詞としてVと見なして良いと思います。

My neighbor took care of my dog.(SVO)
なぜならMy dog was taken care of by my neighbor.が可。

go into serviceに...続きを読む

Q前置詞ofでこんがらがってきました。 例えば apple juice mushroom soup 上

前置詞ofでこんがらがってきました。
例えば
apple juice
mushroom soup
上記が普通だと思いますが…

juice of apple
soup of mushroom
のような使い方もアリですか?

また、ニュアンスの違いなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

例えばジュースが欲しい、と言ったとします。漠然と。そして何のジュース?、と問われる。その心は?
of apple。スープも同様。of mashroomで解決します。

多少特殊ですが、「あり」です。

Q(1)He ate the fish which he had caught in the pond

(1)He ate the fish which he had caught in the pond.
(2)He is fond of fish,which he often eats.

和訳していただけますか??

Aベストアンサー

(1) 彼は池で釣った魚を食べた。

(2) 彼は魚が好きであり、良くこれを食べている。

Q前置詞の使い方 of とforの使い分け

いつもofを使うべきかforを使うべきか迷います。
次のような場合はどちらが適切でしょうか。あるいはそのほかに、より適切な前置詞があれば、その理由も含めて教えてください。
a theme song for/of "Armageddon" 「映画アルマゲドンのテーマソング」
negative reaction for/of before and after picture  「使用前後の写真に対する否定的な反応」

Aベストアンサー

はじめまして。

1.a theme song for/of "Armageddon" :

(1)文法的にはfor・ofどちらも可能です。

(2)文脈によってどちらも使えます。

(3)ここでのforは「~のための」「~のために」という、「捧げられる対象」を表す前置詞として使われています。

つまり、このテーマソングは、「映画アルマゲドンのために」作られる・作られた歌、という文脈で使いたい場合は、forが適切となります。

(4)ここでのofは「~の」「~の所有する」という、「所有する対象」を表す前置詞として使われています。

つまり、このテーマソングは、「映画アルマゲドンが所有する」「映画アルマゲドンに所属する」歌、という文脈で使いたい場合は、ofが適切となります。

(5)ただ、通常に「映画アルマゲドンのテーマソング」ということであれば、ofでいいでしょう。


2.negative reaction for/of before and after picture:

(1)この英文は文法的に間違いです。

For/ofは前置詞、before/afterも前置詞で、前置詞がこのように連続して使われることはありません。

また、before and after pictureで「使用前後」にはなりません。「使用」にあたるuse、usingなどの語が必要です。

(2)「~への反応」の「~への」にあたる前置詞は、通常toが使われます。これは、反応がポジティブ・ネガティブどちらか未定の時に、一般に使われます。

反応が「否定的」と予めわかった上で使用する場合は、againstがいいでしょう。

(3)以上を踏まえて訂正例は
a negative reaction against the picture before and after use
「使用前後の写真に対する否定的な反応」
となります。このuseは名詞なので発音は「ユース」となり、濁音ではありません。

以上ご参考までに。

はじめまして。

1.a theme song for/of "Armageddon" :

(1)文法的にはfor・ofどちらも可能です。

(2)文脈によってどちらも使えます。

(3)ここでのforは「~のための」「~のために」という、「捧げられる対象」を表す前置詞として使われています。

つまり、このテーマソングは、「映画アルマゲドンのために」作られる・作られた歌、という文脈で使いたい場合は、forが適切となります。

(4)ここでのofは「~の」「~の所有する」という、「所有する対象」を表す前置詞として使わ...続きを読む

Q翻訳!日本語訳お願いします The festival looks fun! What is the

翻訳!日本語訳お願いします

The festival looks fun! What is the reason for it?
I see you are with Mizuki, tell her my brother is sorry but he has met someone recently maybe another time though haha

Aベストアンサー

日本語があまり上手じゃないんですが、やってみました:

「お祭り楽しそう!なんの祭りですか?(<-祭りを説明して欲しいってこと)
みずきさんと一緒ね。私の兄貴は残念ながら他の人と出会ったので、また今度かなって言っていました。」

Qobedience to X、observance of X の前置詞の使い分け

obey X
⇒ obedience to X

observe X
⇒ observance of X

上記のように、似たような表現でも異なる前置詞が使われるようですが、
こういう時の前置詞の違いに、覚えやすい方則のようなものはあるのでしょうか?
それとも慣れるしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

多少の理屈はありますが実体は覚えるしかないに近いと思います。慣れれば辞書は要らないことが多いわけですが...

"The BBI Combinatory Dictionary of English" (約3千円) という名前の辞書にもなっています。

例えば
obedience n. 1. to demand, exact ~ from 2. to instill ~ in 3. to pledge, swear ~ to 4. blind, strict, unquestioning ~ 5. ~ to
observance n. 1. a religious ~ 2. solemn, strict ~ (of the rules) 3. in ~ (of a holiday)
というような説明がされています。obedience to, in observance of が普通の良い方であることが分かります。

Q次の選択問題を教えてください。 (1) The house () he was looking fo

次の選択問題を教えてください。

(1) The house () he was looking for was on the main street.

①where ②what ③which ④in which
⑤in that

(2) This is no time to worry about () other people think.

①whose ②who ③that ④which ⑤what

(3) The boy () bicycle was stolen reported its loss to the police.

①who ②that ③when ④from which ⑤whose

(4)He was wearing dark glasses, () made it hard to tell what his expression was.

①of which ②where ③which ④that ⑤what

Aベストアンサー

1 省略か that の方が普通だけど、正しいのは which のみ。

2 what

3 whose

4 which

Q英文タイトルに使うofなどの前置詞の多用回避

仮に次のような論文のタイトルを英訳するとします。

「横浜港の競争力の復活」
'Restoration of Competitive Power of Port of Yokohama'

これでは、ofが多用されすぎて、変ですよね。
ofのどれかを他の前置詞に変えるか他の構文にしたいけれど、何かいい表現はありますか? 真ん中のofをtoに代替させることは可能ですか?
但し、最後のPort of Yokohamaは固有名詞として、Yokohama Portなどへの変更は不可とします。

或いは次のような構文へ変更することも選択肢の一つとして考えられると思いますが、ご意見をお願いします。

'How to Regain Competitive Power to Port of Yokohama'

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<真ん中のofをtoに代替させることは可能ですか?>

ご質問文にある英文では、「復活」に主眼が置かれています。これを、「競争力」にスポットライトをあてると、to不定詞を以下のように使うことができます。
例:
Competitive Power to be Restored in Port of Yokohama
「横浜港において、復活されるべき、競争力」


ご質問2:
<最後のPort of Yokohamaは固有名詞として、Yokohama Portなどへの変更は不可とします。>

Yokohama Portという表記では定冠詞は必要ありませんが、Port of Yokohamaと地名をofで限定する場合は、通常The Port of Yokohamaと定冠詞が必要です。
例:
Tokyo Bay
=The Bay of Tokyo
「東京湾」


ご質問3:
<ofのどれかを他の前置詞に変えるか他の構文にしたいけれど、何かいい表現はありますか?>

1.「横浜港の」:

ここでは、「横浜港における」ということですから、前置詞はofではなくinが適切だと思われます。
例:
in the Port of Yokohama

2.「競争力」:

No.2の方が指摘されているように、Competitive PowerのPowerの使い方はここでは不自然に感じます。Powerの変わりに「可能性」を示すAbilityなども使えますが、ここでは、「潜在的な可能性」「潜在能力」のニュアンスを持つ、Potentialityなどが適切だと思われます。
例:
Competitive Potentiality

3.「復活」:

「再興、復建、再構築」という意味合いでの「復活」ならば、Reconstruction、「以前繁栄していたものが一度廃れ、再び甦る」というニュアンスならば、Revival「復活」なども使えるでしょう。

4.以上を踏まえて訂正例は

Reconstruction of Competitive Potentiality in the Port of Yokohama
(直訳)「横浜港における、競争能力の、再構築」
→(意訳)「横浜港における、競争力の、再興」

Competitive Potentiality to be revived in the Port of Yokohama
(直訳)「横浜港において、復興させるべき、競争能力」
→(意訳)「横浜港における、競争力の、復活」

ぐらいになります。
以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<真ん中のofをtoに代替させることは可能ですか?>

ご質問文にある英文では、「復活」に主眼が置かれています。これを、「競争力」にスポットライトをあてると、to不定詞を以下のように使うことができます。
例:
Competitive Power to be Restored in Port of Yokohama
「横浜港において、復活されるべき、競争力」


ご質問2:
<最後のPort of Yokohamaは固有名詞として、Yokohama Portなどへの変更は不可とします。>

Yokohama Portという表記では定冠詞は必要...続きを読む

Q前置詞と副詞 look upとか

look up とかのupが前置詞か副詞かの区別がわかりません。特に副詞にも前置詞にもなる単語があるとわかりません。これはどうしてもわからないといけませんか? わからないと困るのは、look up it が間違いだという問題のときだけでしょうか?
他に前置詞か副詞かを区別できなくて困ることはありますか?これって、どれくらい重要なことなのかがわかりません。

Aベストアンサー

>他に前置詞か副詞かを区別できなくて困ることはありますか?これって、どれくらい重要なことなのかがわかりません。

 現実にはそんなことはないとおもいます。というのは、前置詞ももともと「場」を意味する副詞から発展したものですから。ただ、副詞と比べて用法が複雑になってしまって、使い方がわからないということが多いようです。

 また、日本語の「助詞」が単に「位置、地点、時点」を表すだけなのに、英語の「前置詞」は対象との関係を述べる点で、複雑になっています。わかりにくいかもしれませんが、たとえば、前置詞の「for」は、元々「前」を表す副詞でした。現代英語では、前置詞の「for」と副詞の「before」と別れましたが、「before」をよく見てほしいのですが、「be + fore」という組み合わせになっていることに。

 また、「from」も見てほしいのですが、これも「for」の「o」の位置が右側にずれている、位置交換していることを。ちなみに、「m」の意味は、「最大」です。つまり、スタート地点から前へ向かっていく意味で、「~から」という意味がでているわけです。

 では、「for」の元の意味が本当に「前」なのか? となりますね? たとえば、「look for」の意味は、「探す、捜す」と教わっている人は多いと思います。これは、捜す人と見失ったボールとの関係を述べているからです。

 つまり、前置詞は、「対象との関係」を述べるときに使われるものだからです。わかりにくいかとおもいますが、たとえば、ソフトボールで、ボールが草むらに落ちて、そのボールを捜すとき、「前へと、前へと」進んで、捜すイメージを思い浮かべてほしいのです。これが、まさか、「後ろへ、後ろへ、」と探す人はいませんよね? また、期間を意味する「for:間」というのも、「始まった時点からある時点までの流れといった関係」を述べているからです。

 このように、前置詞は「時間幅のあるもの」に対して使われることが多いと覚えてください。これに対して、副詞は「一回性の運動、運動の完了、完遂」を示すときに使われると思ってください。

 たとえば、「look at」は、「相手の顔をじっとみる」というように、時間的幅のある行動を示しますが、「blow out」というように、「動詞+副詞」だと、「吹き飛ばす」というように、その運動(行為)がその時点で終わるような意味で表すときに「副詞」をつけると思ってください。まさか、爆発がずっと存在し続けるということはあり得ないはずです。「どかーん」と爆発すれば、それでおしまい。でしょう?

 これに対して、「探す」行為は、ボールが見つかるまで続きますね? このように、前置詞は、ボールという対象(相手)とどういう関係を持っているのかを述べているのです。

 まとめて言えば、前置詞は「相手との関係を述べる」ときに使われ、副詞は「事態が発生した時点を指す」ときに使われると思っていいでしょう。

 たとえば、「up」の場合、「運動」を意味するときは、「副詞」ですが、「上り列車」という意味で、運動とは関係ないものには、「Up trains」というように、名詞のように使うこともあります。ランダムハウス英語辞典をみればわかるように、「前置詞、副詞、形容詞、名詞」と分類されています。

 副詞の意味はたいてい単純なので、辞典を引いて覚えればいいでしょう。ただ、前置詞となると、用法があまりにも発展しすぎてもとの意味とは違ったように見えるものもあります。たとえば、「with」の意味に、「~と一緒、と反対して」というように、正反対であるかのようにみえる語義もあります。しかし、元の意味をしっかり理解していれば大丈夫です。

 たとえば、「What's up:(どうしたの? いったい何が起こったの?)」という文は、噴火の山をイメージすればいいと思います。つまり、山の中に含まれていた溶岩が噴火口へと上って、そこから噴火が始まる、事件が起こる、問題が起こる」というイメージです。

 このように、イメージ力(?)が要求されることが多いので、前置詞の使い方に苦労する人が多いようです。回答が長くなったようですが、ともかく、「前置詞と副詞との区別に気にしなくてもよい」ということです。

 はたして、参考になれたかどうかわかりませんが、そのときは、私の説明下手のせいとおもって許してください。

>他に前置詞か副詞かを区別できなくて困ることはありますか?これって、どれくらい重要なことなのかがわかりません。

 現実にはそんなことはないとおもいます。というのは、前置詞ももともと「場」を意味する副詞から発展したものですから。ただ、副詞と比べて用法が複雑になってしまって、使い方がわからないということが多いようです。

 また、日本語の「助詞」が単に「位置、地点、時点」を表すだけなのに、英語の「前置詞」は対象との関係を述べる点で、複雑になっています。わかりにくいかもしれま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報