私は大学で心理学を専攻したいと思っています
高3なので本当の本当に志望校を決めなければいけないのですが、臨床心理学か人格心理学か社会心理学か決めれません
本などは読んでみたのですが、イマイチ分からなくて…
ちなみに臨床心理学は研究の方に興味があり、カウンセラーにはなりたいと思わないので、カウンセラーになるための勉強はしたくないです

大学は、国立では筑波がいいのですか?
心理学の先生も多く、いろんな分野が学べると聞いたので、まだ決まっていない私には丁度いいかなぁと思いました
でも、分野によっては筑波よりもいい大学が出てきますよね?
だから、どの分野を勉強したいかしっかり決めた上で大学を決めた方がいいのか、中途半端な知識で決めるより国立は筑波一本にして、落ちたら私立…か分かりません
参考にしたいので、筑波より偏差値が低い大学で、
・この分野なら筑波よりこの大学がレベルが高い
・この大学も筑波みたいに学べる分野が多い
などがあったら教えて下さい
国立でも私立でもいいですが心理学を学ぶのにレベルが高い大学でお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

筑波大学の心理学は非常にバランスが取れており、また研究活動も活発で、全国的に考えてもいい大学の部類だと思います。



さて「分野によって筑波よりもいい大学」ということですが、たとえば「社会心理学でインターネットとメディアの研究をしたい!」ぐらいまで具体的に絞れていれば、筑波のほかにはまずお茶大が挙がると思います(筑波もこの分野はいいですよ)。
しかし、漠然と「社会心理学」程度でしたら、このレベルならどこにいってもそう変わりません。
なんでかといいますと、そんな細かい違いを問題にする前に大学4年間は終わってしまうからです。
もし大学院まで考えるのであれば、その細かい違いが重要になりますので、そこに所属する先生が専門にしているテーマがその大学の強みということになります。

なお、心理学を学ぶのにレベルが高い大学を挙げるというのはすごく難しく、それは偏差値が低い大学でも、東大で博士を取ったような優秀な人が専任講師や准教授として教えているケースがままあるからです。
強いて言うなら、偏差値の高低に応じて学生の質は変化するでしょうから、大学でちゃんと勉強したいなら偏差値が高いところの方が、環境としては適切だろうとは思います。

最後に臨床心理学について、研究志向でカウンセラーになるための勉強はしたくないとのことですが、実際にやるかどうかは別として、カウンセリングもできるぐらいの勉強を学生時代にしておかないと、研究なんか出来るわけがないと思いますよ。
臨床系の研究者は実際に自分が扱ったケースを用いることが多く、研究室にいるだけではそもそもデータがとれない、なんてことになりかねません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロールシャッハテスト(心理学)

心理学でロールシャッハテストというもの(インクの染みのような図版をみて何に

見えるか答えるテスト)がありますが、

このテストでどのようなことがわかるのでしょうか?


ご存知の方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

精神分析のテストなので
「その人がこれを見てどう感じるか」
と言うことでその人の心理状態がわかるものです。
同じ模様を見て「蝶」と答える人と「生首」と答える人では
精神状態が違いますからね。
下記URLがちょっと面白かったので参照して下さい。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~kokuden/mis.htm

Q心理学部あるいは心理学科を卒業・専攻している方へ

 大学で心理学を学んだ方なら、当然、(心理)統計学の勉強をしたと思います。皆さんは自分の学部でどの程度、統計学の勉強をしましたか。

 具体的には、どのデータ解析ソフトを使っていたか(あるいは使っているか)、どういう分析方法を勉強したか(あるいは勉強しているか)、ということをお聞きしたいと思います。

 私の大学では、2年から統計学の勉強をするのですが、授業の予定表みたいのがあるのですが、それを見ると非常にレベルの低いことをやる勢いです。しかも、他の学生たちのなかで、Excel(というよりもコンピュータ)を操作したことがない。という学生がいます。このコンピューター社会でパソコンをいじったことがないのって…どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

パソコンは、持っていない人もいると思うので、
ある程度は仕方がないかと。
といっても、私が心理学を勉強していたのは
10年も前の専門学校だったので、参考にならない
のかもかも、しれませんが。

統計の授業は、私は文系の割に好きだったので、
よく覚えています。
今でも、趣味や仕事で多少は役に立っています。
授業はPCではなく、手計算でした。(笑
PCの基礎は、全員参加ではなく、希望者だけでした。
そうでないと授業にならんでしょう。
そうでなくても、文系からも来るので、Σが分かりません。
と言う人もいますよ。(笑

統計の授業は相関からはじまって、多項目分析や、
差の検定や、因子分析、や実験計画法なども実例を
ふまえてやりましたよ。
ただ、今から考えると、エクセルの関数が分かって
データがあれば、結果の見方さえ分かれば、自動的に
値が出るものばかりですが、クラスでアンケートを
作ったりして、楽しかったです。

福祉系の学校だったので、仕方がなかったのかなー、と。
大学は4年生ですか?
だったら、のちの2年に詳しい授業を取得できるんじゃ
ないですか?

パソコンは、持っていない人もいると思うので、
ある程度は仕方がないかと。
といっても、私が心理学を勉強していたのは
10年も前の専門学校だったので、参考にならない
のかもかも、しれませんが。

統計の授業は、私は文系の割に好きだったので、
よく覚えています。
今でも、趣味や仕事で多少は役に立っています。
授業はPCではなく、手計算でした。(笑
PCの基礎は、全員参加ではなく、希望者だけでした。
そうでないと授業にならんでしょう。
そうでなくても、文系からも来るので、Σが分かり...続きを読む

Q心理テストを学ぶには・・・?

心理テストを作成したり,解読するような勉強がしたければ,大学の何学部・何学科に進めばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

 心理学科は少数なので、文学部の心理学専攻や教育学部の教育心理学専攻もあります。ただし、心理テスト(恐らく性格テストなどだと想定して書いていますが)の研究をしている先生がいないと駄目です。そのような専門の先生がいるかどうかは大学の教員を紹介している頁がホームページにあると思いますので、そこをチェックされると良いと思います。
 また、性格心理学関係の本を調べて、その本の著者がどこの大学のどの専攻かを調べて、インターネット等で現在も在職中か否か、退職されていても後任の先生がいるかどうか調べると良いと思います。
 作るのは確かに大変ですが、きちんとした方法を学ぶことは、それほど難解なものではありません。
 それよりも、性格とかストレスとかをどう考えるか、どう理論付けるかなど、心をどうとらえるかが問題で、それはなかなか簡単ではなく、心理学の基礎から考えなければならないこともあります。

Q【心理学は障害者と健常者を比較した学問であるので障害者があっての心理学なので健常者には役に立たない学

【心理学は障害者と健常者を比較した学問であるので障害者があっての心理学なので健常者には役に立たない学問である】

心理学は障害者であることを認知するための学問なので健常者にとっては比較対象が障害者基準なのでメリットはない。

心理学は健常者を研究したものではなく障害者の異常値と比べた結果なので異常者とどれくらいの差異があるか分かるだけで自分がどれだけ健常者であるかは分かる物差しにはならない。

Aベストアンサー

心理学を勉強したことないでしょう。

例えば幸福論です。

心理学では、快楽は幸福では無い、としています。

快楽は、美味いモノを喰った、ひいきのチームが
勝った、などで得られますが、
幸福とは、人生における満足を意味する、として
います。

これのどこが健常者の役に立たないんですかね。


有名な心理学者、エーリッヒフロム曰く
「人は独りでは幸せになれない」

アドラー曰く。
「自己に執着すると幸せになれない」

Q心理学のテストがあるんですが全くわかりません・・・。

大学で心理学のテストがあるんですが、ノ-トを見ても
訳がわからないんです・・・。その授業には、教科書も
なくて、図書館に行って調べたんですが、解らなかった
んです。おおまかでいいので、ご存知の方に教えて頂き
たいです。
1. 認知心理学とは何か?基本的モデルを述べなさい。
2. 基本的信頼感とは何か?
3. エリクソンのライフサイクルとユングのライフサイクルの特徴は?
4. プラシ-ボ効果の原理と、何の役に立つか述べなさい。

以上です。1つだけでもよろしいので、お答え頂きたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

この時期、試験対策の質問が増えますね・・・。
心理学のテストということで、一般教養科目という理解でいいですよね?
では。
1.認知心理学とは?
これだけでは説明のしようがないくらい広い概念です。
あえて説明するなら、人間を情報処理体とした観点で見る心理学です。主に記憶・学習などを扱いますが、この答えがテストの答えとして有効かどうかはわかりません。授業の内容次第でかなり変わります。
1-2.基本的モデル?
山ほどあってどうしようもないです。ソーンダイクでしょうか?エビングハウスでしょうか?どの分野を先生が解説されたかで全く違います。
2.基本的信頼感?
すみません。聞きなれない言葉です。というかあまりにもよく聞きすぎる言葉ですので、先生の解説によって解釈が変わります。
生得性の話かもしれません。次のエリクソンの話かもしれません。
3.ライフサイクル?
エリクソンはフロイトが唱えたリビドーの発達段階に文化・社会的観点を取り入れ、心理社会的発達段階における発達課題を次のように説明しました。
1-乳児期:原初的信頼対不信
2-早期幼児期:自律性対恥・疑惑
3-遊戯期:主導性対罪悪感
4-学童期:生産性対劣等感
5-青年期:同一性対役割の混乱
6-初期成人期:親密対孤立
7-成人期:生殖対停滞
8-成熟期:自我の統合性対絶望
これに対するユングのライフサイクルはユングの心理学の解説書に上がっていると思います。比較する意味であれば、ユングとフロイトの対立点を読み解く必要がありますが。
4.プラシーボ効果
korosuke36さんのお答えが一番妥当だと思います。

心理学は範囲が広いため、その先生の専攻分野と講義内容により大きく左右されますので、お答えできるのはこの範囲ですし、外れているかもしれません。

この範囲の心理学のテキストが無い大学図書館というのも少し困りものです・・・。
心理学辞典でおそらく引けるところだと思いますが、訳語のあて方が違うのかもしれません。

この時期、試験対策の質問が増えますね・・・。
心理学のテストということで、一般教養科目という理解でいいですよね?
では。
1.認知心理学とは?
これだけでは説明のしようがないくらい広い概念です。
あえて説明するなら、人間を情報処理体とした観点で見る心理学です。主に記憶・学習などを扱いますが、この答えがテストの答えとして有効かどうかはわかりません。授業の内容次第でかなり変わります。
1-2.基本的モデル?
山ほどあってどうしようもないです。ソーンダイクでしょうか?エビングハ...続きを読む

Q大学で基礎心理学を専攻したいです

大学で心理学を専攻したいと思っている高2の女子です

面接などで人間の仕草、行動や性格を調査し、それらを統計することによってある程度の心理状態を見いだす
というような基礎心理学を学びたいです

基礎心理学と言っても、色々ありますがこれは何の分野になるのでしょうか

また、この分野を学べる有名大学を教えてください


説明下手ですみません…

Aベストアンサー

某公立大学で心理学の教員をしています。

心理学、それも基礎的な分野の心理学に興味を持ってくださり、うれしく思っています。

>面接などで人間の仕草、行動や性格を調査し、それらを統計することによってある程度の心理状態を見いだすというような基礎心理学を学びたいです

これらは、パーソナリティ心理学や、社会心理学に関わる分野のことをいっていらっしゃると思います。
こういう分野は、国公立大学の文学部、教育学部や、有力私立大学の心理学科などで学ぶことができます。

ご存じかもしれませんが、現代の心理学は、その研究対象も、研究方法も広い分野にわたっています。
なかなかその全体を理解したり、どういうテーマがどの分野の心理学で研究されているかについて、必ずしもよくわからないかもしれません。
中高校生向けの次の本をお読みになると、これらの点について、おおよその理解をしていただけると思います:

海保博之(著)、心理学ってどんなもの、岩波ジュニア新書(岩波書店)、2003年発行、¥740+税

ひょっとした高校の図書館にもあるかもしれませんし、大規模な書店では、今でも新書の棚に並んでいると思います。
ときどき、Book Offなどで見かけることもあります。

まずは、この本をごらんになって、心理学が質問者ご自身の考えておられるような学問であるのかといった点から理解を深めていただいて、その後、どういう大学がご自分に適しているかをお調べになってはいかがかと思います。

以上、ご参考までに。

某公立大学で心理学の教員をしています。

心理学、それも基礎的な分野の心理学に興味を持ってくださり、うれしく思っています。

>面接などで人間の仕草、行動や性格を調査し、それらを統計することによってある程度の心理状態を見いだすというような基礎心理学を学びたいです

これらは、パーソナリティ心理学や、社会心理学に関わる分野のことをいっていらっしゃると思います。
こういう分野は、国公立大学の文学部、教育学部や、有力私立大学の心理学科などで学ぶことができます。

ご存じかもしれませんが、...続きを読む

Q心理学のスクリーニングテストについて

心理学における精神障害の症状のスクリーニングテスト(例えばニコチン依存のテストなど)って「はい」、「いいえ」の形式が多いと思うのですが、それを4件法に変えたら正確に測定できないでしょうか?

Aベストアンサー

4段階評価にしていい質問もあるかもしれません。しかし、段階評価において、ただ評価の段階数を増やした(細かくした)からといって正確に測れるというものではないでしょう。

> 「え、どっちでもないんだけどなぁ・・・」

というような場合に、真中の回答(3段階なら"普通"といったような回答)に偏らせないような工夫もあるでしょうし、単純に処理上の都合であることもあるでしょう。また、4段階評価にして意味があるのかどうかも疑問です。

極端なことをいえば、尺度水準が上がったからといって、測定精度が上がるとは限らないということです。適用できる分析法が増えたとしても、そもそも測定精度が悪ければ何の意味もないどころか、誤った結論を見出してしまうこともあるということです。

まぁ、この辺りのことは何ともいいがたいですが(^_^;)

Q大学での心理学専攻に関して(高3)

私は社会心理学と人格心理学に興味があります

以前質問したところ、人格心理学は臨床心理学の一部だと分かりました
でも、私は臨床心理士やカウンセラーになりたいとは思いません

大学の臨床心理学って、臨床心理学士などを育成するという解釈で合ってますか?
それなら、社会心理学一本にしようかなぁと思うのですが…

社会心理学でも人格心理学を学びますか?
もしそうだったら、何の心残りも無しで社会心理学専攻を目指せそうです

回答お願いします(*_*)

Aベストアンサー

>以前質問したところ、人格心理学は臨床心理学の一部だと分かりました

たしかに人格心理学と臨床心理学は,
日本心理学会の専門区分では同じ第3部門に分類されています。
しかし第3部門を臨床で代表させるのは乱暴だと私は書きましたし,
「人格心理学は臨床心理学の一部」という言明は
少なくともこのQ&Aサイトの回答にはなかったと思います。

人格心理学と臨床心理学は深い関連を持つ隣接領域であって,
一方がもう一方の一部というような関係ではありません。
両者の関係は自動車の「整備」と「運転」の関係に似ています
(無理矢理ぎみの比喩ですが)。
自動車の仕組みを熟知した人がきちんと整備をしてくれないと
安心して自動車を運転することができないように,
人格心理学抜きではまともな臨床心理学は成り立ちません。
一方,運転手からの報告に基づいて
整備士が自動車の不具合や改善の余地を見つけ出すように,
人格心理学は臨床心理学の知見を採り入れながら発展してきたのです。

ついでに言うと,
整備の役目を果たしているのは人格心理学だけではありません。
学習心理学,認知心理学,発達心理学,社会心理学など,
広義の基礎心理学すべてが臨床心理学を支えていると言っていいでしょう。
下記の本が参考になります。

■臨床に活かす基礎心理学 
 坂本真士,杉山崇,伊藤絵美[編]
 東京大学出版会
 http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-012104-0.html


>大学の臨床心理学って、臨床心理学士などを育成するという解釈で合ってますか?

臨床心理学士というものはありませんが,
臨床心理士なら指定大学院の修士課程で養成が行なわれています。
大学時代には心理学の他の分野,
あるいはまったく別の学部で別の学問を専攻していて
臨床心理士養成の大学院に進む人も少なくありません。

大学の臨床心理学科や臨床心理学のゼミに入ったからといって
必ず臨床心理士にならなければならないなんてことはありません。
臨床心理学科,臨床心理学のゼミに属している学生であっても,
大学院に進んで臨床心理士になれるのは2割程度と思ってください。

心理学系の大学では幅広く多様な分野の心理学の成果を学ぶことに加え,
実験,観察,調査,面接など,
心理学の研究法を身につけることに重きが置かれます。
臨床心理学科や臨床心理学のゼミに入ると
臨床心理学をもう少しだけ詳しく学ぶことになりますが,
大学で学べるのはせいぜい入門編から中級編までです。
本格的な修行は大学院に入ってから始まると思ってください。


>社会心理学でも人格心理学を学びますか?

社会心理学の中では人格心理学は学びませんが,
社会心理学を追求していくと必ず人格心理学に突き当たります。
というのも,社会心理学と人格心理学は相補的な関係にあるからです。

高名な社会心理学者であり,人格研究にも貢献した
クルト・レヴィンという人が残した有名な式があります。

  B=f(P,E)

Bは行動(behavior),Pは人(person),Eは環境(environment)で,
f( )は関数を表します。
行動が人と環境という2つの独立変数の関数であることを
式の全体は意味しています。

この式はデータから導かれたものではありません。
行動を理解するには背後にある個人要因と環境要因を洗い出し
それらの間の関数関係を明らかにしなければならないという,
心理学研究の心得を述べていると理解すべきものです。
このうち個人要因Pを深く探求するのが人格心理学であり,
環境要因Eを深く探求するのが社会心理学なのです。

心理学の世界で最も権威ある学術誌のひとつに
「Journal of Personality and Social Psychology」があります。
こんな名称がついているのには歴史的背景があるわけで,
そこから人格心理学と社会心理学の関係を読み取ることもできます。

かつて東京都立大学(現・首都大学東京)に
詫摩武俊という高名なパーソナリティ(≒人格≒性格)研究者がいました。
彼の研究室からはパーソナリティ研究者だけでなく,
多くの社会心理学者が巣立って現在も最前線で活躍しています。
下記の本の著者はその中の2人です。
ぜひ読んでみてください。

■「モード性格」論―心理学のかしこい使い方
 サトウタツヤ,渡邊芳之[著]
 紀伊國屋書店
 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4314009977.html

>以前質問したところ、人格心理学は臨床心理学の一部だと分かりました

たしかに人格心理学と臨床心理学は,
日本心理学会の専門区分では同じ第3部門に分類されています。
しかし第3部門を臨床で代表させるのは乱暴だと私は書きましたし,
「人格心理学は臨床心理学の一部」という言明は
少なくともこのQ&Aサイトの回答にはなかったと思います。

人格心理学と臨床心理学は深い関連を持つ隣接領域であって,
一方がもう一方の一部というような関係ではありません。
両者の関係は自動車の「整備」と「運転」の関...続きを読む

Q心理学

文化祭で心理学についてやるんですが心理学と心理テストの結びつきってありますか。

Aベストアンサー

deagleさんのおっしゃる通り、心理学と(一般の)心理テストは別物と考えた方が無難です。

俗に言う「心理テスト」や雑誌・テレビの心理テストはそのほとんどが心理学的検証に耐えうるものではありません。
逆に、心理学者は「なぜ人は世間に流布する「エセ心理テスト」にハマってしまうのか」という研究をしています(笑)。

有名なのが「血液型心理学」ですが、日本大学の大村政男名誉教授によって厳しい批判を受けています(大村政男『血液型と性格』福村出版)。血液型と性格は結びつかないというのが心理学の通説です。

また、心理テストのような本の著者は決して心理学の専門家というわけではありません。
加藤諦三は社会学出身、香山リカ・小西聖子・中村希明は精神科医(ただし小西は心理判定員のキャリアあり)、浅野八郎は占い師です。渋谷昌三・齊藤勇・富田隆は心理学者ですが、アカデミックな心理学とは一線を画しています。

(もっとも、彼らの業績を否定するものではありません。小西は現に東京医科歯科大学助教授ですし、齊藤の本には『心理学ビギナーズトピックス100』『対人心理学トピックス100』『欲求心理学トピックス100』(いずれも誠信書房)といった著作があります。渋谷は非言語コミュニケーションの分野で実績を挙げています)

心理学者の行なう心理テストといえば、前述のほか「MMPI」(ミネソタ式人格検査)、「YG(矢田部-ギルフォード)式検査」「内田-クレペリンテスト」といった、かなり複雑なものになります。結果の解釈は、大学生でも難しい。

手軽なところでは、エゴグラムがあります。これは簡単に出来る心理テストです。心身医学の分野で使われます。インターネット上のテストの中でも、数少ない信頼できるテストです。詳しくは、後掲桂・芦原文献でお確かめ下さい。

心理学の棚は、図書館ではNDC140番台に分類されています。ですから、図書館で140番台の棚を見つけ、そこから心理学の本を探すのがよいでしょう。

ちょっとは高校生にも耐えうるテストが載っている本として、2冊挙げておきます。
是非お手にとってご覧下さい。

齊藤勇編『欲求心理学トピックス100』誠信書房
松井豊『恋ごころの科学』サイエンス社

何かあれば、補足を下さい。追って解説いたします。
心理学専攻ではないので、簡単に。

参考文献
『アエラムック 心理学がわかる。』朝日新聞社
(できれば『アエラムック 新心理学がわかる。』も探してみて下さい)
桂載作監修/芦原睦著『自分がわかる心理テスト』講談社ブルーバックス

deagleさんのおっしゃる通り、心理学と(一般の)心理テストは別物と考えた方が無難です。

俗に言う「心理テスト」や雑誌・テレビの心理テストはそのほとんどが心理学的検証に耐えうるものではありません。
逆に、心理学者は「なぜ人は世間に流布する「エセ心理テスト」にハマってしまうのか」という研究をしています(笑)。

有名なのが「血液型心理学」ですが、日本大学の大村政男名誉教授によって厳しい批判を受けています(大村政男『血液型と性格』福村出版)。血液型と性格は結びつかないというのが...続きを読む

Q東京福祉大大学院(臨床心理学専攻)2次試験について

1次試験をパスし、今度の土曜(3月16日)に2次試験があります。
2次は専攻分野・研究分野の口頭試問ということですが、初めての
受験でどんな質問がされるか予想がつかず困っています。
経験された方、具体的に質問内容や注意すべき点をお教えください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

臨床心理士で、大学の教員をしていた経験もあります。
正、心理学専攻ではなく、医療看護系で教えていました。
大学院の指導経験もあります。

No.1の方のご回答はかなり本質を突いているものと思います。

入試の面接では、おそらく、事前に提出された研究計画や、学修計画に記載した内容をもとに質疑が行われると思います。
私自身、院の入試で面接を担当していた経験からは、それらの計画書を他人に書いてもらったと思われる方も散見されました。
こういう方ですと、あれこれ質問され、分かりやすくいえば、「突っ込まれると」、シドロモドロになってしまうということがほとんどでした。

すでに1次試験をパスしていらっしゃるということですから、一定の知識、文章力はあると判定されていると思います。
あとは、自分の頭できちんと考えているということや、それなりに理路整然と考えられ、その考えた内容が、相手にきちんと伝わるよう説明できるか、面接者の発言をきちんと理解して、それに対して応答ができるか、指導を受け入れる柔軟性があるかなどを、面接では見られると思います。

上首尾をお祈りしています。

臨床心理士で、大学の教員をしていた経験もあります。
正、心理学専攻ではなく、医療看護系で教えていました。
大学院の指導経験もあります。

No.1の方のご回答はかなり本質を突いているものと思います。

入試の面接では、おそらく、事前に提出された研究計画や、学修計画に記載した内容をもとに質疑が行われると思います。
私自身、院の入試で面接を担当していた経験からは、それらの計画書を他人に書いてもらったと思われる方も散見されました。
こういう方ですと、あれこれ質問され、分かりやすくいえば、「...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報