花粉症の症状と、花粉の量には関係があるようです。

でも花粉症ってアレルギーですよね?
アレルギーだったら自分の免疫機構が出すものだから、
花粉が少量でも症状は変わらず出るはずだし、
逆に多量でも症状は変わらないんじゃないんですか?

どなたか、回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

花粉症はアレルギーですよ。


花粉の中に含まれているたん白質に対する抗体が体内ででき、体内に入った花粉(たん白質)を異物として認識し、排除しようとしてヒスタミンなどが誘導され各種症状がでます。

>アレルギーだったら自分の免疫機構が出すものだから、
>花粉が少量でも症状は変わらず出るはずだし、
>逆に多量でも症状は変わらないんじゃないんですか?
この理論がよくわからん、なぜそう思ったのでしょうか?

花粉症はI型アレルギーと言われ即時型アレルギーとも呼ばれています。
花粉に対する抗体は通常IgE抗体と言う種類の抗体ができるのですが、産生されたIgE抗体は肥満細胞に結合し、細胞に結合したIgE抗体に対する抗原(花粉中のたん白質が)がくっつくとその肥満細胞は活性化されます。


活性化した肥満細胞はヒスタミン、ロイコトリエン、血小板活性化因子等をだし、これらの物質ががI型アレルギーの症状をだします。
その症状は例えば鼻水や鼻づまり、くしゃみ等です。

この場合花粉(抗原)が多いとそれだけ活性化される肥満細胞が増えるので、入ってくる抗原量が多いほど症状は酷くなります。
別に一つの抗原が入ってきて、全身の肥満細胞が活性化するわけではありません。


アレルギーだったらっ…と書かれてますが、基本的にはどんなアレルギーだって抗原量に応じて症状が増減します。
ちょっとの量でも激しい症状が出る場合もあったり、少ないと症状が出にくい場合があるだけです。


反応が速やかに起こるので即時型、アナフィラキシー型である。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

自分が以前アナフィラキシーにかかったことがあり
その点を医者に聞いたりして勉強していたのですが、
それが全てだと思ってました。
勉強になりました。

お礼日時:2011/04/17 23:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング