大学三年生の男です 大学を辞めたいと思っています
夢をもって進学しようと決意し、受験勉強をしましたが第一志望の大学には落ちてしまい、行きたくもなかった大学に現在通っています。 入学して以来嫌々通い、入学当初は毛嫌いしていた大学に通う嫌気が顔に出ていたのか、友達もできませんでした。以来ずっと一人です。
部活やサークルにも入らず日々をアルバイトだけをして過ごしています。
二年間ほぼ毎日誰とも話さず、一人で講義を受け一人で食事をし、すっかり人とのコミュニケーションの取り方を忘れてしまったような気がします。アルバイトはほとんど人と話すことがない職場です。

こんな状況で大学に通い続けて意味があるのか、と一年生の頃より考え続け、ここまできました。単位はひとつも落としていません。講義も真面目に受けてきました。そしてわかったことは、大学の授業というものはたいして意味がない、ということでした。第一志望の大学の授業ならば何か変わったのかもしれない、そんなことをつい考えてしまいます。
そして今になり、本当に嫌気がさしてしてきました。もし第一志望の大学に行けていれば、違ったキャンパスライフになったのだろうな、とずっと考えています。友達もいて、サークルに入って、それこそ充実した生活が送れた…可能性がある、と考えてしまいます。
このまま何も成さず、思い出もないまま大学生活を終えてしまうこと、無為に年齢を重ね、二度と今が戻ってこないことが本当に怖いです。このまま思い出もなく社会人になってしまうことが怖いです。
できるなら、大学を辞めてやり直したい。第一志望だった大学に入りなおしたい。と考えてしまいます。そんなこと無理だってことは分かっているのですが。
僕はどうすればいいでしょうか?身動きをとる勇気もない今、すがる思いで質問をさせていただきました。何かお言葉を頂ければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

 第一志望の大学なら、充実したスクールライフが送れていたといえる根拠は何なのでしょう。

実際にそこに行っていないあなたはあなたの想像を根拠に話しているにすぎないのではないでしょうか。強いていあげるなら、今の大学に言っているあなたを、あなた自身を好きになれなかったということでしょうが、つまり、今の自分を認めることが出来さえすれば、あなたは充実したスクールライフを送れたということなのだと思います。
 自分の思った通りに生きることができないということは、これからのあなたの人生について回ります。それは「あなた」だけではなく、ほとんどの人がそうなのです。そうした中で、自分がうまく生きれない理由を環境のせいにしているようでは、結局は、充実した人生なんて送れはしません。すべてはあなたのとらえ方次第なのです。
 あなたが違う大学でどうしても学びたいことがあるという肯定的な意味でチャレンジをするのなら、そこで負うであろういくつかのリスクも乗り越えていく可能性はありますが、今が駄目だから、それを替えれば自分も変われるかもしれないというマイナス思考のチェンジであるのなら、きっとそこでおこるリスクは、今あなたの足を引っ張っている現実と同じようにあなたの足を引っ張るでしょうし、また、あなたはそういう不幸な自分を嘆くだけの結果になるように思います。それこそ無為に時間だけが過ぎていきます。変わるにせよ、とどまるにせよ、まずはもっと肯定的な生き方をまず試みることが先決のように思いますよ。
    • good
    • 0

回答になるかどうか・・解りませんが以前知っている同級生の男子が同志社に入り、私大だったので通学を強制されたらしいです。

通うのが精いっぱいの大学生活であまり楽しくなかったとか・・高校の成績は良かったが・・古典の成績だけ上げられず、しかたなく私立に行つたそうです。国大なら下宿もさせてもらえ、バイトやサークルにも入れたとか・その人はその人で悩みがあったみたいです。大学の成績もあまりよくなく、あまりいい会社にはいれなかったとか・・・

ちなみに私も高校の成績は良く、、しかし進路選択間違いで、おちてしまいました。しかし今考えると行きたかった道ではありませんでした。しかたなく就職しましたが、やはり水があわず人間関係や仕事の内容がすべて、合わず、またあわあそうともおもいませんでした。おかげでガリガリに痩せ・・心の病にまでなりました。何度もやめて一から受験勉強すればよかったと・・心から後悔しています。人生は一回こっきりです。どうか後悔のない人生を送ってください。
    • good
    • 0

編入試験に挑戦してみることを勧めます。


合格なら編入、不合格なら就職するのは如何ですか。一連の編入試験の時期が過ぎれば、就職活動の本格化する時期です。おそらく、平行して活動する時期ができるとは思います。
    • good
    • 0

私の知り合いでmarch文系卒業後,一回社会人になり,会社を辞めて再び早慶の理系に編入した人がいますよ。



他にも,理系の知人で三年次の研究室配属に納得できず,いきなり他大学に編入し,自分のやりたい研究に専念した人なんかもいます。


質問者さんも三年たってまだ未練があるなら挑戦してみるべきだと思います。
今まで真面目に単位をとっていたなら,合格した場合単位が免除される場合もありますし。


でもまずその第一希望だった学校の授業にもぐって本当に自分の期待していたものなのか確認した方がいいと思いますけど…


あと,今の大学は辞めない方がいいと思います。受験に失敗したとき何もなくなってしまうので。

とりあえず,何か行動してみてはどうでしょうか??^^
ちょっと積極的に行動すると気持ちが変わると思いますよ。
    • good
    • 0

〉友達もいて、サークルに入って、それこそ充実した生活が送れた…可能性がある



今の大学に入学当初、
その可能性は無かったのですか?
おそらくあったのでは?

私(男)も第一志望に落ち喜べないまま進学した経験があります。
質問者様と同じく入学当初は一人悶々としていました。友達もできず家で本を読んだり考え事したりしては溜め息ついてました。すると母親に、「何でチャンスが与えられているのに楽しもうとしないの?」と言われました。そこで目が覚めました。

結果、
友達をつくりました。サークルの幹部を経験しました。趣味の音楽を深めました。お酒の飲み方を覚えました。恋愛を経験しました。などなど、楽しいことが増えました。
もちろん悩み事も増えました。人付き合いが苦手で何度も嫌になって「一人でいた方が…」とか「第一志望行けてたら…」と思いました。
楽しいことばかりだったわけじゃないです。しかし、ほどほどに充実するようになりました。

質問者様もまだやり直せます。まだ2年ありますよ。
何でも出来ます。

私の古い友人に、極端に人嫌いで厭世家なヤツがいます。大学は某一流私大を出ていますがサークルに入らず授業も出ず、「大学つまんねー」とよく言っていました。
しかし、家庭教師のアルバイトや海外放浪、音楽にハマっていて、それらについて語る時活き活きしてました。個性的なヤツで彼は彼で充実していたのかもしれません。

つまんないこと、気に食わないこと、山ほど経験すると思います。
でも、

〉身動きをとる勇気

だけは失わないで欲しいです。「何をしたら良いか」色々考えたり調べたりして見つけてください。見つけた瞬間、景色が変わると思います。

頑張ってください。
失礼します。
    • good
    • 0

なにをどうあがいたって「○○大学中退」ってのは質問者さんの履歴書につきまといます。

仮にその期間を隠せばそれはそれで「3浪もしたの!?」なんて思われます。つまり、どっちに転んでも履歴書上は不利になるんですよ。
社会人になれば、一流大学を中退した人よりも、三流大学を卒業した人のほうが評価されます。評価されるというか、例え病気が理由でも中退はマイナス評価にしかならないのです。「学校を中退したみたいに、ウチの会社もすぐ退職するんじゃないか」って思われます。採用の当落線上にいた場合、落とされてしまうことになります。
三年生までやったら、もう今更後には引けません。物事には、「手遅れ」というものがあります。東京電力が「あの水素爆発をなかったことにしたい」って言い出したって、なくなんねーよと思うでしょ。それと同じです。

それとね、希望の大学だったらもっと充実していたってのは、間違いです。質問者さん自身が頑張っていれば、今の大学でもそれなりに充実したものにできました。それができなかったのは質問者さん自身の問題であって、それを質問者さんは大学に責任を押し付けているだけの話です。
予言してあげます。もし仮に今から希望の大学に行ったとしても、必ず「思っていたのと違った」と失望を味わうことになりますし、周囲は昨日今日に高校を卒業してきた子ばかり。話もかみ合わず、友達もできないでしょう。サークルに入ろうとしても、「年下の先輩」ばかりでどちらにせよ居心地の悪い思いをします。決して「夢見た憧れのキャンパスライフ」にはなりません。

私個人の話ですがね、私が17歳のとき「17歳なのに何も思い出がないのは悲しい」と思いましたが高校は退屈な毎日でした。そして、「17歳で思い出のひとつくらい作ろう」と運動会のリレー選手に立候補しました。足は少しだけ自信があったんです。ところが、リレーの選手で帰宅部だったのは私くらい。野球部やバスケ部の錚々たるメンバーがいて、とんでもないことになったと後悔しましたが後の祭り。
それでもしょうがない一生懸命やろうと出場したら、クラスのみんなが私のことを応援してくれてとても驚きました。私は学校では嫌われ者だったんです。その思い出は、高校のほぼ唯一の思い出といってもいいくらいです。実に些細なことですが、でもそれは私の人生にとっては意味があったのです。

例え自分じゃ納得できないものでも、「自分なりによいものにしよう」と思えばまあ多少はなんとかなったはずです。ひょっとしたら、「最初は嫌な大学だと思ったけれど、そんなに悪いものではなかった」という思い出になったかもしれません。
そもそも行きたくもなかったとかいっても自分の意思で受験しているんだし、本当に嫌だったら受験の時白紙で提出すれば通わなくて済んだはずです。親に受けろといわれたのかもしれないけど、白紙の答案用紙なんて親にわかりっこありません。ちゃんと受けて合格して手続きして入学した以上、責任も伴います。自分のことをちゃんと自分で責任を負うっていうのは、そういうことですよ。
それで今度は就職試験で「行きたくもない会社だった」といいますか。そんな甘えは社会人になったら通用しませんよ。質問者さんも三年生ならもう成人式も済ませたはずです。大人としての自覚と責任も求められます。自分の人生にちゃんと責任を持ちましょう。もしどうしても第一志望の大学に行きたいなら、学費を全部自分で稼いでからです。
    • good
    • 0

>こんな状況で大学に通い続けて意味があるのか



友達ができないから大学に通ってる意味がない、辞めたい、ということでしょうか。確かに、皆がサークルなどで楽しそうにしている中、一人きりが寂しいのは分かります。でも、大学に通う目的は別に友達作りだけじゃないはずです。今辞めたら大学中退の経歴が残るけど、卒業したら「大学卒」の肩書きが得られます。それだけでも就職に有利になり、今後の人生にメリットがありますよ。

友達がたくさんできて楽しい生活…ということでしたら、他の回答者さんが言っているように、今からいくらでも大学外で作ることができます。学生団体やバイトなど。それをしていないのは、質問者さん自身の責任なのでは?身動きをとる勇気もない、と言っていますが、自分で行動を起こさなければ、何も変わらないですよ。大学を辞めるよりまず、友達を作る努力をしてみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0

みんな「楽しいキャンパスライフと充実した生活」というものを演出する為だけに影でスゴイ努力と競争をしています。

それこそ「勉強なんてしてる暇は無い」んです。

あなたに足りないのは「不真面目に遊んでみせるという崇高な目的意識とその為の血のにじむような努力」ではないでしょうか?

それにコミュニケーションというのは、充実した大学生活を送る人間に言わせれば「いかに相手を利用して自分をプロデュースするかという目的の為の手段」であり、ある意味でそれは格闘技に通ずる心理戦を呈してすらいるのです。

もっと自分だけが旨味を吸えるように悪党にならないと、この先もワリを食わされる事になりますよ!
    • good
    • 0

初めまして。

21歳女子大生です。

気持ち解ります。自分も校内に友だちが少なく、正直大学が嫌いです。
けれど長い人生、大学の4年間くらい、勉強に捧げても良いかな~と考えています^^
後になって、大学の頃は勉強しまくったな~なんて言ってみたいものです。笑



もしくは
今を楽しみたいならば

・今のバイトを辞めて、もっとコミュニケーションがとれる職種にする。(例えばカフェや飲食チェーン店など同世代が働く所)
・ネット検索などで、他大の子も所属しているようなインカレサークルや、ボランティア団体を探してみる。
・習い事を始めてみる

などいかがでしょうか?
今の自分が気に入らないのなら、髪型や服装など外見をちょっと変えてみるだけでも自身つくかも。

出来ることから少しずつ改善してゆけば、もっと楽しいキャンパスライフがおくれると思いますよ。
幸せは自分で行動してつかむものです。それに人生はいつからでもやり直しができます^^
頑張って下さい!
    • good
    • 0

今の大学を辞めて、第一志望の大学に進むことがなぜできないのでしょう?


経済的な問題?3年浪人したも同然の年齢になることが嫌?学力の問題?
私は、問題がクリアできるなら、第一志望の大学に進みなおすことも良いと思います。
しかし、それは「やり直し」のためではなく、質問者さまの気持ちをリセットするためです。

「大学の授業にたいして意味がない」なら、第一志望の大学に行ったところで同じです。違うのは質問者さまが積極的に行動できるか否かという1点だけです。
「大学が嫌いだから大学のサークルに入りたくない」なら、大学の枠にとらわれない活動をすれば良いし、「嫌いな大学の人間と友達になりたくない」なら高校時代の友人と連絡を取り合うとか、他人と付き合いがあるアルバイトをすれば良かったはずです。
おそらく、ご自身でもお分かりでしょうが、質問者さまの問題は「第一志望の大学に行けなかった」ことにあるのではありません。叶わなかったことにこだわって自分が何をしたいのかを見失っていることにあります。

人生には、いくつもの選択肢があります。自分が選ぶ場合もあれば、相手から選ばれる場合もあります。その時には挫折しても、後で振り返ると「挫折して良かったな」と思うこともありますし、得な選択をしたつもりでいたけれど損をしたのかも、と感じることもあります。
いずれにせよ、過去の選択は終わってしまったことで、時間を元に戻すことはできません。

もう一度、最初の「夢」を考えてみてください。自分はどうしたいのか、どうなりたいのか、今からどんな道を選べば実現できるのか。
それを考えることができれば、つまらなかった3年間も質問者さまの糧になると思います。
同じ環境でいきなり自分だけが変わることは難しいですからね。大学に行き直すも良し、アルバイト先を変えるも良し、方法が見つかるはずです。
過去の挫折だけを見つめ続けるなら、たとえ挫折していなくても同じ結果になったと思いますよ。一生に一度も挫折しない人など存在しませんから、遅いか早いかの違いだけで、いずれ挫折した結果だけを見つめて過ごすことになったでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング