インターネット上では東電の評判が非常に悪いですよね?
そこで素朴な疑問ですが、なぜ今回の一連の原発の問題で東電はそこまで叩かれているのでしょうか?感情的な問題を抜きにして、冷静に~だから東電は悪いとのご回答をお願いいたします。
※現場の作業員は悪くないトップが悪いとの批判はなしで、全て下請企業も含めた組織としての東電に対する批判でお願いします。



(1)東電が原発は絶対に安全であると風潮していたとの批判には、原発という特性上ある程度のリスクはしかたなく、仮に東電が過度に安全をうたっていたとしても多くの国民は原発の危険性を認識ししつつ、それを故意に看過していたと考えます。

(2)大規模な津波を予測できたのにその対応策を講じなかったとの批判には、その時点では予測される発生確率が低く、対応費用なども考え、対応策を考慮しなかったのは妥当であったと考えます。

(3)廃炉になるのを渋って東電が海水注入などの最後の手段を行わず被害が拡大したとの批判には、東電はあくまで一民間企業でありまた予想される電力需要に対する供給力の確保のためには、その判断にいたるまである程度の時間を要したのもやむをえないと考えます。この場合であれば、政府が強力な指導力を発揮し、東電に対応策を行うよう指導するべきであり、批判されるのは政府であると考えます。

(4)最後に原発という特性上政府の政策および対応と一体不可分であるし、事故前の安全策や事故後の対応に仮に問題があったとするならば、政府の責任が一番重いと考えます。

以上予測される批判への私なりの考えを述べました。ものすごく東電よりになってますがこれも冷静に東電のまずかった点を理解したいためなので、ご容赦ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

対策 ほうれい線」に関するQ&A: 【ほうれい線対策】

A 回答 (20件中1~10件)

まだ締め切られていないようなので、回答してみます。




私は今回の件については、質問者様サイドの考えを持つ人間です。

客観的に考えても「なぜ東電がこれ程までに責められるのか?」との疑問に対し、
納得の出来る答えに未だかつて出会った事がありません。


今回の回答の中では♯10さんと♯11さんが一番納得出来そうな感じもしますが、
そのご回答ですら「じゃあ東電だけなのか?」と聞き返したくなってしまいます。


ネット上(TVニュースも含めて)にあふれている東電批判は、問題の全体を見ずに一部分(100あるうちの2~3くらい)を見て批判しているようにしか見えません。


国会答弁で野党が与党の足を引っ張る為にする質問と同じ構図です。
(自分の見え方としては)



就職面接で「何故わが社を選んだのか?」という質問がありますが。


あれでは無いですが、反論の余地も無いほどに筋道を立てて「こういう理由だから東電だけが悪い」と言えるご回答を見てみたいものです。


うちの会社の上司ですら「叩く理由があるから、叩くんだよ」といっていました。
意味不明です(この上司は、事あるごとにこのセリフを吐くw)


それが無いのなら、この問題はやはり冷めた目で見るしか無いんだろうなと思います。



※追記。
私も東電の社員でも何でもありません。  純粋に今回の件について、何度考えても疑問が消えなかったので書き込んだだけですので。
よろしくです。
    • good
    • 0

 東電が詐欺会社と非難されるほど捏造や情報操作が多かった会社だから批判を受けているのだと思いますが、いかがでしょうか。



(1)地震が起こっても、津波が来ても、航空機が体当たりしても、巡航ミサイルが命中しても原発は壊れないと言っていたのは、どこの会社でしたか。9・11同時多発テロが起こった後の大事故でしたよね。

(2)スマトラ沖地震(M9.1)で発生した大津波で22万人を超える死者が出る事件が起こった後に、同規模の東日本大震災(M9)で起こった原発事故でしたよね。これでも予測出来なかったのですかね。

(3)管総理がベント(ガス抜き)をやるように総理大臣命令を出した後も何もやらずに何時間も放置して爆発事故を起こし、深刻な放射能汚染に発展した挙句、批判を恐れて雲隠れしたのは誰でしたっけ。

(4)政府の命令を聞かず、事故責任を取らず、身勝手な論理ばかり振りかざすのに業を煮やして、政府が東京電力の救済措置を取らないで、被害負担要求を出したのは良く知られていますが、これも忘れているのですかね。

 東電を庇えば第二、第三の深刻な原発事故を招くのは火を見るよりも明らかでしょう。カルト宗教のオウム真理教が原発事業をやっているようなものです。信じれば命を落とします。
    • good
    • 0

まず、「原発は安い」という前提で、建設を進めたこと。


電力のコストには、原子炉の建設から維持費から、廃棄物の処理、すべてを含んで計算しなくてはいけません。

維持費には、防災費や万が一の補償費を含んで計上しなくちゃいけません。

「想定外」で計上しなかったら、破産してでも(株主は丸損)補償することになります。
ふつうは、補償できないほどの被害に対して「保険」を掛けるのですが、
「原発の損傷」というのは「本当は有り得ること」だと、知る人は知ってるから、「保険の受け手」がいない。
 (「万が一」の確率で、1億円の保険料で、1兆円の被害を想定しなければ「儲け」が出るはずだが)

この情報社会でチリ地震やスマトラ地震(M9)レベルの地震の「危険性」についての意識がないはずがない。
(保険料は跳ね上がってるでしょう)

 火力発電所の燃料を運ぶ船には当然保険がかけられてる。
 引き受ける保険会社があり、リスクをちゃんと計算して保険料を払えるからです。
その分は、当然、電気代に反映されています。
火災保険も同様です。

「保険にも入れない原発を維持するのは、経営的に無理」
というのが、常識ある会社の立場。

人の命までお金で計算するのは無理にしても、
お金で計算できる部分はちゃんとやった上で経営しなくちゃ。

人道的な問題を別として、経営者としての感覚です。
    • good
    • 0

なかなか、大胆なことを仰いますね。

確かに、東電の責任は、現時点でははっきりしないですね。

今後、詳細に調査してはっきりすると思います。事故対応ですが、後付なら、もっと適切な処置があったといえるでしょうが、結果責任を問われますから辛いところです。「そんな言うなら、テメーやってみろ。」と言いたいところだろうが、そうもいかないでしょう。

責めても耐えることができるのは、東電だけだから責めているというところもあります。社長や会長なんか、米搗きバッタで、頭ばっかり下げて、気の毒な感じもするかもしれませんが、彼らは、毎日あやまってばかりいる。あやまるのが仕事なんですよ。東電ばかりでなく。大企業の社長はあやまるのが気にならない人でないとなれない。だから気にする必要はない。

私も、東電にはいやな思い出もあります。本当に威張ってるんですよ。だから、いい気味だという思いもないではない。

東芝や日立のメーカーもこれからですね。あんな大規模システムだから、手抜きと言うと言いすぎだけど、スペック通りには出来ていないところがあっても不思議ではない。そんな箇所が原因で、問題がおこっていたら、面倒なことになる。調子にのると、後のしっぺ返しが恐でしょう。そこらは、結構シビアに付いてくる。

一般人が、東電叩きするのは構わないが、仕事で東電叩きしている人たちは、本当は命掛けのはずだが、どこまで判っているのかな。
    • good
    • 0

フルターンキーの契約期間終了


によりメーカーの義務も終了。

それ以後に改修や改造が行なわれ
れば製造業者としての責任が生じます。
東電の責任は発電所全体に及びます。

東芝や日立は外注業者に過ぎません。
発電所全体の製造物責任は東電に在る。
なので無過失でも責任を問えます。

福島原発に関して東電は使用者であり
製造者でもあります。

判り易く言うと東電は福島発電所を
使用しているだけでは有りません。
改造や修理点検を行なう権限は東電。

当然に製造物責任が在ります。
    • good
    • 0

はい、承りました。


東京電力の会長のおっしゃるとおりであくまで天災で断じて人災ではないと言いたいんですね。
東電の社員さんはこんな仕事もされるんですね。回答者も東電と下請け、おっと失礼、協力会社のかたと見受けました。
マスコミには釘を刺してあるのでネット対策ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。

私は東電とまったく利害関係を持ちえない人間です。
感情論に頼った批判では、まさにご回答者様が危惧する人災であるという東電の主張を広めるだけであると思いますので、冷静なご批判を行って頂きますようお願い致します。

お礼日時:2011/04/14 22:55

製造物責任法という考えが在ります。


通常使用方法で事故が起きた場合に
は製造者の責任が大きく問われます。

(1)原発使用者としての東電に
責任は無い
(2)原発製造業者としての東電
には大きな事故責任が在る

つまり法令や規定や基準に違反し
ていなくても事故責任の大きい部
分は製造者に在るとするのが製造

物責任法です。よって事故責任は
製造業者たる東電に在るのです。

どの時点で明確な原発製造業者に
なったかといえば使用予定期限を
過ぎた時点からでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

東電は原発の製造者ではなく、使用・管理するものですよね?
PL法では製造業者に無過失責任とほぼ同様の責任を負わせているだけで、東電に対してPL法で責任を負わせるという理屈は無理があるのではないでしょうか?
質問者様の理屈では、東電ではなくその製造業者たるメーカーに責任を負わせるべきとなってしまうかと思われます。

お礼日時:2011/04/14 22:40

今回の激甚震災で26000人もの人命が失われたことに関する責任問題をあいまいにし、国民の目を逸らす為とは考えられないでしょうか。



「たった一人の命が地球よりも重い」という哲学的命題はおいといて、通常、実社会では死亡者の人数が問題になります。
殺人犯だって、一名なら懲役で、二名以上なら死刑とか、死亡者の数が実用上の判断基準となっているのです。


今回26000名もの人命が失われたことに関して、「天災だからしかたない」というやさしい考えの人が多いかとおもいますが、役所が津波に晒される危険のある場所に建築許可を出したので、住民はそこに家を建てて住んだのです。
役所には都市計画として、場所ごとに建築物を規制する権限がありますし、個別の建築許可申請に対して許可を与える権限を持っています。権限の裏には責任が伴うのではないでしょうか。

役所は、東京電力の様に、収益を上げて、納税する義務を負った株式会社ではありません。
納税が免除され、職員の給与支払いの心配もいらないのですから、ひたすら住民の安全を考え、歴史上の自然災害を教訓として都市計画を策定し、一部の地主からは建築の自由を剥奪し、そのうえで、個別の建築確認申請に許可を与えて来た。

ですから、26000の失われてた人命に対する責任問題を議論してしかるべきと思います。

話題が役所や公務員の責任問題になるのを防ぐためには、一企業の責任問題を世論として大きくさせておけば、公権力の責任問題を回避でき、今後とも責任を伴わない(=無責任のまま)許認可権だけは維持し、公務員は処罰されることもなく、失業することもなく、永遠に不滅です。

東電の責任問題に直接触れずに申し訳ありませんが、責任問題は失われた人命の多さに従って、また保持していた許認可権限に従って議論されるべきじゃあないかと思いますので、一言いわせてもらいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。

仰るとおり、10メートルを超える津波を予測していたにも関わらず、その対策をとらず結果として原発の事故を引き起こし、経済的被害を発生させた東電がここまで批判される。
にもかかわらず、予測された津波に対して対策を怠り、2万人をも超える人的被害を発生させた政府及び地方自治体がまったく批判されないのは極めて矛盾しておりますよね。

私としては、今回の津波はまさに想定外であり、よってそれに伴う原発の事故も人命が失われたことに対しても、東電や政府を責める考えは持ち合わせておりません。

しかし、津波が予測できたといって東電を責める人は、なぜ予測できた津波の対策を怠った政府及び地方自治体を責めないのか理解できません。

お礼日時:2011/04/14 22:49

事故になってしまったんですから、今の結果に対して責任を取らないといけないのですが、その分析の過程で、(1)~(4)といった批判が出ているにすぎません。

道路交通法でも安全運転義務違反というのがあるし、刑法には業務上過失●●というのがあります。なんでも一緒ですよね?

事故を起こせば責任があることも、批判を受けることも、事故を起こす前から認識はあるんですからね。東電だけが特別ではないです。みんな同じですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

業務上過失致死傷では、事故に対する結果について責任を負わせるわけではありませんよね?
あくまで「過失」があり、結果に対してその過失と相当因果関係がなければ要件を満たさないはずです。

回答者様が無過失責任としての「結果責任」を東電は負うべきだとの意見であるならば、私も同意見です。

お礼日時:2011/04/14 22:32

簡単に言ってしまえば、



安全への備えが甘かった。
それについては過去に指摘があったのに、まともに取り上げてなかった。
そういう体質がずっとある。

つまり、安全を盛んにPRしていたが、全然そうじゃなかった。
100%災害の被害者じゃない。

そういうことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

勿論、東電は災害の被害者ではなく、今回の原発の事故全般の責任を負う立場にあると私も考えます。

お礼日時:2011/04/14 22:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京電力が攻められている訳

色々なニュースやネットの書き込みを見ていますが、結局、東京電力の何が悪いのか、簡単に教えて下さい。
例えば、国や地域が「原発は絶対ダメ!」って言ってるのを東京電力が「大丈夫、何かあったら全部俺たちが責任取るから」って言って原発を建てたのなら今世論が攻め立てるのは理解できます。
でも、そうじゃないですよね?
私たちも原発のお陰で安定した電力を供給でき、快適な暮らしをしていた面もあると思うのですが。

Aベストアンサー

一つ事実を指摘するなら、東電は事故が起きてからポンプ車を購入した。まさに「泥棒を捕らえて縄を綯う」ということです。こんな馬鹿な話がありますか?あれだけTV-CMを打ちまくり、政治献金を貢ぎ続け、莫大な役員報酬を払う巨大企業の東電がたかがポンプ車の一台や二台買えないわけがない。実際事故の後に購入できたのですから、事故の前だって購入できたはずなのです。どこの世界に自宅が火事になってから消火器を買いに走る人がいますか?東電は一事が万事こんな調子でリスク管理が全然できていなかったと責められているのです。それではいったい東電の役員って何のために存在しているのか。いままで何をやっていたのか。「事故は起きない。事故は起きない。徹底的に事故は起きない。」と毎日、洗脳テープを自分に言い聞かせていただけですか?

事は東電だけの問題ではないのかも知れない。東電が海外から購入せざるを得なかったということは他の電力会社だって持ち合わせていなかったということです。原発は東電だけにあるのではない。どこの電力会社にも原発はあるのです。まあ沖縄電力にはないか。どうしてせめて共同購入していなかったのか。

海外が呆れ果てているのは事故そのものではない。そういう無策ぶりに呆れ果てているのです。ついでにいえば、そういう実態も知らずに日本の技術力だけで解決できると強がって見せた菅政権にも呆れ返っている。技術立国と思いあがっていた軽薄さ。軍事立国と思いあがっていた戦前とどこが違うのか。

さてポンプ車を買ったはいいが、誰が操作方法を熟知しているのでしょうか。日本語の操作マニュアルなんてあるのですかね。ドイツ語か英語のしか無かったりして。まさか今から翻訳して、いまから操作訓練を始めようというのではないでしょうね。

蛍光灯が切れたから夜中にコンビニに走って取り替えたといったレベルの話じゃないのですよ。

一つ事実を指摘するなら、東電は事故が起きてからポンプ車を購入した。まさに「泥棒を捕らえて縄を綯う」ということです。こんな馬鹿な話がありますか?あれだけTV-CMを打ちまくり、政治献金を貢ぎ続け、莫大な役員報酬を払う巨大企業の東電がたかがポンプ車の一台や二台買えないわけがない。実際事故の後に購入できたのですから、事故の前だって購入できたはずなのです。どこの世界に自宅が火事になってから消火器を買いに走る人がいますか?東電は一事が万事こんな調子でリスク管理が全然できていなかったと責め...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報