5cm程のしこりがあり、先日摘出手術を受けました。

手術翌日は赤い部分と青い部分がありましたが、2,3日経った今、黄色と青い部分になっています。
(赤い部分の腫れが引いて黄色くなったようです)

色々ネットで検索をかけても情報がみつからなかったのですが、これは普通の現象なのでしょうか?

今現在働いているのですが明日会社を休んで病院に行って聞いてみようと思うのですが、とても心配です。

どなたかお分かりになる方がいらっしゃったら是非ご回答の程、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

参考程度の情報で申し訳ないのですが・・・



打ち身などで出来る皮下出血は、最初は赤や紫ですが
徐々に青や黄色に変化していったりします
私も、打ち身のあざが治りかけの頃、黄色くなることがあります
これは、あざの正体であるヘモグロビンが時間経過とともに変性するためだとか

ですから黄色は治りかけている証拠の可能性はあると思います

明日の診察で、スッキリすると良いですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実は体調不良で病院にはいけませんでした。

しかし親にも同じようなことをいわれもう少し様子をみてみようという風に思えるようになりました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/13 21:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳がん検診でひっかかり(エコー)、細胞診までしました。

乳がん検診でひっかかり(エコー)、細胞診までしました。
エコーに所見があり、細胞診をした人の中でどれくらいの人が悪性と判断されるのでしょうか?はやりここまで進んだ検査となると、大半の場合、悪性なのでしょうかね・・・。

Aベストアンサー

検診で引っかかった時点で不安な気持ちになりますよね。
私は、昨年乳がんになりました。

その時の検査の順序としては

問診→視触診→マンモグラフィー→エコー→細胞診

→MRI→マンモトーム生検(マンモトーム生検は確定診断
が出来る検査なので、ここで乳がんと診断されました。)

という流れでしたが、細胞診は良性か悪性化の区別がまったく
付いていない状態でも、マンモやエコーでちょっと変なところ
が見つかっただけでも行う検査だと思います。

また、細胞診の評価は1~5で評価され

1~2は良性・3は良性か悪性か判断できない・4~5は
強く悪性が疑われる。

という診断になります。

なので、この細胞診で1~2であればほぼ良性と考えて
大丈夫なのだと思います。(先生もそういってましたし、
3の場合でも殆どが良性だとおっしゃってました。
私の場合は違いましたが。)

長くなってしまいましたが、結論としては細胞診では
まだ悪性かどうかは確定はできないと言う事です。

乳がんと間違われる良性の病気もありますので
もしかしたらそっちかもしれないですし。

参考URL:http://nyuganwosirou.net/migicategory/shoujou.html

あまり心配せずに、細胞診の結果が4~5だった時に
その先のことを考えられてはいかがでしょうか。

検診で引っかかった時点で不安な気持ちになりますよね。
私は、昨年乳がんになりました。

その時の検査の順序としては

問診→視触診→マンモグラフィー→エコー→細胞診

→MRI→マンモトーム生検(マンモトーム生検は確定診断
が出来る検査なので、ここで乳がんと診断されました。)

という流れでしたが、細胞診は良性か悪性化の区別がまったく
付いていない状態でも、マンモやエコーでちょっと変なところ
が見つかっただけでも行う検査だと思います。

また、細胞診の評価は1~5で評価され

1~2は良性・3は良性か...続きを読む

Q乳がん部分摘出手術後の腫れについて

教えてください。
10月10日に乳がんの部分摘出手術を行いました。
センチネルリンパ節生検の結果は2箇所で転移なし、胸筋温存乳房部分摘術をしました。
術後痛みもなく、12日に無事退院しましたが、退院前日の11日に膿を注射器で20cc程度
抜きました。
15日に退院後の初診で、乳房2回、脇の下1回の膿を抜きました。
35ccと15cc程度でした。
抜いた時は、はっていた乳房が軽くなりましたが、この晩痛みで眠れませんでした。
翌日、病院でもらっていたロキソニンを服用したところ、落ち着き、もとに戻った感覚でした。
ところがまた、17日よりこめかみ痛みや、腕の裏側(こちらは手術してません)に痛みが走り、
薬を飲んでも効かなくなりました。
翌日、かかりつけ医(執刀医より風邪などの症状があればかかりつけ医で薬をもらうよう指示があり)行きました。抗生剤(フロモックを3日分もらいました)
脇の下も腫れ、乳房の腫れがパンパンに腫れてひどくなり、痛くて手が上がらなくなってきました。て
熱も37、5度以上の熱が1日の中で上がり下がりしました。
主治医の先生には明日診察で相談していますが不安です。
家で一日中寝ていると痛みは治まっていますが、これでは会社復帰どころか日常の生活もままならず、この先どうしたらいいのかと落ち込んできました。
リンパ節郭清をしていなくてもこんなに痛いのでしょうか。
なにか経験談などありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

教えてください。
10月10日に乳がんの部分摘出手術を行いました。
センチネルリンパ節生検の結果は2箇所で転移なし、胸筋温存乳房部分摘術をしました。
術後痛みもなく、12日に無事退院しましたが、退院前日の11日に膿を注射器で20cc程度
抜きました。
15日に退院後の初診で、乳房2回、脇の下1回の膿を抜きました。
35ccと15cc程度でした。
抜いた時は、はっていた乳房が軽くなりましたが、この晩痛みで眠れませんでした。
翌日、病院でもらっていたロキソニンを服用したところ、落ち着...続きを読む

Aベストアンサー

通常、排出液は日が経つにつれて、減っていきます。
質問者様の場合には、それが逆に、増えているようです。
となると、発熱もあるようですし、
感染症を起こしている可能性があります。
医師の診察を受けて、適切な処置をしてもらってください。

抗生物質の服用、点滴で様子を見る。
小切開を入れて、膿を出すなどの方法があります。
再入院ということもあり得ますが、
いずれにしても、診察しなければ、わからないことです。

ただし、術後の感染症は、癌とは無関係なので、
その点は、安心してよいと思います。

Q乳がん検査  細胞診→針生検へ(長文です)

先日、市の検診で(マンモグラフィー)で「腫瘤あり・要精密検査」との診断を受けました。
その際同封されていた、精密検査を行っている病院の案内に従い、
すぐに予約の取れた産婦人科に行き、エコーとマンモと細胞診を行いました。
結果は異常なし。
ただその際、
1・新たにとったマンモの画像を見ながらの説明はなし
2・エコーを見ながらの細胞診で先生も首をかしげながら
「自分でしこりがわかる?」とおっしゃいながら「ここらへんかな?」といって
細胞診の針を刺したこと

などが不安で細胞診の結果もクラスの説明なく「また半年後に。
不安なら大きな病院へ」と帰されました。

しかしやはり不安になり、ネットで調べて
乳腺専門医のクリニックに行きました。(前述の病院でとったマンモの画像をお借りしました)

まずマンモの所見に異常は見られないとのことで触診、エコーにうつりました。
エコーではマンモに映らなかった5ミリほどのしこりが見つかりました。
(たぶん先の病院のエコーでもここを細胞診したのだろうと今回の先生もおっしゃいました)
先生はとても迷われた末にやはり細胞診をしてくださいました。
あまり心配なら・・というニュアンスだったかと思います。(セカンドオピニオンを求めて
出向いたことを話しましたので)

今日細胞診の結果を電話で伺ったところ、
細胞診をしてみたら良性とも悪性ともわけられない結果が出たので
針生検をしましょうと言われました。

長くなりましたが質問です。

今回診察していただいたのは乳腺外来クリニックの乳腺専門医の先生なのですが
細胞診のあと経過観察せずにすぐに針生検というのは
やはり非常に怪しいということなのでしょうか?
もちろん針生検を受ければはっきりするのはわかっていますが
細胞診がひどくつらかったのと集団検診から今日までの2ヶ月で
恥ずかしながら神経的にまいってしまって自分で判断できないありさまです。

まず先に精密検査をした前の病院の細胞診と同じ場所だと仮定して
今度はグレーということはあるのでしょうか?
また針生検のメリットデメリットを教えていただけるとありがたいです。
腫瘍は5ミリ程度のものです。

拙い文章で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

先日、市の検診で(マンモグラフィー)で「腫瘤あり・要精密検査」との診断を受けました。
その際同封されていた、精密検査を行っている病院の案内に従い、
すぐに予約の取れた産婦人科に行き、エコーとマンモと細胞診を行いました。
結果は異常なし。
ただその際、
1・新たにとったマンモの画像を見ながらの説明はなし
2・エコーを見ながらの細胞診で先生も首をかしげながら
「自分でしこりがわかる?」とおっしゃいながら「ここらへんかな?」といって
細胞診の針を刺したこと

などが不安で細胞診の結果もクラ...続きを読む

Aベストアンサー

現在治療中の24歳です。
私自身、不安と仕事の忙しさから検査引き延ばして、若さとがんの種類のせいで進行させて反省してるので^^; 回答させていただきます。
検査当時の医師との会話メモや、診療ガイドラインを参考にお話しますね。

乳がんの場合発見が早いほど治療費も少なくて済むし、治療自体も簡単で短期、手術不要の場合もあるし、しても傷跡少なく済む、と、いいことずくめなので経過観察するくらいなら針生検に進むのが通常です。がんでなくとも細胞診だけで済まないのもそれほど珍しくなく、ならなぜ最初から針生検しないかというと、
・デメリット1,麻酔が必要なくらいは痛い
・デメリット2,針が太いのでホクロサイズのシミができる場合もある(普通消える)
の為です。しかも
・メリット1,細胞診より精度が高い
・メリット2,種々の検査が可能で情報が多い
の為、手間がかかります。
なので、細胞診で済めば手軽でラッキーという事で、先にひとまず細胞診をします。
針生検まですれば、もうグレーということはないそうです。
針を刺しても悪化はしません。針の通り道に細胞が残る確率は0ではないそうですが、勝手に死滅する程度(本来の免疫力で消せる程度)なので問題はないそうです。

私の場合、細胞診から半年くらいは荒れまくりました。
毎日新婚の旦那に辛くあたり、昼は壁殴って穴開けたり、夜は泣き喚いて近所に迷惑掛けたり。
何してても突然泣ける日々で、旦那は若白髪が激増して不眠がちになりました(今は反省^^;)
少し持ち直してはまた沈没の繰り返しでしたが、半年間思う存分落ち込んだおかげで、ある日突然開き直りました。
思い返すと、ある意味では、はっきりガンだと分かるまでの方が辛かったかもしれません。
宙ぶらりんの状態で周りに気を使うより、全力で怒ったり泣いたりする方が、精神状態としては健全だった気がします。

確定診断までは、陰性陽性どちらの可能性もあります。
でも、乳がんの病院選びや治療方法選択には少なくとも数週間から数ヶ月の猶予があると言われています。自分なりに調べて医師に質問しても納得できないと感じた場合、セカンドピニオンを利用してください。せっかく検査しても結果に不信も持ってしまう病院だと無意味です。ただし5回6回の転院は不要だと思いますが…。

お辛いとは思いますが、納得のいく結果が出るまでは、どうか検査放棄しないでくださいね。

現在治療中の24歳です。
私自身、不安と仕事の忙しさから検査引き延ばして、若さとがんの種類のせいで進行させて反省してるので^^; 回答させていただきます。
検査当時の医師との会話メモや、診療ガイドラインを参考にお話しますね。

乳がんの場合発見が早いほど治療費も少なくて済むし、治療自体も簡単で短期、手術不要の場合もあるし、しても傷跡少なく済む、と、いいことずくめなので経過観察するくらいなら針生検に進むのが通常です。がんでなくとも細胞診だけで済まないのもそれほど珍しくなく、なら...続きを読む

Q黄色い内出血

腕に黄色い内出血みたいなものが
出来てましたが
これは何の問題も
ありませんか?

Aベストアンサー

>内出血みたいな物........はい、内出血其の物ですね

大体は、記憶に無い程度で軽くぶつけらさって居ても、此の様に成る人は多いでしょう。
頭の中身も人に依(よ)って違う様に、身体も千差万別で、一寸(ちょっと)の衝撃や接触で皮膚に近い所の血管が破れやすい人は居ます。
原因としては、一寸難しく成りますが、
1.血管壁の弱い・薄い人(生まれつきの体質)、年齢と共に皮膚が角質化する様に、血管壁も脆(もろ)くは成って往(ゆ)きます
2.無理なダイエットや偏食した場合
3.病気に依る場合、例えば「血小板減少性紫斑病」......此れは正確には医師の判断が必要です( http://www.byoki-syojyo.net/Ketuekinobyoki-22.html )

写真の様な症状が頻繁に起こる様でしたら、其の時は内科等で診て貰いましょう。

Q線維腺腫の摘出手術について

二年前くらいから胸にしこりがあり、針生検(組織診)をして
線維腺腫と診断されました。定期健診で、一年に二ミリから三ミリ程
大きくなっているということで、気になるようなら手術しますか?
ということになり、手術をすることになりました。

腫瘍は摘出してみないと100%悪性ではないといいきれないことは知っていますし、まだ1.6ミリと摘出するには傷が小さくて済むので今のうちかな・・・と思い決断しました。

ただ、人生初めての手術で、(局所麻酔で一時間くらい)かなりビビッてしまって、夢でうなされるほどです。傷跡も場所的に目立たないよ。とは言われましたが、不安と恐怖で何も聞けずに帰ってきました。日にちだけ予約しましたが、どんな手術でどんな傷ができて、形が変わるのかどうか、等何も聞いていません。お医者様も特に何も説明なく、
同意書を渡すだけでした。そもそも、摘出する必要があるか、というところの説明を詳しくしてほしかったです。そこは患者任せでした。
摘出した場合、摘出せず経過観察にする場合、どちらもメリット・デメリットはあるのに、その説明がありませんでした。
線維腺腫についてたくさん情報を集めたので、どちらのメリット・デメリットもだいたいは分かっていたのですが、何の説明もなく、日程決め終わり。最後に一言。「よくある手術だからね。」おそらくこの一言には心配しなくていいいよ、という意味も含まれていたと思いますが、
その時の私にそこまで読み取ることができず、え?それで終わりですか?と余計不安になりました。

私の不安や恐怖、摘出するかどうかという迷い、そんなものは全く感じとってもらえなかったようです。自分から質問できない私も私ですし、後悔はしています。摘出するべきでしょうか?最終判断は私がすることになるのですが、いろんな方の意見や、線維腺腫の手術経験された方などのアドバイスなどがあると嬉しいです。教えてください。
<腫瘍の状態>
二年前からしこり。
サイズは1・5ミリから1・6ミリ
針生検 良性の線維腺腫
一年に二ミリ程度のサイズアップあり

二年前くらいから胸にしこりがあり、針生検(組織診)をして
線維腺腫と診断されました。定期健診で、一年に二ミリから三ミリ程
大きくなっているということで、気になるようなら手術しますか?
ということになり、手術をすることになりました。

腫瘍は摘出してみないと100%悪性ではないといいきれないことは知っていますし、まだ1.6ミリと摘出するには傷が小さくて済むので今のうちかな・・・と思い決断しました。

ただ、人生初めての手術で、(局所麻酔で一時間くらい)かなりビビッてしまって...続きを読む

Aベストアンサー

とても、心配なことと思います。
私も昨年 線維線種の手術をしたので、質問者様のお気持ち本当によくわかります。

私の場合はまだ1cm未満でしたが、・摘出しない限りガンの可能性がいつまでも残るという事。・定期的な検診が毎回とっても不安で精神的に参ってしまう事。

とにかく、早くスッキリしたい!と、いう思いで手術をきめました。

私の主治医の先生も、よくある簡単な手術だからね~って言うかんじで、ただ、「検査に出してガンの可能性もなくはないからその時は再度手術だよ。」っていわれた事が怖くてたまりませんでした。

手術は・・・ 局所麻酔で30~40分位ですみました!感想は「な~んだ^^」と、いった感じでしたよ! 全く痛みもありませんでしたし、ただメスで切られている感触とやけるような匂いが怖かっただけです。
術後も痛み止めを 痛くなる前に飲んでいたので これまた全くといってよいほど痛みをかんじませんでした^^

現在は、1年に一回定期健診に行くのみとなりました! 私も手術前はとても不安で、手術を決めたことになんども後悔したりもしましたが、今となっては 良かったと思います。

手術の傷跡は、私の場合目立つところにあるので はじめはお風呂に入るたびに気になっていました。
現在、術後9ヶ月目ですが、やっと薄くなってきて気にならなくなってきました!
ただ、生理前で胸がはってくるとたまに痛んだりはします。

きっと、これも個人差があると思うので気にならない人はきにならないと思うのですが^^

アドバイスにはなってないかもしれませんが 私の経験で少しでも不安な気持ちがなくなってくれたら!と、思います^^

とても、心配なことと思います。
私も昨年 線維線種の手術をしたので、質問者様のお気持ち本当によくわかります。

私の場合はまだ1cm未満でしたが、・摘出しない限りガンの可能性がいつまでも残るという事。・定期的な検診が毎回とっても不安で精神的に参ってしまう事。

とにかく、早くスッキリしたい!と、いう思いで手術をきめました。

私の主治医の先生も、よくある簡単な手術だからね~って言うかんじで、ただ、「検査に出してガンの可能性もなくはないからその時は再度手術だよ。」っていわれた...続きを読む

Q乳がんと乳腺症の違い

22歳の女です。
左胸を触ったところ1センチにも満たないくらいのものでしたが、
しこりがある気がしたので、先週乳腺外来に行き、乳がん検診を
受けました。
女医さんが念入りに触診をしてくださったところ、「触った感じ
ではそれらしいものはないですね」と言われ安心しましたが、
「せっかく来たんだから、超音波検査とマンモグラフィもしていっ
たらどうですか?触診では小さいしこりは発見できませんし」と言
われて、念には念をと思い受けることにしました。
先週マンモグラフィは済ませ、今週超音波検査をしました。
検査はすべて終えて来週まで結果待ちです。

超音波検査のときに、左胸を非常に長く検査されました。
それも左胸の一部分ばかりずっとです。右胸の検査はサラっと
終わりました。左胸の一部分ばかり見られたのは、マンモグラ
フィで先週しこりが実は見つかっていて検査技師の方がそれを
知っていたからなのか、超音波検査中にしこりが見つかったか
らなのか、無駄な憶測ばかりして勝手に不安になってます。

教えていただきたいのですが、
仮にしこりが発見されたとして、超音波検査で乳腺症などのしこり
と乳がんのしこりは容易に見分けがつくものなのですか?
それとも、細胞診をしないと区別できないものなのでしょうか?

また、通常乳がんは細胞分裂によって1年で2倍に増える進行の
遅いがんのようですが、若年性乳がんは進行が早いと聞きました。
どれくらい早いものなのでしょうか?

どなたかご存知の方いましたら教えてください。

22歳の女です。
左胸を触ったところ1センチにも満たないくらいのものでしたが、
しこりがある気がしたので、先週乳腺外来に行き、乳がん検診を
受けました。
女医さんが念入りに触診をしてくださったところ、「触った感じ
ではそれらしいものはないですね」と言われ安心しましたが、
「せっかく来たんだから、超音波検査とマンモグラフィもしていっ
たらどうですか?触診では小さいしこりは発見できませんし」と言
われて、念には念をと思い受けることにしました。
先週マンモグラフィは済ませ、今週超...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ、ご心配な事と思います。
来週まで結果待ちというのは、本当に辛いですね…。

私は乳腺症あり、良性の乳腺腫瘍多数あり、
昨年の検診でわかりました。
乳腺症は特に痛みのひどい所が、マンモに白っぽくうつってました。
良性腫瘍は、マンモには全くうつらず(私の場合は)
エコーには、黒い塊としてはっきりうつっていました。
専門の医師が見れば、乳ガンか良性腫瘍かの判断は
画像で大方つくそうです。
良性腫瘍、乳がん、独特の形があるそうです。
でもやはり、画像で良性に見えても悪性の事もあるので
画像上、明らかに良性腫瘍と思われても、
必ず、経過観察(3か月・6か月おきの検診)などになると
思います。
慎重派の先生であれば、念のため細胞診をされるかもしれません。
細胞診は、良性か悪性かをクラス(5段階だったと思います)で
わけるものだと思います。
でもきちんとした診断が出ないこともあるようです。
組織検査は、良性なら何の良性腫瘍、といった具合に
かなり確定的な診断が出ます。
私の場合は、しこりもかなり大きく場所も悪かったため、
最初からある程度確実に診断がつく、組織検査を受けるように言われ、
何の良性腫瘍かと診断がつきました。

いま大変不安かと思いますが、
まだ乳がんと決まったわけではありません。
乳房のしこりは、90%が良性と言われています。
とにかく今は、来週の結果を待ちましょう…。
とはいっても、実際自分もしこりがあると言われれば
とても不安ですよね。
私は毎日毎日、いろいろなサイトで調べまくっていました。
なので、wpandawの今も気持も非常にわかります。

的を得てない回答であれば申し訳ありません。
でも少しでもお役に立てれば幸いです。

こんにちわ、ご心配な事と思います。
来週まで結果待ちというのは、本当に辛いですね…。

私は乳腺症あり、良性の乳腺腫瘍多数あり、
昨年の検診でわかりました。
乳腺症は特に痛みのひどい所が、マンモに白っぽくうつってました。
良性腫瘍は、マンモには全くうつらず(私の場合は)
エコーには、黒い塊としてはっきりうつっていました。
専門の医師が見れば、乳ガンか良性腫瘍かの判断は
画像で大方つくそうです。
良性腫瘍、乳がん、独特の形があるそうです。
でもやはり、画像で良性に見えても悪性...続きを読む

Q乳癌の確率はどれくらい

人間ドックへ行きエコーで乳癌検査をしたところ良性のしこり、要精密検査という結果が送られてきました。
そこで乳腺科のある病院に行きマンモグラフィとエコー検査をしてもらったのですが再度精密検査になってしまいました。
次は細胞の検査をする予定です。
そこで質問なのですが細胞診断になった場合は癌の可能性はどれくらいなのでしょうか?
統計的なデータはあるのでしょうか?
また、マンモグラフィとエコー検査では良性、悪性の判断はつきにくく細胞診断までやるケースが多いのでしょうか?
良性のしこりと思い検査をしたので急な展開に不安でいます。
年齢は39才になります。
詳しい方のご回答をお待ちしています。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

良性のしこり 要精密検査
ということですので

多分 線維腺腫 か 葉状腫瘍 を疑っているのではないかと考えられます
が確実に良性だと診断するには細胞をとって検査しないとわかりません

とにかく安心するためにも細胞検査をしてください

要精密検査が全体の5%
発見癌が全体の0.05% ってのがだいたいのところです

もし、万が一癌だったとしても、おっぱいを全部とることは最近はしませんし、入院も2週間くらいです
200人女性がいれば、その中に一人は乳がんになったことがある人がいるという時代です
どうか、不安がって受診を拒んだり、ドクターショッピングして時期を逃すことがないよう、必ず検査を受けてくださいね

Q乳がん術後の痛みについて

左胸全摘出となり センチネルリンパ節で手術が終わったのですが、、、
術後すぐの痛みはそれほどなく ほっとしていたのですが、、、

退院後 洗濯干しなど痛くてもリハビリと思い 腕を上げるように頑張っていたのですが、、、
ここ数日 摘出した胸の部分がえぐられる様な痛み 腕の筋を引っ張られるような痛み(これは
術後からずっと続いている) がひどくなってきて、、、
洋服が動くだけで 痛みがはしります。

退院後1週間目に診察があったのですが その時は腕の筋を引っ張るような痛みだけだったので
主治医に告げたところ 痛みは残るかもしれないと言われ終わりました、、、

歩くたびに痛くて痛くて 悲しくなります。

診察を受けるべきものなのかどうか迷っています、、、
これくらいの痛みは もう少し様子をみるべきなのか、、、

術後1ヶ月を過ぎたところです、、、

よろしくお願いいたします、、、

Aベストアンサー

日本では、痛みは我慢するもの……という風潮がありますが、
我慢して良い事は何もありません。
痛いならば、積極的に痛みを取るべきです。
なので、まずは、医師に相談してください。
痛み止めの内服を処方してもらえると思いますが、
それでもダメなときには、麻酔科の外来(ペインクリニックなど)を
受診してください。

痛みは慢性化する場合があり、
慢性化すると、その痛みを取る事は容易にはできなくなります。
なので、そうなる前に手を打たなければなりません。

Q乳がんで、ステージ4。 何でもいいので情報ください

45歳、乳がんで、見つかった時にはもうリンパと肝臓に転移していて、ステージ4と言われました。

転移があるため手術はできない。
そのため、根治はなくて、治療の目的は延命だといわれました。
ここ数か月のいきなりの出来事でパニックです。



去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?



免疫療法や温熱療法など、いろいろなものがあるようで、詳しいことが知りたいです。

治療された方、詳しいことを知って見える方、その他どんな情報でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。



抗がん剤の治療は今月から始めたばかりで、
今は、エンドキサンとファルモルビシンを投与しています。

Aベストアンサー

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になっているように感じています。
ですので、再発の不安と恐怖に悩まされながも、「うまく治療すれば大丈夫・・・」なんて、考え方を変えるようにしています。先生も「乳がんにはいい薬がたくさんある」とおっしゃっていました。

>去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?

トリプルネガティブとか、特殊な悪性度の強いがんなのでしょうか?
専門家なのでわかりませんが、私も2年に一度、マンモの検診を受けていましたが、結局自分で見つけるまでわかりませんでした。(ステージは違いますが・・・)
最後までマンモグラフィーに私のがんは写らず、結果的には
「検診=無効=自分にとってかえってマイナスだった」(ただの被ばくにすぎなかった)ことになりました。
ピンクリボン運動とか、「乳がんは早期発見が大事です。検診を受けましょう。」とかきくと、腹立ちさえ感じます。
啓蒙の言葉を変えない限り、私はそのような運動にはこれからも参加しないつもりです。
検診を受けたために結果が不正確で発見が遅れた人を無視していますよね・・・。少数派だから・・・というのは悲しい考え方です。

治療は、検診を受けた病院ではないと推測していますが、経済的に可能なら、他病院でのセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。
私は手術後の病理診断結果に不安をいだき、セカンドオピニオンを求めたところ、大きく診断結果が変わり、それによって治療方法まで変わってしまいました。
命にかかわることですし、遠慮せずにセカンドオピニオンを求めた方がいいと思います。
世間で言われる症例数の多い有名な病院、イコール絶対ではない、という教訓も得ました。

また、心配や不安、疑問は、無料のネット相談を利用しました。
例えば「神奈川乳がん相談室」や「ティームオンコロジ―」などの掲示板などです。ここでは専門的なことが質問できます。
ちょっとした乳がん以外の相談なら「アスクドクターズ」(月ごとに安価だったと思います)などでも相談できます。他にもいろいろ出てくると思いますから、情報化社会を存分に利用していただきたいです。

抗がん剤の副作用など、これから辛い治療が続くと思いますが、乳がんは治療法も豊富で、長く生き延びることのできるがんですから、あきらめない、粘り強い精神力と、自分にとって最善の治療方法を見つけることが大切だと思います。
精神的に辛い時は、精神腫瘍科なども利用すると心が楽になると思います。

どうかあきらめずに、前向きな気持ちでがんばっていきましょう。
私たちの死亡率は、がんでない人も等しく、100%ですからね。

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になって...続きを読む

Q乳がんのしこりの大きさと悪性度に関係がありますか?

54歳になる母が乳がんになりました。
初診(画像・触診・穿刺)ではステージ2だという話でした。
しこりの大きさは約2.5センチで自覚症状は乳首のへこみとしこりです。
しかし、今日主治医に詳しい話を聞いたところ、しこりの大きさは約3.8センチでその横にもう一つ1.5センチのしこりがあり、その2つがエコー画像で見る限りつながっているので、ステージ3だといわれました。
CTなどのくわしい画像検査はまだ結果がでていないのに、どうして初診とこんなに所見が変わってしまうのでしょうか?
しこりが大きいということは、深刻度も数倍になると思うのですが、大きさと悪性度の関係について教えてください。
あとリンパ節への転移ですが、最初は感じられないと言われたのに、今日は少し脇のリンパに触れるので転移の可能性が大きいといわれました。転移していたら、全身に遠隔転移している可能性が大だと思うのですが・・・
もうどうしてよいのかわからないです。
誰か助けてください。

Aベストアンサー

乳癌は、確かに悪性でないことに越したことはありませんが、悪性度が高いこと自体は問題がありません。悪性度というのは、いわば癌細胞の顔つき、個性のようなもので、乳癌に関しては悪性度の高さが生命予後の悪さにつながるというわけではありません。全身転移がないという前提であれば、手術で腫瘍と腋の下のリンパ節をとってしまえば完治します。2カ所に発生したとのことですが、それもとってしまえば問題はないはずです。乳房全摘をした場合には、摘出した側の再発はありません。確かに2カ所発生するというのは、乳腺に腫瘍ができやすいのかもしれませんが、乳腺の腫瘍ができやすいからといって、別の部位に癌ができやすい、あるいは転移を起こしやすいということはありません。乳癌とほかの癌は、とりあえず別のものと考えていいでしょう。もう一方の側で再発しても、やはり手術によって完治します。実際、乳癌を多く手術している病院では、両側乳房摘出などはめずらしいことではなく、経過も良好な人が多いです。また、腋の下のリンパ節に転移しているからといって、全身に転移しているかはわかりません。一般に、腋の下にはリンパ節が20個近くあります。そのリンパ節を一つ一つ輪切りにして顕微鏡で見て、転移しているリンパ節の数で全身転移を予想します。一概にはいえませんが、転移しているリンパ節10個以下の転移なら、全身転移の可能性は少ないと思います。もちろん、ゼロとは言い切れませんが。全身への転移というのは、もしあったとしてもわからないことが多く、あとになってからわかる、というのが現状です。もし将来全身への遠隔転移があった場合、もうすでに小さな癌の赤ちゃんともいうべきものが転移巣では存在しています。(現在の医学では、それを見つけることはできません)その将来を予想するものとして腋の下のリンパ節を切り取って調べるのです。

乳癌の場合、生命に危険が及ぶ場合はどういう時かといいますと、stage4、つまり全身に転移している場合です。この場合どうするかというと、まず癌細胞に女性ホルモンレセプターというものがあるかどうかを調べます。女性ホルモンレセプターというものが存在すれば、ホルモン療法という効果が高く副作用の少ない治療法が選択できます。また、そのほかに、タキソテール、CEFなどという薬を使った治療法があり、これも副作用があるものの治療成績はよいです。

というように、乳癌は、簡単にいって8割もの人が治っている病気です。手術ができれば多くの人が助かっています。確かに、乳房全摘は女性にとってデリケートで深刻な問題です。私のように文章が拙いものでは「乳房を切れ切れ」と書いていて、少し無神経ではないかとお感じになるかと思うのですが、いいたいことは
・悪性度は生命予後に直結しないということ
・乳腺に腫瘍ができやすいだけであって、ほかの部位にできやすいとは限らないということ
・従って乳腺さえとってしまえば再発は起こらないということ
・反対側に腫瘍ができる可能性はあっても手術の回数は増えますが同じように治すことができるということ
・手術ができるということは予後のよい部類であること
(手術によって治すことができる!)
・手術ができなくても、全身に転移していても、打つ手はまだあるということ
・実際に手術をしてリンパ節をとるまでは全身への遠隔転移について確実なことは言い切れないこと

以上です。悪性度と転移について、わかっていただけたでしょうか?不安を和らげる内容とは言い難いかもしれませんが、知識、理性が支えになってくれることをお祈りいたします。

乳癌は、確かに悪性でないことに越したことはありませんが、悪性度が高いこと自体は問題がありません。悪性度というのは、いわば癌細胞の顔つき、個性のようなもので、乳癌に関しては悪性度の高さが生命予後の悪さにつながるというわけではありません。全身転移がないという前提であれば、手術で腫瘍と腋の下のリンパ節をとってしまえば完治します。2カ所に発生したとのことですが、それもとってしまえば問題はないはずです。乳房全摘をした場合には、摘出した側の再発はありません。確かに2カ所発生するという...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報