「名レフリー」と言われて、プロレスファンの多くが真っ先に思い浮かべる人といったら誰でしょう?
ミスター高橋さんあたりですかね。
新日全盛期のメインレフリーだったと思いますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 ジョー樋口です。


その昔はしょっちゅう失神していて、
幼心にもだめな人だなあと思っていましたが
実際に試合会場で観戦するようになると
全日本プロレスの2・9カウントのハイスパートプロレスの中で
きちんと両肩がマットについたのを確認してからカウントを入れるのは彼だけでした。
非常に地味な基本ですが、本来はそうあるべきだと思います。
最初は和田京平もきちんとカウントを入れていたんですが
そのうち、早く終わらせようとか邪念が入ったのでしょう
見切りでカウントを入れるようになってがっかりしました。
ミスター高橋のレフェリングは見たことがないのですが
現在、そういうきちんとしたカウントを入れるレフェリーはいないんじゃないでしょうか。
確かに、ポジション取りには?のつくようなところもあって
「樋口、そこ危ない」という野次が飛んだので見てみると
レスラーとコーナーの狭い隙間に挟まれてしまって、
失神しても不思議のないようなポジションにいたということもありました。
きびきびとした動きで試合の流れの邪魔にならないという点では和田京平に軍配が上がりますが
やはり敬意を表して、ジョー樋口こそ名レフェリーと呼びたいと思います。
    • good
    • 0

 自分の役割を完全に心得ている、ということで


伊藤豪に一票。
    • good
    • 0

正統派ではタイガー服部、プロレス的側面を入れれば、阿部四郎を推薦します。


ミスター高橋は体格が良すぎて、ジュニアの選手とならんだら、レスラーの方が見劣りしてしまいます。
    • good
    • 0

ユセフ・トルコと沖職名の二人を真っ先に思い出しますね。

    • good
    • 4

こんばんは。


レフェリングで考えればマイク・キオーダ、気絶等の演技で考えればアール・ヘブナーです。
    • good
    • 0

阿部四郎レフェリーですね。


悪い意味で「迷レフェリー」かな。
極悪同盟とつるんで、クラッシュギャルズをいぢめてました。
子どもながらに「こいつは最低だ」と思ったものです。
    • good
    • 0

ジョー樋口じゃないでしょうか!


影が薄いんだか濃いんだかわからない感じがグーでした。
    • good
    • 0

レッドシューズ・ズーガン。


盛り上げ方のうまさで沖識名。なんつったって、フォールに入った力道山に覆いかぶさってカウント・・・。相手レスラーはたまったもんじゃありませんが、当時の日本人ファン(=ほぼ全員力道山の味方)にはたまらなかったんでしょうね。

最悪なのは「特別レフェリー アントニオ猪木」
カウント5で反則をやめないレスラーにエルボーかまして怒らせ、三つ巴戦になっちゃうし・・・(^^ゞ
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悪役レスラー ザ・シーク

格闘技ではなく、プロレスなのですが、
昔全日本プロレスに、ザ・シークという口から火を吹く悪役レスラーがいたのですが、
あの火を吹く仕掛けは、どういったものだったのでしょうか?

Aベストアンサー

聞いたところによれば、ガソリン(または揮発油)を口に含んで、霧状に噴き出すときに、手に隠し持った小型のライターで火をつけて大きくさせていたようです。
現在一部のレスラーがやっている、いわゆる「毒霧攻撃」も、口の中にあらかじめ、風船のようなものの中に液体を入れておいて、攻撃するときに歯で噛み切って噴射(?)しています。
ただ、相手選手に怪我を負わせることはプロレスではタブーですので、あくまでも、レフェリーや相手選手との「呼吸(タイミング)」が大事だと思います。

Qプロレスのレフリーのことで

プロレスのことはあまりよく知らないのですが。
プロレスのレフリーも他のスポーツの審判と同様に、常に公正なジャッジを行えるように、個々のレスラーと懇意にならないように努めているということでしょうか?

Aベストアンサー

 新日本プロレスのレフリーを長く務められたミスター高橋氏の著作によると、
彼がさばいた全ての試合は、事前に結果が既に定められている由。
それに沿って選手、レフリーが試合展開を行うため、レフリーは公正な立場
というよりは、選手と同列と扱うほうがわかりやすいでしょう。プロレスでは、選手、レフリー、セコンド、リングアナ、さらには実況アナウンサー、
リングドクター等が試合に組み込まれ、興行の盛り上げに一役買っています。
レフリーは、選手が試合展開を忘れてしまった場合、さりげなく教えたり、剃刀で選手の額をカットした流血劇を演じたり、選手と衝突して失神劇を演じたり、さらには判定に不服な選手から「暴行」されたりします。
 とはいえ選手の一挙手一踏足、全てが事前に定められるはずもなく、レフリーがさりげなく試合を誘導する等の役割も見逃せません。

QDDTと言うプロレス団体に

DDTと言うプロレス団体に入団したいのですがどうすれば良いか全く分かりません。
詳しい人、だれかいたら教えてください!

Aベストアンサー

とにかく事務所に連絡して、押しかけてでもってことです。
入門テストや募集のあるなしなんて関係ない。そういうバイタリティがある人こそ、高木大社長は好むと思われます。
他団体でも、今名のある選手の多くも、入門テストではない形で押しかけ入門してますよね。ライガー、G浜田、ウルティモドラゴン、Gサスケ・・・特に背が低いなどの募集要項以下の場合でも、そうやって自力で門戸を開いてます。

Q昭和のプロレスファンが平成のファンに勧めたい試合は?

私は初代タイガー、長州維新軍、タイガージェットシン対猪木、国際軍団、の頃からのプロレスファンです。
最近武藤対高田(新日対Uインター)のころからファンになった友人とプロレス談義をするのですが、昭和のプロレスでお勧めの試合・レスラーって何・誰でしょう?
平成のファンでも「おー!!!」って唸るような。

Aベストアンサー

最近見た試合から・・・
★アントニオ猪木×ストロング小林(初対決)
 いまのプロレスのような、序盤から派手な技を使う展開とは違い、起承転結がはっきりしています。この頃のストロング小林(金剛)ってホント強かったんだと改めて感じさせる一戦です。リング上はもとより、双方の”応援団”も含め殺気に満ちています。

★藤波辰爾×アントニオ猪木(1988年8月8日横浜文体)
 60分フルタイムの試合ながら、全体的に締りのある試合で、見ていて時間が経つのを忘れてしまいます。まさにプロレスのお手本のような試合です。

★(全体的に)初代タイガー
あの頃から25年経っているのに、今見ても新鮮な動き・試合をしています。

★(タッグチームでは)長州&アニマル浜口
ふたりの息がピッタリで、1+1が5にも10にもなったチームです。この頃の新日本にタッグのベルトがなかった(北米タッグ封印後)のが悔やまれます。浜口はこの頃から”気合十分”でした。浜口京子のお父さんということでも、「オーッ」と唸ってしまいます。

Q全日本プロレス好きの外国人サッカー選手

スレ違いかもしれませんが、、、。
ちょっと前にTVで外国人サッカー選手が、全日本プロレスのビデオを見て「小さい頃見ていた、懐かしい」みたいな話をしていました。
そこへ藤波たつみが登場して・・・というような演出だったんですが、そのサッカー選手の名前がどうしても思い出せません。
どなたかご存じないでしょうか?確か夜の番組でした。

Aベストアンサー

アレッサンドロ・デルピエロ イタリア人 ユベントス所属 背番号10 ちなみに新日本プロレスですよ。

Qプロレスのコンビ名 ・ チーム名

いつもお世話になっております。

これまでにプロレス界においては、名コンビや、様々なチーム( 軍団 )が有ったと思います。
また、そのコンビやチーム( 軍団 )には、
その選手たちのイメージなどから付けられた “ ネーミング ” が多々ありましたね。

コンビでは、ジャイアント馬場&アントニオ猪木の 『 B・I砲 』 や、
女子プロレスに革命を巻き起こした 『 クラッシュギャルズ 』 などが有りますね。
チーム( 軍団 )では、『 超世代軍 』 や、最近では 『 TEAM 2000 』 などが有りますね。

その中で、私がイマイチしっくり来なかったなあ ・ ・ と思ったネーミングが、
新日本のタッグチーム ・ ・ 知る人ぞ知る 『 烈風隊 』 です(^^;)
このコンビは結局、この名前が付いて間もなく自然解消したと記憶しています。

そこで、皆様の中で、印象に残っているコンビ・チーム名、
ハマっていると思うネーミングのコンビ・チーム名、
ネーミングがイマイチだと思うコンビ・チーム名など、
ございましたら、どうぞ御紹介よろしくお願いいたします。   ( 文中敬称略 )

いつもお世話になっております。

これまでにプロレス界においては、名コンビや、様々なチーム( 軍団 )が有ったと思います。
また、そのコンビやチーム( 軍団 )には、
その選手たちのイメージなどから付けられた “ ネーミング ” が多々ありましたね。

コンビでは、ジャイアント馬場&アントニオ猪木の 『 B・I砲 』 や、
女子プロレスに革命を巻き起こした 『 クラッシュギャルズ 』 などが有りますね。
チーム( 軍団 )では、『 超世代軍 』 や、最近では 『 TEAM 2000 』 などが有りま...続きを読む

Aベストアンサー

日本には来日しなかったチームを少し思い出しましたので…

スカイ・スクレイパーズ(旧NWA?)
→ダニー・スパイビー&セッド・ビシャス
 確か途中でどちらかがパニッシャー・ダイス・モーガン(いまのアンダーテイカー)に変わったような…確かに三人とも背が高いですよねぇ。安易ながらピッタリのネーミングかと。

ファビラス・ワンズ(フロリダ地区)
→スティーブ・カーン&スタン・レーン
 実は藤波&木村組が現地でUSタッグに挑戦しており、その試合の模様が当時のプロレス中継(ワールドプロレスリング)で放送された。

ハイ・フライヤーズ(AWA)
→グレッグ・ガニア&ジム・ブランゼル
 鶴田がAWA王者だった時代にAWAタッグ王者だったチーム。そういえばPWFタッグ王者決定リーグ戦にはチームで来日していましたね。AWA地区では”飛べる”ほうだったのでしょうが、飛び技といえばドロップキックぐらいしか印象がありません。

ブレードランナーズ
→スティング&アルティメット・ウォリアー
 両者がグリーンボーイ時代に組んでいたタッグチーム。ちょうど映画「ブレードランナー」と時期がかぶっていたんでしょうか?写真でしか見たことがありませんが、当時から両者とも顔面ペインティングをしていますが、全然イケてません。

<これからは来日しているチーム>
マッド・マックス(新日本)
 マシン軍団を失った若松市政がマネージャーとなり、マッドマックス1号&2号を引き連れてきた。一人一人のレスラーの質は決して悪くなかったと思いますが、チーム名に名前負けしていたことと、若松と一緒に登場したことが運のツキ?途中で2号が更迭され、スーパーマックスなるレスラーに変わった。

ナスティ・ボーイズ
 旧WCWではそれなりに売れたチームのようですが、個人的には全く魅力を感じないチーム。初来日は全日本だったと思いますが、パッとしなかった。チーム名を和訳すると「悪がきたち」といったところなのでしょうが、ヘアスタイル以外はただのデブ?

<ふと思い出したので…>
ドラゴン・ボンバーズ
→藤波,越中,ライガー,飯塚,Bキャット,南海龍
 どんなきっかけで結成されたかは忘れましたが…個人的にはネーミングもメンバーも好きでした。

カルガリー・ハリケーンズ(前にも出てましたが…)
→S・S・マシン,高野俊二,ヒロ斉藤
 確か3人で事務所を持っていたと思います。単なる軍団やタッグチームよりは全然いいと思います。このネーミングをつけたことでマシン=平田を自分からバラしているようなもの。当時まだマスクマンの正体に思いをめぐらしていた時代で、藤波の「お前は平田だろう」発言があった後でも「いやっ、マシンは平田じゃないかも」と考えたりもしたのですが…

長くなりそうなのでこれで。

日本には来日しなかったチームを少し思い出しましたので…

スカイ・スクレイパーズ(旧NWA?)
→ダニー・スパイビー&セッド・ビシャス
 確か途中でどちらかがパニッシャー・ダイス・モーガン(いまのアンダーテイカー)に変わったような…確かに三人とも背が高いですよねぇ。安易ながらピッタリのネーミングかと。

ファビラス・ワンズ(フロリダ地区)
→スティーブ・カーン&スタン・レーン
 実は藤波&木村組が現地でUSタッグに挑戦しており、その試合の模様が当時のプロレス中継(ワールドプロ...続きを読む

Q三沢さん事故死で、プロレス団体は危険技を自主規制するのでしょうか?

脳天から落とす垂直落下式などの危険な技を団体側で自主規制かけることで、選手の安全は保たれると思います。
しかし、それではプロレスの面白さが損なわれてしまう。
ファンにとっても、選手にとっても、プロレス団体にとっても、よくないことのように思う。

三沢さんのような悲劇はもうこれ以上起きないで欲しい。
けれども、だからと言って危険技を全て禁止にしたプロレスが見たいとは思わない。
今のこのご時世、プロレス業界は地上波テレビ中継がなくなり、観客が減っています。
危険技を自主規制し、自らプロレス本来の面白さを封印して生き残れるのでしょうか?


三沢さんの悲劇の教訓は、「危険な技をやってはいけない」ではないと思う。
「怪我を押して、無理に試合に出続けることをしてはいけない」ということです。
また、「受け身だけはちゃんと練習し、しっかり身につけておかねばならない」というのは、若手選手への教訓でしょう。
そこらへんを勘違いして、何でもかんでも“規制”すればいいというのは間違っていると思う。
また三沢さんが生きていたら、“規制”に賛成するとも思えません。

三沢さん事故死の影響で、プロレス団体は危険技を自主規制する流れになるのでしょうか?

脳天から落とす垂直落下式などの危険な技を団体側で自主規制かけることで、選手の安全は保たれると思います。
しかし、それではプロレスの面白さが損なわれてしまう。
ファンにとっても、選手にとっても、プロレス団体にとっても、よくないことのように思う。

三沢さんのような悲劇はもうこれ以上起きないで欲しい。
けれども、だからと言って危険技を全て禁止にしたプロレスが見たいとは思わない。
今のこのご時世、プロレス業界は地上波テレビ中継がなくなり、観客が減っています。
危険技を自主規制し...続きを読む

Aベストアンサー

>だからと言って危険技を全て禁止にしたプロレスが見たいとは思わない。

ここに問題があるのでしょうね。
現在のような危険な技がなかった時代のプロレスの方が、現在よりも余程メジャーで、人気があったということは事実ですよね。
いわゆる「昭和のプロレス」には危険な業は必要なかったんですが、十分に人々を魅了できていました。

そして当時のプロレスにはあって現在のプロレスにはない「何か」を埋め合わすために「危険な技」を見せる必要があったわけで、規制した瞬間に、何の魅力もないお遊戯会になりさがってしまう。
ここが現在のプロレスの致命的な欠陥なのでしょう。

例えば、三沢がジャンボを執拗にフェイスロックをかけていた頃、フェイスロックという古典的な技で、十分観客は熱狂できていましたよね。
その試合にあった「何か」がない試合をするしかない現在は、危険な業を使い、それを受けることの見せなければ観客を熱狂できない、そこに問題を感じるんです。

しかし、これ以上単なる技の危険度が上がる一方では、単なる「残酷ショー」になるわけで、そんな意味でもプロレスはもうすでに過去の遺物になりつつあるのではないだろうかと、寂しい思いを持っています。

「凄い」と感じるものが、「技と受け身」にしか感じなくなった観客と、それしか見せられないレスラーの質の低下が招いた結果だと思います。

>だからと言って危険技を全て禁止にしたプロレスが見たいとは思わない。

ここに問題があるのでしょうね。
現在のような危険な技がなかった時代のプロレスの方が、現在よりも余程メジャーで、人気があったということは事実ですよね。
いわゆる「昭和のプロレス」には危険な業は必要なかったんですが、十分に人々を魅了できていました。

そして当時のプロレスにはあって現在のプロレスにはない「何か」を埋め合わすために「危険な技」を見せる必要があったわけで、規制した瞬間に、何の魅力もないお遊戯会...続きを読む

Qプロレスファンの方

私は、子供の頃からプロレス好きです。

プロレス好きな方に、質問させて下さい。

私の身の回りには、(狭い世界ですが)
プロレス好きな人が、私の他に2人しか居ません。

その人は異性なので、そうそう会ってばかり居られないですので、
実質、一緒にプロレス談義が出来る相手が居ません。

プロレスの話を、楽しく一緒に出来るような相手が居たらなぁ・・・って思います。
私の町のコンビニに、週プロが、毎月3冊並びます。
1冊は、私が買ってるんですが、あとの2冊は、どんな人が買ってるんだろう・・・
なんて思ってしまうくらい、誰かプロレス好き仲間が欲しいなぁ・・・って思ってます。
でも、なかなか出会えません。

皆さんの周りには、一緒に談義出来るような、プロレスファン仲間が居ますか?

それとも、本当に、
今や、プロレスファンは、居なくなって来てしまっているように感じますか?

Aベストアンサー

grakai様こんにちは。

お尋ねの件、まさしく他のご回答者皆様が仰る通りの感でございまして、当方周辺においても同ファン、誠にお寒い限りでございます。

熱く語り合えるマニアレベルの人間はまずもって皆無ですし、そして何よりお話しにありますところの総体的なファン数、これ自体にかつての盛り上がりを全く感じられない寂しさでございますね。

grakai様、ちなみに当方はアメリカンプロレス、及びタッグ形式の試合が個人的に好きでありますけれど、最近では

・「天コジ復活だ~」と喜んでいるのは周辺で当方だけ
・時々フレアーウォークをやってみても、知っている人間はごく一部のみ
・味のある過去のタッグチーム、ノートン・木戸組はともかくとして、ハンセン・馬場組すら知らない人間が多い(下手をすると、ロード・ウォリアーズでさえ「?」の扱い。汗)。

等々、誠に嘆かわしい限りでございます(一部マニアック過ぎますが。苦笑)。

しかしながらgrakai様、我が国のプロスポーツにおいては、かつて絶対王者的な存在であったプロ野球ですら現状斜陽の感であります。

また各世代においての興味対象自体の広範化(加えてその状況を可能とするだけのインフラが、今や完全に確立)等々を考えますと、これはプロレスのみならず「娯楽」自体の嗜好多様化、今後ますます加速するのではないかと愚考致す次第です。

しかしながらプロレス界、昨年は本当に素晴らしい合同興行が開催されましたし(KENSO選手は相変わらずでしたが。苦笑)、今後ともまだまだ可能性の高い分野と確信致す次第。

近年のプロレス界では、まず基本であるお客さんを楽しませる努力において、一昔前とは随分変化した印象でございます。以後も同様に、諸々頑張ってほしいところでありますね(みちのくプロレスの宇宙大戦争等、もうたまりませんです。まさかライガー選手まで絡むとは思いませんでした。苦笑)。

grakai様、こちらの場のご回答者皆様のように、プロレスLoveの人々は確実に根強く存在するものと考えます。身の回りの寒風吹きすさぶ状況に対し、また今後ともこの場での盛り上げにて、多少なりとも心に暖を取りましょう(笑)。

ではでは、これにて!!

grakai様こんにちは。

お尋ねの件、まさしく他のご回答者皆様が仰る通りの感でございまして、当方周辺においても同ファン、誠にお寒い限りでございます。

熱く語り合えるマニアレベルの人間はまずもって皆無ですし、そして何よりお話しにありますところの総体的なファン数、これ自体にかつての盛り上がりを全く感じられない寂しさでございますね。

grakai様、ちなみに当方はアメリカンプロレス、及びタッグ形式の試合が個人的に好きでありますけれど、最近では

・「天コジ復活だ~」と喜んでいるのは周辺で当...続きを読む

Qアメリカンプロレスと昭和プロレス

古き良き時代のアメリカンプロレスといいますが、
アメリカンプロレスとはどういったスタイルをいうのですか。
また、昭和のプロレスはアメリカンプロレスとどういう点が
違いますか。
プロレスは好きですが、古くは知らないので
教えてください。

Aベストアンサー

アメリカのプロレスは、100年以上の歴史があるもので、内容も微妙に変わってきて、現在に至ります。で、俗に「アメプロ」というのは、日本で新日本プロレスが旗揚げされたころに、対立概念として用いられるようになった表現です。
つまり、アメリカのメジャープロモーションから完全にスポイルされ、独自の価値観を創造せざるを得なかった、「過激なプロレス」を標榜するアントニオ猪木に対して、従前の価値観を完全に踏襲し、従来どおりのスタイルを是とするジャイアント馬場率いる全日本。ただ、フアンは新日に傾倒することが多く、従来のプロレスを「アメプロ」と呼んで卑下したのです。

やがて80年代後半、WWF(現WWE)が全米進行を強め、ストーリーやTVインタビューを強化すると、それが見事に「馴れ合いのお芝居」と、日本人の目には映ってしまったのです。で、なおさら「あんな子供だましをするアメプロなんて・・・」という評価になった。でも、実際にその数年後にはWWFは「筋書きがある」ってことをカミングアウトし、しかしそれでも人気が落ちない現実を見ると、日米どっちのフアンのほうが、精神的に成熟してるのか・・・という気もしないではありません。

で、昭和プロレスってのは、ノスタルジーですね。いわゆる、長州率いる維新軍のハイスパートレスリング、全日本四天王の2.9カウントプロレス、ラリアットプロレスあたりから線を引いた対立概念(全日の西村が言ってるような奴)がそもそもなんですが、いつの間にか、単なる平成との時間的な線引きになっている。今時で言うレジェンド(三銃士や四天王あたりまで)の試合を総括して「昭和プロレス」と呼ぶようです。

ですから、本来であれば、いにしえの全日本がやっていた、NWA、AWAなどのレスリングスタイルに近いものが、昭和プロレスだったのでしょうが、話が違ってきてるって感じです。で、そのようなアメリカのプロレスは、今の日本では、クラシカルな正統派スタイルとして、再評価が進んでいます。いわゆる、ドリー、レイス、ニック、フレアーなどのゆったりした、しかしツボを押さえたスタイル。(ただ、この再評価も、WWEが先にやり始めたことなんですけどね)

アメリカのプロレスは、100年以上の歴史があるもので、内容も微妙に変わってきて、現在に至ります。で、俗に「アメプロ」というのは、日本で新日本プロレスが旗揚げされたころに、対立概念として用いられるようになった表現です。
つまり、アメリカのメジャープロモーションから完全にスポイルされ、独自の価値観を創造せざるを得なかった、「過激なプロレス」を標榜するアントニオ猪木に対して、従前の価値観を完全に踏襲し、従来どおりのスタイルを是とするジャイアント馬場率いる全日本。ただ、フアンは新日に...続きを読む

Q地方在住のプロレスファンに相談。

今度、転職するつもりです。
地方からのプロレス観戦に便利なのは、
平日が休み(不定休とか)の職場でしょうか?
土日が休みのところでしょうか?

みなさんはどっちですか?

Aベストアンサー

以前、転勤で北海道・北見、に居たことありました
休みは平日で土・日・祝日出勤です
基本的に休みの変更はしにくかったです
(土・日・祝日はほとんど休めない)

地元に来たときも、仕事を休めなく見れないことも多々ありました(仕事終了が夜10時に近いので)
休みの日に札幌まで特急で往復11時間位かけて見に行ったことありますし、車で往復5時間くらいで室蘭まで見に行ったこともあります
夏休み(7日間)に大阪、名古屋周辺で5興業とか
東京周辺で7興業とか見に来たことありました

平日休みか土・日休みかは、あまり意味無いかと、いつ興業があるかわからないので
それより、事前に申告すれば希望日に休みが取れるかどうかでしょうね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報