社会福祉法人でなければならないとありますが、営利法人やNPO法人ではだめなのでしょうか?
また個人では全くできないのでしょうか?
地域では営利法人やNPO法人でも事業しているかたがいるようですが?

また設立のときにリフォーム費用などの助成金はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

障害福祉サービス事業の指定を受けるには、法人であればそれで良いので、社会福祉法人以外でも問題ありません。


営利法人(株式会社など)であっても、NPO法人であっても、OKです。

なお、法律上、法人でないと指定を受けられない決まりになってますので、個人事業では指定を受けることはできません。

助成金については、地域によっては行政から出る場合もあります。
また、WAM(福祉医療機構)でいろいろと助成金を出してますし、民間の助成団体からの助成金もいろいろとあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やはり個人ではダメなのですね。福祉向けの不動産を持っているのですが借りたいと言う人が個人でと言ってたものですから自分でも調べてみようかと思いました。参考になりました。

お礼日時:2011/04/14 03:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q可変費用曲線・・・

 ある問題で、企業が固定費用1万円、限界費用が2千円で生産するときと、固定費用2万円、限界費用千円で生産するときがある。とういうのがありました。
 この中で、可変費用は2000yと、1000yでいいのでしょうか?また可変費用曲線を書く場合、生産量は特に設定されていないので1,2,3・・・としていいのですか?(直線になりますが・・)あと、可変費用曲線のほかに、平均可変費用曲線、総費用曲線、平均費用曲線を書いたあとに、どの産出量で企業は固定費用の低い技術を用いるか、どの産出量で企業は固定費用の高い技術を用いるかという問題はどのように考えたらいいでしょうか?
 質問ばかりですいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どの産出量で企業は固定費用の高い技術を用いるか?

総費用曲線を用います。この場合、2本の総費用曲線を
書くと、ある産出量以上から、「固定費用の高い技術」の方が総費用が安くなるのが分かると思います(逆にその産出量に達するまでは、「固定費用の低い技術」の方が総費用が安い)。産出量に応じて、安くなる方を用いるわけです。この問題の場合、その、ある生産量yを計算で求めて回答すれば良いわけです。

Q障害者自立支援法についておしえて下さい

障害者自立支援法では、夜間入所をされている方が、昼間は他のディサービスへ行ったり通院介護をうけることは可能ですか??

Aベストアンサー

こんばんわ

質問ではサービスを利用される方の、障害程度区分不明なので、どの程度のサービスが給付されるかわかりませんが・・・厚生労働省の平成22年4月版障害者自立支援法のサービス利用についてによりますと、「入所施設のサービスを、昼のサービス(日中活動事業)と夜のサービス(居宅支援事業)に分けることにより、サービスの組み合わせを選択できます。」とされていますので、質問者様がご希望されているような利用が可能です。

詳しくは、障害福祉課へお問い合わせください。

Q長期の平均費用と限界費用の位置関係は、短期の平均費用と限界費用の位置関

長期の平均費用と限界費用の位置関係は、短期の平均費用と限界費用の位置関係と同様の性質を持つ、と学んだのですが、別の問題でそれぞれ下記の解説がありました。

1.長期平均費用が一定のとき、長期限界費用はそれに一致する。
2.限界費用が一定の大きさのとき、平均総費用は逓減する。

2は短期の問題です。1と2は同じことを言っているようで違うことを言っていて、よくわからなくなりました。

長期と短期で性質が違うときがあるのか、それとも、2について「平均総費用が一定のとき、限界費用はそれに一致する」のでしょうか?

Aベストアンサー

費用は大きく分けて固定費用と可変費用に分けられます。可変費用を生産量で微分したものが限界費用であり、費用全体を生産量で割ったものが平均費用です。

1.の場合、平均費用が一定なので、固定費用がゼロ、かつ限界費用が一定でなければなりません。
限界費用は、充分に生産量が大きいならば一定又は逓増することが仮定されているため、この条件以外では1.を満たしません。

2.の場合、固定費用がゼロでないならば、平均費用は逓減します。

これらは数式では
C = F + V(x)
C/x = F/x + V(x)/x
dC/dx = dV(x)/dx
であり、1の場合ではF=0, C/x = Const. のとき、V(x)/x =Const. がいえるため、V(x)=kx となり、明らかです。

2の場合では
dC/dx = dV(x)/dx=Const.のときV(x)=kxとなるため、
C/x = F/x + V(x)/x = F/x + k
となることから明らかです。


これらは長短関係なく成り立ちます。

Q自立支援医療受給者証を持っていれば障害者?

年末調整の時期で、扶養控除等申告書に記入するためにいろいろ調べているのですが、わからないので教えて下さい。
ワタシの父が脳出血で倒れ、現在要介護5の状態で、家で同居し、介護中です。収入はありません。
年齢は65歳です。
自立支援医療受給者証を持っていますが、これは障害者の扱いになりますか?
控除対象扶養親族に記入してもよいでしょうか?

Aベストアンサー

法律や制度によって、「障害者」の定義は異なります。

自立支援医療は、障害者自立支援法上の「障害者」の定義に該当する方を対象として給付されるものですので、受給者証の所持者は「障害者自立支援法上の障害者」ではありますが、それがそのまま、所得税法上の障害者の定義にあてはまるわけではありません。

所得税法上の「障害者」(=障害者控除の対象となる人)の範囲は、次のとおりです。

国税庁「障害者控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1160.htm
「(1) 常に精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状態にある人
 この人は、特別障害者になります。
(2) 児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センター、精神保健指定医の判定により、知的障害者と判定された人
 このうち重度の知的障害者と判定された人は、特別障害者になります。
(3) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の規定により精神障害者保険福祉手帳の交付を受けている人
 このうち障害等級が1級と記載されている人は、特別障害者になります。
(4) 身体障害者福祉法の規定により交付を受けた身体障害者手帳に、身体上の障害がある人として記載されている人
 このうち障害の程度が1級又は2級と記載されている人は、特別障害者になります。
(5) 精神又は身体に障害のある年齢が満65歳以上の人で、その障害の程度が(1)、(2)又は(4)に掲げる人に準ずるものとして市町村長等や福祉事務所長の認定を受けている人
 このうち特別障害者に準ずるものとして市町村長等や福祉事務所長の認定を受けている人は特別障害者になります。
(6) 戦傷病者特別援護法の規定により戦傷病者手帳の交付を受けている人
 このうち障害の程度が恩給法に定める特別項症から第3項症までの人は、特別障害者となります。
(7) 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律の規定により厚生労働大臣の認定を受けている人
 この人は、特別障害者となります。
(8)  その年の12月31日の現況で引き続き6ヶ月以上にわたって身体の障害により寝たきりの状態で、複雑な介護を必要とする人」
 この人は、特別障害者となります。

自立支援医療受給者証は関係ないですけど、要介護度が5なら、市町村に認定書を発行してもらうことにより、(5)の条項で障害者控除の対象にできると思います。

佐倉市「要介護認定を受けた方の障害者控除及び特別障害者控除」
http://www.city.sakura.lg.jp/0000001559.html
「要介護1から要介護5までに認定された65歳以上の方が障害者控除等対象者に認定された場合には、所得税・市県民税の障害者控除または特別障害者控除を受けることができる認定書を送付いたします。
この認定書を所得税・市県民税の申告をするとき、または年末調整をするときに添付することで、障害者手帳の交付を受けていなくても、認定された本人またはその扶養者が税の減額措置を受けられる場合があります。」

法律や制度によって、「障害者」の定義は異なります。

自立支援医療は、障害者自立支援法上の「障害者」の定義に該当する方を対象として給付されるものですので、受給者証の所持者は「障害者自立支援法上の障害者」ではありますが、それがそのまま、所得税法上の障害者の定義にあてはまるわけではありません。

所得税法上の「障害者」(=障害者控除の対象となる人)の範囲は、次のとおりです。

国税庁「障害者控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1160.htm
「(1) 常に精神上の障害により事理を弁...続きを読む

Q限界費用関数について

総費用関数を微分すると限界費用関数となるとありますが本当でしょうか?
総費用関数がY=Xの2乗、とすると、限界費用関数はY=2X、です。
具体的には、
生産量が0、総費用が0、限界費用が0
生産量が1、総費用が1、限界費用が1
生産量が2、総費用が4、限界費用が3(つまり4-1)
生産量が3、総費用が9、限界費用が5(つまり9-4)
生産量が4、総費用が16、限界費用が7(つまり16-9)
ですよね。
しかし、限界費用関数で導出すると
Y=2Xですから、0,2,4,6,8となります。
ご覧のとおり個別に計算したものと一致しません。

なにか勘違いしているのでしょうか。
是非教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 総費用関数を微分すると限界費用関数となるとありますが本当でしょうか?

はい。本当です。


> 具体的には、<略>ですよね。

ここが間違っています。
質問者氏の計算は、ゼロから1まで、1から2まで・・・の追加的にかかった費用の平均であって、限界費用ではありません。


生産量が1の時を考えましょう。ここから0.1を増やした1.1の時、
(1.21-1)/0.1=2.1
となるはずです。この1.1をさらに近い数字(例えば1.01)にした場合には2.01となります。
どんどんこの差をゼロに近づけていくと、2になるのは分かると思います。この極限が2であり、それが微分です。

おそらく、「生産を1単位追加した場合にかかる追加的な費用」という説明に引っ張られていると思いますが、単位を少し変えるだけで変わってしまうため、Xの1メモリは特に何の意味もありません。

Q自立支援法を調べてます

母親の介護中です。障害者手帳の認定は1級1種です。
自立支援法の制度について調べています。市町村の窓口で聞いても、担当者が知らないことが多く、ケアマネも介護保険には詳しいのですが、障害者の関係はわからないようです。
自立支援法で重度訪問介護について特に調べてます。
素人にもわかりやすい内容の本やHP、ブログなどありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

 >お母様は、介護保険の要介護認定を受けられていますか?もし、認定を受けていらっしゃったら、障害者自立支援法の重度訪問介護よりも、介護保険での訪問介護が優先されます。
⇒お母様が生活保護を受けており、医療保険に未加入、尚且つ65歳以下であれば介護保険での給付よりも自立支援給付が基本的に優先されます。

 >介護保険のホームヘルプサービスを行う為の資格は「ホームヘルパー」ですが、障害者自立支援法の重度訪問介護を行う為の資格は「移動介護従業者(ガイドヘルパー)」といいます。
⇒間違いです。ガイドヘルパーは移動支援(地域支援事業)サービスの時に『必要な事もある』という程度の資格です。(地域によっては移動支援提供にヘルパー2級の資格のみで良い、という所もあります。)事業所は居宅介護(障害のホームヘルプサービス)の指定を受けることが出来れば、基本的に重度訪問介護の指定も同時に受けることができます。

 市町村の担当者が頼りにならないのであれば、地元の『障害者地域生活支援センター』(地域によって呼び名は違うかもしれません)等を市町村から紹介してもらう、或いは地元にある訪問介護事業所を訪ねてみてください。

参考URL:http://www.kaigoseido.net/index.shtml

 >お母様は、介護保険の要介護認定を受けられていますか?もし、認定を受けていらっしゃったら、障害者自立支援法の重度訪問介護よりも、介護保険での訪問介護が優先されます。
⇒お母様が生活保護を受けており、医療保険に未加入、尚且つ65歳以下であれば介護保険での給付よりも自立支援給付が基本的に優先されます。

 >介護保険のホームヘルプサービスを行う為の資格は「ホームヘルパー」ですが、障害者自立支援法の重度訪問介護を行う為の資格は「移動介護従業者(ガイドヘルパー)」といいます。
⇒間違...続きを読む

Q訴訟費用について

本人訴訟なので素人ですみません

判決
原告勝訴 「訴訟費用は被告の負担とする」
控訴上告の猶予期限2週間が過ぎ判決確定
原告は訴訟費用計算
訴訟費用額確定申立書を裁判所に出す
・・・・その後はどういう流れになるのでしょうか?

ちなみに訴訟費用内訳は
1.訴え提起手数料
2.書類の送達費用(切手代)
3.代表者事項証明書交付手数料
4.同送付費用
5.原告出頭旅費
6.原告出頭日当
7.書類作成費用及び提出費用
8.訴訟費用額確定処分正本送達費用
・・・・他にありますか?

色々質問させていただいていますが
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

>原告は訴訟費用計算、訴訟費用額確定申立書を裁判所に出す

その次ですか ?
それならば、その申立が認められたならば「決定」と言う裁判形式で当事者に送達されます。
7日間の即時抗告の期間が経過すれば確定し、それが債務名義となります。
なお、実務では、そこまでする案件は皆無に等しいくらいです。
何故ならば、認められる金額の割に手間が大変なので合わないからです。
本案の判決に基づき強制執行で債権の実現を得るので普通のやり方です。
なお、訴訟費用の範囲とその額は、「民事訴訟費用等に関する法律」の2条で詳しく載っています。

Q自立支援法における一割負担の金額について

大阪のデイサービスのスタッフです。4月より利用料の一割を利用者さんに負担していただくことになりました。丙地の金額はでていますが、私達は乙地になるので、1.018をかけなければなりません。大阪府から資料をもらいましたが、小数点以下四捨五入やら切り捨てやらとてもややこしく、正しいかどうか自信がありません。乙地の金額がずばりでているサイトはありませんか?ご指導をお願いいたします。

Aベストアンサー

ヘルパー事業所の者なのでデイのことはよくわからないんですけど、こんなカンジでどうでしょう?

http://web.pref.hyogo.jp/shougai/jiritu.html

Q損益計算書上の退職給付費用と注記資料の退職給付費用の関係について

退職給付会計について調べていますが、損益計算書に計上される退職給付費用について質問です。会計の本やインターネットで調べると、損益計算書上に計上される退職給付費用=勤務費用+利息費用-期待運用収益+過去勤務債務の処理額+数理計算上の差異の処理額+会計基準変更時差額の処理額とありました。
しかしながら、実際に数社の連結財務諸表(有価証券報告書)を見ると、連結損益計算書の販売費及び一般管理費にある退職給付費用と退職給付関係の注記にある退職給付費用に関する事項に記載されている退職給付費用には大きな差があります。以下の例をご覧下さい。
例)
(1)損益計算書:退職給付費用 37,559(単位以下すべて百万円)
(2)注記:退職給付費用に関する事項 
イ)勤務費用   47,802
ロ)利息費用   33,288
ハ)期待運用収益 △17,999
ニ)会計基準変更時差異の費用処理額 12,009
ホ)数理計算上の差異の費用処理額  12,298
ヘ)過去勤務債務の費用処理額   △ 5,431
ト)その他              179                       
注記:退職給付費用計         82,146

ご覧のように、注記の退職給付費用は上述の計算式の項目(退職給付費用=勤務費用+利息費用-期待運用収益+過去勤務債務の処理額+数理計算上の差異の処理額+会計基準変更時差額の処理額)が記載されています。しかし、損益計算書上の退職給付費用は注記のそれより大幅に少ない数値が記載されています。本やインターネットを見る限り、注記の退職給付費用の数値と損益計算書上の退職給付費用はほぼ同額であるべきではないかと思うのですが、なぜこのような大きな差がでるのでしょうか。いろいろ調べましたが、どうしても分かりません。企業会計にお詳しい方、どなたかお教えください。よろしくお願いします。

退職給付会計について調べていますが、損益計算書に計上される退職給付費用について質問です。会計の本やインターネットで調べると、損益計算書上に計上される退職給付費用=勤務費用+利息費用-期待運用収益+過去勤務債務の処理額+数理計算上の差異の処理額+会計基準変更時差額の処理額とありました。
しかしながら、実際に数社の連結財務諸表(有価証券報告書)を見ると、連結損益計算書の販売費及び一般管理費にある退職給付費用と退職給付関係の注記にある退職給付費用に関する事項に記載されている退職...続きを読む

Aベストアンサー

No.1さんの仰る可能性が高いと思うのですが・・・
以下ご確認までに;


損益計算書の「退職給付費用」は、どの大項目に記載されていますか?
例えばこちらのように、
http://www.hap-net.com/ir/pdf2/37h_pl.pdf
”販売費及び一般管理費”の配下に記載されていませんか?

とすれば、No.1さんのご推測どおりです。

-----

実は、少なからぬ企業の有価証券報告書において、「退職給付費用」は損益計算書に独立項目として記載されていません。
(注記に記載されているだけです)

もし損益計算書に独立項目として記載されている場合、大概の場合が”販管費”の一項目として記載されているケースと思われますが、
この場合、同時に”原価”のほうにも、退職給付費用が配賦されているはずです。
(→この場合、原価のブレイクダウンが注記に存在すれば、そこにかかれているケースもなくはないかもしれません。)

退職給付費用は、人件費の事後費用、といったところですから、商品製造・販売に直接関わる”原価”、直接関わらない"販管費"部分、双方に配賦されるのが通常、というわけです。。。


以上、ご参考いただける部分あれば幸いです。

No.1さんの仰る可能性が高いと思うのですが・・・
以下ご確認までに;


損益計算書の「退職給付費用」は、どの大項目に記載されていますか?
例えばこちらのように、
http://www.hap-net.com/ir/pdf2/37h_pl.pdf
”販売費及び一般管理費”の配下に記載されていませんか?

とすれば、No.1さんのご推測どおりです。

-----

実は、少なからぬ企業の有価証券報告書において、「退職給付費用」は損益計算書に独立項目として記載されていません。
(注記に記載されているだけです)

もし損益計算書に...続きを読む

Q介護保険の単位不足に自立支援法を使用できますか?

知り合いの方で高齢者専用賃貸マンションにお一人で住んでおられる高齢の方がおられます。息子さんがおられますが、ご病気で、お嫁さんが遠方から時々来てくれているのですが、障害の為車椅子を使用されており、殆ど外に出る事が出来ず、色々な介護を受けておりその為単位が足りず、デイサービスや外に出たくても単位が足りず、ケアマネに言っても何もしてくれずとても辛いとおっしゃっています。
自立支援で移動サービスが受けられると聞いた事があるのですが、詳しい事をご存知の方がいらっしゃいましたらお教え願いませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

専門職ではありませんが・・。

 障害者自立支援法に基づく自立支援給付と介護保険制度との適用関係等について
  http://www.jupiter.sannet.ne.jp/to403/hourei/19sk0328002.html

こちらの中ほどの解説がわかりやすいかも。
  http://pub.idisk-just.com/fview/JGxIMWrDnjlsB7ywzladMNqeQ180F5b9ul6DFOiK3vMrL6fcJV42SbfHitGfApDzrGHykOtFZ1u7-sO-1fO1vOot8BQYhws6/44GG44GE44Ga44Op44Kk44Oz44CA56ys77yS5Y-3.pdf

 市区町村の障害福祉課へ相談してみてはいかがでしょうか?
 
 ただし、知り合いの方が入居されている高齢者専用賃貸マンションが特定施設入居者生活介護の場合には、外部サービス(デイサービスなど)は難しいようです。

 ケアマネさんが何もしてくれないとのことですが、今までどおりヘルパーさんはお願いしたい、デイサービスに行きたいというのでは、ケアマネさんも困ってしまいます。
 ご本人さまも、△のサービスは減らしてもよいからデイサービスに行きたいなどの譲歩は必要です。

 また、外出ついては、地域の社会福祉協議会などに問い合わせると、有料で外出支援をしてくださる市民グループなどが見つかるかもしれません。
 我が家の周りでは、一時間1200円程度ですが、介護保険と違って制約が少ないのが魅力です。
 

専門職ではありませんが・・。

 障害者自立支援法に基づく自立支援給付と介護保険制度との適用関係等について
  http://www.jupiter.sannet.ne.jp/to403/hourei/19sk0328002.html

こちらの中ほどの解説がわかりやすいかも。
  http://pub.idisk-just.com/fview/JGxIMWrDnjlsB7ywzladMNqeQ180F5b9ul6DFOiK3vMrL6fcJV42SbfHitGfApDzrGHykOtFZ1u7-sO-1fO1vOot8BQYhws6/44GG44GE44Ga44Op44Kk44Oz44CA56ys77yS5Y-3.pdf

 市区町村の障害福祉課へ相談してみてはいかがでしょうか?
 
 ただし、知り合いの方...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報