先月、交通事故に遭遇しました。

自分は、被害者です。

原付で、事故に合い転倒してしいまして、

脚、肘などが痛くて、先月会社を有給で休みました。

そして、今月の最初も休みましたが、

今月から、震災の影響で、仕事量が減ったため、

有給休暇にしないで、週1日臨時休暇を取ってくださいと

会社側から言われました、臨時休業では、1日の給料の60%

を補償しますとの事でした。


自分が聞きたいのは、

有給休暇の日は休業補償をしてもらえると用紙に書いて

いましたが。

事故の後遺症で、臨時休業の日も休みましたが

その日も休業補償をしてもらえるのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

相手保険屋に聞くのが、



一番確かですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 14:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地方公務員の育児休業取得について

地方公務員の育児休業取得について教えてください。育児休業を取得しようと思えば取得以前何年在職しないといけないでしょうか。雇用保険の育児休業給付金の支給条件は育児休業取得前12ヶ月雇用されていないといけないとおもいますが、もし育児休業給付金はいらない場合(無給でもいい場合)に雇用されて12ヶ月以内で出産となった場合解雇されてしまうでしょうか。

Aベストアンサー

地方公務員の育児休業については、各自治体での条例により定められています。特に制度に差はないと思いますので、私が勤めているところの制度にてお話します。

育児休業取得は、正規職員として在籍していれば、在職期間に関係なく取得できます。

>雇用されて12ヶ月以内で出産となった場合解雇されてしまうでしょうか。
労働基準法で、出産を理由とする解雇は禁止されていたと思います。

ちなみに、地方公務員は身分が保障されている(無理な理由で解雇されない。退職金もある。)ので雇用保険に入れません。育児休業給付金は地方公務員の健康保険である共済組合からの給付になります。育児休業を取得できるかどうかは、この給付条件を満たすことに左右されません。

Q交通事故の主婦の休業補償に関することです。治療費と慰謝料、休業補償費が自賠責保険の限度額の120万を

交通事故の主婦の休業補償に関することです。治療費と慰謝料、休業補償費が自賠責保険の限度額の120万を超えたので、任意保険から出すが、休業補償は出ないと、保険屋から言われました。これは正しいですか?

Aベストアンサー

ずっと以前は主婦=無職という考えで審査していましたので
無収入の主婦に休業損害なんてありませんでした。

でも、最高裁が主婦(正確には「家事従事者」)と言えども
それを職業と見なすという判決を出し、保険もそれに
従わざるを得なくなりました。

そこで、自賠責では最高裁の判例に従い、5700円/日を
実治療日数分出すようになったのです。

でも、任意保険では最高裁の判例では算出基準までは
出されていないので、通院日数=休業損とはみなしません。
それは丸1日病院に居て、主婦業ができないなんてありえない
という事で、2日で5700とか3日で5700円とかの計算に
しています。

また主婦業が本当にできないのかも問題にしますので
自賠責を超えたものは払わないというケースもあるのです。

Q出産手当金、育児休業給付金について

転職した先で、妊娠が判明しました。
産休後仕事を継続したいのですが、
産休を取るには、勤続年数は関係ありますか?

出産手当金、育児休業給付金は、勤続何年からもらえるのでしょうか??
申請する頃にその年月がたっていれば問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

>産休を取るには、勤続年数は関係ありますか?

勤続年数は関係ありません。

>出産手当金、育児休業給付金は、勤続何年からもらえるのでしょうか??

勤続年数は関係ありません。
出産手当金はその該当する日に被保険者であることが条件です、また退職後も退職日によっては継続給付として受給することは可能ですが、この場合には退職日までに健康保険の被保険者期間が1年以上必要です。
育児休業給付金は雇用保険で休業以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間が12ヵ月以上あることが条件です。

Q交通事故における 休業補償 休業損害 について

いつも大変お世話になっております。 今年の7月にオートバイと自動車の事故に合いました。過失割合は 当方過失1割です。現在は交通事故の治療の為職場復帰出来ずにに10月で職を失いました。
保険会社は、当初因果関係の証明書と医者の回答書を用意すれば、継続して休業損害継続補償するという回答でしたが、先月分は満額もらえましたがしかし、今月の証明書を提出した際に、手のひらを返したように見解の相違と休業補償を拒否されました。実際に休業しているにも関わらず、休業損害は本当にもらえない物なのでしょうか?
又、支給期間限度があれば、教えてください。
今後、就業制限の判断は保険屋の独断でする物なのか、これではあまりに一方的な話で生活も出来ず大変困っています。
良いお知恵があればアドバイスを宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

多分自賠責の限度額を越えたものと推察します。
実際に就労出来ない状況であれば本来は休業損害は支給されるべきものです。
症状固定を急がす為、兵糧攻めにされている状況ですね。

このような場合、裁判でも良いですが、交通事故紛争処理センターに持ち込みます。
粉センでは裁判所と同じように休業損害を認めています。
貴方は保険会社に提出したと同じように、主治医の証明と仕事が出来なかった状況を説明すれば良いのです。

貴方は任意保険に加入はしていないのですか。
人身傷害保険に加入していれば請求できるとお思いますが。

Q育児休業給付金について

現在、第1子の育児休業中です。
正社員として働いていたので
産後から一年の休暇と雇用保険より
育児休業給付金をもらっています。

今年7月から復帰ですが、私の年齢的なこともあり
出来れば「早めに第2子を」と考えてます。

会社から育児休暇をもらえるとして
2回目の「育児休業給付金」をもらえる条件は
復帰後最低何年働けばいいんですか?

よく「育児休暇中に第2子が出来た」って
話も聞きますが、その場合は育児休業給付金って
もらえるのですか?

経験者の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

以前私が回答したものがご参考になるでしょうか。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2064290

受給要件緩和という決まりがあって、産休や育休で賃金がなかった期間が長くある場合その期間をとばして計算してもらえます。
これにより最長で4年前までの期間が計算に入るので1度も出勤しないままということも可能になるのです。
産後しばらくパートで働いた人より、過去の高かった賃金をまるまる計算してもらえるなら給付金が高くなるなんてことも実際ありえます。
もちろん一時的に退職して失業給付を受けたりしたら初めから計算し直しですのでご注意くださいね。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2064290

Q交通事故被害者です。休業補償等について教えてください。

7月に事故にあいました。割合は自分の方が1~2割の過失になりそうですが、まだ決定しません。
事故発生後、18日間入院し、患者負担額は20万程度で、保険会社より払ってもらいました。現在は通院をしています。
そして休業補償を請求したところ、認定額250,000×90%(過失見込額)の計算書が送られてきました。
当方の過失は見込でも1割なのに、過失相殺されるものなのでしょうか?
それに、自賠の上限120万までは過失相殺なしなのでは?と理解しています。

あと、通院時のガソリン代を請求できるとのことですが、自賠規程の距離×15っていうのは、安すぎないでしょうか?いまはリッター150円にとどく勢いなのに、リッター10Km走る車でガソリン代にしかならないというのはどうなんでしょうか?

あともう1点、自分で運転できないため妻に運転してもらって病院に行っていますが、その分は何かしら請求できないものでしょうか?あいにく田舎のため公共機関では行けないところに病院があります。

よくわからないので教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>それに、自賠の上限120万までは過失相殺なしなのでは?と理解しています。

 自賠責保険基準と任意保険基準については、次のように考えると スッキリ するのではないかと思います。 実は ¥120万 を境に計算方法が異なるのではないのです。 補償金額にかかわらず、常に自賠責保険金額と任意保険金額の両方の補償金額が、同時に存在するのです。 両者には次のような特性があります。 複雑化させないため、説明不足を承知で、あえて原則的な要点のみを説明します。

 自賠責保険 : 被害者救済を目的とする極めて特殊な保険制度で、過失相殺はされない代わりに、¥120万 が保険上限金額

 任意保険 : 加害者の法的な賠償責任を果たすための保険で、当然過失分のみの保障(過失相殺)となるが、上限金額無制限が普通

 本来、この自賠責保険基準と任意保険基準の両方を同時に提示して補償金額の高い方で保障するべきなのです。 一般には、片方だけしか提示されないので、混乱が生じているように思います。

 例えば賠償総額が ¥130万 過失90% の場合
 任意保険基準 ¥130万×90%=¥117万 < 自賠責上限金額 ¥120万
 従ってこの場合は、自賠責保険金額の ¥120万 の補償が受けられます。

 賠償総額が ¥150万 過失90% の場合
 任意保険基準 ¥150万×90%=¥135万 > 自賠責上限金額 ¥120万
 この場合は、当然任意保険金額 ¥135万 の補償が受けられます。

 どなたかの説明の通り、現在暫定的な支払いなので、休業補償の内払いは、当然任意保険の基準になるでしょう。

 

>それに、自賠の上限120万までは過失相殺なしなのでは?と理解しています。

 自賠責保険基準と任意保険基準については、次のように考えると スッキリ するのではないかと思います。 実は ¥120万 を境に計算方法が異なるのではないのです。 補償金額にかかわらず、常に自賠責保険金額と任意保険金額の両方の補償金額が、同時に存在するのです。 両者には次のような特性があります。 複雑化させないため、説明不足を承知で、あえて原則的な要点のみを説明します。

 自賠責保険 : 被害者救済...続きを読む

Qアルバイトの休業保障について

私の知人のことなのですが、交通事故で現在治療中です。
彼は以前から会社が終わった後にアルバイトに行っているのですが、病院に行く日はアルバイトを休まなければなりません。この場合、相手の保険会社から会社分の休業補償は無理としてもアルバイトの休業保障は見てもらえないのでしょうか。
アルバイトの休業補償が認められているのは知っているのですが、会社での収入もあった場合にはどのような判断になるのでしょうか。
彼は責任感が強く個人的なことでみんなに迷惑はかけられないと言って、会社は休まず病院には会社が終わってから週に3日ほど行っています。
将来のための修行と何年も継続して行っているアルバイトです。過去にわたり収入の証明もきちんと出すことはできるそうです。
会社はアルバイト行くことには個人の自由として認めています。

Aベストアンサー

基本的に休業補償されるべきです。
ただし平均給与になるので例えば1日3時間で3日に1日の出勤なら1日休んでも1時間分の給与が保障されるのです。

Q交通事故 パート休業損害補償と主婦損害補償

先月下旬、バイクにて通勤の途中、車にはねられました。

過失割合はまだ確定しておりませんが、私0:相手10 (もしくは私1or0.5:相手9or9.5 )です。

現在、整形外科へ通院治療中。 今後は主にリハビリのための通院になっていく状況です。


事故当時、仕事を2つ掛け持ちしており、そのうちの一つの職場へ出向く際の事故でした。

その職場は、たまたま、3月いっぱいで退職が決まっていたのですが、結局、最後まで出勤できずに、そのままおしまい、となりました。
もう退職したのだから…ということで、先日、保険会社から送付された、休業証明を頂くべく手続きに行った次第。 今はその書類の出来上がり待ちとなっています。

…で、もう一つの職場。 

そちらは、求人募集をしても、人がなかなか来ない→元気になれば早く復活してほしい、という現状から、私の籍をそのまま残してくれている状況。 (私の体調を最優先にする、と言ってはくれているのですが。)

ただ、その職場は復活できたとしても、もともと私の中ではもう、そう長く勤めることが考えられず、これを機に辞めようかと考え直しております。

そこで、ご質問です。

退職を視野に入れた場合、このまま一日も出勤せずに、3月いっぱいで退職した、としたほうが、4月~の主婦損害補償額が、頂けることになるのでしょうか?

そこでのパート収入よりも、主婦損害補償額のほうが、日額が大きいため、辞め時を考えてしまいます。

いろいろなサイトなどで、今、休業補償などの知識をつけようと必死なのですが、まだまだおぼろげで…

詳しい方からすると、ハア???な内容になっているかと思いますが、どうぞ知恵をお授けください。


ちなみに、本来ならば、4月~は掛け持ちをやめて、1つの場所で働くべく就活をしており、実際、採用が決まっていたところが1つ、書類審査が通り面接予定だったところが2つ… 
そこへ今回の事故… 新しい働き口の話がすべて流れてしまった経緯があり、なかなか、ひざの具合が良くならない今、もどかしさと、いまさらながらの悔しさとが入り混じって、モヤモヤする日々でして…

もちろん、この就活に絡む話もすべて保険屋さんにはお伝え済みなのですが、過失割合を0主張した段階で、私が入る余地がなくなったので(もちろん相談には乗りますが)、あとは奥様ご自身が窓口になる… といわれ、同様しています。

ぼったくろう!とまでは、思ってはおりませんが、事故がなかったら今頃… と考えると、やはり泣き寝入りはしたくありません。 どうぞよろしくお願いいたします。

先月下旬、バイクにて通勤の途中、車にはねられました。

過失割合はまだ確定しておりませんが、私0:相手10 (もしくは私1or0.5:相手9or9.5 )です。

現在、整形外科へ通院治療中。 今後は主にリハビリのための通院になっていく状況です。


事故当時、仕事を2つ掛け持ちしており、そのうちの一つの職場へ出向く際の事故でした。

その職場は、たまたま、3月いっぱいで退職が決まっていたのですが、結局、最後まで出勤できずに、そのままおしまい、となりました。
もう退職したのだから…ということで...続きを読む

Aベストアンサー

過失なしなら自分の保険会社は、相手との間に入りませんよ。
被害者側が全て自分で交渉しないとならないのです。

3月に事故により休んだ分は、職場に休業損害の書類を書いて貰い提出すれば振り込まれます。
退職した場合や首になった場合、パート、正社員問わず、休業損害は、保証されません。

主婦の方ならパートより主婦の休業損害が大きければそちらで請求出来ますよ。
主婦なら日に5700ですね。
パート先に籍があったままでも主婦の休業損害で請求する人もいますから。

ちなみに事故により決まってた就職や仕事がダメになった場合、保証された判例もありますね。
後は、自分の保険で出るものがないか確認を。
生命保険で事故通院で出るのもあります。
弁護士特約があれば示談交渉なんかは、弁護士に頼むと楽で確実な計算をしてくれます。

お大事に。

Q育児休業者職場復帰金と休業

4月から復帰と思っていたところ
休業してほしい・・・と言ったようなことを会社から言われました

すでに1年半の育児休業は終了していて
いまは無給(2ヶ月ほど)の育児休業中です

この状態で、育児休業者職場復帰金はどうなるのでしょうか?
1年半の育児休業終了時点から半年後に
雇用が継続しているのでもらえるとは思っているのですが・・・

たとえば、会社都合の休業なので
会社に4月から休業手当を払うように申請した場合は
どれくらい手当が発生しますか?
(働いてたころの給料の何%なのか、育児休業手当金の何%なのか?)
休業で、実際には勤務していなくても育児休業者職場復帰金は
もらえますか?

会社は、休業手当を払うことになっても
負担は1割くらいなんですか?

Aベストアンサー

育児休業者職場復帰金は、実際に職場復帰し、6ヶ月働いた日の翌日から2ヶ月以内に職場を経由して申請します。相談者の場合、職場復帰しておらず、実働が無いので申請できません。

現在は、会社都合の休業なので、平均賃金の60%以上を会社から受取ることができます。(育児休業中は、平均賃金の50%が支払われていた。)つまり、育児休業中に雇用保険から受給していた金額より若干多い金額になります。

Q休業補償について(追突事故被害者)

友人より相談がありましたがわからないので宜しくお願いします。(文面上“私”とします)

私は2年ほど前に信号待ちで前方不注意の車に追突されました。過失割合は100対0です。
当時私は無職状態でした(手に職というものをもっていますが、仕事がなかった状態、自営ですが申告をするほどの仕事量はありません)
休業補償の算定という事で私が所持している建築系の資格証をみせました。
事故後の診断書には腰椎・頚椎捻挫で2週間加療というものでした。
毎日リハビリに1年間通いました。1年後症状固定という事となりました。
が、まだ示談金がふりこまれません。示談書には半年ほど前に署名・捺印しています。

遅れている理由として考えられるのが休業補償です。事故以前より仕事がないのにも関わらず休業をしたと虚偽のような報告をした事・事故以前に他の医療機関にて腰椎分離症の診断を受けた事を報告していない。



わかり難い文面で申し訳ありません。友人が損害保険会社から告訴されるのではと心配しています。私は素人ですので明確な返答をする事ができませんが、素人の私からみても疑惑のようなものを感じます。明らかに建築系の免許を所持していても仕事がなかったですし、事故前に腰痛で通院していました。告訴される前に事実を保険会社に申告したほうが良いように思いますが。お知恵をお貸し下さい。

友人より相談がありましたがわからないので宜しくお願いします。(文面上“私”とします)

私は2年ほど前に信号待ちで前方不注意の車に追突されました。過失割合は100対0です。
当時私は無職状態でした(手に職というものをもっていますが、仕事がなかった状態、自営ですが申告をするほどの仕事量はありません)
休業補償の算定という事で私が所持している建築系の資格証をみせました。
事故後の診断書には腰椎・頚椎捻挫で2週間加療というものでした。
毎日リハビリに1年間通いました。1年後症状固...続きを読む

Aベストアンサー

 私もあなたの問題として回答致します。損害賠償保険は自賠責保険を基礎に不足分を任意保険で補填いたします。従って基礎の自賠責保険の傷害の限度額120万円までは自賠責保険の認定方法で査定致します。自賠責保険は被害者救済の立場から現在仕事をしていなくても、働く意思があれば保障いたします。方法は同業者組合の組合長や町内会長(自治会長・区長など)による「職業証明書」など、あなたの場合は資格証で証明できます。認定方法は実通院日数(実際に治療した日数)が対象です。既に一年間通院しているとの事ですので自賠責保険を超えていますと任意保険になり、休業損害の認定方法(日数も含めて)が全く変りますので承知していたほうが良いでしょう。既に示談書を取り交わしていると言う事ですので、この案件に付いては賠償金が振り込まれ完了です。遅れている理由に付いては相手の保険会社の担当者に確認する事です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報