色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

毎日気が重いです。ため息を一日に何十回つくことでしょうか。
ここ数年笑った記憶はないです。何をしても楽しいとは思わないです。

おそらく薬を飲んでなかったらとっくに死んでいると思います。
薬のおかげで生かされているような感じです。

質問
1、なぜ人の『心』はこんなに変化するのでしょうか?
私も若いころは希望に燃え、多少の困難があっても
「なにくそ」「終わったこといちいち気にしても始まらない」「これからがんばればいいんだ」「毎日一つ一つが勉強なんだ」
と前向きに考えて生きていました。
でも今はちょっと嫌なことがあればすぐに、落ち込み死にたくなります。
それどころか被害妄想が大きく、嫌な目にあわせたやつを死ねと恨みます。、
その嫌なことと、死ねと思う気持ちで心が満たされて、もう何もする気も起きないです。
それどころかうつになり死にたくなり、体動かすことも呼吸すらももう何もしたくないと思ってしまいます。
気持ちや考え方が後ろ向きすぎると自分でも思います。
どうしてこんなに心が変わってしまったんでしょうか?自分でもそれが分からないのです。
それともそれがうつ病という病気のせいなのでしょうか。

2、薬を飲んでいればいずれは治るものなのでしょうか?
もう何年も経ち疲れてきました。

3、心を強くするにはどうしたらいいのでしょうか?

4、治したい!心からそうは思っています。でもどうしたらいいか分からないのです。
どうしたらいいでしょうか?医者に行ってただ薬をえんえんと飲んでても全然変わらない。
この先もずーっとこのままかと思うとさらに落ち込んできます。


分かってくれる人がいれば、アドバイスをお願いします。

gooドクター

A 回答 (10件)

私もかつてうつ病だったことがあり、薬も飲んでいました。

以下は私の経験にもとづくものです。

うつの場合、どの薬が効くかは人によって異なるそうなので、薬を飲んでも調子が悪いということであれば、薬を変える可能性について医者に相談してもいいように思います。

薬を変えても効果がないのであれば、薬に加えて、それ以外の取り組みも追加的に行った方がいいように思います。

一番最初に試すといいのは、認知療法です。認知療法は医学的にも効果が認められていますし、医師が行う認知療法は保険適用が認められています。ただ、認知療法を行うことができるセラピストは少ないので、探すのは難しいかもしれません。セラピストに教わる場合に比べると効果は落ちそうですが、認知療法を独学で学ぶことも不可能ではありません。定評があるのは、デビッド・バーンズ著「いやな気分よ、さようなら」星和書店という本です。

認知療法をやっても効果がない場合、西洋医学ではもうほとんど手段が尽きているので、次は代替療法に頼ることになります。

最初に試す価値がありそうなのは、以下のブログで書かれているもので、これはある程度医学的根拠があります。

http://67005366.at.webry.info/201010/article_1.h …

残念ながら日本語訳がないので、ここに書かれているもののうち、全部は試せないでしょうけれども、フィッシュオイルや運動ぐらいであれば、自分でできると思います。

それでもうまくいかない場合、本格的に代替療法に頼ることになります。私が自分の経験に照らして効果が高そうだと思っているものは、以下のブログに書いた4つです。

http://67005366.at.webry.info/201103/article_3.h …

これらのうち、セドナメソッドとバイロン・ケイティのワークは、あまりお金がかからないでできます。ブレイン・ステート・テクノロジーズは20万円ぐらいお金がかかります。トラウマ・リリーシング・エクササイズは、今のところ、日本語で行えません。1年以内に本が出版されるのではないかと期待しています。これらを行うのであれば、いっぺんにやるのではなく、1つだけにまず絞って、ダメだったら次に行くようにした方がいいと思います。

私がうつだったとき、うつが根本的に治ることはないだろうと思っていました。今ではそれが間違いだったことがわかっています。今は信じてもらえないかもしれませんが、間違いなく希望はあります。
    • good
    • 25

こんばんは



4年は長くて大変でしたね。
うつ病は治る病気と考えられています。


私の経験で回答します。

1、なぜ人の『心』はこんなに変化するのでしょうか?
 ゆううつな気分が続くのはうつ病の中核症状です。
 気分が変化しただけで、あなたの人格が変化したわけではありません。


2、薬を飲んでいればいずれは治るものなのでしょうか
 うつ病はいずれ治る病気です。

 3年半もパキシルをお飲みだということですが、
 何か理由があって他のお薬が続けられなかったのでしょうか?
 治療薬は他にもたくさんの種類があります。
 主治医には率直にパキシルの効果が感じなれないと伝えればよいと思います。
 どうしてもパキシルしか出さないのなら、病院を変えればよいと思います。


3、心を強くするにはどうしたらいいのでしょうか?
 こころを強くするより、やわらかくするほうが良いと思います。
 強さは硬さ、もろさです。

 認知療法を学ぶことが手っ取り早いひとつの方法です。
 認知療法はうつ病の治療に効果があると言われています。
 いやな気分よ、さようなら というベストセラーの本がありますので、
 すこしゆとりのあるときにご覧になってください。


4、治したい!心からそうは思っています。でもどうしたらいいか分からないのです。
 うつ病と治療方法について理解を深めるとよいと思います。
 あなたには(常にではなくとも)こうしてまとまった文で質問ができる気力があります。
 そういうときに、病気について学ぶことです。あなたにできることが学べます。


おだいじに。
    • good
    • 11

>1、なぜ人の『心』はこんなに変化するのでしょうか?



人はみんな、さぼったり、遊んだり、がんばったり、時と共に変化しています。
貴方が、今、そうゆう時期ってだけです。

>2、薬を飲んでいればいずれは治るものなのでしょうか?

薬で治ります。
時間も手伝ってくれますよ。
先生も手伝ってくれますよ。
人も手伝ってくれますよ。


>3、心を強くするにはどうしたらいいのでしょうか?

別に強くしなくて良いでしょう。
貴方より心が弱い人、いっぱい居ますし、
そうゆう人も、のんびり又は気楽に生活してます。

>4、治したい!心からそうは思っています。

上の1.2.3を見て下さい、
もう治っているかもしれませんよ。

もしかしたら、貴方は、病気ではなくて、
ただ、他の人以上に目標を高く持っていただけかもしれませんよ。

経験者からでした。
    • good
    • 16

病人でも無いのに病気にされた西洋医学によくあるパターンだと思います。

潰瘍性大腸炎もこのケースだと言われています。(空腹にすれば簡単に完治)パキシル、危なかったですね。これは、主治医を緊急に変えたほうがいいですよ。(世間で警告せれているのにまだ使う)昔、動物性蛋白質は、体にいいと言って、糖尿病になり、それでも考え変えず、まだ、言い続け、とうとう、その糖尿病で失明しても、ブラウン管に出て、まだでも「動物性蛋白質はいい」と恥ずかしげもなく言い続けた人がおられました。(医事評論家)・・・・・お医者様には、いろんな方がおられますので、よく考えられたほうがいいかと。・・・・・・国立癌センターの歴代総長さんは、一人を除いて全員癌で亡くなられました。・・・・・最近は、西洋医学が嫌なのか?わかりませんが、統合医療という世界を作られた方々がおられますよ。自然医学が私は、いいかと。病院名は東京都文京区「お茶の水クリニック」です。精神病の化学薬剤を飲まれて、胃癌になり、胃癌と一緒に精神病を治された方がおられますよ。そんなに頻繁に通わなくてもいいところです。(遠くても大丈夫!)
    • good
    • 8

自分に言い聞かせるように書きますが、


環境と自分どちらかが10割悪いなんてことはありません。多分、半々ぐらいなんだと思います。

薬は飲んでいれば、良くなる人もいますが、変わらない人もいると思います。
場合によっては副作用の影響もあるかもしれません。
他の病気でもそうですが、薬を飲みながら日々の生活を続けている人もいるとは思います。

心を強くする。漠然としたイメージでしかないですよね。強くする・・・強くする・・・
一つ思うに、弱いところは何となくわかりそうですよね。
こういう状況に置かれるのは得意じゃないとか、こういう事を言われるのは好きではないとか。
まず、これらに対処する能力を育むのがよいかと思いますよ。
我慢する事は、ある程度大事ですが我慢するだけでは、いずれ破綻すると思います。
どう捉えるかこれによっても十分対応できると思いますし、冷静になって判断することも
十分役に立つと思います。焦ってもなかなかよい結果は出ない事もあると思います。

強くするために、忍耐力を鍛えればいいのかと思うかもしれませんが、どう捉えるか、
冷静に判断できるかなどの技を鍛える事も大事かと思います。柔よく剛を制すとも言いますしね。

私が思うに、この病気、今まで何も考えず、かつ、無意識のうちに出来ていたことが
突然できなくなってしまうのだと思います。原因がある人もいれば、そうでない人も
いるかと思います。どうしたらいいかは、質問者様でもわからないですから
他の人には、もっとわからないともいえますよね。
しかし、必ず解はどこかにあります。しかし、人それぞれなのかと思います。
突然できなくなったので、それを取り戻そうと焦っては空回りしての繰り返しなんだと
思います。もっともっと昔にもどって、わからないながらも何か行動を起こしてみる
と言うのも必要なのかと思います。失敗はあるけれど、その積み重ねで、
何かが見えてくるはずです。焦らずコツコツ積み上げましょ。

しかし、今はちょっと休息も必要なのかなと感じます。
疲れてたら気力も出ないですしね。思いつきで構わないと思いますので、
気力が少し戻ったら良さそうだなと思う事をやってみましょ。
いつか必ずよくなりますから。
    • good
    • 8

若いころには、前向きに考えていたのですよね。

それをいろいろに考える。
その考えも、否定的に考える。それがうつ病という病気ではなかったでしょうか。

病気になる過程も様々で、回復の過程も様々です。いまの質問者に何が必要かも様々です。
他の人がよかった治療も質問者によいとは限りません。
うつに対する薬もどれがよいのか、みな、様々です。

江戸時代には、テレビもラジオもありませんでした。もちろんWABも。だから、あまり考えずに、ゆっくりと寝ていれば必ずうつは治りました。
今の時代、考える材料が多すぎます。

まず、何も考えずに寝ることからはじめてみませんか。
今出来ることを半分だけやる。あとは、明日。
明日のことを考えるようになれば、よくなりますよ。
    • good
    • 7

私の精神病の治療の仕方は、「最近はやりの銭湯温泉」・「精神に大変よく効く岩盤浴」・「こめかみに充てたら大変気持ちのよいオムロンの低周波治療器」・「鍼灸」・「頭蓋骨調整が出来る整体」・「遠赤外線ストーブを頭部に充てて睡眠」・「西洋料理で神経が弱まっているので、神経の入れ替えに自然食(玄米菜食)」・「最近はやりの漢方、リンパザイム」・「ヘルストロン」・「枇杷灸」・「カラオケ」等です。

ヨガや最近よく本屋で売っている催眠治療法(本の中にCDが入っている)・気功法・クラシック等の音楽療法も良かったですよ。・・・・・・色々、人生ありますが、最初は、物理的なもので、頭を少しリラっクスさせてから、何事も考えませんか?・・・・・きついでしょう。・・・・プロ野球始りましたが、毎年恒例の応援団の太鼓の響きも神経(幸せ)をはっきりさせますよ。・・・・・・病院は、やはり、自然食治療で世界的に有名な東京都文京区「お茶の水クリニック」を紹介します。・・・・・ここには、癌や白血病・白内障等、さまざまな病気の方々が来られてますよ。この前も、精神科の化学薬剤で胃癌になられた方が、精神病と一緒に胃癌を治されましたそうですよ。・・・・・・プロザック(パキシル)という化学薬剤は飲まないほうがいいですよ。(この薬剤認可した途端、毎年の自殺者が2万人から3万人へとドーンと1万人多く跳ね上がったそうな。=副作用に「自殺」って、書いてあるそうな。・・・・・「憎しみ等のマイナス思考は、体温下げ、免疫力を下げるそうですよ。体温35度は、癌体温」・・・・怨むなんて馬鹿らしいです。・・・・・あるクリニックでの実験で、被験者69人に吉本新喜劇を見せに行って、その後、血液を調べた結果、癌に有効なキラー細胞が何倍にも増えていたそうですよ。・・・・・・・最近、通信教育の「ユーキャン」に宗教・精神科等の講話がCDで発売されてますよ。(12枚組で29800円=分割可能)・・・・・突破口ひらけるかも、ですね。・・・・私は、36枚持ってます。・・・・以上。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>・プロザック(パキシル)という化学薬剤は飲まないほうがいいですよ

そうなんですか!

実は、3年半ずーーっとパキシル飲んでて、いつもいつも希死概念(死にたい)と思っているんです。

この薬の副作用かもしれないのですね。

薬を変えるとしたらどのようなものにすれば良いのでしょうか?

主治医にはどのように相談すればいいでしょうか?

補足日時:2011/04/13 03:28
    • good
    • 4

嫌な奴に死ねと思っても相手は、笑って屁こいて寝てます。


何事も行動しないと、未来は変わらない。自分が先に死んでしまいます。

成功しないから、鬱ってのはおかしい。俺は鬱だけど、たぶん、あんたより深刻で重病。だけど、医者に行ってない。生活保護貰ってない。

死にたくなるっておかしくないか?死んでも良いと思っても、自らすぐ死にたいって?じゃあなんでネットしてるんだ?

死ななきゃいけない事犯したら、嫌でも死ななきゃいけないぞ。もしかしたらその時になったら、生きたいと思うっかもしれないぞ。邪魔者が消えたの確認したら。

3、心を強くするにはどうしたらいいのでしょうか?

36じゃ難しいかもしれない。心がどれだけ強くても、死には勝てないから・・・

結局あんた金とか女だろ?10億あって、美女がそばにいたら、ケロッとしてるんだろ?

だいたいそんなものなんだよ鬱と語り、治療してる奴は、そして金まで国から受給して、労働者の税食ってる屑どもは。絶対ではないが、大半がそんなものだ。

悩みのない奴がいるわけない。目で見る現実を鵜呑みにしてるようでは、ろくな人生歩めない。
日々、嘘や騙しが横行してるだろ、良い意味でも悪い意味でも、悩みがなさそうな奴が、以外にたくさんあったり、辛そうな奴が、AB型に多いが、芝居してたりな。

皆で笑いたいが、資本主義では、そうはいかない。あんたが苦しむ半面笑ってる野郎もたくさんいる。
皆が笑う=平等 これ取ると、世の中うまくいかないらしい。 どっかで誰かがサボるからだろ。

苦しんでるってことは、良い事してるんだって、自画自賛するのも手だな。そう思わないと苦しいだろ?

我慢が限界にきたり、明らかにおかしな怒りがある時は、爆発したらいいよ。それも人生。
ただし、大衆が納得しない原因で切れたら、あんたが加害者だ。気をつけろ。
 
名古屋の裁判見たか?3人まとめて死刑でいいだろ?あんな屑。ましてや、死ぬ前に、日本一周道路で一人数発殴って、1億民のパンチやキック、くらって死んでも良いレベルだろ。

甘いんだよ。資本主義の割に。この国は。
    • good
    • 4

1)自分を責めないでください。

うつ病のせいです。
2)そうとはいえません。原因があるのでしょうから、それを取り除くことが必要です。
3)病気は心が弱いからではありません。ですから、心を強くする必要があるのではなく、病気を治す必要があるだけです。
4)辛いかもしれませんが、原因を明らかにしてください。そのためにもまず、信頼できて、もしかしたら直してくれそうと思える主治医を捜すのが手かもしれません。

買い物などに出かけたりは出来ますか?無理にでも、体を動かすのはいいと思います。
ソウルイーターじゃないですけど、健全な魂は健全な肉体に宿るとか宿らないとか。。。
もし可能でしたら、体力トレーニングなどはいかがでしょうか。
    • good
    • 4

私も鬱を患いましたが2年半で完治しました。


今では薬も飲んでいません。


私なりの回答です。

1.うつの病気でもあれば元々潜在的に持っている性格なのもあるかもしれません。

2.合う薬、合わない薬、合うお医者様、合わないお医者様。。。。
このあたりの見極めが重要かと思われます。
精神科、心療内科のお医者様は結構な割合で精神疾患を患っている方が多いようですが。。。。

3.そんなもの強くしなくていいのです。
私も闘病中はよく考えていました。でも完治した今でも挫けそうになることはありますし、強くなんかありません。
この病気は本当の弱い自分を認めてあげることが大事なのかな?と思います。

4.頑張りやさんで真面目なんです、この病にかかる方は。
そしてせっかちな方が多いような気がします。
長い人生、今まで頑張ってきた自分にのんびり色々なことを考えたり、何もかんがえなくていい時間を神様が与えてくれたと
少しでも思えると楽になるのですけどね。


ちなみに私の場合は支えてくれる人たちがいたから治ったと思っています。

すこしでもご参考になれば幸いです。
    • good
    • 10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング