いつもこちらにはお世話になり、ご丁寧な回答を多数頂き、ありがたく思っています。


前にも少しここで書かせて頂きましたが、私は初犯で覚せい剤の使用で起訴されました。
その裁判を明後日に控えています。
初めての裁判で不安なのと、もちろん自分自身が深く反省し、自身の言葉で話さなければ意味がないと分かっているのですが、文章力がないので、よろしければ参考までに皆さんの知恵をお貸し下さい。


弁護士との打ち合わせの際に、「覚せい剤を使用して悪かったこと(違法であるとゆうこと以外で)・覚せい剤の怖さ」などを裁判のときに、すんなり言えるようにしときなさいと言われました。
言葉にしようと思うと、どうも難しくよい言葉が浮かびません。
あくまで参考までにですので、みなさんなら裁判官にどのように言いますか?


馬鹿な質問ですが、真剣に悩んでますので、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

直接の回答にはならないと思いますが(^_^;)




結局それは質問者さんがどう感じ、何を思うかではないでしょうか。
それらがないのならば、少ない言葉で学生時代のような返答になっても仕方ないのです。
仕方ないと言うか、事実をありのままに語ったのですから、それが正解なのだと思います。


雄弁に語るから良い、刑が軽くなるから良い、というものではないと思うのですよね。

覚醒剤の怖さなどは勉強すれば学べることではあります。
サイトが閲覧できる状況のようですから、基本的なことや禁断症状、入所した人たち、更正機関でどのように闘ったか…などを今からでも探してみるのは如何でしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
もちろんそうですよね・・・


痩せれると聞いて簡単に手を出してしまったこと、
逮捕されてしまうまでやめられなかったことなど、
感じることは多々あっても言葉にしようと思うとまとまらず、
打ち合わせのときもうまく伝えれず、黙り込んでしまいました。
ましてや明日は公判本番だと思うと、緊張で頭が真っ白に
なってしまいそうで。


ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/14 00:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング