初めて質問させていただく者です、どうぞよろしくお願いします。

民事事件の原告代理人と名乗る方から配達証明で手紙が届いたのですが
不審な点があり、ご相談させていただきたいと思います。

裁判や法律に明るくないため下記のような郵便を弁護士が送る事があるのか知りたいと思います。

(原告と被告は一応知人です。原告が公訴取り下げをして裁判は終了しているとの事。)

・代理人名前が苗字しか書かれていない。
・代理人、原告の連絡先が書かれていない。
 送り元住所は送先不明の場合のみ受け付けると記載してる
・誤字が何個かある
・個人情報の為、原告側情報は伏字にすると有るが、
 虚偽の証言を吹聴したとされてる私の名前は伏せられていない
 (ただ私は裁判には呼ばれていない。裁判って勝手に個人名を記録するものなの?)
・地方裁判所(判例文?)の正本のコピーが同封されているが、
 ほぼ伏字で読めるのは裁判官の名前と裁判書記官の名前のみ。主文はばっさりカット
・配達証明の為、全書類に確認印が押されているが代理人ではなく原告の名前のもの
・しかし全20数枚の書面のうち2枚ほど確認印の押し忘れがある・・・

上記のような適当な書面を送ってくる弁護士もいるものなのでしょうか?
長文ですみませんが、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>地方裁判所(判例文?)の正本のコピーが同封されているが、ほぼ伏字で読めるのは裁判


>官の名前と裁判書記官の名前のみ。主文はばっさりカット
裁判の場合は、判決文は裁判所公印がおされており、当事者の元に「特別送達」で郵送されますから、相手から送られることはありませんし「原告住所・氏名・代理人名・弁護士事務所住所」は必ず記載されています。
また、判決文には「個人情報保護法」は適用されませんから、全てが隠されることなく書かれています。

>(ただ私は裁判には呼ばれていない。裁判って勝手に個人名を記録するものなの?)
訴訟には、被告とされる人物の「住民票」が必要になりますから、その住所宛に「裁判所が訴状送付」をします。
しかし、その場所で居住していない場合は「居住先」に送付変更をする場合もありますが、相談者さんに「早急に確認」してほしい事があります。

1)住民票を確認してください。(最近、転出していないかの確認)
2)判決文と称する書面の最後に、裁判所公印・判決裁判所の名称・発行書記官氏名があるかの確認

上記は確認を早急にしてください。
理由は、過去に「偽装裁判」というのがあり、被告が知らない間に「住民票」が勝手に転出されていて、被告にされ、故意に「出廷」しないで敗訴させられていたという事件がありました。

上記から判断すれば、「偽物」であるかも判断できます。
民事訴訟でも、訴訟では訴状に「個人情報」は双方に開示しますから、個人情報というのは当然開示されます。
これが「偽造」であれば「有印公文書偽造」に該当しますから、刑事事件となります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q被告の擬制自白で原告敗訴の裁判例を教えてください

地裁で提訴された被告は本人訴訟で初口頭弁論は「争う旨」のみの答弁書を提出して欠席しました。
二、三回期も被告は欠席して結局は一度も出廷せずに、判決は被告の「否認」のみを認容する原告全面敗訴でした。
原審の事実誤認を控訴理由とするのですが、何しろ弁論も争点もなく原告の証拠は排除して偏頗極まる判決です。
訴因はもちろん公序良俗に反するものではなく被告の虚偽申告に基づく不法行為です、被告の擬制自白で原告敗訴の裁判例をご存知の方はご教示ください。

控訴審でも被控訴人は出廷せず答弁書のみで勝訴となる様相です、早くも上告理由に苦慮していますが、下記を考えています。
判決理由中の説明から、事実認定の判断過程が全く納得できず、常識上とうていありうべからざる推論に基づいた事実認定とみられるときは、適法な事実の認定といえず、やはり判決の法令違背として上告審による原判決破棄理由となる(325条)。

Aベストアンサー

 まず,本件は被告が答弁書を出しているようですので,答弁書をもって擬制陳述したのであって,「擬制自白」に当たりません。
 被告が弁論期日に出頭せず,答弁書も提出しなかった場合は,原告の主張を認めたとされる「擬制自白」となりますが,答弁書が出ており,否認や争う旨の記載がされていれば,その答弁書が擬制陳述されます。
 よって,この質問自体が失当です。
 
 被告が1度も出廷しないまま,原告敗訴の請求棄却判決が出ることはあります。「訴えの利益がない」「請求に法的根拠がない」「請求自体が失当」などなど,請求棄却判決の理由はいろいろありますが。



 

Q民事訴訟中に原告が刑事事件で逮捕されたら

もし、民事訴訟中に原告が刑事事件で逮捕されたらどうなるんでしょうか?

拘留中でも裁判に出席できるのでしょうか?
もし、取調べで出席できなくなったら、裁判所が裁判の日取りを改めるんでしょうか? それとも、もし出席できなくなった場合は 警察に補償を求めることができるんでしょうか? それとも、原告不在で弁護士だけが出廷して争うことになるんでしょうか?

Aベストアンサー

>拘留中でも裁判に出席できるのでしょうか?
当然できません。
逮捕さらたらとのことですので、おそらく質問の趣旨としては拘留中ではなく、勾留中とのことだと思いますが、その場合もできません。

>原告不在で弁護士だけが出廷して争うことになるんでしょうか?
原告が逮捕されていると否とにかかわらず法定代理人のみが出廷する状態というのは、民事訴訟においては珍しいことではありません。むしろ、出廷の煩わしさを避けるということも弁護士選任の理由の一つといえますので、本人が出廷しない方が一般的と言えるでしょう。

>取調べで出席できなくなったら、裁判所が裁判の日取りを改めるんでしょうか?
上記のとおり代理人が出席できますので、原則として期日の変更はありません。
ただし、本人尋問など本人の出廷が必要ある場合で、口頭弁論期日の変更がやむを得ないと言える場合には、申立てにより変更することも可能です(民訴93条)。
ただ、期日変更を可能・必要と考えるかは裁判所の判断なので、勾留の場合をどのように考えるかは、事件の性質、本人尋問の必要性、釈放の可能性等々を勘案して決めることになるでしょう。

>それとも、もし出席できなくなった場合は 警察に補償を求めることができるんでしょうか?
ご質問の趣旨は、民事訴訟継続中に民事事件出席を阻止するために警察が逮捕した場合というのを想定されているのでしょうか?
もし、警察官の行為が国家賠償法1条に該当するなら、賠償を求めることは可能でしょう。
ただ、上記の通り、代理人がついていれば(つければ)本人が出席することは必要でない以上、民事訴訟に出席できなかったことを以て損害が発生したとは言えないと考えるのが一般的かと思います。

>拘留中でも裁判に出席できるのでしょうか?
当然できません。
逮捕さらたらとのことですので、おそらく質問の趣旨としては拘留中ではなく、勾留中とのことだと思いますが、その場合もできません。

>原告不在で弁護士だけが出廷して争うことになるんでしょうか?
原告が逮捕されていると否とにかかわらず法定代理人のみが出廷する状態というのは、民事訴訟においては珍しいことではありません。むしろ、出廷の煩わしさを避けるということも弁護士選任の理由の一つといえますので、本人が出廷しない方が一般的...続きを読む

Q虐め自殺裁判では証拠開示はまれで、原告敗訴が多発

いじめ自殺等の裁判(行政訴訟)では証拠の開示はまれで、原告が敗訴するケースが多い事をどう思いますか?

配信元:産経新聞 2012/07/15 22:08更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/576753/

大津市の中学2年の男子生徒が自殺した問題は、両親が市や同級生らを相手取って起こした民事訴訟を契機に、いじめの実態や学校側のずさんな対応が明るみに出た。

ただ、こうしたケースはごく一部にすぎず、満足な証拠を得られないまま、訴えが退けられることも少なくない。司法関係者は「証拠を集めやすくする仕組み作りが必要だ」と指摘する。

大津市のケースは今年2月、両親が大津地裁に提訴。市教委はいじめの存在を認めながらも、自殺といじめの因果関係を否定したが、裁判を通じ「いじめ」の実態に関する全校生徒へのアンケート結果の全容など、詳細な証拠が次々と明らかになった。

学校の対応に批判が集中すると、市は態度を軟化。市長は非を認めて和解の意向を示し、市議会では一般傍聴人に異例のアンケート公表も行われた。

ただ、こうしたケースはまれだ。埼玉県北本市の中学1年の女子生徒の自殺をめぐり両親が市などに損害賠償を求めた訴訟では今月9日、「自殺原因がいじめとは特定できない」として、東京地裁で訴えが退けられた。

女子生徒は「死んだのはクラスの一部に勉強にテストのせいかも」と記した遺書を残していた。「きもい」と悪口を言われ「靴隠し」などの嫌がらせにもあっていた。

だが、市側は「犯人捜しのようなことをすると、人権保護団体からクレームが来る」として詳細な調査を行っておらず、裁判でも最後まで決定的な証拠は得られなかった。

・・・原告が開示請求をしても、北本市の場合でも「一字残らず黒塗りなので何が書いてあるかわからない」(佑美さんの父 中井紳二さん)http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7581936.html

で意味をなさないです。「個人情報保護」などが黒塗りの口実に悪用されます。またアンケート調査は「処分された」として提出されませんでした。

また裁判所にアンケート、職員会議録、学校日誌などの証拠文書の取寄せの申立をしても、裁判所は認めない場合が大半です。これが行政訴訟で原告の勝率が1割とか1%となっている一因です。

もちろん開示されると被告の市(事実上は市教委)は不利になるのは、大津の事件でも明らかです。だから記事中にもあるように「人権」「個人情報」などあらゆる理屈をつけ、文書取寄せの申立を阻止しようとします。

この「司法関係者も「証拠を集めやすくする仕組み作りが必要だ』と指摘」している点などをどう考えますか?

いじめ自殺等の裁判(行政訴訟)では証拠の開示はまれで、原告が敗訴するケースが多い事をどう思いますか?

配信元:産経新聞 2012/07/15 22:08更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/576753/

大津市の中学2年の男子生徒が自殺した問題は、両親が市や同級生らを相手取って起こした民事訴訟を契機に、いじめの実態や学校側のずさんな対応が明るみに出た。

ただ、こうしたケースはごく一部にすぎず、満足な証拠を得られないまま、訴えが退けられることも少なくない。司法関係者は「証拠を集めや...続きを読む

Aベストアンサー

司法関係者も『証拠を集めやすくする仕組み作りが必要だ』ってわかっているのに何故法整備が進まないのか?、理由は簡単な事でしょ。
~大きな組織にとって不利につながるから。(企業、行政、等々...)
そもそも、システム・仕組みがお粗末である以上、部分的な手直しをしても意味ないと思う。
『いじめ~自殺』、これって『殺人罪』でしょ。
『いじめによる暴力』、これって『暴行罪、傷害罪』でしょ。
『かつあげ』、これって『恐喝罪』でしょ。
『万引き』、これって『窃盗罪』でしょ。~間違ってるかなぁ??...

この事件も含めて、こんな悲惨で理不尽な結果になる前に、

学校で誰かがいじめられていたら、直接自分とは関係なかったとしても同じ学校でいじめられている子がいる事を、誰かがいじめを受けている事実があるなら、その事を自分の親に伝えてほしい。
伝える事で親が、大人が集まって早い段階で対処できると思う。
少数のイカれたバカ親子より、真っ当な親子のほうが圧倒的に多いのだから動けば何かはできるはず。

「犯人捜しのようなことをすると、人権保護団体からクレームが来る」、、、笑い話しかな?(-_-メ)
行政や教育委員会のアホゥにこんなおかしな事を言わせる前に、自分達から変えていかないといけないんだという事を今回の事件で改めて実感した。

司法関係者も『証拠を集めやすくする仕組み作りが必要だ』ってわかっているのに何故法整備が進まないのか?、理由は簡単な事でしょ。
~大きな組織にとって不利につながるから。(企業、行政、等々...)
そもそも、システム・仕組みがお粗末である以上、部分的な手直しをしても意味ないと思う。
『いじめ~自殺』、これって『殺人罪』でしょ。
『いじめによる暴力』、これって『暴行罪、傷害罪』でしょ。
『かつあげ』、これって『恐喝罪』でしょ。
『万引き』、これって『窃盗罪』でしょ。~間違ってるかなぁ??...
...続きを読む

Q民事事件&刑事事件

民事事件と刑事事件の違いがわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

民事事件というのは、私人間の紛争(裁判)で、国や地方公共団体も原告か被告になる場合は私人(人格的には機関ですから法人)扱いで、公権力を発動するこてゃできません。
刑事事件というのは、犯罪者を処罰するためのもので、国(検察側)が国家権力を発動して、被疑者(被告人)を訴追します。

Q訴訟で国側敗訴について

今し方、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1439739
の回答を書いていて思ったのですが・・・。

国に対する訴訟で、国側が敗訴になった場合、国民の側に立った判決みたいな言われ方をしますが、あれって、原告の数人以外(もしかしたら原告の数人も含めて)の1億何千万人が敗訴したってことですよね。
国が敗訴した場合は、なぜ国民はそのような行政をする閣僚を選んだ代議士を選んでしまったのか、考えなければいけないのではないでしょうか。

現在の多くの論調をみると、原告勝訴、国側敗訴だと国民が権力に勝ったかのように錯覚してしまいます。

どう思われますか。

Aベストアンサー

>原告の数人以外(もしかしたら原告の数人も含めて)の1億何千万人が敗訴⇒ここでいう国は国民をあらわす言葉ではないのでこれは論理の飛躍ではないかと思いますが。

>国民はそのような行政をする閣僚を選んだ代議士を選んでしまった⇒このような議論で必ず選挙で選んだ我々に責任があるうんぬん、、という論法が出てきますが、これはおかしいでしょう。我々はたまたま議会制民主主義の国家に生まれて来たわけで、この制度においてはたまたま多数決の論理で指導者を選ばざるをえないわけで自民党に投じなかった人々もそれに従わざるを得ないわけです。実際小泉さんに投票した人は数万人しかいないでしょう。しかしながらそれ以外の一億数千万の人々が小泉支持かどうかは全くわかりません。全国民一致で指導者を選べればいいのですが、そうなると、またあの北の国みたいでこれはこれでいやですが、、。

>閣僚を選んだ代議士を選んでしまったのか、考えなければいけないのではないでしょうか。⇒おっしゃりたい気持ちは良くわかりますが、選挙の時に「国を相手どった○○の案件に関する裁判ではこういう立場をとります」というような個人のマニュフェストがすべての立候補者に提出を義務付けられれば別でしょうが、現段階では出ていないので、この問題は解決不可能ではないでしょうか。おまけに公約を無視するのも常識になってます。

たしかに行政のトップは閣僚ですが、実際上は役人がしきっていますし、諫干にしても、長良川大堰にしてもこういった公共事業が大多数の国民に本当に利があるのかと言われると疑問ですし(あなたがいう残りの一億数千万人には全く関係のない事だと思います)、逆にそれこそゼネコンと官との癒着等の構造が存在するのが大多数でしょう。従ってやはり軽軽に結論が出る問題ではないと思われます。裁判所に頼っても、裁判官も人の子ですから自分の将来を考え国よりの判決を出す傾向が強いですし、いずれにしろ難しい問題ですね。

>原告の数人以外(もしかしたら原告の数人も含めて)の1億何千万人が敗訴⇒ここでいう国は国民をあらわす言葉ではないのでこれは論理の飛躍ではないかと思いますが。

>国民はそのような行政をする閣僚を選んだ代議士を選んでしまった⇒このような議論で必ず選挙で選んだ我々に責任があるうんぬん、、という論法が出てきますが、これはおかしいでしょう。我々はたまたま議会制民主主義の国家に生まれて来たわけで、この制度においてはたまたま多数決の論理で指導者を選ばざるをえないわけで自民党に投じなかった...続きを読む

Q刑事事件と民事事件

先日も質問させていただきましたがこの場を借りてもう一度お願いいたします。
4月の事です。一方的に蹴られ腰の骨を折る全治1カ月の怪我をおわされました。私は一切手を出しておりません。犯人は知り合いで仕事仲間です。内容は一緒に現場に行っていたのですがそこの現場の方と直接ここに来るといくらくらい給料があるのかと言う話になり直接行く事にしてそのやりとりを相手側が知り私に腹を立て話があると言い呼び出され土下座をして謝りましたが許してもらえず腰や足を数回蹴られその時は謝るだけでやられたまま帰りました。次の日急に腰が痛くなり病院に行きましたが何もなってないと言われ家に帰りましたが2日目歩けないくらい痛くなり救急車で病院に行きレントゲンをとってみると腰の骨が骨折していました。それでそのまま入院することになりました。家庭を持っており子供も産まれる時期であった為犯人が許せなくなり被害にあってから2日たった日に警察に相談し傷害事件として刑事事件にしたのですが入院していたこともありなかなか警察に足を運べず調書作成などに時間がかかった為半年以上たった先日犯人が逮捕されました。そこで質問なのですが刑事事件と民事事件とは別なのですが一方的に向こう側が悪いのに逆に刑事事件が終わり向こうに民事裁判されることはありますか?
法律の事をよく知らないのでやられた側なのに精神的にまいっています。入院もしましたし犯人にはそれなりの罪を償ってほしいです。
また皆さんなら刑事事件が終わったら民事にして慰謝料請求しますか?
できれば病院代(入院)だけでも多く支払ってますし仕事も約2カ月出れていないので向こうの弁護士が示談要求など連絡してこなければ民事にして解決したいのですが確実に勝てますでしょうか?民事の流れもよくわからないので手続きなどもどのようにしたら良いか教えてほしいですお願いいたします。
また向こうが良い弁護士をつけてしまったら負けてしまうのでしょうか?
質問ばかりですいませんが回答よろしくお願いいたします。

先日も質問させていただきましたがこの場を借りてもう一度お願いいたします。
4月の事です。一方的に蹴られ腰の骨を折る全治1カ月の怪我をおわされました。私は一切手を出しておりません。犯人は知り合いで仕事仲間です。内容は一緒に現場に行っていたのですがそこの現場の方と直接ここに来るといくらくらい給料があるのかと言う話になり直接行く事にしてそのやりとりを相手側が知り私に腹を立て話があると言い呼び出され土下座をして謝りましたが許してもらえず腰や足を数回蹴られその時は謝るだけでやられたま...続きを読む

Aベストアンサー

>一方的に向こう側が悪いのに逆に刑事事件が終わり向こうに民事裁判されることはありますか?
法律の事をよく知らないのでやられた側なのに精神的にまいっています。入院もしましたし犯人にはそれなりの罪を償ってほしいです。

訴えるのは勝算がないとお金と時間を損しますからやりません。刑事事件で有罪になれば民事で勝てるわけがありません。

>また皆さんなら刑事事件が終わったら民事にして慰謝料請求しますか?

私ならいたしません。被告は刑を軽くするために弁護士に勧められて示談または慰謝料を貴方に払います。払わない場合は「これだけの被害を受けたのでそれに値する刑罰を受けて欲しい」と言えば、刑務所に送られてしまいます。普通の人にとって刑務所送りって大変な苦痛です。前科者になるんですよ。人生の大きな汚点です。二か月入院以上の苦痛だと思います。

>また向こうが良い弁護士をつけてしまったら負けてしまうのでしょうか?

良い弁護士だから勝てるというものではないです。良い弁護士は灰色のものを白にしたり黒にしたりできます。貴方の場合は一方的に殴られて入院した。これではどんな優秀な弁護士でも勝敗ははっきりしています。優秀な弁護士なら少し支払い金額を少なくできるという程度のものです。

>一方的に向こう側が悪いのに逆に刑事事件が終わり向こうに民事裁判されることはありますか?
法律の事をよく知らないのでやられた側なのに精神的にまいっています。入院もしましたし犯人にはそれなりの罪を償ってほしいです。

訴えるのは勝算がないとお金と時間を損しますからやりません。刑事事件で有罪になれば民事で勝てるわけがありません。

>また皆さんなら刑事事件が終わったら民事にして慰謝料請求しますか?

私ならいたしません。被告は刑を軽くするために弁護士に勧められて示談または慰謝料を貴方...続きを読む

Q民事訴訟で、欠席すると全面敗訴となるというのは

民事訴訟において、被告が欠席した場合、全面的に認めたことになり敗訴する、とよく言いますよね。
では、
(1)契約書がある
(2)全額支払いの記録がある
このような状況で、原告が「支払いを求める」(単純に契約金についてのみ。)と提訴した場合、被告は当然(1)と(2)を証拠として提出し、「支払い済みである」と答弁書にも記載する訳ですが、この上で欠席しても、原告の主張が通り、被告は敗訴することになるのでしょうか?
知りたいのは、明らかに原告の主張が不当であることが確実に証明される証拠と答弁書、準備書面を提出したとしても、欠席した場合は敗訴するのかどうか、です。
争いの余地がある場合は想定しないで下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ですから最初に答弁書を提出した辞典で
相手の主張を崩せれば、
後の訴訟に出なくても勝てます。

というか、そのくらい強力な証拠があって
相手が新しい主張だせなければ、
その日のうちに終結しますよ。

Q「民事」事件と「刑事」事件

警察は「民事」事件には介入できないということですが、これらの違いはなんでしょう。

教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 民事事件というと、例えば借金を返さないといったように、
人と人の争い事で、それが裁判所に持ち込まれても
国はあくまで仲裁役に周ります。また借金を踏み倒された
側が、もういいやと言ったら、裁判も行われず
そのままです。つまり借金を返さない人がいても
すぐその人を逮捕する権利が警察にはありません。

民法に「借金を返さないものは~年の懲役に処す」
といった条文がないのです。他人に損害を与えた
ときは、それを賠償しろといいう内容のものは
あるのですが、借金の場合、賠償とは、要は
お金を返せばいいのですから、約束したとおり
月賦で返しますと言って実行すれば、刑務所に
行く必要はない。

捕まえて取り調べをすることもできないのでは、
たとえ借金取立ての現場によばれても、警察は
何もできないのです。

 これがもし人殺しのような刑事事件なら、
刑法199条に「人を殺したる者は、3年以上
または無期懲役、死刑に処す」とあるので、
殺人の現場に警察官が駆けつければ
その場で現行犯逮捕できます。

Q棄却とは、敗訴?和解?

棄却したというのは、原告が敗訴したという意味ですか?両者が和解したという意味ですか?

Aベストアンサー

恐ろしくでたらめな回答があるな。

民事を前提にするよ。刑事にも棄却ってあるから。

棄却と一言で言っても、何を棄却したかによるね。
第一審の場合には、棄却とは「請求棄却」のことね。この「請求」ってのは原告が判決内容として求めたもので、例えば「被告は原告に金1千万円支払え」とか「どこそこの土地を明渡せ」とかそんな内容ね。この原告の請求に対して、その請求を法律的に正当化する理由がないから認めませんというのが「棄却」なの。だから原告の請求を認めないという意味。つまり原告敗訴ってことね。これは当然「訴訟の審理をやった結果として裁判所が出す判決」だからね。裁判が始ってもいないなんて大嘘だよ。あくまでも、裁 判 を や っ た 結 果 と し て、原告に対して「あんたの請求は認められない」ってのが請求棄却のことだから。

第二審(控訴審)だと棄却とは「控訴棄却」のことね。これは、どっちが控訴したかによるね。。例えば、原告全面勝訴の判決に対して被告が控訴して棄却なら、負けたのは被告。逆なら原告。あるいは、一部認容判決(つまり、一部勝訴)に対して双方が控訴した場合だと、双方の控訴を棄却することもあるね。そうすると、勝ち負けは一審の判決次第だ。無論一方の控訴を棄却して他方の控訴を認容(棄却の反対)することもある。そうすると、どっちの控訴を棄却したかによって勝敗が決まるね。
第三審(上告審)の場合も似たようなもん。控訴が上告に代わるだけ。

ちなみに(訴訟上の)和解は原告と被告の合意で訴訟を終了させるので裁判所は判決を出さない。だから裁判所の判決である棄却とは全然別の話。

ところで、原告の訴え自体を不適法として請求の中身を審理しないで訴えを退ける場合は「(訴え)却下」って言うの。これは裁判自体は始っているけど(業界用語では訴訟係属が生じていると言う)、請求の中身の問題じゃなくてそれ以前の問題、例えば原告が他人の権利を請求内容として訴えを提起しているとかそういう場合。
それと、訴えは訴状を出してやるんだけど、印紙を貼ってないとか訴状自体に不備がある場合は「訴状却下」って言うよ。これは裁判が全く始っていないね。

恐ろしくでたらめな回答があるな。

民事を前提にするよ。刑事にも棄却ってあるから。

棄却と一言で言っても、何を棄却したかによるね。
第一審の場合には、棄却とは「請求棄却」のことね。この「請求」ってのは原告が判決内容として求めたもので、例えば「被告は原告に金1千万円支払え」とか「どこそこの土地を明渡せ」とかそんな内容ね。この原告の請求に対して、その請求を法律的に正当化する理由がないから認めませんというのが「棄却」なの。だから原告の請求を認めないという意味。つまり原告敗訴って...続きを読む

Q刑事事件又は民事事件の判決例 の一発検索サイトを教えてください。

法律ってゴムのようで ひとつの事柄に対して 右と左ほどの解釈方があったり
倫理も裁判官しだいでよくわからないので。過去の判例で スッキリさせたいけど
判例集ではなく 検索機能などをつけた サイトがあったら 商法 刑法などの
単一サイトでもいいので 教えてください。

Aベストアンサー

最高裁判所のサイトでは、
「最高裁判所判例集」
「労働事件判例集」
「知的財産権判例集」
の検索ができます。
名前は判例集ですが、検索機能がついています。

参考URL:http://www.courts.go.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報