4月12日、レベル5からいきなりレベル7に変更されました。

なぜ、政府はレベル6を抜かしていきなりレベル7にしたのか?

ご教示を

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 レベル5というのは、水素爆発による大気中への放出によるもので、レベル7というのは、高濃度汚染水の長時間の流出に対する評価を加えたのではないでしょうか。



 原子力事故のレベル評価は、環境に漏れ出した放射性物質の量によりますから、漏れた量の評価対象が増えれば、その分だけ評価が変わります。
 レベル7は、『放射性物質の重大な外部放出:ヨウ素131等価で数万テラベクレル以上の放射性物質の外部放出』となっています。

 タービン室に漏れ出した高濃度汚染水は、1ミリリットル当たり1166万ベクトルですから、1リットルで約100億ベクトル、1トンで、10兆ベクレルになります。
(タービン室で漏れたのは、半減期が30年のセシウム137が主体なので、半減期が8日のヨウ素131よりは、格段に放射線量は低い。また、セシウムの出す放射線はガンマ線なのに対して、ヨウ素131はベーター線で、体内被曝による悪影響は、ベーター線の方が相当大きい。つまり、ヨウ素換算すると、セシウムの汚染は、ヨウ素の汚染よりも約1000位は小さく見積もられそうである。) 

 キロベクレル=1000ベクレル
 メガベクレル=1000000ベクレル=100万ベクレル
 ギガベクレル=1000000000ベクレル=10億ベクレル
 テラベクレル=1000000000000ベクレル=1兆ベクレル
 つまり、2号炉建屋内の高濃度汚染水は、数千トン=10000兆ベクレル以上

・海に漏れた汚泉水の評価
 つまり、タービン建屋内の高濃度汚染水が、注水で100倍に薄まってから海に流れ出ていたとしても、ペットボトル1リットル分、が毎秒流れ出していたなら、1日で86400リットル、86トンになりますから、8.6兆ベクトル、流出が始まってから止まるまで仮に5日間(地震後はひび割れのところまで汚泉水が届いておらず、大量注水が始ってから漏れ始めたと考えて)なら、43兆ベクレルになります。

 一時的な水素爆発による拡散よりも、長時間の垂れ流しの方が絶対量でははるかに大きくなるのは、言うまでもありません。


 附記
 同じレベル7とは言っても、福島第一の10倍以上の放射性物質が、臨界状態で高い放射能を持ったまま、空中に拡散して地上に降下したチェルノブイリの爆発臨界事故とは、格段に差があります。
 もし、レベル7以上のランクを認めるなら、チェルノブイリはレベル9クラスとすべきところでしょう。
(レベル8:溶融核燃料が圧力容器を溶かして漏出、レベル9:圧力容器から漏れた核燃料が臨界) 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

この事故、ベトナムにまで迷惑をかけているそうです

EUがベトナムに対し、放射線の検査を強化、とのこと。

早速アジアにまで被害を及ぼしています

ある先生は、放射能汚染水をこのまま垂れ流ししてたら、やがて地球はめちゃめちゃになる、と言って心配してました

詳しいご回答ありがとうございます

お礼日時:2011/04/13 13:08

事故当時の放射線量でのレベルなんだから



低く見積もって誤魔化してた以外に考えられない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

確かに。
そのせいで海外からバッシング食らってました
フランスからは「レベル6」だろ!!って。。。

お礼日時:2011/04/13 13:26

日本政府の対応をこれ以上非難されないための政治的判断との考えを示した


http://sankei.jp.msn.com/world/news/110413/erp11 …

影響は東電株急落、日本製へのダメージ大
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110413/dst …


日本経済よりも政権が大事ってこと?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

想定したとおり、日本経済に大きなダメージになりそうです

日本経済が冷え込まないか心配です

菅が早く辞めることは、百利あって一害なし。

彼が今後も政権を担うと日本経済は滅亡してしまいます

お礼日時:2011/04/13 13:23

 別に一段階づつ上がるって正確の指標でもないですし。

じっくり時間をかけて(嫌味です)現象を当てはめていったらこうなった、ということでしょう。

 でもなんですね、レベル5のときは諸外国から「甘く見すぎ」って散々でしたけど、7に上げたら今度はロシアの専門家からは「上げ過ぎ!4が妥当」、フランスやIAEAは「チェルノブイリに匹敵するものではない、規模ははるかに小さい」ですと。「チェルノブイリと同等」ってしてる国は中国くらいだったりする。
 どこを信じればいいのか本当にわからなくなってきますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

各国によって言い分が違いますね

中国は、昔から日本バッシングがお好きな国ですからね。中国を師匠と崇めている菅さんをドンドン非難してもらいたいものです

当初からIAEAに対して日本は情報公開に消極的でした。そのツケを今払っているのでしょうね。
こういった情報は、IAEAにしつこいと言われるくらい沢山且つ至急通知すべきものなのに。

官邸の機能マヒ、指導力のなさ、隠蔽体質の代償は大きいものになりました。

お礼日時:2011/04/13 13:17

こんにちは、radiostarokwavedさん。



さまざまな要因はあると思いますが、この時期の発表は統一選挙が大きく関係していたと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

政治家たるものは、政治的に判断・行動するものですよね

私的には、変更したこのタイミング、選挙が根底にあったと思います

お礼日時:2011/04/13 13:01

マスコミも、政府も、東電も、ウソをついてきたということでしょう。



自分で調べ、自分の身は、自分で守らないと、殺されますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

まさにおっしゃるとおり

彼らは嘘の達人です

>殺されますよ。

放射能のことですね

放射能を浴びたくなくって、東京から東海地方まで逃げてきましたww

お礼日時:2011/04/13 12:58

地震以来、原発に関するは発表はウソで塗り固めています。



まず、想定外の地震ですが、10年以上前から福島原発の地震および津波の危険性は国会でも追及されています。
補修などの対応をしなかったのは東電と政府の責任です。

福島原発でも、東北電力女川原発と同じように、緊急停止装置は作動しました。
でも、東電は解除しましました。復旧作業に手間がかかるからです。結果、津波が来て大事故につながりました。それも、いまだ、はっきりと認めていません。

保安院17人は、70キロ離れた福島県庁に逃げました。まだ20キロ圏内の住民に避難指示が出る前にです。天下り官僚は不要です。

東電職員も逃げようとしました。その時点で致命的な事故になっていました。
マスコミがレベル4とか、格納庫は無事とか言っている時にです。すべてウソでした。
管総理が東電本社に乗り込んで『命を張ってやれ』と言ったのは、東電がすでにお手上げ状態になっていたからです。

レベル7、メルトダウンを含め、今日の状態は、3月13日からわかっていたことです。

今でも、マスコミは個々の状況をあげて、チェルノブイリとは違うと主張しています。
もちろん、事故に個々の事情が同じなどはあり得ません。
それ以上に、問題は、福島は現在も進行していることなのです。

マスコミはやたらに風評被害に苦しむ福島の農民を登場させます。
だけど、本当に風評被害でしょうか?

放射能汚染は残留農薬と同じように考えていいでしょう。
基準以下だから問題なし!では、だれが低農薬や無農薬の野菜を作りますか?

少しでも、危険性の少ないものを食べようとするのは当たり前のことでしょう。
当然のことが、今では犯罪です。

放射能汚染は体内への影響も、はっきと確認できているわけではありません。
そのため、残留農薬よりもはるかに危険ともいえるのです。

このままでは、東電の賠償額を減らすために、消費者が汚染野菜を食べさせられるという結果になりかねません。

レベル5からレベル7へもウソの一環です。

マスコミもスポンサーである電力会社は批判しにくいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

菅さんは隠蔽の達人です
菅さん自身がかなり隠蔽工作をやっている節もあります

東電、政府、マスコミ・・・・・・
いずれも信用ならないです。

私、最初からこの事故には疑問を感じていて、1さんのお礼欄に乗っけたように疑問を当初から投げかけていたんですよね

お礼日時:2011/04/13 12:55

こういう声もある。


http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011041300031

それだけ評価が難しい。

混乱している。ともいえるわけで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

米中韓は厳しく責任を問う構えみたい
でも、ロシアは、L7は大げさ、と。

んーーーーん

難しいものですね

お礼日時:2011/04/13 12:48

レベルの下位から段階的にひとつずつ上がっていく類の評価軸ではないからでしょう。



IAEA(国際原子力機関)が定めた原発事故の大きさを表す国際評価尺度(INES)における
レベル5以上の所外評価は、放出された放射性物質の用量で定められています。

事故直後から4月5日までの大気中への放射性物質の放出量から逆算すると、事故発生
直後の数時間で既にレベル7相当の放射性物質が放出されたということが試算されました。

このことから今になってやっとレベル7に相当すると判断されたようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

>直後の数時間で既にレベル7相当の放射性物質が放出されたということが試算されました。

事故直後から海外は、もっと事態は深刻と見ていたようです。でも、日本はレベル5を主張。
統一地方選を控えているからかしら?
http://questionbox.jp.msn.com/qa6593860.html

注)フランスは、レベル6を当初から主張していました

お礼日時:2011/04/13 07:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報