私は去年脱サラして、今年から予備校に通い大学に目指そうと思っています。
ただ、やはり不安です。周りの人より遅れをとってしまっている人生だということが非常に不安です。

質問ではなく申し訳ないのですが、何か安心出来る言葉をいただけたら嬉しいです。
(大学に行くのは、学者になりたいという夢を捨てられなかったからです。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

夢を信じて生きていけばいいのさ・・・





夢諦めた人は反対するでしょうが自分の意思を貫いてください。

応援していますよ・・・
    • good
    • 0

頑張って下さいね。



私は22歳で、大学に進み(中央大学法学部通信教育課程)、大学院に進み、現在大学の教員をしております。

学問分野がわからないので、具体的なアドバイスはできませんが、理科系でなければ学者になることも不可能ではないでしょう。


私が在学中に心がけたことは、

(1)大学は必ず4年で卒業すること
(2)大学の成績は8割以上Aを取ること
(3)大学4年の間にマスターで学ぶ程度のことも研究しておくこと
(4)マスターの2年間ではドクター3年間で学ぶ程度のことも研究しておくこと

でした。

大学院にいた頃は、栄養ドリンク+カフェイン錠を常用して、1日20時間程度勉強していたので、ほぼ廃人(笑)になっていまいましたが、若さで乗り切れました。


それと、通常の方法で学者となる場合は、指導教授の政治力がものを言いますので、大学院に入学する時はその点も考慮に入れておきましょう。
また、当然ですが、学者となるには、とにかく論文を書きまくる必要があります。修士論文が学者としての方向性を決めることにもなるので、学説まとめ集みたいな程度の低いものではなく、博士論文に近いものを書いておきましょう。指導教授にお願いすれば、その修士論文を学会誌に掲載することも可能です。
ドクターに進んだら、1カ月に1本の論文を書くくらいの気持ちでいて下さい(分野にもよりますが)。うまくいけば、ドクター2年目で、大学のインストラクター・非常勤講師の職を得ます(レポート添削は1通800円程度、非常勤講師は1コマ15,000円~、学部のゼミ担当講師も1コマ15,000円~)。
非常勤講師・インストラクター時代はとても生活が苦しいので、予備校の講師や、書籍の印税などで、補充するとよいでしょう。


現実問題として、現在25歳で、これから大学に入学ということなので、正攻法では東大の教授とか早稲田の教授とかの職は難しいでしょう。
ただ、大学の教員への道は、正攻法以外の道もけっこうあります。特に、論文・書籍を多く書いていれば、突然チャンスが訪れることも多々ありますよ。
大学院で、年齢コンプレックスにならず、正面から学問に向き合って、研究を続ければ、いつか必ず学者と呼ばれるようになっていますよ。

頑張って下さいね!
    • good
    • 0

 私はこの年で通信制の短大を出ました。

高校の成績が良かったのもかかわらず、いけなかったんです。
通信といえども、かなり難関で。。しんどかったです。しかし卒業できたときには。なにものにも代えがたい達成感がありましたね。自分の人生ではないですか!周りなんか気にしてはいけません。やりたいことをやってから、あの世にいかないと、後悔しますよ!私はまだ大学に編入するつもりでいます。

ピントが少しはずれていますが・・今働いている職場で、パートとしてはいつてきた49歳の男性がいます。彼は元銀行マンでおそらく高い地位に居た人だと・・しかし体を壊し辞め・・リハビリをかねて入ってきました。高校もいい高校で、大学も出ています。そんな人もいるので、どうか後悔はしない人生を送ってください。
    • good
    • 0

「放送大学」へ行きなさい。

入試ないから。安いし。
    • good
    • 0

なんで「遅れをとった」ことになるのかわかりません。


海外ではごく普通のことです。
    • good
    • 0

長い人生、5年くらい足踏みしても良いじゃないですか。


大切なことはキチンとしたビジョンを持つことだと思います。
何となく大学生活を送る人と、目標に進むために大学生活を送る人とでは吸収率が全く異なると思います。
予備校に入ったからと言って大学に入れると誤解せず、目標達成のために頑張ってください。

ひ弱な大卒より、経験を積んだ大卒の方が、周りも評価し受け入れてくれるでしょう。
1年後、3年後、5年後、自分がどうのような立場になりたいかを、しっかり意識してそれのための努力をしてください。
目標を立て、それに向かうだけです。
がんばれ!!
    • good
    • 0

不安について、もう少し具体的にお書きになったほうが、よい回答があると思います。



・受験勉強に関すること
・大学入学後の勉強に関すること
・どこの大学を目指すのが正解か
・よい師にであえるか
・研究の分野に関すること
・単純に7,8年遅れていることの影響
・経済的な問題
・職を求める問題

色々あると思いますよ。単純に遅れていることだけなら、人の2倍3倍頑張って研究を積み上げないといけないでしょうね。
    • good
    • 0

周りの人と比べて遅れをとっていると不安を感じながらも、大学に行こうと予備校に通い、前に向かって歩いてる。



誰にでもできることではないと思いますよ。

遅れをとってもいいじゃないですか?追い付けばいいんだから。

不安があるのは、期待があるからです。不安にならない人の方が少ないと思います。

自分のペースで頑張って下さいね!
    • good
    • 0

【大学に行くのは、学者になりたいという夢を捨てられなかったからです。



素敵ですね。

ただ、アナタが25で生活が別に成り立つような収入が別途にないととても難しいです。
予備校1年、大学4年、学者なら、博士課程(論文を評価されないと)まで含めて10年近くの年月を必要とする。

普通に大学へ進学して、それで「学者」としてアカデミーの一員として「食っていける」人はごく一部です。
文系ということでしょうか?「学者」であって、研究者ではないから。

今でも、オーバードクターは高学歴ワーキングプアー層として問題になってます。
塾の講師ぐらいしか職がない、これもあればいいほうです。

理系であっても、研究テーマがピンポイントでマッチしないとパイ(高く売れる?就職先)はないです。
文系はまさに、別途収入で食える人だけがのこります。
ちなみに、文系の大学の「教員」は非常勤講師がほとんどで、まさに、1コマいくらでパートタイムと同じです。
準備と移動に時間もかかるので、余分に掛け持ちはできないし、年収これだけで300万稼ぐのはとても大変です。
もちろん、翌年の保障はないし。
    • good
    • 0

いいじゃない 人生当たって砕けてから反省するのは有益です。

いい人生勉強になります。

当たって砕けるどころか 当たりもしないで、人に意見聞き回ったり リスクがどうのとか脳内計算でグダグダ文句言ってるやつより 一億万倍あなたは偉いことをしようとしてますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング