統計資料を見ておりましたら,成田空港の輸出品のトップが「半導体等電子部品」となっておりました。

そして,ふっと輸入品のトップを見ると,これまた「半導体等電子部品」となっているではありませんか!

さてさて,これはどういうことか・・・?

自分なりに考えてみましたが・・・どうも釈然とせず・・・

1 (輸入については) 海外から輸入する業者は,より安価な商品を求めている。つまり,国産の商品のよさよりも,海外の商品の安さを重視しているから。

2 (輸出については) 高性能(付加価値の高さ)を売り文句に海外にマーケットを開拓した成果があらわれているから。

3 (輸出入ともに) アメリカを中心とした貿易協定があり,両政府主導で産業の進展に努めているから。


浅はかな知恵しか持たない私には,このくらいしか思いつきません。

どなたか明快な回答を,よろしくお願いします。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.4です。



補足説明をリクエストとの事なので補足させて頂きます。

>何故海外メーカがワザワザコストの高い日本の半導体(部品)を輸入するのか?

部品の使用目的、部品の耐用年数、納期、数量、採用後の安定した部品供給能力、信頼性、形状、大きさ・・・様々の要因があります。
それら全てを勘案した上で部品の採用を決めます。
ですから、一部でコストの高い部品を使用しても、他の部分でコストを下げることもあります。(どこにコストをかけて、どこで削るか?メーカ、製品によってまちまち。)
部品単価が数円違うだけで海外メーカの製品を採用することもあれば、
部品供給の不安定さから国内メーカの製品を使用する場合も有ります。
逆に、『どうしてもこの部品でなければならない!』って場合も有ります。
その場合は、海外メーカ製であってもそこを選択せざるを得ません。
半導体部品は本当に多種多様で、それぞれに複雑に特許も絡んでいますので、どうしても代替のきかない場合も有ります。

別に日本の製造メーカが海外の半導体メーカにだけ頼っている訳では無いです。
それは海外の製造メーカも同じで、ケース・バイ・ケースで日本の半導体を使用しています。

あとは、OEMもありますね。
国内メーカのロゴをいれて、部品の開発・製造は海外メーカで行う・・・
と言う事もあります。(その場合は、税関では輸入扱いになりますね。)
国内A社のある部品と、海外B社のある部品が実は同じモノって事もあったりします。


こんな補足で如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足までしていただき、感謝感謝です。

要は、企業は、自社の需要にマッチした商品を、自国に限らず世界各地に求めており、この動きが世界的におこっていると理解してよろしいでしょうか。

こうなると、商社のみなさんや買い付け担当者様は、毎日ものすごい量の情報をさばいていることが推測できます…その情報を見誤ると会社が傾いてしまいますものね…

勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 21:28

 半導体等電子部品に関しては、国際分業が大変進んでいます。



 半導体の製造設備は大変高価で、巨額の投資が必要です。
 ですから、利益が出る会社は、「大量生産」のメリットを享受出来る会社だけとなり、世界でもトップ3の生産売上量がないと事業継続が困難です。
 ここ20年の間の激烈な企業間競争によって、多くの大企業が電子部品の生産を、『利益の出る自社の得意分野のみに絞る』ようになり、現在では、一般向けのパソコンの部品を全て国内で製造しているという国は、なくなってしまったようです。

 また、生産された部品は小さくて軽い上に高価なので、単価に対する輸送コストが極めて小さいため、長距離航空貨物輸送を行っても、原価に対する影響はあまりありません。ですから、世界中のどこの国の部品であっても、安いものを輸入した方が、完成品を安くすることが出来ます。

 例えば、パソコンの計算を行うメインCPUの生産は、アメリカがほぼ独占状態。
 データーの短期記憶を行うDRAMは、韓国・台湾企業が主力。
 内蔵のハードディスクは、日本製が安くて高性能です。

 どの国のどの会社が製造したパソコンでも、中身はアメリカ製のCPUと韓国・台湾のDRAM及び日本製のハードディスクという組み合わせがほとんどと言っていいと思われます。

 日本も電子部品を大量に輸出する一方で、生産量の少ないDRAMは相当大量に輸入していますし、パソコンのメインCPUに至っては、ほぼ全量を輸入しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

業界内部の様子を詳しく記していただき、勉強になりました。

つまるところ、その国(その会社)が得意とする分野を世界中でシェアリングしているということですね。
得意とする分野になるまでには技術開発やコスト削減等、様々な要因があるのでしょうが、半導体業界の現状を理解することができました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 21:23

それは品目が同じだけで、同じ物ではないからです。



判りやすい例をあげれば、
日本は結構海外にインスタントラーメンを輸出して居ますが、同じ乾面のパスタを輸入して居ます。

品目でいえば両方とも、乾面ですが、違う物ですよね。

半導体にしても、日本でしか生産して居ない物は輸出して居ますし、第三諸国でも作れるような物は日本で作っても割が合いませんので、海外で作って輸入して使います。

車だって、日本車を輸出して居ますが、外国車を輸入して居ますよね。


品目だけで見ると同じに思えてしまうかもしれませんが、同じ物を輸出してよ入している訳ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
例を挙げていただき、理解が深まりました。

お礼日時:2011/04/18 21:19

半導体と一口に括っても多種多様ですし、


用途・仕様・コスト・調達数等で国産よりも有利であれば、海外メーカの製品を採用します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

投稿,ありがとうございます。

なるほど…

海外のメーカーが日本の(多少コスト高の)製品を購入(輸入)するのは
なぜなのでしょう?

高性能だから?
それとも,現地邦人会社が輸入しているから?

お時間がありましたら補足していただけるとありがたいです。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/15 07:42

半導体だとシリコンウェハを輸出して、海外で組み立て、


完成したデバイスを輸入してるのもありえる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

投稿,ありがとうございます。

「シリコンウェハ」って??
↑ こんな無知な状態ですみません。

それぞれの国が得意とする分野で,人件費を考慮して
貿易し合っている,という概念は理解できました。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/15 07:40

同じ商品分類になっているだけで、同じ商品を輸出・輸入しているわけではありません。


現実とは違いますが、緑茶は輸出、ウーロン茶は輸入。ただ、お茶という商品分類では輸出も輸入も存在します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの返答,ありがとうございます。

なるほど,半導体といっても,さまざまな製品があるということですね!
ちなみに,どんな製品があるのでしょう?
また,その製品を得意としている国はどこなのでしょう?

お時間がありましたら教えてくださいませ。

お礼日時:2011/04/15 07:38

車だってそうだよ。


別に、製品分類が同じだからといって、種別、価格、目的が同じとは限らないから、
海外に自分が欲しいものがあることも、海外の人が国内のものをほしがる場合もある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの返答,ありがとうございます。

そうです,その通りだと私も思うのですが,なぜ半導体が1位なのかが腑に落ちません…

お礼日時:2011/04/15 07:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半導体部品、半導体製造装置とは

半導体製造装置とは、半導体部品(トランジスタなど)又は半導体装置の製造装置のことですよね。

だとしたら、なぜ、「半導体部品(又は半導体装置)製造装置」といわないで、
「半導体製造装置」と言っているのでしょうか?

Aベストアンサー

シリコンウェーハなどの材料基板上に半導体素子(デバイス)を形成する機械が「半導体製造装置」であり、切り出してパッケージングして「部品」にする機械とは違うと思いますよ。
パッケージングまで一気にしてしまう設備もあるかと思いますが、それは各装置の集合体であって、工程によって呼び名は変わるものかと思います。

Qなまこの輸出輸入量

ここ数年の中国と日本の「なまこ」の輸出と輸入量が知りたいです。このことを知ることができるHPなどを知りたいので、知ってる方お願いします!

Aベストアンサー

主たる品目については、ある程度の数値は「日本統計年鑑」などで出るのですが、「なまこ」はいささか難しいかもしれません。
たぶん、なんですが。
↓なら、載っているのではないかと思います。
ただ、これはかなり希少な資料らしく、東京都立図書館にもなかったです。ということは都道府県立クラスの図書館でもないんじゃないと・・・・。(ちなみに、これは国立国会図書館所蔵データです)
農林水産省図書館には所蔵されていました。
http://www.library.maff.go.jp/opac/


◆水産物輸出入実績 1996年~2000年 主要品目別、主要国別
出版地 :〔東京〕
出版者 :水産庁漁政部加工流通課
出版年月:2001.9
資料形態:109p  30cm  
件名  : 水産物―貿易―統計



◎あと、輸出入を調べる基礎資料は財務省の「貿易統計」ということになります。
お住まいがどちらなのかわかりませんが。お近くに税関があれば、そこに問い合わせてみるのもひとつの方法かと思います。

◆貿易統計の閲覧
http://www.moji-customs.go.jp/07_toukei/inspec.htm
http://www.moji-customs.go.jp/07_toukei/link.htm



で、「貿易統計」がネットでも公開されてはいるんですが。
http://www.customs.go.jp/toukei/info/index.htm
PDFファイル形式の資料の量も多く、利用方法説明もないので、貿易の専門知識のない私はいまだマスターできてません。(;^_^A

品別番号をまず確認し、「貿易統計(検索ページ)」に進んで、「統計品別表 」の「品目の指定」に番号を入れて検索するのだと思います。

で、その「品目の番号」なんですが。これが難しい・・・・。
税関のHPに「品目分類情報」というページがあります。そこから「品目分類情報検索画面へ」
http://www.customs.go.jp/index.htm
http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/bunrui/index.htm
http://www1.customs.go.jp/tetsuzuki/bunrui/itmsrs.htm


キーワードのところに「なまこ」と入れて検索すると、(ナマコでは出ません)
「乾燥ボイルなまこ 」の税番が「1605.90-220 」であることがわかります。
この税番が品目番号だということです。
ただ、問題なのは、この番号は「寿司(うににぎり寿司)」という品も含んでいるのです。
キーワードのところに、この数字を入れて検索すると、それがわかります。
つまり、「貿易統計」で得られる数字は、「乾燥ボイルなまこ 」「寿司(うににぎり寿司)」のあわせての輸出入の数字となると思うんです。ちなみに、「統計品別表」において、「輸入」「複数年」検索で、品目指定「160590220」の検索結果は以下の通り。単位はKGです。輸出結果はありません。

1998 630902
1999 728579
2000 766525
2001 720280


この検索ページを使えば、中国からの輸入量もわかると思うんですが。
ただし、「乾燥ボイルなまこ 」「寿司(うににぎり寿司)」の合計になってしまうと思いますが。

関連機関(たとえば、水産庁漁政部加工流通課や農林水産省図書館 )に聞いてしまった方が早いかもしれませんが、とりあえずご参考までに。

主たる品目については、ある程度の数値は「日本統計年鑑」などで出るのですが、「なまこ」はいささか難しいかもしれません。
たぶん、なんですが。
↓なら、載っているのではないかと思います。
ただ、これはかなり希少な資料らしく、東京都立図書館にもなかったです。ということは都道府県立クラスの図書館でもないんじゃないと・・・・。(ちなみに、これは国立国会図書館所蔵データです)
農林水産省図書館には所蔵されていました。
http://www.library.maff.go.jp/opac/


◆水産物輸出入実績 1996...続きを読む

QCPRM規格に対応しているでしょうか?

CPRM規格に対応しているでしょうか?
DELLのInspiron 1545 ベーシックパッケージはテレビを録画したCPRMのDVDの再生はできますか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/CPRM
事実上日本ローカル規格なので、外資系メーカーのPCに対応を期待する方が間違い。
あと古い質問は締め切りを。つーか、旧質問への補足で対応できるっしょ?

Q横浜港の輸出国、輸入国

何故、輸出国、輸入国が第一位なのでしょうか。
横浜中華街があるからでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたらご投稿お願いします。

Aベストアンサー

http://www.customs.go.jp/tokyo/etu/ftp/butsuryu/butsuryutokyo18.pdf

重量ベースだと 輸出が水島港 輸入が千葉港
千葉港が巨大なのは、川崎製鉄や新日本製鐵の鉄鉱石や石炭の輸入が巨大だからかです。
鹿島港がでかいのも、住友金属鹿島のカウントです。

水島港の輸出が大きいのは、たぶんプラスティック

Qdip angleの意味

英語の論文を読んでいて、地震関連の言葉として「dip angle」
というwordが度々出てくるのですが、辞書を引いても出てこない
ので困っています(>_<)
どなた意味、日本語訳などご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

dipまたはdip angleとは地層や断層面の傾斜角のことです。
地層や断層などの面を記述するときに、その面が水平面と交差する方向を「走向(strike)」、水平面に対する「傾斜角(dip)」と呼びます。
「走向」は通常北から時計回りの角度で表し、「傾斜角」は水平面から測ります。断層の場合、このほかに滑りの方向を示す「すべり角(rake)」があり、断層面上で水平面から反時計回りに測ります。

Qアメリカの木材の輸入・輸出について

この前ふと思ったのですがこれといった決定的な答えが出せずにいるので教えてください。アメリカの木材の輸入量は世界第一位で、それにもかかわらず輸出量も世界第三位と地理の統計に載っていました。どうしてそんな矛盾した数字になっているのですか?専門的になってもいいのでいろんな国とかと比較したりして、あらゆる要因も含めて深く広く教えていただければ幸いです。お願いします。

Aベストアンサー

専門的ではないのですが、用途よるものだとおもいます,例えば家具にはいく種類かの木、建築の柱、床財壁財、楽器(ピアノはアメリカ北部とカナダで取れるダグラスファーという松ノ木とか)バイオリンはよーろっぱのかえでの木とか、昔学校で材木の片側に振動を与え、そのときの板の振動、止めたときのどのような振動が出るかを調べていたのがいました。そんなにたくさんの木を調べたわけではないとおもいますが、日本の材木でスピーカのボックス、楽器に使える木はみつからなかったといってたようです。

Q薄膜形成の対象は半導体ウエハか半導体基板か

「蒸着などの方法で薄膜を形成する」という文章を書く場合において、その薄膜を形成する対象は「半導体ウエハ」と「半導体基板」との両方があるのでしょうか?
それとも、「半導体ウエハ」と「半導体基板」とのいずれか一方ですか?

そもそも「半導体ウエハ」と「半導体基板」との違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

>半導体ウエハと半導体基板とは、同じものということですか

インゴットを輪切りにした直後の加工していない状態なら、同じものと考えていいでしょうね。実際ウェファー上には基板しか存在しないわけですから。
文脈上は、ウェファーはインゴットから切り出された円盤状の物体そのものを指すのに使われるのに対して、基板はその円盤上に載っている半導体で作られた土台のような文脈で使われます。

薄膜を形成するというのであれば、後者の意味で使ったほういいかと思います。

http://en.wikipedia.org/wiki/Wafer_%28electronics%29
http://en.wikipedia.org/wiki/Substrate_%28electronics%29
ちなみにSubstrateというのがいわゆる基板です。

Q円高・円安と輸入・輸出について

円高・円安と輸入・輸出について

今、円高になっていて「円高差益還元セール」とか、「円高だから自動車の輸出で損が出る」とかが新聞記事になったりしています。

質問ですが、
「円高だから輸入が得をする」というのは「外貨建(ドル建等)」になっている
「円高だから輸出で損をする」というのは「外貨建(ドル建等)」になっている
という理解で正しいでしょうか。

もし、正しいとすると「円建」の場合はそれぞれ逆の現象になると思うのですが正しいでしょうか。

そうだとすると、日本はすべて「外貨建」で貿易を行っているということになると思うのですが、
「円建」で取引を行っている商品はないのでしょうか。
あるとすれば具体的にどのようなものが「円建」で取引されているのでしょうか。

全ての商品を「外貨建」で取引していると、為替変動のメリットもデメリットもすべて日本が引き受けているような気がします。
日本は貿易に対して「そういうスタンスの国」なのでしょうか。

Aベストアンサー

>「円高だから輸入が得をする」というのは「外貨建(ドル建等)」になっている
>「円高だから輸出で損をする」というのは「外貨建(ドル建等)」になっている
その通りです。
世界の貿易の2/3はドル建てなので石油も鉄鉱石もドルで購入し、自動車もテレビもドルで販売します。
急激な円高で企業の業績が悪化するのは、製品(例えば自動車)の定価と言うのが決まってます。
例えば2万ドルだったとします。
輸入する材料費が1万ドルで製造費用が100万円だったとします。
円が120円の時は2万ドルの売上なので、220万で製造し、240万円売げ上ます。
円が 80円の時は2万ドルの売上なので、180万で製造し、160万円売げ上ます。
実際には仕入れと販売のタイムラグもあるのでこれ以上の差がつきますが、簡単にはこんな感じです。
従って収益改善の為、アメリカなどの製造費の安い地域で製造する事に成り、日本では人余りが発生します。

>「円建」で取引を行っている商品はないのでしょうか。
基本無いと思ってください。
基軸通貨とは何かを考えると軍隊や核を持たない日本が基軸通貨に成るのは不可能です。

>日本は貿易に対して「そういうスタンスの国」なのでしょうか。
日本以外もほぼ全ての国はそうですよ。
大体アメリカが許すわけありません。
本当は日本はアメリカの国債を沢山持っているので、もっと発言権が有ってしかるべきだと思いますが、政治家が弱腰なのと国民がアホだから仕方が無いです。

>「円高だから輸入が得をする」というのは「外貨建(ドル建等)」になっている
>「円高だから輸出で損をする」というのは「外貨建(ドル建等)」になっている
その通りです。
世界の貿易の2/3はドル建てなので石油も鉄鉱石もドルで購入し、自動車もテレビもドルで販売します。
急激な円高で企業の業績が悪化するのは、製品(例えば自動車)の定価と言うのが決まってます。
例えば2万ドルだったとします。
輸入する材料費が1万ドルで製造費用が100万円だったとします。
円が120円の時は2万ドルの売上なの...続きを読む

Q半導体の説明に出てくるバイアスの意味は?

半導体のPN接続に関する説明文に「バイアス」という言葉が出てきました。
ここでいう「バイアス」とはどういう意味で使われているのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

バイアスという単語では「偏り」という意味です。
ある意味「オフセット」に近い意味です。

電極に+もしくは−が偏っている状態を表しているのであると思います。(あまり半導体の分野で使われる使われ方と違う気もしますが)

Q輸入・輸出申告はなぜCIFとFOBなのか

輸入申告はCIF価格、輸出申告はFOB価格で申告するルールですが、これはなぜなのでしょうか。
例えば、物自体の価格が100円の物を輸入し、同じく物自体の価格が100円のものを輸出したら、貿易収支はトントンのはずですが、このルールでは貿易赤字になってしまいます。

FOB+(運賃+保険料)÷2のほうが理にかなう感じがします。

Aベストアンサー

本当かウソか確かめたことはありませんが、聞いた話として。


輸入時のCIF価格は結局のところ「相手国に渡す金額」であり、輸出時のFOB価格は「相手国から受け取る金額」です。
ここで問題なのは、これらの金額は全て外貨だということです。

戦後かなり経つまで、日本は外貨が非常に不足していました。それこそ輸入割り当てがあり、外貨持ち出し制限がありました。ちょっとした海外旅行は現在では簡単ですが、1970年代から80年代初頭までは外貨持ち出し(要するに円をドルと交換すること)はかなり厳しく制限されていました。

したがって、輸入は国外に渡す額、輸出は国外から受け取る額とすることで、為替管理を行うことが理にかなっていました。

その制度が今でも残っているわけです。


一応、何らかの意味での怠慢ではなく、統計の一貫性の観点からは納得できなくはありません。


人気Q&Aランキング