マンガでよめる痔のこと・薬のこと

統計資料を見ておりましたら,成田空港の輸出品のトップが「半導体等電子部品」となっておりました。

そして,ふっと輸入品のトップを見ると,これまた「半導体等電子部品」となっているではありませんか!

さてさて,これはどういうことか・・・?

自分なりに考えてみましたが・・・どうも釈然とせず・・・

1 (輸入については) 海外から輸入する業者は,より安価な商品を求めている。つまり,国産の商品のよさよりも,海外の商品の安さを重視しているから。

2 (輸出については) 高性能(付加価値の高さ)を売り文句に海外にマーケットを開拓した成果があらわれているから。

3 (輸出入ともに) アメリカを中心とした貿易協定があり,両政府主導で産業の進展に努めているから。


浅はかな知恵しか持たない私には,このくらいしか思いつきません。

どなたか明快な回答を,よろしくお願いします。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.4です。



補足説明をリクエストとの事なので補足させて頂きます。

>何故海外メーカがワザワザコストの高い日本の半導体(部品)を輸入するのか?

部品の使用目的、部品の耐用年数、納期、数量、採用後の安定した部品供給能力、信頼性、形状、大きさ・・・様々の要因があります。
それら全てを勘案した上で部品の採用を決めます。
ですから、一部でコストの高い部品を使用しても、他の部分でコストを下げることもあります。(どこにコストをかけて、どこで削るか?メーカ、製品によってまちまち。)
部品単価が数円違うだけで海外メーカの製品を採用することもあれば、
部品供給の不安定さから国内メーカの製品を使用する場合も有ります。
逆に、『どうしてもこの部品でなければならない!』って場合も有ります。
その場合は、海外メーカ製であってもそこを選択せざるを得ません。
半導体部品は本当に多種多様で、それぞれに複雑に特許も絡んでいますので、どうしても代替のきかない場合も有ります。

別に日本の製造メーカが海外の半導体メーカにだけ頼っている訳では無いです。
それは海外の製造メーカも同じで、ケース・バイ・ケースで日本の半導体を使用しています。

あとは、OEMもありますね。
国内メーカのロゴをいれて、部品の開発・製造は海外メーカで行う・・・
と言う事もあります。(その場合は、税関では輸入扱いになりますね。)
国内A社のある部品と、海外B社のある部品が実は同じモノって事もあったりします。


こんな補足で如何でしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足までしていただき、感謝感謝です。

要は、企業は、自社の需要にマッチした商品を、自国に限らず世界各地に求めており、この動きが世界的におこっていると理解してよろしいでしょうか。

こうなると、商社のみなさんや買い付け担当者様は、毎日ものすごい量の情報をさばいていることが推測できます…その情報を見誤ると会社が傾いてしまいますものね…

勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 21:28

 半導体等電子部品に関しては、国際分業が大変進んでいます。



 半導体の製造設備は大変高価で、巨額の投資が必要です。
 ですから、利益が出る会社は、「大量生産」のメリットを享受出来る会社だけとなり、世界でもトップ3の生産売上量がないと事業継続が困難です。
 ここ20年の間の激烈な企業間競争によって、多くの大企業が電子部品の生産を、『利益の出る自社の得意分野のみに絞る』ようになり、現在では、一般向けのパソコンの部品を全て国内で製造しているという国は、なくなってしまったようです。

 また、生産された部品は小さくて軽い上に高価なので、単価に対する輸送コストが極めて小さいため、長距離航空貨物輸送を行っても、原価に対する影響はあまりありません。ですから、世界中のどこの国の部品であっても、安いものを輸入した方が、完成品を安くすることが出来ます。

 例えば、パソコンの計算を行うメインCPUの生産は、アメリカがほぼ独占状態。
 データーの短期記憶を行うDRAMは、韓国・台湾企業が主力。
 内蔵のハードディスクは、日本製が安くて高性能です。

 どの国のどの会社が製造したパソコンでも、中身はアメリカ製のCPUと韓国・台湾のDRAM及び日本製のハードディスクという組み合わせがほとんどと言っていいと思われます。

 日本も電子部品を大量に輸出する一方で、生産量の少ないDRAMは相当大量に輸入していますし、パソコンのメインCPUに至っては、ほぼ全量を輸入しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

業界内部の様子を詳しく記していただき、勉強になりました。

つまるところ、その国(その会社)が得意とする分野を世界中でシェアリングしているということですね。
得意とする分野になるまでには技術開発やコスト削減等、様々な要因があるのでしょうが、半導体業界の現状を理解することができました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 21:23

それは品目が同じだけで、同じ物ではないからです。



判りやすい例をあげれば、
日本は結構海外にインスタントラーメンを輸出して居ますが、同じ乾面のパスタを輸入して居ます。

品目でいえば両方とも、乾面ですが、違う物ですよね。

半導体にしても、日本でしか生産して居ない物は輸出して居ますし、第三諸国でも作れるような物は日本で作っても割が合いませんので、海外で作って輸入して使います。

車だって、日本車を輸出して居ますが、外国車を輸入して居ますよね。


品目だけで見ると同じに思えてしまうかもしれませんが、同じ物を輸出してよ入している訳ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
例を挙げていただき、理解が深まりました。

お礼日時:2011/04/18 21:19

半導体と一口に括っても多種多様ですし、


用途・仕様・コスト・調達数等で国産よりも有利であれば、海外メーカの製品を採用します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

投稿,ありがとうございます。

なるほど…

海外のメーカーが日本の(多少コスト高の)製品を購入(輸入)するのは
なぜなのでしょう?

高性能だから?
それとも,現地邦人会社が輸入しているから?

お時間がありましたら補足していただけるとありがたいです。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/15 07:42

半導体だとシリコンウェハを輸出して、海外で組み立て、


完成したデバイスを輸入してるのもありえる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

投稿,ありがとうございます。

「シリコンウェハ」って??
↑ こんな無知な状態ですみません。

それぞれの国が得意とする分野で,人件費を考慮して
貿易し合っている,という概念は理解できました。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/15 07:40

同じ商品分類になっているだけで、同じ商品を輸出・輸入しているわけではありません。


現実とは違いますが、緑茶は輸出、ウーロン茶は輸入。ただ、お茶という商品分類では輸出も輸入も存在します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの返答,ありがとうございます。

なるほど,半導体といっても,さまざまな製品があるということですね!
ちなみに,どんな製品があるのでしょう?
また,その製品を得意としている国はどこなのでしょう?

お時間がありましたら教えてくださいませ。

お礼日時:2011/04/15 07:38

車だってそうだよ。


別に、製品分類が同じだからといって、種別、価格、目的が同じとは限らないから、
海外に自分が欲しいものがあることも、海外の人が国内のものをほしがる場合もある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの返答,ありがとうございます。

そうです,その通りだと私も思うのですが,なぜ半導体が1位なのかが腑に落ちません…

お礼日時:2011/04/15 07:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング