「一人の死は悲劇だが、100万人の死は統計上の数字でしかない」という言葉。

ウイキペディア「ヨシフ・スターリン」によると「『1人の死は悲劇だが、100万人の死は統計上の数字でしかない』という言い回しはスターリンによる言葉とされてきたが、これはドイツの作家エーリッヒ・マリア・レマルクによるものであるという。」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4% …)とあります。では、このレマルクの言葉の出所はどこでしょうか?ご存知の方教えて下さい。

同じくウイキペディア「アドルフ・アイヒマン」によりますと、アイヒマンの裁判において「この公判時にアイヒマンは『一人の死は悲劇だが、集団の死は統計上の数字に過ぎない』という言葉を残した。ソ連の指導者で数十万から数百万人とも言われる政敵を粛清したことで知られるヨシフ・スターリンも同じような言葉を残しているが実際にはこの言はスターリンではなく、ドイツの反戦作家のエーリッヒ・マリア・レマルクの言葉だった事が近年証明された。」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4% …
とあります。とすると、アイヒマンはレマルクの言葉を引用して、公判で述べたのでしょうか?

これも、分かりましたら教えて頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Der Schwarze Oberisk, Geschichte einer Verspateten Jugendの邦訳。


『黒いオベリスク、ある遅い青春の物語』山西英一訳。河出書房新社。昭和33年(1958年)
但し、古書店(展)でも見掛けません。図書館などで捜された方が良いでしょう。

参考。レマルクの主な訳書。
http://homepage1.nifty.com/ta/sfr/remarq.htm
(柳田泉氏の訳書は英訳本からの重訳、他は独逸本からの訳)
御参考にならば幸甚です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

LN-TFさん、早速のご回答ありがとうございます。
お教え頂きました『黒いオベリスク、ある遅い青春の物語』山西英一訳。河出書房新社は、私の市の図書館にもないようです。どのような文脈の中で言われた言葉なのか、興味がありますので、もう少し捜してみたいと思います。
スターリンとアイヒマンの発言との関連は、takurintaさんへのお礼に私の推定を書きました。間違っているかもしれませんが・・・。

お礼日時:2011/04/14 20:27

No.1です。


また少し調べました。

参考URLで「100の死は惨事、100万の死は統計」とアイヒマンが言ったとしてありました。それに対し、「それはスターリンの言葉だし、『一人の死は悲劇』が正しいよ」という突っ込みがあり、それに答えて、「出典はGuido Knoppの本です」と言っていました。

Knoppは「ヒトラーの共犯者 12人の側近たち」の著者なわけで、もしかしたら、この言葉の初出はクノップかもしれません。
また、「1944年にアイヒマンがそのようなことを言った」という誰かの証言が裁判の場でなされていたとしても、その証言をした時には証言者の記憶にスターリンの逸話が混入していた可能性もあります。

WEBでの調査には限界があるので、本気で知りたいなら、ちゃんとした文献調査が必要なようです。

参考URL:http://www.stormfront.org/forum/t415853/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

takurintaさん、お礼が遅れてしまい申し訳ありあません。
実は、あの後、地元の図書館の司書のところに行きまして、アイヒマンの裁判記録の邦訳はあるのかどうか聞きましたところ、あるにはあるが国会図書館にしかないとのことでした。そしてそれは今、デジタル化作業にかけられており、それが出来上がるのが7月末だそうです。7月末になったら、それをWEB上でみることが出来るのか、貸し出し可能になるのか、調べて見たいと思います。アイヒマンが裁判で言ったというのであれば、それをしらみつぶしにあたってゆけば分かるのではないかと思います。
ウイキペディアにある記事は、出典が書いていないので、意外とほんとうかどうか分からないことがあるようです。

エーリッヒ・マリア・レマルクの言葉は確認できました。「黒いオベリスク」(山西英一訳、河出書房新社1958年)上巻p277.「たったひとりの死者は死であるのに、二百万はただの統計にすぎない」とありした。

これにて、一端みなさんからお答え頂いたことに対するお礼として、終わりたいと思います。
みなさん、ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/03 11:53

No.1です。


また少し調べました。この言葉の来歴についての調査がありましたので、参考まで。
どうやら、一次ソースにあたらないと、本当のところはわからないようですね。こうなってくると、アイヒマンの言葉も実際の裁判記録にあたらないといけないのかもしれません。英語版Wikipediaにはそのような証言をしたという逸話が載っていないので、どこかから紛れ込んだ可能性もあるのではないかと思われます。

参考URL:http://quoteinvestigator.com/2010/05/21/a-single …
    • good
    • 0

元ネタはDer schwarze Obelisk (黒いオベリスク) という作品のようです。

日本語に翻訳されているかどうかは知りません。

参考URL:http://en.wikiquote.org/wiki/Talk:Joseph_Stalin
    • good
    • 0
この回答へのお礼

takurintaさん、早速のご回答ありがとうございます。
参考URLを見ました。英語が不得意なので正確には理解できませんが、大体分かりました。いずれにせよ、アマレクの「黒いオベリスク」は1956年の発行とありますから、スターリンはその3年前の1953年に亡くなっていますのでスターリンがアマレクの言葉を引用することは出来なかったことは明白なようです。
一方、アイヒマンは、1944年8月に問題の発言をしています(「ヒトラーの共謀者」(下)原書房p69)が、その時にはアマレクの「黒いオベリスク」は発行されていないので、これはアイヒマン独自の考えのように思えます。

お礼日時:2011/04/14 20:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q死亡について。 死亡事件があり、相手側は飲酒運転、 飲酒運転で追突事故、死亡でした。 ですが、死

死亡について。

死亡事件があり、相手側は飲酒運転、
飲酒運転で追突事故、死亡でした。

ですが、死亡した方のお母様が息子が亡くなったことを受け入れられず、言い方は悪いですが、ショックで頭がおかしく?なってしまい、
周りに事故があった、と言ってますが
本当は自殺でした。

自殺したということを受け止めきれず、周りには交通事故と言ったみたいです。

どうしても自殺したということを隠したかった?のかなと思っています。


こういうことは本当にあり得るのでしょうか?
あり得るというか、どうなのでしょうか(´・_・`)
隠すために嘘とかいう人はいるんですかね。。

Aベストアンサー

死亡したのは、受け入れてる訳ですから、
世間体を気にしてるのかと、思いますが、

Qアン・モロー・リンドバーグの言葉

「さよなら、とこの国の人々が別れに際して口にのぼせる言葉はもともと『そうならねばならぬのなら』と言う意味だとそのときわたしは教えられた・・・以下略」

アン・モロー・リンドバーグの「翼よ、北に」の中にある言葉のようですが、このくだり全文の英語の原文を知りたいのですが、ご存知のかたいらっしゃいますか?
地元の図書館の蔵書検索をしてみましたが、訳本はあっても原書はありませんでしたので、こちらで教えていただけたらと思い、投稿しました。
参考になるサイトの紹介でも結構ですのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 英語は大の苦手である、市井の一検索マニアです。

http://tunisiajapan.blogspot.com/2007_06_01_archive.html

のけっこう下の方の "Lindbergh and 'Sayonara'”のところの英文は、"Anne Morrow Lindbergh, North to the Orient, 1935"からの引用ではないのでしょうか???

http://shamchat.blog118.fc2.com/blog-entry-285.html

にある、『第5章 不可避としての「さようなら」――「そうでなければならないならば」』の日本文と似てるような気がするのですが、私の英語力ではこれ以上は限界です。

Q飲酒時に本当の性格が出るとは、どの段階でですか?

飲酒時に本当の性格が出るとは、どの段階でですか?

カテ違いかもしれませんが、こちらで質問させていただきます。

飲酒時に本当の性格が出ると言いますが、それはどの段階からなのでしょうか。

私の場合、飲酒→気分がよくなって冗舌になる→さらに時間がたつと今度は暗くて死にたい気分になります。

冗舌な私と、その後の暗くなる私と、どちらが本当の性格なのでしょうか?

Aベストアンサー

酒を飲むからではなく
その前から伏せ線はあるのでしょう
つまり潜在的かそうでないかは別として何か悩みやストレスが普段からある
シラフの時は理性が押さえている
どの段階かといわれても個人差があると思うし 
酒を飲まなくてもそういう人はいるし

悩み事があるんですよね?それを正面から考えて対処する
酒に逃げていたらいけないって思う
 普段からしっかり生きる 事が大事ではないかな

Q「死の棘」という言葉はどこから?

島尾敏雄の小説のタイトルに「死の棘」っていうのがありますが、これって何か昔からそういう慣用的な表現があったのでしょうか?それとも島尾さんのオリジナルなのですか? 

ふと、その言葉が気になって調べたんですけど、辞書にもないし、検索しても島尾さんばっかりで…。おまけに、その小説も読んだことがないので余計に分かりません。

もし何かに由来してるのでしたら、原典と意味を教えていただきたいのです。
本当にふとした疑問ですみません。

Aベストアンサー

新約聖書からの1節からきています。
「『死よ、なんぢの勝(かち)は何処にかある。死よ、なんぢの刺(はり)は何処にかある』死の刺は罪なり、罪の力は律法(おきて)なり。されど感謝すべきかな、神は我らの主イエス・キリストによりて勝を与へたまふ。然(さ)れば我が愛する兄弟よ、確(かた)くして搖(うご)くことなく、常に励みて主の事(わさ)を務めよ、汝等その労の、主にありて空しからぬを知ればなり」(コリント前書-第15章55-58)
訳によって「死の刺」「死の針」とあるそうです。読み応えのある内容でした。

Q飲酒運転による事故について

これは前に飲酒運転の特番を観ていた時に思ったことなのですが、飲酒運転で関係ない人が轢かれて死んで、運転者が生き残る。自分はこれが納得できなくて、思ったことが
「酒飲んで、車を運転して関係ない人が死ぬ意味がわかんない。なら酒を飲んだお前が悪いんだから勝手に事故にあって死ねよ。関係ない人を巻き込むな」
と思ったのですが、これは偽善者なのでしょうか?仮にこのことを誰かに話したとして偽善者を言われてどう反論すればいいのでしょうか

これは高校生である自分が思ったことです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

まあ、順当な意見ですね。
付け加えるならば、これだけ運転に与える飲酒の影響が報道或いは普及教育され、啓蒙活動が活発になっている中で、飲酒運転は道路交通法で処罰されるのはおかしいという発想が無いことが不思議です。
「車は走る凶器」というのは、交通安全教室等でもよく言われることです。
では、その走る凶器を、飲酒という正常な判断が出来ない状態で運転することは、凶器を振りかざして、他人を攻撃しようとしているのと、どこが違うのか、そう思いませんか?
秋葉原の事件で、犯人は、手っ取り早く大人数を殺すため、トラックで歩行者天国に突っ込みました。
その後の、刃物による凶行の印象が強いため、忘れられがちですが、まさに車は凶器です。
飲酒運転は、取締りで捕まった程度では、免許取り消しと罰金で済んでしまいます。
飲酒運転の常習者は、無免許で飲酒運転を繰り返します。
「関係ない人を巻き込むな」だけではなく、飲酒運転は不特定多数の人を対象とする殺人未遂罪として処罰されるべきではないかと思います。

Q死や破滅を予感させる3~4文字の言葉を教えてほしい

天魔覆滅、魔王光臨、
といった具合の死や破滅、破壊を予感させる3~4文字の言葉を教えてください
(造語大歓迎です)
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

盛者必衰
平家物語で有名な言葉です。

生者必滅
生命あるものは、必ず死ぬときがあるという言葉です。

Qなぜ、飲酒運転するのか!!!

私の友達に、飲酒運転をしている人が居ます。

僕と、数人の友達しか知りませんが・・・・・・

もちろん、止めるように説得しました。。

本人曰く「俺は運転が上手いから大丈夫。」
また「飲酒して事故を起こすほどバカじゃないよ」
「酒飲んで運転した方が気分がいい」
と意味不明な返答ばっかりです。

もう、なんか不思議でしょうがないです。

飲酒運転する意味とかあるのか・・・・・・・

運転する時くらい飲酒しなくてもいいのではと思います。

しかし、最近は飲酒運転の人が凄い多いですね。

残念です。

関係ない人まで死ぬ可能性があるのに!!!!

そういう人達の事考えないのでしょうか?

質問としては、
飲酒運転する人の心境っていったい?
あと、こういう飲酒運転する友達が居たら皆さんどう説得しますか?
こういう記事を見せてみるのも手でしょうか

http://www.fnnc.org/drunk-driving.html(飲酒運転で人生が変わってしまった女性だそうです。飲酒運転していた奴の車に乗っていた?)
もしかしたら、不愉快に感じる方も居るかもしれませんのでそういう方は、クリックしないで下さい。

私の友達に、飲酒運転をしている人が居ます。

僕と、数人の友達しか知りませんが・・・・・・

もちろん、止めるように説得しました。。

本人曰く「俺は運転が上手いから大丈夫。」
また「飲酒して事故を起こすほどバカじゃないよ」
「酒飲んで運転した方が気分がいい」
と意味不明な返答ばっかりです。

もう、なんか不思議でしょうがないです。

飲酒運転する意味とかあるのか・・・・・・・

運転する時くらい飲酒しなくてもいいのではと思います。

しかし、最近は飲酒運転の人が凄い多い...続きを読む

Aベストアンサー

友人たちと話し合って「飲酒運転をするかぎりお前とは呑まない!」
と宣言してみては。実際その人と呑むのは危険ですよ。
事故おこしたらいっしょに呑んだ人も罪に問われます。

Q悲劇の定義を教えてください

大学の授業の課題でシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」に関するレポートを書いているのですが、悲劇の定義がよく分からないので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%B2%E5%8A%87

>単なるハッピーエンドに終わらない劇という以外、悲劇の厳密な定義はない。
>また同じ戯曲・演劇でも、時代・社会状況や、読む者・演じる者・観る者の
>主観によって、それが悲劇となるかそうではなくなるかが大きく異なってくる。

だそうです

Q飲酒運転は死刑にすべき

私は飲酒運転は死刑で良いと思うな。100%同情の余地なく故意だからね。終身刑とおっしゃられている方がいますが、彼らの衣食住、私たちからの税金ですからね?
サッサと死んでくれた方が誰も困らない!

後悔もしなくて良いし、犯人に苦痛を与え続けて生きててもらわなくても良い。サッサと死んでくれれば万々歳。

でも、そこで 会社の宴会で深酒して 次の日 二日酔いで車を運転中に軽微な事故を起こしても死刑になっちゃうと屁理屈を言う人もいるでしょう。

しかしながら、そもそも、次の日仕事なのに翌日にアルコールが残るほど飲んだりしませんよ。そんな理性のない人居ます?二日酔いで運転中に起こした事故でも「飲酒運転」と判断されたら、死刑だよね。だってアルコール残ってるって事でしょう?翌日も何も関係なく「アルコールが入ってる状態(規定数値以上)での運転」がすべてダメなんだから。

みなさんは 飲酒運転についてどう思いますか?

Aベストアンサー

裁くべきは罪であって、人ではない。故に死刑は必要ない。死なせたから死んでもらっていては、犯罪者も社会つまりは我々もどっちもどっち、変わらない…(集団で死なせる分社会の方がたちが悪い)

それよりも、人に死ね死ねと簡単に言えるあなたが信じられない。税金使われているってそもそもそういうことに使う目的での税金でしょう。税金はあなたのものではありません。国の(つまりは社会の)運営資金ですよ。

個人的には、逆に150歳になっても死ねないように全身延命措置を施してでも死なせた人の分、生きる苦しみを味わって欲しいと思うが…(こっちの方がよりたちが悪いかもだけど)

Q日本人によく知られている悲劇

急に気になったので伺います。
 「ロミオとジュリエット」のように、日本人の大半が題名を聞いて大まかなあらすじを思い浮かべることが出来る悲劇ってどんなのがありますか??
 私は学生なのですが、社会人の方は全員シェークスピアの四大悲劇を知っているものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 シェークスピアの4大悲劇は、たいていの人はそのタイトルを知っていると思います。しかし、内容を知っている人はあまりいないでしょうねぇ (^^;)。ただし、一般的に文学作品などはそういう物だと思います。タイトルは知っているけど中身は知らないというのはごく普通にある事でしょう。

 なお、日本人に馴染みの深い悲劇となると、「フランダースの犬」、「マッチ売りの少女」、「人魚姫」など童話、もしくは「野菊の墓」、「ある愛の詩」、「ビルマの竪琴」、「ひめゆりの塔」、「八甲田山死の彷徨」等、映画になった物が多いように思います。
 「忠臣蔵」は最後に見事に本懐を果たすので悲劇かどうかは微妙だと思いますが、「義経記」、「島原の乱」、「白虎隊」等はたいていの人が知っている歴史上の悲劇でしょうね。


人気Q&Aランキング