江戸時代、諸国の江戸藩邸では食べる米はどこのものだったのでしょうか?

領地で収穫した米を運ばせたのかしらと思いましたが、遠いと運送が大変そうだなあと感じますし、江戸で米を買うとなると高くつきそうに思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E5%8F%B0% …

実石高や人口推移に関しては 上記参照
宮城県の教育委員会の資料は、まぁ大雑把ではあります。

江戸時代全体で1600年ころ
人口 1800万人前後
石高 1800万石程度

http://homepage3.nifty.com/ksatake/fkunu1.html
17世紀の100年で、日本は結構な高度成長を遂げ、17世紀初頭で
人口 3000万人
石高 3000万石
で、成長が止まります。

30万石の廻米というのは 17世紀以降の江戸時代の経済体制の成長が止まってからの数字であると思われます。
※ 経済成長が止まって、こりゃうまくないなねぇというので、吉宗の頃から、人口統計やらいろいろと数字を取るようになります。
なので、江戸時代も 17世紀は、かなりの 当てずっぽうの数字になっています。

なので、補足の内容に関して正確に数字を当て込むことは不可能。
※ だれかが研究しているかも知れませんが、一素人が知っている範囲ではそうなる。

ただ
「一つは、60万石の仙台藩で年貢米のほかに農民から30万石も買い上げ」
17世紀の経済が一定の頃を想定すると


仙台藩の予算は
実石高 100万石
農村人口 50万人
非農村人口30万人
税制度 五公五民として

農村で消費される米50万石
仙台藩の中での税収50万石
そのうち 30万石を江戸に廻米して江戸藩邸資金とする
※ 江戸時代の各藩における、予算配分は江戸表と在地とで半々と言われているので、大筋江戸廻米30万石というのは妥当な数字だと思われます。

※ 仙台藩に残る米が70万石
80万人が 70万石の米を食っていたので、ちょっと米は足りないよ
という程度の米の消費だったかと推定される。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強になります。

補足質問にもお付き合いいただきありがとうございました。

新田開発ぶんが生きて実収百万石規模になるのは四代将軍家綱の頃でしょうかね。

仙台藩、廻米でネット検索したところ、宮城県の博物館サイトで、最盛期30万石と説明してあるのを見つけました。そこには、仙台藩の場合、廻米を江戸で売ると買い上げ費用の七倍の金額(安定的なのか、最盛期なのかは不明)になったと書いてました。

この江戸の米の値段の高さを考えると、領地から運び込むほうが経済的な藩がずいぶんあったように思いました。実際に運んだかは別として、廻米でネット検索すると仙台藩以外の情報も得られて興味深いです。

現状で回答を私の調べも加えてまとめると、江戸の米の値段はべらぼうに高かったので、いくつかの藩は運搬費用などの経費より経済的とみて持ち込んで食していたと推測され、仙台藩に至ってはさらにその上をいく発想で江戸に持ち込んだ米を売ってまでいた、というところのようですね。

お礼日時:2011/06/23 08:02

当該のURL資料は 宮城県の小学校高学年の指導



〔その2:宮城のお米が江戸のお米の3割を支えていた。〕
1632年から仙台藩のお米が江戸に出回るようになった。これを江戸廻米(かいまい)という。
仙台藩では人件費などの経費がかかるようになったため,藩内各地で農民からお米を買い上げ,そ
れを迫川,北上川,阿武隈川や日本で一番長い貞山運河の水運(船)を通じて集め,船で江戸に運
んで販売していた。その量は毎年30万石で,江戸の米全体(100万石)の3割を占め,5万両の収
入を得て,それを藩の運営に使っていた(資料Kを参照)。

資料K:貞山運河の歴史

東回りは 1671年

この回答への補足

勉強になります。

ご回答の提示情報でちょっと気になるのは、30万石の江戸廻米が1632年当時からなのかどうか。

一つは、60万石の仙台藩で年貢米のほかに農民から30万石も買い上げとなると、農民の元に米がほとんど残りそうにないので、実収がもっと増えてからではないかしら。

もう一つは、米一石は大人一人の年間消費量らしいので、江戸に集まった米が仙台藩からのを含めて100万石ぶんとなると、100万人規模の江戸人口が必要でしょうけれど、そう江戸の人口が増えるまでにはずいぶん早い時代に思えること。

補足日時:2011/06/17 22:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足質問への回答ありがとう。

お礼日時:2011/06/23 08:04

http://www.pref.miyagi.jp/kankyo-s/kankyokyoiku/ …
上記のP20 にあるように、江戸で必要な米100万石のうち30万石は仙台藩から移入されています。

この回答への補足

残念ながら提示ファイルを閲覧できない環境なので、提示ファイルに書いてあるのかもしれませんが、江戸時代のいつ頃のデータかわかるようなら教えてください。

河村瑞賢が東回り航路を開発する以前か以後か、江戸城堀工事など手伝い普請がある年かどうか、領地の飢饉との関係が仙台藩だと特に気になりますので。

補足日時:2011/06/16 10:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報源つきの回答ありがとう。

お礼日時:2011/06/23 08:05

米を江戸や大坂に持っていかないで何処で売るんですか?


自分の食いぶちも持ってくるだけでは…

ついでに言うと輸送の主体は船です

この回答への補足

ご回答の裏付けとなる情報源を教えてください。

補足日時:2011/06/16 10:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがと

お礼日時:2011/06/23 08:14

江戸に近い小藩なら


領地から米俵運んだりも、ありかもしれませんが、
大半の藩では、藩の蔵米委任している現地の米屋が
現地消費と、藩士の給与の裏付けとなる分、預かった残りを
大坂などに運び、大阪の蔵屋敷に廻米された米を売り払い現銀にして、江戸の藩邸に送金することになります。
大阪の両替商は手形を為替取組み契約を結んでいる江戸の両替商に送り、
同時に大名の江戸屋敷に送金為替をおくります。
江戸の両替商は大阪の両替商より受取った為替手形を江戸の問屋に呈示して、商品の代金を取立て、送金為替を受けた大名屋敷に支払うという寸法です。
こうして、大坂で売った米の代金を江戸藩邸の活動資金とし、江戸の米屋から買って食べます。

江戸には
・下り米問屋
大坂の米問屋と取引し、東海地方・北陸地方以西57ヶ国から船で運ばれた廻米を買い上げて米仲買に販売
・関東米穀三組問屋
・地廻米穀問屋
関東八州・奥羽からの米を扱う
・陸附米穀問屋
千住宿や板橋宿に集まる江戸近辺の農村部の米穀(納屋物)を扱う

など、各地からの米を扱う米問屋米穀商が多数あり、日本中の米が来ていました。
中には、回りまわって売られてきた故郷の米を食し懐かしむ江戸詰め藩士もいたかも\(^^;)...

この回答への補足

ご回答の裏付けとなる情報源を教えてください。

補足日時:2011/06/16 10:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

江戸時代の米問屋の知識ありがとう。

よく理解できなかった点をあげておきます。機会をみてあらためて質問投稿するかもしれません。

一 米問屋に米を売った金でわざわざ米を買って食べる利点がよくわかりませんでした。割高について損なのではと思います。

二 江戸に近い小藩を特別扱いにする理由がよくわかりませんでした。江戸に近いかどうかだけなら、大藩も同様に思います。食糧ぶんを除いた米を換金するかどうかに藩の大小で違いがあるのでしょうか。

三 江戸時代は長期間に渡りますが、いつ頃からこうなったという説明がないのは、家康の代からずっとかわりなくと考えていいのでしょうか。

お礼日時:2011/06/23 08:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽トラックで野菜や米を販売したい

軽トラックか2トン車ほどの車で米や野菜を隣の県(個人対象)に移動販売してみたいと思うのですが、何か許可等が必要でしょうか?
販売したいものは米と家庭菜園で作っている少しの野菜のみです。
食品を扱う関係の許可と他県に販売するための許可などありますか?
販売は月1回、米は200から300キロ程度(個人に1キロ単位で販売)の予定です。

Aベストアンサー

特別な許可は必要ありませんし、必要な免許は運転免許だけです。
米の販売には届け出が必要です。
野菜は問題無く販売できます。

http://www.pref.akita.lg.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1138689535178&SiteID=0

Q江戸時代の藩邸

江戸時代の藩邸の
上屋敷、中屋敷、下屋敷の
種別について詳しい方、教えてください。

なぜそんなに屋敷が必要なのか
その屋敷が数種類あると言う事は、何かしら使い道、
あるいはそれぞれの存在意義や使用方法の差があるのかと思いました。

ぜひお願いします。

Aベストアンサー

これなんか↓

http://www.uraken.net/rekishi/reki-nihon005.html

Q米販売に必要なこと

うちは精米機、米のカラーテスター、石とり機すべて
揃っており米を販売いたいのですが。

(1)1995年から食糧法で米を販売するには、「許可」から「登録」に緩和されたって聞いたのですが、本当ですか?

(2)それはどこへ行けば登録できるのですか?

(3)手続きに何日間くらいかかるのですか?

Aベストアンサー

米穀販売業の登録申請 ⇒ 秋田県の事例
http://www.pref.akita.jp/yamanou/kikaku/beikoku.htm

ほぼ同様の手続きと思われますが、開業地の都道府県の農林部等の担当窓口でご確認されるようお勧めします。

Q江戸時代の大名のお城、藩邸

江戸時代の大名には、数万石の小藩の大名から数十万石の大大名までいましたが、
地元のお城や江戸の藩邸は、石高によって、建物としての大きさや庭園などのお屋敷の格も、
相当な違いがあったのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
江戸の大名屋敷は当初こそ所領の大きさや大名の格などによる配慮はなされていませんでしたが、慶長・元和・寛永と年代を経るに従って徐々に再配置がおこなわれました。
特に幕閣の重臣や将軍の側近的な存在には優先的に江戸城付近の屋敷が与えられたようで(無論官邸的な役割も兼ねてのことですが)、基本的に幕命があればいつでも屋敷を移転しなければならなかったそうです。
寛永の頃は将軍がしばしば諸大名の屋敷を訪れたことも手伝って非常に作りが華美になっていきましたが、明暦の大火を境に大規模な再配置がおこなわれ、以後は華美な作りは禁じられていったようです。
大名屋敷の面積は元文三(1738)年の幕府規定によると一~二万石で二千五百坪、五~六万石で五千坪、十~十五万石で七千坪という基準だったそうですが、実際にはこれ以上に広大なものも多いです。
城は基本的に元和の一国一城令の後に残ったものをそのまま使っていたので、その規模と石高や大名の格がリンクしているかというと必ずしもそうではありませんが、城主大名が城のないところに国替えになった際などには稀ながら築城が認められることがあり、そういった場合にはやはり石高なども考慮されたようですし、身上の小さな大名が移ってきた為に城を破棄して陣屋を築くようなことはよくあったと聞きます。

こんにちは。
江戸の大名屋敷は当初こそ所領の大きさや大名の格などによる配慮はなされていませんでしたが、慶長・元和・寛永と年代を経るに従って徐々に再配置がおこなわれました。
特に幕閣の重臣や将軍の側近的な存在には優先的に江戸城付近の屋敷が与えられたようで(無論官邸的な役割も兼ねてのことですが)、基本的に幕命があればいつでも屋敷を移転しなければならなかったそうです。
寛永の頃は将軍がしばしば諸大名の屋敷を訪れたことも手伝って非常に作りが華美になっていきましたが、明暦の大火を境...続きを読む

Qアルファ米を普通ののお米のようにキロ単位で販売してる

アルファ米を普通ののお米のようにキロ単位で販売してる
所はないですか。  

Aベストアンサー

2kgならありましたよ
http://www.gmo-toku.jp/%E6%98%A5%E9%99%BD%E3%80%80%EF%BC%88%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E7%B1%B3%E3%80%80%E6%96%B0%E6%BD%9F%E7%94%A3%EF%BC%892kg%E3%80%80%E2%98%85/item/341937/

Q江戸時代は、欧米諸国から見れば「王政」ですか。

教科書等には江戸幕府は、武家による政権と書いてあります。
では、欧米諸国はどのように見ているのですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

kouki-koureisyaさん、こんんばんは。

そうですね。武士による封建社会であり、欧米では将軍を元首と認めていました。天皇はヨーロッパの法皇扱いでした。

詳細は下記のURLを参照ください。
江戸時代
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%99%82%E4%BB%A3

Qお米の販売計画中

農業の仲間でお米のネット販売(通販)を計画しています。お米は商標登録をしてブランド化をしようとも考えております。小さな力を大きな力にしていき村おこしをする計画で考えていますが、農家の生産したお米はどの程度の金額であれば購入していただけるのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。TONYといいます。「よろしくです」

日本人の主食【お米】「いいですねぇ~」(#^.^#)

母親が新潟生まれの新潟育ちで、
自分が生まれてから家でのお米は「コシヒカリ」でした。
1人暮らしを始めてからは、
お財布と相談しながら高めの「コシヒカリ」を買ったり、
完全無名のメチャ安「ブレンド米」などなど、
北は北海道から南は九州宮崎のお米までいろいろ食べてみました。
結果行き着いたところはやっぱり慣れ親しんだ【コシヒカリ】です。
ここ1、2年は【新潟長岡産コシヒカリ】を直接買っています。

完全なる通販での購入ではないので、質問者さんのお話の意図とは違うかもしれませんが・・・

ちなみにわたしならば精米したお米で、
『5Kg:3,500円』
ならば買うかな!って感じです。
しかしこの金額にはちょっと補足が・・・
⇒お試し的にまず食べてから、「おいしい」と思ったらこの価格で購入。
(ちなみに、今買っているコシヒカリはもっと安いです)

しかし味覚というのは人それぞれ違うので、
決してわたしが「おいしい」と言っても万人がそうではないと言うことと、
あくまでも今買っているお米のおいしさでの事なので、
いまのよりもおいしくないと思えばこの金額で次の購入は無いと思います。

ブランド化することも大切かと思いますが、
商標登録には時間とお金がかかります。
それをお米代金に上乗せできるぐらいのおいしさがあればプラスになりますが、
最初からブランド化を頭に入れていると、
なかなかいい売り方が出来ないこともあるので、
当然勉強済みだとは思いますが、
慎重に進めないといいモノも売れないとモッタイナイので!!(#^.^#)

ではでは素晴らしいお米がたくさんお方に食べてもらえるよう、がんばってください。

おいしい米出来たら食べてみたいです(*^_^*)

はじめまして。TONYといいます。「よろしくです」

日本人の主食【お米】「いいですねぇ~」(#^.^#)

母親が新潟生まれの新潟育ちで、
自分が生まれてから家でのお米は「コシヒカリ」でした。
1人暮らしを始めてからは、
お財布と相談しながら高めの「コシヒカリ」を買ったり、
完全無名のメチャ安「ブレンド米」などなど、
北は北海道から南は九州宮崎のお米までいろいろ食べてみました。
結果行き着いたところはやっぱり慣れ親しんだ【コシヒカリ】です。
ここ1、2年は【新潟長岡産コシヒカリ】を直接...続きを読む

Q江戸時代の中期まで、西洋諸国は日本を恐れていたのですか?

織田信長の時代から18世紀にかけて、数多くの西洋人が日本を訪れましたが、当時の彼らは日本を恐れて敬っていたように私は思うのですが、実際のところどうだったのでしょうか?

例えばスペインが全盛期の頃、豊臣秀吉や徳川将軍はキリスト教徒を何人も処刑しています。キリスト教徒の処刑など、植民地化のための絶好の口実を与えたようなものですが、スペインはなぜか何もしてきませんでした(抗議くらいはしたかもしれませんが)。これは日本を恐れていた証拠だと思います。

また、島原の乱でオランダは徳川幕府への忠誠を示すためか、幕府によるキリスト教徒の鎮圧に加勢しています。これは日本が海外での仏教・神道弾圧に加担するようなもので、オランダがいかに徳川幕府を恐れ、従うために何でもやったことを示しています。

それから、三浦按針をはじめとして西洋のそれなりの地位のある人で将軍や大名の臣下になった人が何人もおり、中には恭順を示すためにキリスト教を棄教えした人もいます。プライドの高い西洋人が日本の大名に従ったのは、日本人及び日本文化を敬っていた証拠です。勿論高山右近のように逆の例もいますが。

織田信長の時代から18世紀にかけて、数多くの西洋人が日本を訪れましたが、当時の彼らは日本を恐れて敬っていたように私は思うのですが、実際のところどうだったのでしょうか?

例えばスペインが全盛期の頃、豊臣秀吉や徳川将軍はキリスト教徒を何人も処刑しています。キリスト教徒の処刑など、植民地化のための絶好の口実を与えたようなものですが、スペインはなぜか何もしてきませんでした(抗議くらいはしたかもしれませんが)。これは日本を恐れていた証拠だと思います。

また、島原の乱でオランダは徳川...続きを読む

Aベストアンサー

別に日本が恐ろしいわけではなく、16~17世紀頃は大航海時代の初期の時代であり、世界にはまだ未開地の地が多かった。その未開地の地を開拓し植民都市とし始めたのがこの時代です。スペインがフィリピンを植民地としていたといっても、まだルソン島ぐらいなものでここは当時国家もなく、未開地の地に植民都市を築き上げただけです。現にフィリピンの南部はイスラムのスールー国家が存在し、征服できていませんでした。当時の西洋人のやり方は国家のない未開地を開拓し植民都市を築きあげるか、東洋の国家を支援しその国家の敵対する国家をともに撃退することにより恩賞として港等の租借を得それが年を下るにあたり自分の土地としたのです。その後、年が下るにいたり、未開地は開拓しつくすと今度は東洋の国々のうち国力が小さいところから征服しだすのです。よって当時日本や中国は軍事力や基礎学力等国力では西洋には及ばないが、西洋諸国が国を挙げて滅ぼすようなまねはできないです。そのようなことをすれば自分自身の軍事力を弱め、他の西洋諸国を利するだけとなるからです。それよりも、そのような国からは貿易により利潤を得た方がいいため、貿易を得るため東洋の国家の元首に敬うのは当然です。

別に日本が恐ろしいわけではなく、16~17世紀頃は大航海時代の初期の時代であり、世界にはまだ未開地の地が多かった。その未開地の地を開拓し植民都市とし始めたのがこの時代です。スペインがフィリピンを植民地としていたといっても、まだルソン島ぐらいなものでここは当時国家もなく、未開地の地に植民都市を築き上げただけです。現にフィリピンの南部はイスラムのスールー国家が存在し、征服できていませんでした。当時の西洋人のやり方は国家のない未開地を開拓し植民都市を築きあげるか、東洋の国家を支...続きを読む

Qモンゴルで販売されている一般的な米(白米)の価格

モンゴルで販売されている一般的な米(白米)の価格はいくらくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

ここには
http://blog.livedoor.jp/chachachiako/archives/31395750.html
> 韓国産やロシア産、中国産の米で1キロ当たり150円が相場です。
> 日本のお米は1キロ500円。およそ3倍の値段ですが。。。
と書いてある。

Aベストアンサー

田んぼは、どこもなかったので、百姓が開梱して田んぼにしていったのです。そして庄屋と呼ばれる地域の名主が、概ね持っていましたから、そこから借りて作っていたのですね。
小作人と呼ばれる人たちは、自分の田んぼを持っていなかったので、名主に利用料、そして藩には年貢という税金を払っていたのです。だから子供を売らないと生活ができないところがたくさんありました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報