ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

英語の教材でリスニングを行っています。

Hasn't it arrived yet?

「arrived yet」の部分を普通に発音すると「アライブドゥ イエット」だと思いますが、
教材では、私の耳には「アライブジャット」と聞こえます。

「arrived yet」の、ネイティブの発音を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「arrived yet」の、ネイティブの発音を教えてください。



ネイティブは音の連結の現象で下記のルールで発音します。

D+Y=J

従って、「arrived yet」の発音は「アライブジェット」となります。

アメリカ英語の「E」の発音は日本語の「エ」より口を大きく開き、両くちびるを左右に引きますから「ア」に近く聞えるので「アライブジャット」と聞こえる場合もあります。

D+Y=Jの他の例をあげますと

Did you~・・・「ディジュー」
Could you~・・・「クッジュー」
Would you~・・・「ウッジュー」
Handed yet~・・・「ハンディジェット」
Called yet~・・・「コールジェット」など動詞の過去形の~ed にYETが続けば全て「ジェット」になります。

そのたDの無声音のTも次にYがくるとT+Y=CHなります。

Not yet「ノット イエット」より「ナチェット」
Can’t you~ 「キャンチュー」
Don’t you~  「ドンチュー」
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても分かりやすい解説で、すごくためになりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 22:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「どこに行くの?」を英語に直すと?

こんにちは。
今日の質問は「これからどこに行く予定ですか?」を英訳する時
Where are you going?

Where are you going to?
なのか、いまいちしっくりきません。

昔ネイティブの先生に後者が正しいと言われて
自分の中ではWHEREは副詞の疑問詞だから
TOの意味があるのでTOはいらないと思っていたので
混乱してしまいました。
一体何のTOなのでしょうか?
わかりやすくお願いします。

Aベストアンサー

はい、Gです。

eliot55さんの
How about ~がHow do you think about ~の短縮だというのは???
です。なぜなら、「どう思いますか」は○What do you think about ~
が正しく、×How do you think about ~は正しくないからです。
(私が「正しくない」というのは、「使われない」という意味です)
How do you feel about ~は正しい言い方です。

について説明しますね。 なぜ、って、日本で教えている英語が、日本語に直されて教えられているから、問題があると言う事を示したいからです。

How do you とかくと、日本語では、どう~~しますか?と訳してしまうからなんですね。 それがどうした?って言っている人がいますね。

このhowが日本語では、曲者なんですね。 このhowはどのように、どの程度に、どんな風に、というフィーリングを聞いているんですね。 ですから、feelの場合はどんな風に感じますか?となるわけですね。 feelは何を感じるのではなく、どんな風に感じる。 だから、howを使うのです。

じゃ、thinkは?となりますね。 thinkとは考える、思うということで、どんな風に考えるかと言う考え方法を聞いているんじゃないんですね。 どんな風にではなく、何を考えますか、何も思いますか、何を思い浮かべますか?と言う頭の動作なんですね。 だから、whatになります。

ですから、もう少し煮詰めると、feelには感情を表す単語(副詞)やどのように感じるかの文章が来て、thinkには感情を表す副詞でなく程度をあらわす副詞、および、「何を」にあたる文章がくるわけです。

I feel sick today. I feel sad. I feel we are going to win today.

それに対し、thinkは
I'm thinking hard. I can't think any more. I think we are going to win today.

ちょっと待った!がかかりましたね。 We are going to win todayは同じじゃないか!となりますよね。

ちゃうんですね。(違うんですね)I feel we are going to win todayはそう体全体で感じるんですね、つまり、頭でそう思うし、第5感で感じるし、身震いもするわけです I think we are going to win todayは頭でそう思うだけなんです。 ちょっと、howとwhatの違いと言うより、feelとthinkの違いになってしまいましたが、ここで、eliot55さんのおっしゃった事にひとつだけ問題があるのです。 ごめんなさいね。

つまりHow about~の件です。 How about you?となるから、「How do you think about ~の短縮だというのは???です。」という正しいeliot55さんの答えになるのですが、ですが、なんですね。

これを、How about it? となると、eliot55さんの説明では間違いとなり、suckerさんの説明が正しくなり、本文はHow do you feel about itとなるわけです。 つまり、aboutの目的語が主語となるyouなのか、目的語となるitの違いで、元の本文が違ってくると言う事なのです。

つまり、両人を足して二つに分けた答えが回答となり、残念ながら、一人一人の回答では、説明不足となってしまいます。 ごめんなさい。

反論の反論と言う形をとってしまいましたが、一応これで、この件は解決と言う事でいかがでしょうか。

では、もう今日はねなくてはなりませんので。

Ciao for now!

はい、Gです。

eliot55さんの
How about ~がHow do you think about ~の短縮だというのは???
です。なぜなら、「どう思いますか」は○What do you think about ~
が正しく、×How do you think about ~は正しくないからです。
(私が「正しくない」というのは、「使われない」という意味です)
How do you feel about ~は正しい言い方です。

について説明しますね。 なぜ、って、日本で教えている英語が、日本語に直されて教えられているから、問題があると言う事を示したいからです。

H...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Qoften の発音

学校の先生は often を 「オーフン」と発音しますが、
外国人の先生は 「オフテン」と発音します

どちらが正しいのでしょうか。教えてください

Aベストアンサー

こんばんわ
英語ネイティブの人でもこのoftenのtを発音する人、しない人、どちらもいます

大きくわけるとBritishはtあり、Americanはtなしと大別されるのかもしれません
でもアメリカでも、特にNew England州など北東部の人は「tあり」で発音をします
そして、語尾のrの発音もしません
この点からいくと、New Englandの人たちの発音はBritshなのかというとそうでもないと思います

私はNew England出身の先生に2度教えてもらったことがあるのですが
母音の発音やアクセントのつけ方はやはりアメリカ英語だなと思いました

質問の方の先生はどこ出身なんでしょうか
訪ねてみるといいかもしれません
私はアメリカでこの発音をしているのは東海岸地域ということしか知らないのですが、他の地域でも「oftn」と発音している地域はあるかもしれませんね

歴史的には「tあり」のものが/t/が後に脱落して「オフン」になったものです
音韻的に言うと、/t/は/f/と/n/に挟まれた状態で発音されることになり、また次の音が/n/で/t/の舌の位置全く同じですので、/t/は発音されず、次の/n/に移行します(/oftn/→/ofn/)
だから/t/は発音されないことになります

ちょっと原理は違いますが、o'clock はもともとof clock だったというのはご存じですね
これもofの/v/が/f/になり、最終的には発音されなくなったわけです
「'」を使うのはその意味です(He'sもそうですよね)

歴史は詳しくないのですが、New Englandというとイギリスからアメリカに入植したもっとも古い地域です
現在そこに住む人らは、そういう歴史を非常に誇りに思っているでしょうね
であれば、昔の発音をそのまま残したいとか思うのではないでしょうか
New England出身の先生の発音は本当に「綺麗」でした
彼女の発音からは気品が感じられ、本当に美しい発音でした

たぶん/t/を発音するのは少数派だと思いますが、どこの出身の人というのを発音だけでわかるというのはおもしろいと思いませんか?

あ、ということで、どちらの発音もありです
どちらがいい悪いではなく、またどちらが新しい古いでもなく、単なるidentityの一つと言ってもいいでしょう
ちなみに、私も/t/は発音する方なんですが、早く話すと/t/が脱落することがしばしばです

こんばんわ
英語ネイティブの人でもこのoftenのtを発音する人、しない人、どちらもいます

大きくわけるとBritishはtあり、Americanはtなしと大別されるのかもしれません
でもアメリカでも、特にNew England州など北東部の人は「tあり」で発音をします
そして、語尾のrの発音もしません
この点からいくと、New Englandの人たちの発音はBritshなのかというとそうでもないと思います

私はNew England出身の先生に2度教えてもらったことがあるのですが
母音の発音やアクセントのつけ方はやはりアメリカ英語だなと思...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報