初めて一人暮らしをするため、祖父母の自宅の近くに越そうと思っています。
賃貸を探しています。
自分で住む所なので自分で探そうとしているのですが、
大手の不動産会社だとネット上には悪い評判がたくさん載っており、不安になってしまいました。
そこで、地元の不動産会社の方が良い、という記事を見つけたので探しているのですが、
なかなか見つかりません・・・

そこで質問したいのですが、どこかお勧めの不動産屋さんはありませんか?
経験者さんの回答があると心強いです。

立川市でなくても、大手の不動産会社でも良いです、教えてください!!
あと、「ここはやめておいたほうが良い」という不動産屋があったら
それだけでも良いので教えてください。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめまして!立川の不動産屋さんのオススメは、『立川不動産』さんです。


立川の駅から確か徒歩3~4分ぐらいの所にお店があります。

お2人でやられているお店ですが、とても親切に探してもらったり、案内の時もイロイロわがまま言っちゃいましたけど優しく応えてくれました(連桁付き8分音符)
私は、玉川上水から立川に引っ越しましたが、仲介手数料も半額でやってくれたのも嬉しかったです(*^o^*)
営業マンの方は若い方でしたけど、立川とか国立とか自称詳しいって言ってましたので、イロイロと相談もできるかと思います(*^o^*)
ホームページもあったので、見てみてはいかがでしょうか??

参考URL:http://tachikawa-fudousan.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
とても助かります。
参考にさせていただきます!!

お礼日時:2011/04/14 13:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃貸の部屋探しのときって不動産屋を何件くらい回りますか?

前回の引越し時に不動産屋を三軒まわって、わりと満足のいく部屋を見つけられたのですが、一般的には賃貸の部屋探しって何軒くらい不動産屋を回るものなのでしょう?

今回、一軒目の不動産屋で「別の店でも見てから決めたい」と言ったところ、「え?どうせどこの店も出てくる物件は同じですよ。この辺だと条件的に似たようなのしか出てこないですよ」とかなり渋られました(不動産屋の収入源を考えると気持ちはよく分かるのですが)。
私は部屋探しというのは何軒か不動産屋をまわって決めるのが普通だと思っていたので、今回の件で少し面食らってしまいました。部屋探しのときに何軒も不動産屋をまわるのってよくないんでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえず複数は回ったほうがいいと思います。
お店も相ですが担当した営業さんの対応やスキル次第でいい物件に合えるかどうかも決まります。そして彼らは人物鑑定もするので審査前に彼らが怪しいと思うといい物件でも審査が厳しそうな物件は紹介してくれません。
同じ物件があってもその店や担当者によっては紹介してくれたりくれなかったりします。

それに担当者次第であなたのお好みを見きってくれる人もいれば自分の好みを押し付けるだけの人もいます。
ですから接客が良くても怪しまれるといい物件にあえなかったりするので是非複数訪ねてみるといいと思います。
1番の方が言うように3件以上1件でも多く行くのが一番いいですが、もし2件目で紹介してくれる物件と相手の接客がよいのであればそこで決めるというのもありだと思います。

とりあえず基本は複数でなるべく同じチェーン店がかぶらないように別のグループや個人の不動産屋さんを当たるといいと思います。

Qお給料を減額してはいけない法律

お給料を減額してはいけない法律があると聞いたのですが何と言う法律でしょうか?(労働基準法?)

その法律があるから、東電の給料も中々下げられないと聞きました。
(実際下がってますけど)

そして、私もお給料(年収、基本給、正社員)が下がったのですが
これは法律に違反してるのでしょうか?
(仕事上のミスや悪い事はしていません)

Aベストアンサー

基本的には、労働者との合意、協定無しには賃金カット出来ません。

労働基準法
| (賃金の支払)
| 第24条
|  賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。~当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

労働契約法
| (労働契約の内容の変更)
| 第八条
|  労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。
| (就業規則による労働契約の内容の変更)
| 第九条
|  使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない。ただし、次条の場合は、この限りでない。


> そして、私もお給料(年収、基本給、正社員)が下がったのですが
> これは法律に違反してるのでしょうか?

上の労働契約法の「次条の場合」の、会社の経営が厳しくてやむを得ない場合なんかは、可能です。
賃金払ったけど、結果的に会社が倒産しましたって事だと本末転倒だし、そういう理由だと労基署なんかからも積極的に介入するのは難しいです。


法律違反以前に、労働組合なんかを通して、なんで賃金下げなきゃならないのか?会社の経営状況や資産状況は?誰の経営責任で、どういう責任の取り方をしたのか?とか、話し合いなんかして問題解決すべ器用な案件だと思います。
そういう請求を行ったが、会社から説明なんかが無いとかなら、不当な労働契約の変更だって話になるし。

あるいは、単に賃金減らす代わりに勤務時間を減らして休業手当なんかを支給し、休業手当に関して雇用調整助成金なんかを受ける、従業員の収入が減る分に関しては副業の許可を出すとか、そういう方向で解決すべきような話ですし。

基本的には、労働者との合意、協定無しには賃金カット出来ません。

労働基準法
| (賃金の支払)
| 第24条
|  賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。~当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

労働契約法
| (労働契約の内容の変更)
| 第八条
|  労働者及び使用者は、その合意によ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報