友人が、野島信司のドラマを人が死ぬことで涙をとるレベルの低いくだらないドラマだといいます。そんなにくだらないのでしょうか意見を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

私は全部は見ていないので、なんとも言えませんが、好きなもの、興味のないものが半々です。



だからといって、嫌いではありませんし、大好きなものと、よく分からないものがあります。

ただ、有名な作品のひとつである、「高校教師」は、あれは野島伸司さんでなければ描けなかったものだと思います。

一時「アダルトチルドレン」がブームのようになった頃、そのようなものをテーマにしたドラマをいくつか見ましたが、全く共感できないものもありました。というか、本質を表現していると感じるものがありませんでした。

ただ「高校教師」には、複雑な家庭環境とか、歪んだ価値観を持つ人間とか、逆に救いになる人物とかいろいろ、深いものが描かれていると感じました。

テレビドラマですから制限もあるでしょうし、好き嫌い分かれるのは当然だと思いますが、野島さんの台詞ひとつひとつが、野島ワールドというか、何かしら、後ろに重いものを抱えながら描かれていることが多いと思っています。明るい作品でも。

今放送されている「理想の息子」は、とりあえず見ていますが、恥ずかしながら、何が言いたいのか今のところ分かっていません。でも、何か奇妙な独特の世界を感じます。そういう意味では面白いです。

誰も死ななくても、見て良かったと思える作品もありますから、死で涙を取る脚本家ではないと、私は思います。個性が強すぎて好き嫌いが分かれるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

野島伸司の作品が苦手とか 嫌いと感じる人が 多いんですね。


私には そう感じることが出来ません。
きっと そう 人の本当の悲しみや 愛情 友情 そんな事より
日々の生活や もっと他に やる事があって そういったことに
考える時間を置くことのない人が 思うのかな。
心にあるモノがないと… 野島さんの作品を見ても チンプンカンプンなのかもしれません。 
きっと現実に 野島さんの作品の中で生きてるような人が 少なからずいると… 私は思います。
いじめに悩んでる子 そして その問題に 向き合ってる両親や周りの人たち。 
大切な人をなくしてしまった人。 障害を持った人が周りにいる人。
心に大きな傷があって その傷が大きくて 誰かの心の痛みも分かるような 人には くだらないのではなく…なんて悲しい問いかけのドラマなんだろう… こんな風にテレビで表現する人いるんだ…って
とらえる人もいると思います。
人の心は その人が経験したことのない物は 分からないと思うから。
病気で動けない人の気持ちは そんな経験がない人には 中々わからないのと一緒で…
きっと そのお友達は そんな風に 思ったことがないのでしょう…
あなたが そう思わないのであれば 感じたままを受け取れたらいいですね。
    • good
    • 1

確かに彼の脚本では必ずと言っていいぐらい誰か死にますよね。


だからと言ってそれで涙を誘おうとしているとは思えないです。
聖者の行進は行き過ぎな気もしますが、
割りとその時その時の問題をテーマにしているので
結構考えさせられますよね。
まぁ好き嫌いがはっきりする脚本家だとは思います。
    • good
    • 0

 彼の作品には必ず、人間の根幹に関する何かが秘められていると感じています。

現実の中に潜む人間の本質が。
 一貫して常に人間の愛をテーマにしているとさえ感じてしまいます。陳腐な恋愛ではなく。超越した愛。のようなモノを。

 ただ、それを忠実に野島ワールドとして再現する際に、テレビという媒体がすでにふさわしいモノではないのかもしれませんね。テレビが視聴率を必要とする限り、作品は純粋な作品ではなくなってしまう部分が多分にあり、その数字のことを考えながら自分の作品を殺さないで表現するというのは非常に難しい事だと思います。
 それをサラリとやってのけてしまう野島伸司はやはりすごいと思うのです。

 死ぬことで、涙をとる。 というのはあまりに短絡過ぎではないでしょうか。ちなみに作品を作る際に泣かせるコツみたいなものがあって、それは
何パターンかしか無いと聞きます。その何パターンしかないうちの1パター
ンを多用しているだけであり、彼が一貫して同じテーマを違う手法や
観点から描いているのであれば、(それが常に「死を通して」のテーマであれば)、同じパターンになるのはむしろ当然ではないでしょうか。
 それに、くだらないドラマだ。と言い放ったshiotayさんの友人さんも、そう言ったと言うことはドラマをとりあえず見たと言うことですよね。批判も含め、見るという行為が視聴率に直結しますので、大きな意味での野島ワールドにハマってしまったともとれないでしょうか(笑)。
 また、死ぬことで、涙をとる=低俗 ではなく
 死ぬことで涙をとる話が多い=野島節 というのはどうでしょう?
    • good
    • 0

>人が死ぬことで涙をとるレベルの低いくだらないドラマだ


は、あまりに表層的で、むしろ下らない意見だと感じます。
そういったある種のあざとさはと
それで賛否両論、話題を呼ぶことろまで含めて
野島伸司の上手さでもあると思います。
ドラマづくりの基本的な上手さもあると思います。
これについては下記URLをご覧になったほうがいいと思います。
下の方が書いているように
哲学的なニュアンスの込め方も上手いですよね。

ただし、その上手さの根底、人間的なレベルにおいて
私は個人的にひっかる部分があります。
野島伸司って、人の神経を逆撫でして喜んでいるような感じがありませんか?
過剰なほどの「くくさ」や「えげつなさ」や「無邪気さ」を提示しておいて
見る人を「イヤ~な気持ち」にしておいて
そのまま置き去りにしていくような・・・
質の悪いサディストというか・・・
私は、彼のドラマを見ると、いつもそんな感じが残ります。

個人的には嫌いな脚本家です。>って、何を偉そうに・・・
    • good
    • 0

見るもの次第といえば、それまでですが。

。。
たしかに「野島伸司」がブランドになってるのはホントです。テレビ局でも、野島伸司を呼ぶことが大事って考えてる人たち多いですし。。。特に偉い人たちのなかで。
まっそれはともかくとして。
野島伸司の本はとにかく哲学的。
日本テレビでオムニバス形式のドラマ。(あれが原因で竹之内豊は二度と日テレのドラマ出ないって言ってるらしいですが。。。)
あれなんかトコトン哲学ですよね。
嫌いじゃないんだけど。
面白いかどうかは、あとは演出の問題。
CXで売れ出したとき、「ひとつ屋根」とか、とにかく
「くさい」ドラマが多かった。でもその純粋さがかえってものすごく新鮮に感じられたから、野島伸司のドラマって当たったんだと思います。
でもそのどの作品でもど真ん中にドカンと彼なりの哲学の柱があるから、いいんだと思う。
(そういう意味ではSOSって「らしく」ないかも)
さらっとした恋愛ドラマは気楽で楽しいけれど、野島伸司の泥臭いドラマもありだと思うな。
1クールごとにかならずある、というのは疑問だけど。
    • good
    • 0

確かに、彼のドラマのレベルは落ちているでしょう。


死や、SEXシーンを使って、あからさまに数字を取ろうとする傾向にあります。
惚れたはれたの恋愛ドラマも、面白くありませんが、
今となっては、「野島伸治」という名前がブランドに
なっている。
そんな気がします。
個人的には、嫌いです。
    • good
    • 0

いろいろと考えさせられる内容のものが多いので下らないとは思いません。

泣けるようなところもそんなにないし(私の場合は、ですが)。ただ、私はあんまり好きじゃないです。

ちなみに「野島伸司」ですよ^^

しつれいしましたっ
    • good
    • 0

くだらないかどうかはそれを見る人の価値感だと思います。


個人的には好きではありません。
しかし、彼には彼独自の考え方があり、それがどの作品においても
一本の柱として筋が通っているからこそ視聴率も高いのだと思います。
彼のとりあげる作品は、どれも社会問題としてクローズアップされている
題材です。
昔から、社会問題に関心を持ち自分なりの考えを持ってきた私には
彼の作品は重過ぎますし、かえって暗くつらいものなので見たい作品ではありません。しかし、いつでもそうした問題を視聴者に投げかける氏の作品は一概に
「くだらないもの」として片づけられないものと思います。
以前、広末涼子・いしだ一成が出ていた障害者の話がありましたよね
あれもドラマになる前から知っていた事件でしたが、ほとんど忠実に再現された
ものと思えます。だからこそ見ててつらいのですが。

全く別の話ですが、北野武氏は一種のバイオレンス映画を作るさいに
「見ている側が『痛い』と思わせる映像でなければ意味がない。痛いことが
わkればやらないのだから。」と述べていました。
野島氏と北野氏が同じということではありませんが
何か通じるものがあるのではないでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんの意見を聞いて野島さんの作品には彼の哲学があるのですね。。自分は彼の作品が好きです(とくに金曜ドラマシリーズ……なのかな?)だからといって友人に勧める気もありません皆さんの意見のように賛否両論あるのだから。

お礼日時:2001/04/22 23:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいしだ壱成と石田純一の関係は?。

 石田純一といしだ壱成の関係は親子らしいのですが、どういう具体的にはどういう関係なんでしょうか?。

 石田純一さんはあまりテレビでも壱成さんの事には触れませんよね。大麻の関係もありますが、親子として触れてはいけないような空気があります。

 石田純一さんと誰の間に生まれた子なんでしょうか?。あと、いしだ壱成さんが芸能界にデビューする時は最初から石田純一さんのお子さんと公表してのデビューだったんでしょうか?。

Aベストアンサー

No1さんも仰っている通りで石田純一さんが大学生の
時の子供でその後結婚したそうですがその方とは
離婚しました。相手は一般の方です。
現在純一さんは50歳、壱成さんは30歳なので
純一さんが20歳の時の子供になりますよね。

それから元女優の松原千明さんと結婚しましたが
現在交際している長谷川理恵さんとの件で
また離婚してしまったようです。
松原さんとの間には女の子が一人いてその子は
松原さんが引き取ったみたいです。

いしだ壱成さんがデビューした時は石田純一の子供とは
公表はせずデビューしたと思います。
その後何かでわかってしまったのではないでしょうか?

もしもですが石田純一さんが長谷川理恵さんと
結婚されたら長谷川さんは壱成さんの子供の祖母
(もちろん義理ですが)になるんですよね。
長谷川さんはまだ31歳だし若いのに義理でも
おばあさんなんてと思ってしまいました。

大麻の事もあるので難しいでしょうがいしだ壱成さんは
役者としては才能あると思っていたのでこういった
状況になってしまってとても残念に思います。

No1さんも仰っている通りで石田純一さんが大学生の
時の子供でその後結婚したそうですがその方とは
離婚しました。相手は一般の方です。
現在純一さんは50歳、壱成さんは30歳なので
純一さんが20歳の時の子供になりますよね。

それから元女優の松原千明さんと結婚しましたが
現在交際している長谷川理恵さんとの件で
また離婚してしまったようです。
松原さんとの間には女の子が一人いてその子は
松原さんが引き取ったみたいです。

いしだ壱成さんがデビューした時は石田純一の子供とは
公表はせず...続きを読む

Q死ぬかと思ったというドラマの

ケース4の「お母さん」の最後が分かるかた、教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

最後の結末は・・・

お母さんと昔の思い出話をしていた娘は
兄からの電話ではっとする。
兄は『お母さんが死んだ』というのだ。
不思議に思い振り返るとそこには
さっきお母さんに貸したマフラーだけが残っていた。
信じられないままマンションに戻ると
管理人さんがあわてて娘の元へ駆け寄ってきた。
『今あんたの部屋から殺人犯が出てきて逮捕された』


そこで娘は全てを知った。
お母さんは娘を守るために娘の前に現れ、
今まで言いだせなかったことを伝えたのだ。と。



こんな感じで分かりますか?

Qプライドの作家、野島伸司って。

毎週大好きな~ドラマプライド楽しんでみてます。
プライドってドラマが大好きっていうより主演のキムタクのほうが好きって言うのが、
いいかもしれませんね~^^
まだ2話しか放送されてなかったけど、、
いっつも見ながら気になることがあります。
なって言うと、セリフ!
ってゆか野島伸司って作家はどんな人でしょうかね~
野島伸司さんの作品ってけっこう有名で評判もいいですよね~
でもプライドのセルフってけっこう「え~?」っていうほど意味のわかんない台詞がでたりするんじゃないですか。特にキムタクの台詞って早すぎるし、、
>0<
これも野島伸司の作品の特徴でしょうかー;

Aベストアンサー

最近のドラマはみてないのですが……

野島伸司は好きですね。
やれパクリだの何だのとたたかれたりもしましたが、
私はそうは思わなかったし、
彼の脚本は、やはりよくできていると思います。
ゴールデンボールは最後のほうだけみましたが、
最終回をみたとき「いやあ、野島脚本だなあ」と
思いました。
もう最後はこうなるだろう、というのがわかっているにも
かかわらず、それを逆手にとって
みせるみせる(笑)。みている人を、引き込むその手腕はすごいなあ、と。

Q海外ドラマと日本のドラマの差って?テレビ業界の構造自体が問題?業界人、ドラマに詳しい方ご意見お願いします

海外では、『24』『プリズンブレイク』『LOST』『CSI』・・・といった世界中に人気のあるドラマが、多数制作されています。

そういった海外ドラマを見た後、日本のどのドラマを見ると、明らかに“差“を感じます。

その理由を自分で調べたり、掲示板で意見を伺ったところ、

・視聴者より大手芸能プロダクションの顔色を伺っているために、演技経験の浅いタレント、モデルを使っているからドラマの質も下がる。

・漫画が原作のドラマが増えてきたが、あまりに漫画に頼りすぎ。

・漫画が原作のドラマでも成功しているドラマもあるが、あまりに原作の内容とかけ離れていたり、空回りしているドラマも少なくない?

・オリジナリティのあるドラマがめっきり少なくなった。

・ドラマのスポンサーに付く企業によって、ドラマのシナリオやセリフが変えられたりする事もあり、制作サイドが自由にドラマを作れない。(これはまあ普通か)

といった原因がある様です。(ザっと挙げただけですが)

ドラマの制作サイドに原因があるというより、日本のテレビ業界の構造自体に問題がある様に感じました。

そこでふと疑問に思ったのですが、最初に挙げた海外の名作ドラマ(『24』や『LOST』等)が制作されていく過程には、日本のテレビ業界の様な歪みはあまり無いのでしょうか?あまり無いからこそ、世界中でブームを巻き起こす様な人気ドラマが制作されていくのでしょうか?

また、日本のドラマが今より更に面白くなるには、どういった動きが必要なのでしょうか?そして、今後はどの様に変わっていくのでしょうか?

日本のテレビ業界にお勤めの方、業界に詳しい方に、そのあたりの事情や意見を伺いたいです。宜しくお願いします。

海外では、『24』『プリズンブレイク』『LOST』『CSI』・・・といった世界中に人気のあるドラマが、多数制作されています。

そういった海外ドラマを見た後、日本のどのドラマを見ると、明らかに“差“を感じます。

その理由を自分で調べたり、掲示板で意見を伺ったところ、

・視聴者より大手芸能プロダクションの顔色を伺っているために、演技経験の浅いタレント、モデルを使っているからドラマの質も下がる。

・漫画が原作のドラマが増えてきたが、あまりに漫画に頼りすぎ。

・漫画が原作の...続きを読む

Aベストアンサー

1年くらい前、24シーズンVのレンタル開始ごろに朝の番組、とくダネ!で、なぜ24が大人気なのかという特集がありました。その時に言ってたことです。詳しくは述べられないのですが・・
アメリカではドラマのシナリオとか脚本を書いた人たちが、テレビ番組制作会社にネタを持ち込んで、その大量のネタの中からおもしろそうなのを厳選して、それからドラマを作るそうです。でも放映後に評判が芳しくなかったり、視聴率があまりに悪かったりすると1話で打ち切りなんてこともあるそうです。そのような状況で人気が出たドラマだったら日本で知られてる作品はやっぱりおもしろくて当然という感じなんでしょうね。日本だとテレビ局の中にドラマ制作班があって、その中で「次はこのマンガ原作で作ろうよ~」とか話し合ったりして、アメリカよりはゆるい状況で制作してそうですよね。

Q野島伸司さん脚本ドラマ『49』について

昨年放送されていたドラマ『49』で、1話から最終話まで見てみて思った事ですが。
野島伸司さんらしくないというか、もっとドロドロしていて暗い感じかと思っていたんですが『人間・失格~たとえばぼくが死んだら~』の様な感じかと。

私は28で小学生の低学年の頃から野島さんのドラマは大体見て来ました。

・101回目のプロポーズ
・君が嘘をついた(これはCSの再放送で見ました)
・愛しあってるかい!(同上)
・すてきな片想い(同上)
・この世の果て(同上)
・リップスティック(同上)
・世紀末の詩(同上)(野島さんは21世紀には続編を作りたいと発言されていますが、未だ至っていないので見たい所ですが)
・ラブシャッフル(同上)
・薔薇のない花屋(同上)
・愛という名のもとに
・高校教師(93年・03年ともに見ましたが、私は93年の方が好きです)
・ひとつ屋根の下1・2
・未成年
・聖者の行進
家なき子1・2・劇場版(企画)
・あいくるしい(DVDで見ました)
・美しい人(同上)(もう一度こういう大人なドラマが見たい気もします)。
・GOLD
・シニカレ
・理想の息子
・49
・新・星の金貨(原案)
・星の金貨(これにも関与していた情報もある)

以上のドラマを見て来ましたが、90年代や2000年代前半とかと比べるとTV自体の規制もあるのかなぁとも思いますが・・・。
もっとドロドロな暗い感じでも良いのになと思ってみたり(見てる人によっても違うと思いますが)。
小説やドラマ版のノベライズ本なども読んだりしてます。

野島さんが脚本するドラマ等が好きな方や『49』を見た方はどう思いますか?

昨年放送されていたドラマ『49』で、1話から最終話まで見てみて思った事ですが。
野島伸司さんらしくないというか、もっとドロドロしていて暗い感じかと思っていたんですが『人間・失格~たとえばぼくが死んだら~』の様な感じかと。

私は28で小学生の低学年の頃から野島さんのドラマは大体見て来ました。

・101回目のプロポーズ
・君が嘘をついた(これはCSの再放送で見ました)
・愛しあってるかい!(同上)
・すてきな片想い(同上)
・この世の果て(同上)
・リップスティック(同上)
・世紀末の詩(...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。
反対意見を心広く受け止めてくださってありがとうございます。

私はそのレイプシーンや近親相姦を思わせるような部分がダメでした。また、ストーカーを思わせる部分がダメなのは、自分自身が実際に学生の頃にストーカーのような人に纏わりつかれた思い出があるからゾッとする、という自分側の理由があるのだと思います。だから星の金貨もダメでした。お願いだから諦めて、って思っちゃう。
『人間・失格』はストーリーに腹が立つのに加えて私の好きなS&Gの音楽が使われていたところがさらに嫌いだった要素かもしれません。
ただ、今見直したら、違う視点で見られるのかもしれませんね。

また、最初の頃のものは、ドロドロしてるのに救いがあまりないというか、救いはあっても登場人物の成長がなさそうな部分が好きになれませんでした。私はドロドロしてるドラマ自体は嫌いではないのですよ。「純と愛」が好きでしたから。登場人物にいろんなことが起こっても、それを学習して成長していってほしいのですけど、初期の人物たちって、あまり学習してなくてほしがるばっかりに思えてしまいました。

『49』も、状況としては十分ドロドロだと思いますが。主人公は父親の愛を実感せず、冷え切った家庭で学校でもさえない男で生きている意味を見出せないでいて死んでしまいたいと思っている。母親の代わりに離婚届を持って行ったら交通事故にあって死んでしまうのですから。その状況をユーモラスに表現して父親が子供と入れ替わることで親子が互いの心情を理解しあうって部分が私は好きです。
私は似たような状況の『パパとムスメの7日間』というドラマが好きだったのですが(父・舘ひろしとムスメガッキーが入れ替わる話)、これも入れ替わることによって互いの立場を知り、思いやり、成長するって話なのです。
『49』に戻って、同じように死んでしまいたいと思っているクラスメートを描いて今の高校生の閉塞感を描き、また、いじめを描くのにしても『人間失格』のような救いのなさではなくある種の解決方法を描いていると思います。また、家族の関係についてもかなり細かく書いているなあと思いました。
以前はドラマチックなあらすじだけで勝負をしていたように思うのですが、『理想の息子』や『49』はそれを見た私の心に暖かいものを残すプラスアルファ部分がいいなと思います。それに、チキンバスケッツやときめくと入れ替わる部分なんかは単純に楽しい。テニス部部分は少女漫画を見ているようです。

たいした回答じゃなくてすみません。
ただ「野島伸司」という人は、その名前が脚本にあると私にインパクトを与える人であり続けていると思います。同じくらいインパクトがあるのは古沢良太さんかな。リーガルハイ、見逃しちゃったけど。

No.4です。
反対意見を心広く受け止めてくださってありがとうございます。

私はそのレイプシーンや近親相姦を思わせるような部分がダメでした。また、ストーカーを思わせる部分がダメなのは、自分自身が実際に学生の頃にストーカーのような人に纏わりつかれた思い出があるからゾッとする、という自分側の理由があるのだと思います。だから星の金貨もダメでした。お願いだから諦めて、って思っちゃう。
『人間・失格』はストーリーに腹が立つのに加えて私の好きなS&Gの音楽が使われていたところがさらに嫌いだ...続きを読む

Q1リットルの涙の原作(実話)とドラマ

毎週、1リットルの涙を見てるんですが、今出てる出演者は皆、実話にも居るんでしょうか?
錦戸君の役は架空の人物だと以前聞いた事あるんですが、陣内さん、薬師丸さんの職業などは実話と同じでしょうか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

原作を2冊持っています(「1リットルの涙」と、母親の手記「いのちのハードル」)ので確認してみました。

母親はそのまま、保健婦ですね。
父親は保健所で食品などを検査する係だという記述がありましたので、
両親とも保健所勤務のようです。
また、次男の賢太郎君が実際にはいるようですが、ドラマでは出演していません。
三女の理加ちゃんもドラマでは若干年上に描かれているようです。
(亜也が17歳の時に3歳だという記述が原作には有り)

以上、今さっと読み返しただけですが。。。

Q野島伸司 世紀末の詩

世紀末の詩という竹野内豊主演のドラマを見たいのですが、東京都内でレンタルしている店を知ってる方教えてください。
見つからないので…お願いします!

Aベストアンサー

地元のTSUTAYAで見かけたことがあります。どこのTSUTAYAでもあるんじゃないでしょうか?

Q1リットルの涙 のように感動するドラマは?

韓国に住む友人が最近、1リットルの涙 というドラマをみて
非常に感動したそうです。私は見てないのでよくわからないのです
が、「これくらい感動できる日本のドラマを他に教えてほしい」
といわれました。皆様、このどらまのように感動して涙を流したドラマを教えて下さい。

Aベストアンサー

断然、「僕の生きる道」をおすすめします。
くさなぎさんが余命一年の高校教師役をしています。
さえない高校教師だったくさなぎさんですが、突然の死の宣告に、
残りの人生を悔いの無いように生きようとする話です。
くさなぎさんの演技もさることながら、周りの人たちの温かい支え方、そして
随所にちりばめられた数々の心にグサッと刺さる台詞たち、どれを取っても
非常に泣けます!

ちなみにそのクール、木村さんの「グッドラック!」も放送していたのですが、
それをおさえてテレビジョンドラマ大賞の最優秀作品に選ばれました!

Q逮捕者名の報道について

お世話になります。
表題の件で質問です。
過日、いしだ壱成が大麻取締法違反で逮捕されましたが新聞での報道の仕方がどうも釈然としません。
記事の冒頭で“いしだ壱成容疑者(26)=本名・星川一星=”と述べた後の記述は全て“いしだ容疑者”となっています。日経と読売を確認しましたが両社ともにこうなっています。検索エンジンで関連記事を探しても同じです。
何故“星川容疑者”としないのでしょうか?
“いしだ壱成”の方が皆にとって馴染みがあるからでしょうか?
私の意見では、冒頭で“星川一星容疑者(26)=俳優・いしだ壱成”として後の文中では“星川容疑者”と記するのが妥当だと考えるのですが。
たとえ冒頭で実名が書かれるとはいえ主文中に何度も繰り返される名前が芸名での報道というのはどうかと思ってしまいます。
まさか警察や検察の調書でも“いしだ被告”とかになっているのでしょうか?
結局何が納得いかないかというと・・・
芸名はあくまでその人の仕事上の名前なので事件などを犯した場合は上で書いたように実名をメインで報道するよう統一するのが容疑者にとっても一般人にとっても公平ではないのか?
という事です。
どなたか意見下されば嬉しいです。長々と申し訳ありませんでした。

お世話になります。
表題の件で質問です。
過日、いしだ壱成が大麻取締法違反で逮捕されましたが新聞での報道の仕方がどうも釈然としません。
記事の冒頭で“いしだ壱成容疑者(26)=本名・星川一星=”と述べた後の記述は全て“いしだ容疑者”となっています。日経と読売を確認しましたが両社ともにこうなっています。検索エンジンで関連記事を探しても同じです。
何故“星川容疑者”としないのでしょうか?
“いしだ壱成”の方が皆にとって馴染みがあるからでしょうか?
私の意見では、冒頭で“星川一星容疑者(26)=...続きを読む

Aベストアンサー

要は、わかりやすさを取っているだけだと思いますよ。
この例だと、星川容疑者と書かれるより、いしだ容疑者の方が実感が出てきますからね。
報道は刑罰じゃなくて、視聴者、読者に知らせるためだけに本来は存在するものなんですからね。
逆に、刑罰としてであれば、裁判で慶賀確定される前に行われるというのは非常にまずいわけで、報道被害を防ぐということであるならば、どんな犯人も(もちろん被害者も)全部匿名にするしかないです。

QNHKの大河ドラマはそんなにつまらないですか?

 最近2度ほど民法の番組でコメンテーターが

大河ドラマはもう面白い歴史場面をやりつくしたので

つまらないというのを聞きました。視聴率が低下して

いるグラフもみました。確かに昔から少し固い真面目な

作りなので日曜のゴールデンタイムに家族団らんでみるに

ふさわしくない(コメンテーター発言)のかもしれないけれど

現代、どれほど家族団らんでTVをみるのか疑問ですし、

僕自身は何十年も前からわくわくし色々と学びました。

最近でも『平清盛』や『八重の桜』は興味深いです。

 近年、NHKが視聴率アップを狙い、不倫礼賛ドラマを

連発しましたが、そんな下品な際物路線でなくやはり感銘を

うけるドラマを製作して欲しいのです。

 ご意見を頂戴したいです。

(1) 大河ドラマはつまらないか。

(2) 視聴率アップのために不倫礼賛のようなドラマを
 作るべきか。
 (記憶にあるのは『セカンドバージン』や『初恋』)

※ 決して道徳的あれ!なんてつまらないことを言う
 つもりじゃないのですよ。そうではなくて「初恋」の
 ようにヒロインが過去恋した男が避妊もせずに性交し
結果、彼女を捨てて留学、冷たい目の中で出産した
ヒロインと子どもを愛して結婚してくれた温和で誠実な
男を裏切り、ヒロインは初恋の彼と幸せそうに性交。
ヒロインが病死後、彼女の父親と、夫と不倫相手の男
の3人がしみじみと亡くなった女性を偲んでおだやかに
談笑するエンディング。
 元ネタはあったのでしょうけどこんなのありえない。
未だに腹立たしさが納まらないのです。

 失礼。上の件はあくまでも参考程度で(1)(2)お教え下さい。

 最近2度ほど民法の番組でコメンテーターが

大河ドラマはもう面白い歴史場面をやりつくしたので

つまらないというのを聞きました。視聴率が低下して

いるグラフもみました。確かに昔から少し固い真面目な

作りなので日曜のゴールデンタイムに家族団らんでみるに

ふさわしくない(コメンテーター発言)のかもしれないけれど

現代、どれほど家族団らんでTVをみるのか疑問ですし、

僕自身は何十年も前からわくわくし色々と学びました。

最近でも『平清盛』や『八重の桜』は興味深いです。

 近年、NHKが視聴...続きを読む

Aベストアンサー

最近はつまらないです

主演が若手俳優になっていまいちダメですね
昔は 津川雅彦 渡哲也 竹中直人など大御所クラスの俳優が主演でした
彼らは色々な演技に対応できるので演技に幅があり また自分がイメージする武将や人物のイメージにはまっていました
なので面白かったのです

なのに最近は 名前も知らないような若手俳優が宣伝のために主演を勤め 2流の演技力で台詞は棒読み
これじゃ視聴率なんて稼げません
来年もまた 岡田某が主演です 誰この人?

やっぱりジェームス三木氏(葵徳川三代の脚本)みたいに製作スタッフに意見を言える大物が関わらないとダメですね


朝の連続テレビ小説もそうです
昔は新人女優さんがこれに出てスターになっていく という感じだったのに
最近は売れちゃってる子がヒロインばっかりしてます


人気Q&Aランキング

おすすめ情報