最近の新聞記事などでは、kWとkWhを混同して使っているのはないでしょうか?前後の文脈から推測しています。エネルギーの単位には J を使ってください、とまでは言いませんが、正しい情報を国民に伝えるためにも、せめて単位については明確にしていただきたいと思います。さらに、「1500万キロワット」などの慣用表記ですが、「キロワット」も上記と同様に推測して、1500万キロはナンTだっけ、と換算しています(私の場合)。電力業界の方は感覚的・経験的に理解できるのだと思っています。このような表記が生まれたのはいつからのことなのでしょうか?どなたか、私の素朴な疑問にお応えいただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

確かに素朴なぎもんですね。



電力は電圧と電流を掛け算した
物であり時間の単位を含みます。
通常は時間単位を省略している
だけです。

電力量と普通に言う場合は計算
基準とする時間単位を決めてから
積算電力量を時間単位で表します。

KW/hでもKW/日でもKW/年も在るの
はこういう事です。文章内に基準
とする時間単位が在れば当然KWだ

けで十分に正確な表現です。これを
文章の読解力と言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>電力は電圧と電流を掛け算した
>物であり時間の単位を含みます。
仰るとおりだと思います。

良識のある方々から回答をいただきまして、感謝しています。
日常生活では、よく知られた単位と漢数字の組み合わせが使われています。私が知りたかったことは、「質問」に書きましたように、kW, kWhの慣用表記がいつから始まったのか?です。「遥か昔」であることは理解しました。皆様の貴重なお時間を無駄にしたくはないので、ここでご回答を絞め切らさせて頂きます。

皆様、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 21:44

まあ、記事を書いている連中の殆どは文系ですからね。

分かっていない人間が発表されたことを、ちゃんと理解せず、書いていますから。
私は電気関係の仕事していますから、そこらが間違っていても分かりますが。

しばらく混乱したのは、シーベルト(Sv)・シーベルト時(Svh)の違いですね。
この前も朝日新聞の見出しでひどいのがありました。
文は正確ではありませんが、「原発内の汚染水の放射能量、許容値の4倍」というように書いていました。たしか測定値が1Svhであって、今作業員の許容値250mSvの数値の4倍であることを見出しにしたようです。
記事にはちゃんと説明が有りましたが、少なくとも見出しを書いた人間はSvhとSvの区別が付いていませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

放射線に関する例えをいただきましたが、お礼を申し上げることは控えます。ご容赦ください。余談ですが、「重さ○○g」の表記を見ると、怒りを飛び越えて、「めまい」を感じます。日常生活に支障はありません...

お礼日時:2011/04/15 00:02

東京ドーム1試合で6000世帯の1日消費分


http://mainichi.jp/select/today/news/20110318k00 …
あるいはパチンコ業界の消費電力43万世帯分とか言っていた記事ですね。
http://alfalfalfa.com/archives/2825234.html

読売の方は記事にはちゃんとキロワット時と書いてありますが、
引用しているページはkWになっています。

たしかに、ちょっとkWとkWhの混同というか、電力と電力量の表現があいまいになっていますね。
よく注意して見聞きしないと、見方を誤ってしまいそうです。

おそらく、電力業界では万キロワット、キロワット時という表現が昔から使用されていたと思います。
メガとかギガの表記は、最近でこそHDD容量で多少なじみがでてきましたが、まだ一般的にはなじみがないと思われます。
そのため、メガやギガを新聞で書く場合は注釈がついているように思います。
普通の方には100万キロワットと表記した方がわかりやすいのでしょう。

もっとも100万キロワットがどの位かも、なかなかイメージできないとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の素朴な質問にご回答いただきまして、ありがとうございます。
>普通の方には100万キロワットと表記した方がわかりやすいのでしょう。
日本の教育レベルはこの程度なのか?と改めて感じました。

お礼日時:2011/04/14 23:13

電気(電子)関係の仕事に40年間ほど携わってきた者です。


電力(W)と電力使用量(Wh)は、遥か昔から使い分けてました。
新聞記事などでは、どのように混同してるのでしょうか?
少なくとも、私には混同してるとは感じません。
例えば、発電所の発電能力が100万kWとあれば、その発電能力は直ぐに理解出来ますから、電力供給量と電力需要量にkWを使うのは適切です。
電力使用量のkWhは、ご存知の通り1時間の電力消費量ですから、1kWhの電力量がどの程度なのかは瞬時に理解出来ます。
ご質問にある(J=ジュール)は、熱量として電熱器などには用いますが、電力の単位には不適当と思います。
また、100万kWを1GWのように表さないのは、kWの単位が浸透しきってるからと思います。
一般の人達は、k⇒M⇒G⇒T⇒P⇒E⇒Z⇒Yのように10^3毎に桁が上がっていく事は広く理解出来てないと思います。
しかし、k(キロ)なら小学生でも理解出来る単位です。
実際に、身近な電力料金もkWh当たり幾らで計算されてますから、遥か昔から慣用の単位とされてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。

>実際に、身近な電力料金もkWh当たり幾らで計算されてますか
>ら、遥か昔から慣用の単位とされてます。
理解しました。ありがとうございます。慣用単位は生き残るものと、そうでないものがあります。kW, kWhに漢数字を併用することは日本人にとって便利な一面があることは確かだと思います。

>新聞記事などでは、どのように混同してるのでしょうか?
新聞記事(複数)だったと記憶しているのですが、出典が探し出せていません。パブリックスペースであやふやなことを書くとマナー違反でしょうから、出典を探し出せた段階でご報告します。この意味では、私の質問もマナー違反だったかもしれません。

お礼日時:2011/04/13 19:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(1)三相3線式回路の抵抗値を求める問題で、線間電圧200V、線電流1

(1)三相3線式回路の抵抗値を求める問題で、線間電圧200V、線電流17.3Aの場合のRの抵抗値はいくらか?
また、(2)三相負荷で、8時間電力を使用した電力量が320kwhであった時、負荷の力率を80%として、電流計Aの読みはA?

解る方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

(1)Δ接続のときと、Y接続のときで、答えは同じだけど、計算が若干異なります。
線電流17.3Aは、10√3としたほうが計算が楽なので、そうします。

Δ接続の場合、
抵抗R=相電圧/相電流
   =(線間電圧/√3)/10√3
   =20Ω
Y接続の場合、
抵抗R=線間電圧/(線電流/√3)
  =200/(10√3/√3)
  =20Ω

(2)これは解けませんね。
電力量=電力×時間
電力=320kWh/8h
 =40kW
電力=√3電圧×電流×力率

電圧が分かりません。
(1)の抵抗でよければ、
電力=√3電流^2×抵抗×力率
電流^2=電力/(√3抵抗×力率)
   =40kW/(√3×20×0.8)
   ≒1443
電流=√1443
  ≒38A

Q【電力会社の火力発電の電力使用量が100%を超えても国民に電気を供給出来た本当の理由とは】 電力会社

【電力会社の火力発電の電力使用量が100%を超えても国民に電気を供給出来た本当の理由とは】

電力会社が原子力発電を全て停止して火力発電で全て賄えたのは火力発電のピーク時に火力発電の排熱を利用して動作する予備発電機としてガスタービン発電機の設備があったから使用電力量が100%になっても実は排熱を利用したサブ発電設備が裏で稼働していたのでインターネット上から国民が見れた電力使用量標準サイトのパーセンテージは100%を超えても供給量は実際には100%以上の発電量能力があったというオチだった。


で実際のところ、サブシステムのガスタービン発電の稼働率はどれくらいだったのでしょうか?

全国の原子力発電が全て停止されていたときのサブシステムのガスタービン発電稼働率を教えてください。

Aベストアンサー

・・・って言うか、サブシステムに限らず、そもそも定検中とか休眠中の発電装置まで含めたら、大手電力会社だけの生産能力(原発含む)でも、ピーク需要に対し200%くらいはあるんですよ。

原発抜きにしても、150~160%くらいかと。
その内、50~60%くらいが、定検などで止まっている結果、100%となるワケですが。
現在は売電事業者なども増加してるから、もうちょっと余裕があるでしょう。

ただ・・90%台とか100%前後の操業状態ってのは、いつ停電が発生してもおかしくない状態です。
たとえば定格10アンペアの電気器具でも、始動時はその数倍~十倍以上の電流(突入電流)が流れるので、数百アンペアも使用する大きな装置が一斉に始動したりすれば、高確率で停電します。

一方、我が国の電力供給は世界でも屈指に安定してて、産業界も民間も、ほとんど突発停電は想定していません。
すなわち、突然、大規模停電などが発生したら、どの様な事態が生じるか、想像できないのです。
大規模な突発停電により、死人が出ても、全く不思議ではありませんが、我が国はそれだけ電力に依存していると言うことです。

従い、電力会社が公表している100%とは、まず停電が起らない安定供給能力であって、「100%以上、供給できたじゃないか!」なんて言うのは、ちょっとお門違いではあります。

ある大手売電事業者の方から話を伺う機会がありましたが、「原発停止の直後、電力会社からの要請で、夏場に最大供給を行った際、90%台後半の発電を行ったが、薄氷を踏む様な思いだった」とのことでしたし。
電力会社も、定期点検の時期を遅らせるなどして、供給に必死だったことなども報道されていますが、定期点検を遅らせるのも、出力(発電量)が落ちる原因にもなるし・・。
安定供給量の100%を超えると言う事態は、かなりリスクがあります。

・・・って言うか、サブシステムに限らず、そもそも定検中とか休眠中の発電装置まで含めたら、大手電力会社だけの生産能力(原発含む)でも、ピーク需要に対し200%くらいはあるんですよ。

原発抜きにしても、150~160%くらいかと。
その内、50~60%くらいが、定検などで止まっている結果、100%となるワケですが。
現在は売電事業者なども増加してるから、もうちょっと余裕があるでしょう。

ただ・・90%台とか100%前後の操業状態ってのは、いつ停電が発生してもおかしくない状態です...続きを読む

Q交流回路の位相について教えて下さい 抵抗R、コイルの回路の電流、電圧の位相のベクトル図を書いたのです

交流回路の位相について教えて下さい
抵抗R、コイルの回路の電流、電圧の位相のベクトル図を書いたのですが合ってますか?それぞれ抵抗Rを基準とした電圧の位相、電流の位相、合わせた位相のベクトルです
電圧…抵抗に掛かる電圧よりコイルに掛かる電圧が90度遅れる
電流…抵抗に流れる電流よりコイルに流れる電流が90度遅れる
そのベクトル合成したものがそれぞれ回路に流れる電流、電圧で、合成した電流と電圧は同相

Aベストアンサー

R と L の直列回路だから, R を流れる電流と L を流れる電流は同じでないといけない. つまり
電流…抵抗に流れる電流よりコイルに流れる電流が90度遅れる
は間違っている.

あと, R にしろ L にしろ C にしろ基本的には
その素子の端子間電圧と流れる電流
の関係を理解すべき. その意味では
電圧…抵抗に掛かる電圧よりコイルに掛かる電圧が90度遅れる
もおかしい (「コイルにかかる電圧」の位相を考えるなら「コイルを流れる電流」と比較するのが基本).

Q1kWhの電力を発電するためには、油をどのくらい使うのでしょうか。

1kWhの電力を発電するためには、油をどのくらい使うのでしょうか。火力発電を前提で教えて頂けますか。
CO2排出量
電気 1kWhx0.38=
ガソリン リットルx2.32=
とあります。


地球温暖化が叫ばれる今日この頃ですが、
電力、ガソリンどちらのほうがCO2を多く排出しているのかを、知るために掲題の質問をしたのです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 質問から何が知りたいのかを以下のように読み取りました。

 火力発電を前提にと言うところがひっかかるのですが、CO2排出量のところで出している数値で、電気 1kWh×0.38 とかいった数値はどうも火力も原子力もその他の発電も含めた総合的なCO2の排出量を求めるのに使用する環境家計簿の排出係数に近いので、火力発電を前提にと言うところは無視して考えます。

 また、電力、ガソリンどちらのほうがCO2を多く排出しているのかを知るためとあるのでこれは電気自動車とガソリン自動車のようなものを比べてみるのが一つの回答かと思い以下のように考えました。

 まず、
1.一般家庭で電気でモーターを回し1kWhの出力を得るのにどれだけのCO2を排出するか
2.一般家庭でガソリンエンジンをまわし1kWhの出力を得るのにどれだけのCO2を排出するか
を求めます。

1.モーターの効率を 70%ととして
 0.38 kgCO2/kWh ÷ 0.7 = 0.54 kgCO2/kWh

2.ガソリンの発熱量を 35 MJ/L、
 ガソリンエンジンの効率を30%として
 2.3 kgCO2/L ÷ (35 MJ/L × 1/3.6 kWh/MJ × 0.3) = 0.79 kgCO2/kWh

と言うことになります。
モーター効率70%、エンジン効率30%はどんな使い方をするかでかなり変わると考えなければなりません。
(電気自動車は運転中の効率はあまり変わらないと思いますがバッテリーの充放電のロスをさらに10%ぐらい見込んでおく必要があるでしょう。
 ガソリン車は発進時などにかなり効率が下がると思います。さらに30%~50%位かそれ以上悪くなるんではないでしょうか。)

尚、平成11年度の環境家計簿には電力のCO2排出係数として 0.36 kgCO2/kWh、 ガソリンのCO2排出係数として 2.3 kgCO2/L と言う数値が出ています。
電力消費でCO2が排出されるのは発電所であり、火力発電が主な発生源ですが、数値は平成11年度の火力、原子力、その他の発電所の割合を反映しています。 当然、年度によって変わってきます。
ガソリンの発熱量 35 MJ/L はNo.3 foobar さんの紹介にあった「エネルギー源別標準発熱量表」からの値です。

 質問から何が知りたいのかを以下のように読み取りました。

 火力発電を前提にと言うところがひっかかるのですが、CO2排出量のところで出している数値で、電気 1kWh×0.38 とかいった数値はどうも火力も原子力もその他の発電も含めた総合的なCO2の排出量を求めるのに使用する環境家計簿の排出係数に近いので、火力発電を前提にと言うところは無視して考えます。

 また、電力、ガソリンどちらのほうがCO2を多く排出しているのかを知るためとあるのでこれは電気自動車とガソリン自動車のようなものを比べ...続きを読む

Q電気抵抗が小さい銅線に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法

電気抵抗が小さい銅線に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法


こんにちは、
下記を教えてください。
電気抵抗が小さい金属に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法


こんにちは、
下記を教えてください。
1.銅線等の電気抵抗が小さい金属に、図のように変圧器を通して、数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加することは可能でしょうか?
2.この図のR2には、実際に数十GVの高電圧、数mAの微小電流が印加されているのでしょうか?この図のL3を削除したら、急に電圧が下がります。やはりR2には高電圧は印加されていないのでしょうね?
3.この図のL3には、実際に数十GVの高電圧、数mAの微小電流が印加されていると思います。銅線をコイル状にすれば、数十GVの高電圧が印加されるのでしょうか?
4.この方法以外に、銅線等の電気抵抗が小さい金属に、この図のように変圧器を通して、数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加することは可能でしょうか?
5.銅線等の電気抵抗が小さい金属に、変圧器を通さないで、数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加することは可能でしょうか?直接、印加すれば可能でしょうね?

コイルL1,L2,L3の抵抗は0.1オームです。

電気抵抗が小さい銅線に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法


こんにちは、
下記を教えてください。
電気抵抗が小さい金属に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法


こんにちは、
下記を教えてください。
1.銅線等の電気抵抗が小さい金属に、図のように変圧器を通して、数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加することは可能でしょうか?
2.この図のR2には、実際に数十GVの高電圧、数mAの微小電流が印加されているのでしょうか?この図のL3を削除したら、急に電圧が下がります。やはり...続きを読む

Aベストアンサー

直流電圧に対して低抵抗
交流、インパルスに対して高インピーダンス
を実現するだけならリアクトルでいい。

ただし、
大電圧に対して高抵抗、高インピーダンス
って条件が厳しい。
これは電流路を物理的に遮断することと一緒。
回路保護が目的なら、逆に大電圧で低インピーダンスになるバリスタとかを並列に挿入する。

Q太陽光発電4kwh設備で1年になぜ4500kwh

1年に4500KWHと記載があります。
http://www.sharp.co.jp/sunvista/okurimono/index.html

365日で割ると12KWHになります。

1日で12KWH?

4KWH設備なのに??

たったそれだけ?

何か勘違いしていますでしょうか?

Aベストアンサー

http://omsolar.jp/info/weather.html
日照時間に関しては 上記参照

熱と半導体
微小空間ではP-N接合部分は化学反応を起こしておりますので、温度によって変わります
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E9%9B%BB%E6%B1%A0#.E5.9B.9E.E8.B7.AF.E9.83.A8.E5.93.81.E3.81.A8.E3.81.97.E3.81.A6.E3.81.AE.E5.8B.95.E4.BD.9C

温度関数ですので、夏と冬で変わります

Q一定電圧を供給する充電機を使った場合の電流と抵抗の関係

USBはDC5Vの一定電圧を供給してくれますので、USB充電機を
改造して、いろんなことに使ってみようと思っています。
ただ、電流は装置上、最大値が決まっています。
今、使おうとしている充電機に内蔵のスイッチングレギュレータは1.5Aが上限というものです。

この場合、以下のようなことをするとどのようになるのでしょうか?

(1)3.33オームの抵抗をつないで電流を測定
 この場合は E=IR から 5=I×3.33 I=1.5
 充電機の最大電流が測定できると思っています。
 この考えは正しいのでしょうか?

(2)2.5オームの抵抗をつないで電流を測定
 この場合、式では 5=I×2.5 I=2
 ただし、充電機は1.5Aが上限です。そうすると固定値は
 抵抗と電流の値になりますから、電圧が下がらざるを得ない?
 E=1.5×2.5 E=3.75
 でもUSB充電機は5V一定に出力すると思っています。
 この場合はどのようになるのでしょうか?
 USB充電機の電圧が強制的に下がり、装置に負担がかかるのでしょうか?

USBはDC5Vの一定電圧を供給してくれますので、USB充電機を
改造して、いろんなことに使ってみようと思っています。
ただ、電流は装置上、最大値が決まっています。
今、使おうとしている充電機に内蔵のスイッチングレギュレータは1.5Aが上限というものです。

この場合、以下のようなことをするとどのようになるのでしょうか?

(1)3.33オームの抵抗をつないで電流を測定
 この場合は E=IR から 5=I×3.33 I=1.5
 充電機の最大電流が測定できると思っています。
 この考えは正しいのでしょうか?
...続きを読む

Aベストアンサー

電源側の回路構成にもよりますが、保護回路が入っている場合、
定格を超えた電流を取りだそうとした場合、保護回路によって出力電圧は0Vになります。

保護回路が無い場合は、電源の能力を超える電流を取りだそうとした場合は、電圧が下がっていくことになります。

> 2Aは流れたけれども、電圧降下が起こって5Vを供給できなかった、と考えるのが普通なのですね。

いや、おそらく2Aも流れていないでしょう。
「5Vで2Aが流れる機器」は、「抵抗2.5Ω」に相当しますが、
2.5Ωの抵抗を繋いだ場合、オームの法則的に、
5Vより低い電圧では、流れる電流は2Aよりも小さくなります。

例えば、電圧が4.5Vに下がれば、流れる電流は1.8Aになります。

> ただし、充電機は1.5Aが上限です。そうすると固定値は
>  抵抗と電流の値になりますから、電圧が下がらざるを得ない?

スイッチング電源は(効率を抜きにすれば)「電力(=電圧×電流)」は一定のまま「電圧を下げ、電流を増やす」ような回路です。
その上で、負荷変動に対し電圧が一定になるように制御をかけています。

おおざっぱな計算というか推測になりますが、
「5Vで1.5Aを取り出せる電源」は、「7.5Wの電力供給能力がある」と言えるでしょう。
7.5W電源に2.5Ωを繋ぐと、「電圧が4.3V・電流が1.7Aで、電力7.5W」といった感じになるのではないかと。

あとは、使用したい機器次第ですが、
電子回路系の機器は、そもそも「電圧が5Vより下がった」時点でまったく動作しなくなるものがそれなりに多いと思います。

電源側の回路構成にもよりますが、保護回路が入っている場合、
定格を超えた電流を取りだそうとした場合、保護回路によって出力電圧は0Vになります。

保護回路が無い場合は、電源の能力を超える電流を取りだそうとした場合は、電圧が下がっていくことになります。

> 2Aは流れたけれども、電圧降下が起こって5Vを供給できなかった、と考えるのが普通なのですね。

いや、おそらく2Aも流れていないでしょう。
「5Vで2Aが流れる機器」は、「抵抗2.5Ω」に相当しますが、
2.5Ωの抵抗を繋いだ場合、オームの...続きを読む

Q電力と電力量について

御世話になります。
5kwの機器を1時間使用した場合は5kwhと言う事になるのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

正解です。
5 kW を 30分間使えば 2.5 kWH、2時間使えば 10 kWH ということです。
ついでに言えば、10秒間なら 50 kWS (キロワット・秒)、2分間なら 10 kWM (キロワット・分) です。

つまり、「電力」は 1秒間に消費する電気量、それに時間の要素をかけ算したのが「電力量」ということです。

Q抵抗に電流を加えると電圧発生?

抵抗に電流を加えると電圧が発生すると
聞いた事があるのですが
電流は電圧を加えてはじめて、流れると思うの
ですが、違うのでしょうか

Aベストアンサー

電流、電圧、抵抗の関係は良く水の流れに例えられます。
ある水路を考えたとして、その流量(1秒間に流れる水の量)が電流、水路の落差が電圧、水路の細さが抵抗、と考えれば分かりやすいかも知れません。
もし、ある決まった流量(電流)を水路(回路)に流したいと思えば、水路の傾きを調節して目的流量にする必要があります。その目的流量(電流)にするための水路の落差(電圧)は、流量と水路の細さ(抵抗)の積で決まるわけです。
逆に、ある決まった落差(電圧)で水路に水を流せば、その流量(電流)は落差を水路の細さ(抵抗)で割った値になるという関係に有ります。
つまり、電圧と電流のどちらに注目して回路を設計or測定するかという違いで、文章表現としては「電圧を加える」になるか「電流を流す」になるだけの話で、水路の流量と落差を分離できないように電流と電圧も分離は出来ません。
ただし無限に大きい抵抗、例えばコンデンサーに直流電源をつないだ場合など、に電圧を加えれば電流は流れませんから、電圧だけがかかった回路は作れます。
また、その逆にゼロ抵抗(超伝導状態の導体や、短くて太い導線もほぼゼロ抵抗と見なせます)に電流を流せば電圧はかかりませんから、電圧のかからない電流だけが流れる回路を組むことは可能です。

電流、電圧、抵抗の関係は良く水の流れに例えられます。
ある水路を考えたとして、その流量(1秒間に流れる水の量)が電流、水路の落差が電圧、水路の細さが抵抗、と考えれば分かりやすいかも知れません。
もし、ある決まった流量(電流)を水路(回路)に流したいと思えば、水路の傾きを調節して目的流量にする必要があります。その目的流量(電流)にするための水路の落差(電圧)は、流量と水路の細さ(抵抗)の積で決まるわけです。
逆に、ある決まった落差(電圧)で水路に水を流せば、その流量(電流)...続きを読む

Q関西電力電力供給力(揚水発電量)

関電でんき予報揚水発電量について、関電の需給検証委員会への今夏揚水発電量は、220~250万kwですが、でんき予報では、なぜ448万kwも確保できるのでしょうか?
電力関係の方、説明お願いします。
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120423/shiryo3-2-5-5.pdf (関電報告徴収)
揚水発電量以外の供給力・・・7月:2235万kw 8月:2303万kw
でんき予報7月15日
自社 原子力          118万kW
火力              1,140万kW
水力               279万kW
揚水              448万kW
地熱・太陽光           0万kW
他社受電           530万kW
うち、融通 (他社からの受電) 110万kW
 - 中部電力から        58万kW
 - 北陸電力から       18万kW
 - 中国電力から        35万Kw
(他社への送電)         0万kW
合計               2,514万kW
でんき予報7月16日
自社 原子力           118万kW
火力               1,240万kW
水力                278万kW
揚水                448万kW
地熱・太陽光            0万kW
他社受電             604万kW
うち、融通 (他社からの受電) 124万kW
 - 中部電力から         58万kW
 - 北陸電力から         18万kW
 - 中国電力から         49万kW
(他社への送電           0万kW
合計                2,687万kW

関電でんき予報揚水発電量について、関電の需給検証委員会への今夏揚水発電量は、220~250万kwですが、でんき予報では、なぜ448万kwも確保できるのでしょうか?
電力関係の方、説明お願いします。
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120423/shiryo3-2-5-5.pdf (関電報告徴収)
揚水発電量以外の供給力・・・7月:2235万kw 8月:2303万kw
でんき予報7月15日
自社 原子力          118万kW
火力              1,140万kW
水力         ...続きを読む

Aベストアンサー

揚水に要する時間は発電の3割増し位の時間がかかります。
夜間、需要が減って、揚水できる時間が8時間とすれば、昼間にフル運転で発電可能な時間は6時間ほどになります。
出力を半分にすれば、同じ揚水量でも発電時間を長くできます。
運転の仕方によって、設備容量と発電出力に差が出ます。


人気Q&Aランキング