小学校1.2年生のプールでの授業中,1名が水死しました。

授業は,4人の先生が120名の生徒を一緒にプール入れ,水泳の授業をしていたのですが,一名が水死しました。
このような場合,学校の先生に責任があるでしょうか。
あるとすれば,どんな過失責任があるか教えて下さい。

このような事故の刑事裁判例があれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 刑法上の業務上過失致死傷だけではなく、国家賠償法上の賠償責任も発生すると思います。


 国家賠償法第1条では、公権力の行使に当たる公務員が職務を行うについて、故意又は過失により違法に他人に損害を与えた場合、国又は公共団体は賠償せよとしています。
 まず、学校教育活動は公権力の行使の一つとされています(最判昭62・2・6判時1232・100、公立学校における体育時間中の教師の教育活動を公権力の行使とした判例)。
 次に、刑法上の業務上の一つに、直接自分が危険行為を行わなくても他人の生命・身体を危険から守る立場の者の行為も含むという考えがあります。
 過失については同じ判例において、「学校の教師は、危険を伴う技術を指導するときは、事故の発生を防止するために十分な措置を取るべき」としています。
 ご質問のケースでは、授業中の事故ですし、小学1・2年生に対しては注意義務が重く必要とされます。そのため、業務上過失致死傷罪、国家賠償法上の賠償義務が生じると思います。なお、亡くなられた児童のそのときの様子(おぼれる振りなどしてふざけていた等)など状況がわかりませんので一概に言えませんが、場合によっては罪が軽くなると思います。
    • good
    • 0

過失責任があるか、またどの程度の過失割合なのか文面から判断する事は難しいですが、同じような事例、判例はあります。


下記のサイトなど参考にして下さい。
ただ、私は訴訟が最善の道とは思えません。

参考URL:http://www.toyama-smenet.or.jp/~tomiho/suishi.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

木澤進様
裁判例がないか図書館等で調べたのですが,見つからなかったので困っていました。
ご指導頂き有り難う御座いました。

アドレス  siro0024@qa2.so-net.ne.jp

お礼日時:2001/04/22 18:24

人一人の命が絶たれているわけですから、なにもお咎めなしという訳にはいかないと思います。

 子供を亡くされたご両親の心情を考えてみてください。
罪状は「業務上過失致死」にとなると思います。
さて、過失責任の度合いについては、警察・検察とも現場検証や取り調べということになると思います。
生徒120名に対し教師4名で妥当なのかどうか(私は妥当だと思いますが、30名/1名ですから)、これが妥当ではなかったとなると校長の管理責任まで及ぶと思います。その生徒は水泳が出来たのか? その時の先生の配置、その生徒がプールに入った状況(生徒どうしの悪ふざけで落とされたとか、先生が落としたとか、授業で普通に入っていた(この場合、なぜ先生の監視下にいなかったのか))、蘇生をしたのかとか、いろいろ根ほり葉ほり聞かれると思います。(先生・生徒とも)それに寄って書類送検ですむのか、留置されるのかは裁判官の判断ということになると思います。補償問題も出てくると思いますし
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かい適切なご指導有り難うございます。
参考にして解決したいと思います。

アドレス siro0024@qa2.so-net.ne.jp

お礼日時:2001/04/22 20:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日揮は業務上過失致死罪が適用されますよね?

日揮は業務上過失致死罪が適用されますよね?

今回の日揮という大手プラント会社にしても、他の海外へ進出している日系企業にしても、あまりにもリスク管理が甘すぎますよね。今回の事件は、企業側もなんだか被害者ヅラしていますが、これは明らかに企業側に業務上過失致死罪が適用されますね。
安全を怠ったことを他者に転嫁しようともそうはいかないですよ。企業が100%悪い。


日揮は業務上過失致死罪が適用されますよね?
もしされないなら、その理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

>日揮は業務上過失致死罪が適用されますよね?

適用されません。

>もしされないなら、その理由を教えて下さい。

国外には日本の主権が及びませんので、国外で起きた事件に日本の法律を適用する事が出来ません。

>安全を怠ったことを他者に転嫁しようともそうはいかないですよ。企業が100%悪い。

本当に?

「仮に」の話ですが「アルジェリア政府が、工場の保安要員の人数を制限していたり、武装を許可していなかった」としたら?

もしかしたら、企業側が「それじゃ危険だから保安要員を増やして武装させろ」と要求していたのに、アルジェリア政府が「保安は我が国の軍隊に任せろ」って言って、要求を突っぱねてたかも知れませんよ?

もし「アルジェリアの法律によって、一般企業の保安要員が武装するのを禁じていた」としたら?

そういう裏事情が一切無かったって事を確認して、企業側が「アルジェリアの法律に基いた、必要な安全確保をしてなかった」ってんなら、企業側が100%悪いって言えるけど、質問者さんは、それを確認しましたか?

繰り返しますが、仮に「企業が100%悪い」としても、国外で起きた事なんで、日本の法律は適用出来ません。

出来るのは「遺族が日本国内で企業を相手取って民事裁判を起こす」くらいです。日本の裁判所で民事訴訟を起こせば、訴訟の原因が海外で起きた事であっても「日本の民法」に従って裁判が行われますからね。

>日揮は業務上過失致死罪が適用されますよね?

適用されません。

>もしされないなら、その理由を教えて下さい。

国外には日本の主権が及びませんので、国外で起きた事件に日本の法律を適用する事が出来ません。

>安全を怠ったことを他者に転嫁しようともそうはいかないですよ。企業が100%悪い。

本当に?

「仮に」の話ですが「アルジェリア政府が、工場の保安要員の人数を制限していたり、武装を許可していなかった」としたら?

もしかしたら、企業側が「それじゃ危険だから保安要員を増やして武装させ...続きを読む

Q公立学校の先生が著作権法に触れる授業をしたとき。

 学校や教育現場での複写について、著作権法第35条で許されている範囲がありますが、なんでもかんでもOKだと勘違いしている方も多いようです。
もし先生が授業の中で著作権法に触れることをしてしまい、訴えられてしまったと仮定します(問題集の大量コピーとか)。
 罰則について記載されている著作権法第124条では、法人の代表者(法人格を有しない社団又は財団の管理人を含む。)又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を、その人に対して各本条の罰金刑を科する。 (引用)とありますが、公立の学校は法人ではないですよね。
 最近は学校も「週案」の提出が義務づけられているところが多いようで、生徒に配布するプリントもあらかじめ管理職に提示してチェックを受けてから授業に臨んでいるといいます。
 ふと考えるに、公立学校の先生がやったこととはいえ法人の罰則規定が適用されるような気がするのですが、いかがでしょうか。またその場合、責任は校長先生までなのか、その先生の所属する教育委員会までなのか疑問です。よろしくお願いします。

 学校や教育現場での複写について、著作権法第35条で許されている範囲がありますが、なんでもかんでもOKだと勘違いしている方も多いようです。
もし先生が授業の中で著作権法に触れることをしてしまい、訴えられてしまったと仮定します(問題集の大量コピーとか)。
 罰則について記載されている著作権法第124条では、法人の代表者(法人格を有しない社団又は財団の管理人を含む。)又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為...続きを読む

Aベストアンサー

 公立の学校自体は法人ではありませんが,その学校を設置運営している地方自治体は法人ですので,法人に対する罰則規定は,自治体に適用されるんじゃないでしょうか。(全く自信はありませんが)

Qいじめ自殺は業務上過失致死?

いじめ自殺は業務上過失致死じゃないんですか?

Aベストアンサー

えーーっとまずその主体は教師がということですよね?
こちらの元弁護士さんの言葉によれば「業務上過失致死罪の成立は荒唐無稽な話ではない」という見解のようです。
http://www.yabelab.net/blog/2006/10/15-235249.php
あくまでも"荒唐無稽では無い"なんでやっぱりちょっと突拍子が無い主張ではあると思います。

業務上過失の適用は、よくある事例だったら、体育や部活の際の事故とかいわゆる当然の注意義務違反ということになるわけですが、自殺に至るような深刻ないじめを教師が見逃していたという指摘は可能かと言われればそれは可能だと思います。実際の裁判になれば、どこまで深刻だったかが争点になるかと思います。

でここで問題になるのはどこまで教師が、あるいは学校側が監視するのかという話になるわけで。ある程度の集団ができればそこの派閥はできるし、多少のいざこざはあって当然ですし、これは別に学校に限らずそうです。今回話題になっているいじめ自殺の件は教師が率先してからかっていた?とか、学校側の言い分が二転三転しているとかで話題にはなっていますが、肝心のいじめの内容については、深刻さの内容はあまり伝わってきません。教育問題でテレビで議論になる際によく現場教師からとかからの発言が出ますが、最近の子供は簡単に自殺という道を選ぶなんて言われていますし、まるで"あてつけ"のように自殺している例すらあると私には思えます。
つまり少々の摩擦でも簡単に死んじゃう生まれたての小鳥のような彼らを自殺しないように見守るのが教師や学校の当然の義務とするならば、所謂"管理教育"をもっと徹底すべきですという結論に至ってしまうわけなんです。クラスの派閥は解消、当てこすりや口げんかすら絶対に許さない、恋愛なんて最も許されるべきではないですよね。傷つきやすい彼らは大切に大切に見守っていかないとちょっとしたことですぐに死んでしまうわけなんですから。まるで"たまごっち"のようです。
片や一方では子供の権利条約とか言って彼らを大人扱いすべきなんて議論もあるわけで、なかなか一朝一夕はいかない問題だと思います。

えーーっとまずその主体は教師がということですよね?
こちらの元弁護士さんの言葉によれば「業務上過失致死罪の成立は荒唐無稽な話ではない」という見解のようです。
http://www.yabelab.net/blog/2006/10/15-235249.php
あくまでも"荒唐無稽では無い"なんでやっぱりちょっと突拍子が無い主張ではあると思います。

業務上過失の適用は、よくある事例だったら、体育や部活の際の事故とかいわゆる当然の注意義務違反ということになるわけですが、自殺に至るような深刻ないじめを教師が見逃していたという指摘...続きを読む

Q昨夏小学校5年の子どもが臨海学校で、先生が別の生徒と遊んでいる最中、先

昨夏小学校5年の子どもが臨海学校で、先生が別の生徒と遊んでいる最中、先生から投げられた生徒に当たり、目を傷つけ、前歯(永久歯)を折ってしまいました。臨海学校中に近辺の歯科で樹脂で歯をつくり、目の手当てもしました。帰ってきてから地元の眼科と歯科に通い今では落ち着いています。臨海学校を請け負った旅行会社の保険で治療費と、お見舞金が出ました。先日地元の役所でやっている法律相談で聞いたところ慰謝料も保険会社に請求できると聞き、保険会社に連絡しましたら請求できますと回答がありました。こちらからの保険会社に請求する金額はどのような計算をすれば良いのでしょうか?治療期間や通院期間に対して日当をかけたような計算でしょうか?その日当の基準はいかほどとしたらよいでしょうか?こちらから請求内容をまとめ送らないとなりません。金額イメージ、計算方法等アドバイスくださいませ。よろっしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

最低ラインだと、交通事故の場合の慰謝料の基準、
・総通院期間
・実通院日数×2
いずれか少ない方×4,200円
とか。

後遺症があるのなら、そういうのを考慮する場合もありますが。

Q業務上過失致死の刑期

 業務上過失致死で逮捕された場合は刑期の必要はあるのでしょうか?。

Aベストアンサー

弁護士です
質問の趣旨がいまいちわかりませんが・・・
業務上過失致死で一番多いのが交通死亡事故ですね。

最近は,裁判所も交通死亡事故については厳しい判断を下します。

被害者の遺族が加害者を許していなかったり,
無保険で賠償がなされていなかったり,
事故態様が悪質な場合は

実刑(刑務所に行く)になる可能性は十分にあります

Q交通事故の過失の立証責任

交通事故における過失の立証責任
先日、交通事故の当事者になってしまいました。
相手側は過失を全面的に認めており、相手側の保険会社を含めて相手側の過失が大きいことについては異議はありません。
問題は、私に過失があったかどうかなのですが、私は接触前に停止しており、過失はないことを主張しています。が、相手の保険会社は私にも過失があったと主張しています。
民事においては証明は被害者側が行わなくてはならないらしいのですが、この場合、私の過失の立証責任は相手側(の保険会社)にあると考えてよいのでしょうか。

この質問には直接関係しないとは思いますが、私側の保険会社100:0を主張し、私も同意していますので私側の保険会社は動いていません。

Aベストアンサー

>民事においては証明は被害者側が行わなくてはならない

必ずしもそうではありません。
民事事件の立証責任は原告にあります。
被害者が原告で、加害者を被告として損害賠償請求訴訟ならば被害者に立証責任があります。
今回の場合は、keiba_eigo さんは被害者のようですが、加害者は、ほぼ過失を認めておきながら、「私にも過失があったと主張しています。」と云うことですから、
keiba_eigo さんが原告として損害賠償請求する場合は「原告は停止していたにも拘わらず被告の一方的な過失により原告に損害を与えた。」と云うような主張と立証すればいいです。
その裁判の中で「原告にも過失があった」と云うならば、被告側で原告の過失を証明しなくてはならないです。
例えば、「停止していなかった。停止しておれば、それほどの損害にはならなかった。」と云うような主張をして、キズの軌跡などで証明すべきです。
以上で、これは訴訟内のことですが、訴訟外でも同じです。

Q業務上過失致死って?

仕事をしているときでないのに、業務上過失致死という名称が使われることがありますがどうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

別に人を殺すつもりではなく、日常のありふれたことをしていたのだけれども、本人に責めのある不注意で人を殺してしまったって感じがしっくり来ると思います。

参考URL:http://www.takaoka.ac.jp/zatsugaku/041/kobayashi03.htm

Qプール事故でバイト監視員の責任は問われるのですか?

埼玉県で女の子がプールの給水口に吸い込まれて亡くなった事故がありましたが、このプールを管理する立場の管理会社や市が責任を問われるのは当然ですが、こういう場合は現場にいた監視員のバイトも何らかの責任を問われるのでしょうか?

高校生のバイトのようですが、人が亡くなった現場で監視員をしていたということであれば、本人の精神的な負担もかなり大きいのかと思いますが、さらに法的な責任まで負わされるのでしょうか?
それとも未成年のバイトであればそこまで責任は問われないのでしょうか?

ニュースでは管理会社や市の責任を問う報道ばかりですが、実際に現場にいたバイト君は大変な状態ではないかと思い気になります。

Aベストアンサー

これが、高校生では無い成人フリーターだったら
会社責任を全て押し付けられてってパターンでしょうか?

今回の場合
監視員(高校生)の教育内容もかなりズサンだったようですので
まったくお咎め無しではすまないでしょうけど・・・

監視員の管理責任者か教育担当者辺りが
”責任”をとる形に進むのでは?
企業が責任を取る事が稀で担当者が責を受けますよね・・・

Q過労死と業務上過失致死

業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪を言いますが
なぜこの法律が過労死に対して適用されないのかわかりません。

過労で人は死んでしまうことは事実です。
つまり過度な長時間労働は人を死に至らしめる行為です。
かつ、労働者の安全は配慮されなければいけないはずです。

この二つのことから経営者もしくは管理職が従業員に対して過度な長時間労働を強いるのは
従業員の安全を無視しています。
マネージメント業務をする上での重大な注意不足なはずです。

なら過労死をさせた経営者や上司は業務上過失致死罪に問われるべきはずです。
なのになぜ逮捕されないのですか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律構成としては、業務上過失致死罪は構成しますよ。
ただ、立件までに至ることはほとんどなく、民事的解決を要求する事例が多いだけです。

逮捕というのは、証拠隠滅、逃亡の怖れがある場合ですから、過労死で業務上過失致死傷罪で逮捕というケースはまずないでしょう。

実際の捜査でどれほど会社の内情にメスが入れられるかどうかです。
誰しも自己保身に走るので、満足な捜査結果が得られないことは容易に想像できます。

従って、結局の所送検は見送り、あとは民事でやって下さいとなるのが現状でしょう。

Q明かな水死の場合、警察の検死時間の目安は?

知人のお子さんが水死した際、ずいぶん長い時間検死に時間を取られたと言っていました。あと事情聴取(お子さんが知的障害を抱えており、家族らによる他殺と考えたのかもしれません)も結構な時間だったそうです。

通常(ケースバイケースでしょうが…)明かな水死の場合の検死はどれくらいの時間が必要なのでしょうか?
そもそも、事故死はすべて検死が必要なのですか?
ご存じの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

ここでお尋ねする質問でない場合はすいません。ここの回答者さんが一番適切かなぁと思い質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 うちの祖母も風呂場で死んでいたので検死があったのですが…

 まず、明らかな水死との事ですが、発見者の主観では「風呂場で死んでいたんだから…」「海でおぼれたんだから…」とゆう理由で水死が明らかだと『思い込んでいる』だけで、実際に調べて見なければ本当の死因は分かりません。法的な死亡報告書は誰かの「主観」で書く事はできず、あくまでも客観的な事実で無ければなりません。

 だから、家族の側からすると「明らかな水死を何時までも調べている…」と感じるだけで、不審な点が無い限り1時間程度で検死は終了したのでは無いでしょうか?

 「両親の殺害を疑う…」とゆうのも、その方や周りの人の考えすぎで、警察はあくまでも周囲の状況と死体から何があったのかを判断するので、それなりに時間はかかります(何かあった事を見つけるのは一瞬ですが、何も無い事を証明するのは、それこそ手がかりさえ何も無いので、普通は時間がかかるのです)。ただし、確かに不真面目な医師や警官による「思い込みの」検死、捜査も無いではなく、むしろ短時間で警察が引き上げる事のほうが問題です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報