質問させていただきます。

当方、危険物乙種の資格取得に努めているものですが基礎化学・物理の説明で

液体は、常時表面から液体を蒸発をしている。。なぜなら、飽和水蒸気量というものがあるため。
しかし、熱を加えて液温を高めるとある一定の所から温度変化が止まる。この状態になったとき液体内部からも蒸発が起こる。これを沸騰という。


という説明がありました。



液体は常時表面から蒸発をしている。というのはある程度理解はできます。(コップの水を放置してるだけで時間がたつと水位が減る。など)

ですが沸騰の液体内部から蒸発が起きるという現象を理解できません。(身近にそうゆう現象を観たことがないので。)

どなたか身近な現象で内部からの蒸発を教えていただけないでしょうか。


よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ガラスの器(例えばコーヒーサイフォンなど)に水を入れて火に掛けたとき、表面から以外にも液体内部から気泡が発生している状態を見たことがありませんか?この時の状態は水という液体の内部で水蒸気という気体が発生している状態ですね。

すなわち液体内部からも蒸発が起こっている=沸騰です。

この状態になると水にあたられた熱エネルギーは、液体から気体への相変化のために使われることになり、液体の温度は一定から上昇しない現象がおきます。これを沸点といいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど^@^w


液体内部に発生する気泡が水蒸気になった水だったんですね!!!

通りでおかしいと思ってました∀≦

解決いたしました。

ありがとうございますッ^@^

お礼日時:2011/04/13 15:36

鍋に水を入れて火にかければいいような気がする.

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング