質問させていただきます。

当方、危険物乙種の資格取得に努めているものですが基礎化学・物理の説明で

液体は、常時表面から液体を蒸発をしている。。なぜなら、飽和水蒸気量というものがあるため。
しかし、熱を加えて液温を高めるとある一定の所から温度変化が止まる。この状態になったとき液体内部からも蒸発が起こる。これを沸騰という。


という説明がありました。



液体は常時表面から蒸発をしている。というのはある程度理解はできます。(コップの水を放置してるだけで時間がたつと水位が減る。など)

ですが沸騰の液体内部から蒸発が起きるという現象を理解できません。(身近にそうゆう現象を観たことがないので。)

どなたか身近な現象で内部からの蒸発を教えていただけないでしょうか。


よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ガラスの器(例えばコーヒーサイフォンなど)に水を入れて火に掛けたとき、表面から以外にも液体内部から気泡が発生している状態を見たことがありませんか?この時の状態は水という液体の内部で水蒸気という気体が発生している状態ですね。

すなわち液体内部からも蒸発が起こっている=沸騰です。

この状態になると水にあたられた熱エネルギーは、液体から気体への相変化のために使われることになり、液体の温度は一定から上昇しない現象がおきます。これを沸点といいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど^@^w


液体内部に発生する気泡が水蒸気になった水だったんですね!!!

通りでおかしいと思ってました∀≦

解決いたしました。

ありがとうございますッ^@^

お礼日時:2011/04/13 15:36

鍋に水を入れて火にかければいいような気がする.

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個体が液体へなることを、「液状化」という言葉で表現

とあるファンタジー小説で、
「○○は体を液状化させて、倉庫の中へ侵入した」
という一文がありました。
これはつまり、人間の体がドロドロの液体になってしまった、
という意味なのですが、こういう時に「液状化」という言葉を
使うのは自然なことでしょうか。

というのも、辞書で調べたら、「液状化現象」というのは
砂などの中に水分が混じった状態のことを指すようで、
今回の例のように個体が液体に変わるときに使うのは
幾分不自然かな、と感じるのですが、どうでしょうか。

もちろん、小説ですから表現は自由ですし、意味は伝わるので
それで問題ないのですが、日本語に詳しい方から見て、
何となく違和感を覚えるとか、そういうことはないでしょうか。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 現在のように、地震に伴って起きる現象として、「液状化」が広く認知されている場合は、私も違和感を覚えます。ただ、「液状化」は、そういう災害の場合に限らず、「液体の状態に変わる(化ける)」というのが本来の意味ですから、問題はないでしょう。

 それから、表題と質問文の中で気になったのですが、「個体」ではなく、「固体」ですよ。字が間違っています。

Q水(PVA溶液)の蒸発温度【おねがいします】

水の沸点を下げることってできますか?
(PVA溶液から水を蒸発させてPVAを取り出したいのですが、沸点を下げたいです。)
気圧を下げたりとかで環境を変化させるのではなく、化学的な手法で
何かを添加したり、混合溶媒(有毒な有機溶媒でないほうが良い)にしたり、という方法であれば教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

(ちょっと脱線ですが)共沸の性質を使うのですか?
別に共沸濃度まで濃くしなくても沸点は十分に下がると思います。
何でもいいと思いますよ。
水より沸点が低いものであれば、ある程度混ぜれば沸点は下がります。
(共沸にする必要はありません。エタノール水系の共沸点は96%ぐらいですよ)
エタノールでも、メタノールでも、アセトンでも。。。
PVAに影響が無いものであればなんでも。
手間はかかりますが、加えては飛ばし、加えては飛ばしを繰り返してみてください。
これで水は飛ぶと思います(どのくらいの水分が許されるのかは分りませんが)。
でどうでしょう。

Q水の液体のときと氷の時の構造モデルの画像

水が
液体の時と個体の時構造モデルを探しています。

液体の場合
水素結合を行ってひしめき合っていることがわかる画像をお願いします!

個体の場合
水素結合を行い、結晶を作って、分子同士の間隔が広いことがわかる画像を探しています!

両方の写真を見比べたとき
はっきりわかるものがいいです!

写真が貼ってあるURLを書いてもらってもかまいません!

どうかよろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

この辺なにを言っているのかまったくわかりません><
>疎水結合
 とっても中の良い女の子の集団に入ってやろうと思っても、割り込む隙もない。結局、男の子だけが集まってしまう。
>電解質が水に溶けてしまう
 水は強く分極しているので電荷をもつイオンの周りにひきつけられて取り囲んでしまう。そして水でコーティングされた塊をつくって水に溶ける。
>水を気化させるために膨大な熱量がいる
 分子間に働く引力に打つ勝だけの熱(エネルギー)ょ与えないと

このように、すべて水素結合と位置関係が変化していないことを示しているのですよ。

>すべて水素結合と位置関係が変化していないことを示しているのですよ。
>この場合の位置関係というのはどういう意味ですか??

この場合は酸素原子と酸素原子が水素原子を仲立ちとして引き合っているという位置関係


>この水素結合のために分子間に隙間があるのです。そこに水分子自体もごく一部ですが落ち込んでしまう。
 これは個体の場合だけですか??
 固体は落ち込まない。液体のとき

>メタノールやエタノールが水に溶けて体積が減るのも、この隙間にアルキル基がはまり込むからです。
体積が減るのですね・・・。知りませんでした。

>アルキル基?? それってなんですか??
エタノール
   H  H
   |  |
 H-C - C - OH
   |  |
   H  H
アルキル基 →こちらは水と同じ形
 アルカンの ⇒一価の置換基をアルキル基( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%AB%E5%9F%BA )

この辺なにを言っているのかまったくわかりません><
>疎水結合
 とっても中の良い女の子の集団に入ってやろうと思っても、割り込む隙もない。結局、男の子だけが集まってしまう。
>電解質が水に溶けてしまう
 水は強く分極しているので電荷をもつイオンの周りにひきつけられて取り囲んでしまう。そして水でコーティングされた塊をつくって水に溶ける。
>水を気化させるために膨大な熱量がいる
 分子間に働く引力に打つ勝だけの熱(エネルギー)ょ与えないと

このように、すべて水素結合と位置関係が変化し...続きを読む

Q沸点と蒸発エンタルピーから蒸発エントロピーを求める方法がわかりません。

沸点と蒸発エンタルピーから蒸発エントロピーを求める方法はありますか?参考書を何冊か読んだのですが特に参考になるものが見つかりませんでした…。
ちなみに僕が調べているのはクロロホルムについてです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ΔG=ΔH-TΔS

Qガスが個体に固まること

よろしくお願いします。

沸騰した液体が気化してその後冷却され個体になることをなんと言いますか?

Aベストアンサー

「凝固(ぎょうこ)」です。

Q乙種危険物取扱者

乙種危険物取扱者を難易度順にあげるとどうなりますか?

尚、すでに乙種第4類を取得していることを前提とします。

乙1ですか?それとも、乙2?3?5?6?

回答、よろしくお願いします。(個人的なご意見でも、十分です。)

Aベストアンサー

4類を持っているなら、試験の免除があるので、あとは危険物の種類が少ないほうから。覚えることが少ないので難易度は、容易になる。

と言いたいところですが、受験者の経験なども大いに関係するので、なんとも言えない。

ただ、質問の内容からすると、1から6類まで全て取ろうとしているのかな?
経験ゼロだとすると6<2<3=5<1の順で危険物の種類が変わるので、このような順位となると思う。
今までも、4類がどうしても取得できない奴をたくさん見てきた。その時の逃げの取得方法として、6類を最初に受けさせる。(法令・物理化学を免除可能にして、火災予防・消火だけにして、合格しやすくした。)これを見ても、6類が一番取り易いと思う。

乙全部持てば、甲種と同じことになるが、甲にはそれなりの威厳がある。(仕事をする上では全く関係ないのであるが。)

甲種危険物を取ったほうがいいと思いますが。

Q気体を圧縮したら液体になりますよね?

気体を圧縮したら液体になりますよね?
でも圧力を上げたら温度も上がるんですよね…?
低温になると液体や個体に変化するはずなのに、どうして温度が上がって液体になるんでしょうか。
また、圧力が上がって温度が上がる理由を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。たしかにNo.1&3様が御指摘の通りですね。数値からみると普通は断熱圧縮での温度の上がりによる圧上昇が、その温度上昇での平衡蒸気圧上昇に負けるので、液化は非常に厳しいですね。数値にあたるのをうっかりしておりました。

その可能性を求めるとするとTfとTiの差は大きくないのにTf/Tiが大きい(つまり低温)、そして凝縮熱ΔHが小さいもの、ということです。ここでHeが考えられます。
低温すぎて扱いに問題があるかというと10^(-6)Kに対応するkTでも10^16の量子状態がその幅にあるので古典的に取り扱えます。
-268.9℃での凝縮のエンタルピー変化はΔH=-84 J/molです。
これで、4.22 K(沸点)から5 Kへの変化を考えます。
ここでγ=5/3≒1.667で、γ/(γ-1)=2.5です。
断熱圧縮では
Pf=[(Tf/Ti)^(γ/(γ-1))]*Pi=(5/4.22)^2.5Pi=1.528*Pi...(1)
となります。
一方平衡蒸気圧の上昇は、
Pf'/Pf=exp(ΔH/R(1/Tf-1/Ti)=exp(-(84/8.314)(1/5-1/4.22))=1.452
すなわち
Pf'=1.452Pi'...(2)
です。やっと平衡蒸気圧の上昇の係数が断熱圧縮の係数よりも小さくなってくれました。そこでもしPiを0.99Pi'(飽和蒸気圧の99%)とします。この時(1)より
Pf=1.528*0.99Pi'=1.512Pi'...(3)
(3)と(2)を比較するとPf'<Pfとなります。即ち飽和蒸気圧よりも大きくなります。これなら断熱圧縮で液化がおこります。まったくむきになってやった子供じみた計算ですが、一応不可能ではないという例です......m(__)m

No.2です。たしかにNo.1&3様が御指摘の通りですね。数値からみると普通は断熱圧縮での温度の上がりによる圧上昇が、その温度上昇での平衡蒸気圧上昇に負けるので、液化は非常に厳しいですね。数値にあたるのをうっかりしておりました。

その可能性を求めるとするとTfとTiの差は大きくないのにTf/Tiが大きい(つまり低温)、そして凝縮熱ΔHが小さいもの、ということです。ここでHeが考えられます。
低温すぎて扱いに問題があるかというと10^(-6)Kに対応するkTでも10^16の量子状態がその幅にあるので古典的に取り扱...続きを読む

Q危険物取扱者乙種第一類の問題について

 皆様、いつもお世話になっています。

私は危険物取扱者乙種第一類の合格を目指して勉強をしている者です。

私が持っている出版社が異なる2冊の問題集に次の様な問題が載っていますが、解説がどう考えてもわかりません。(2冊の問題集ともに解説内容は同じでした。)皆様、私の様な初心者にもわかるようにお教え下さい。
(実際の問題はもっと長いのですが、私の質問がかえってわかりにくくなるので、改題しています。)
 第一類の危険物を貯蔵・取り扱う施設及び容器について、正誤を判断せよ。
 A)容器が落下しても衝撃が生じないよう、床に厚手のじゅうたんを
しく。   解説・・・このような規定はないので間違い。
 私の見解・・・A)の方法は衝撃が生じない方法として正しい。

  B)非防爆型の照明及び換気装置を設置する。
   解説・・・問題集に解説は記載無しで正しい。
 私の見解・・・防爆型でない照明及び換気装置を設置するのは間違い。

 皆様、どうか宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

no.2です(一応甲種取得者です)。
おせっかいながら、またお邪魔させていただきます。
B)なのですが、問題集どおりでしたか。大変失礼しました。

おおよそ、ZRTさんの記載とそのお礼に書かれていることであっている
と思います。たとえば、4類であれば、引火性ですので、
防爆構造が必要となります。
法令でも、こういう場合は、防爆構造とする。というように
規定されているかと思います。

しかし、1類は燃えないので、火花がでても、
燃焼の3要素は成立しない、防爆の対象外ということです。
(防爆のものを使ってもかまわないと思います。)

Q朝起きてすぐコーヒーゼリーを食べたところなにやら気分が悪いです。そういやー付属のミルクが、液体ではな

朝起きてすぐコーヒーゼリーを食べたところなにやら気分が悪いです。そういやー付属のミルクが、液体ではなく個体であったな…賞味期限は、ちょっと過ぎてたし…もしかして…食あたり!?今日は、私の誕生日なのにすごく最悪です。吐いたりしないかすごく恐いです。これは、賞味期限が切れたコーヒーゼリーのせいでしょうか?

Aベストアンサー

固体って
ミルクのケースからポロっと落ちるぐらいの固体じゃないでしょ?

ドロっと出てきただけ。
乳脂肪分が冷えて固まってるだけなので、温めれば溶けます。

腐って固まってるわけじゃないので、コーヒーフレッシュは関係ありません

食アタリなら、今頃質問できないぐらいにお腹が痛くてトイレから出られなくなるぐらいの下痢か、口から履いています。

Q危険物取扱乙種についての質問です

危険物取扱乙種は大体の人が4類を先に受けて、そうすると、4類以外の1.2.3.5.6で法令と物理、化学の試験が免除されると聞いたのですがほんとうなのでしょうか?
あと、4,3,5と1か6を持っていれば甲種を受けられると聞いたのですが、1,3,5,6は受験するときに選択できるのでしょうか?

Aベストアンサー

危険物で、現在甲種の受験資格を有するものです。

私の場合、先に乙4を受けてから、1,3,5類を取得しています。
結論から言いまして、免除については正しいです。補足させていただくならば、初めに取るのが4類以外でも免除は適用されます。しかし、勉強の観点から言いまして、市販の問題集のほとんどが危険物の入門を乙4類としていることからそこから始めることをお勧めします。

次に、甲種の受験資格についてですが、これには主に4種類あります。
・化学系の学校の出身者(指定された高校、化学系大学および大学院 等)
・上記の学校において、化学系単位を15単位以上取得した者
・乙種の免状を交付されている状態において、その類に所属する危険物について2年以上取扱の実務経験のある者
・次に示す部類で4種類以上取得している者
 (1)1類or6類 (2)2類or4類 (3)3類 (4)5類

質問者様の言うところの受験資格はこの最後のものに相当します。
乙4の申し込み時点でもそうですが、乙種申込みの際に、受ける類を選択できます。その時に類の指定をしてください。
余談になりますが、乙4合格後、免状公布されている状態であれば、最高で3種類まで同時受験できます。(申込用紙と受験料がそれぞれで必要ですが。)

試験頑張って下さい。

危険物で、現在甲種の受験資格を有するものです。

私の場合、先に乙4を受けてから、1,3,5類を取得しています。
結論から言いまして、免除については正しいです。補足させていただくならば、初めに取るのが4類以外でも免除は適用されます。しかし、勉強の観点から言いまして、市販の問題集のほとんどが危険物の入門を乙4類としていることからそこから始めることをお勧めします。

次に、甲種の受験資格についてですが、これには主に4種類あります。
・化学系の学校の出身者(指定された高校、化学系大学および大学...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報