最近シマノ臨海スペシャルRB(06)を購入して使用中なのっですが、朝から使って2~3時間経つと仕掛けを回収しようとリールをまくと道糸とガイドの擦れる音だと思うのですがシャリシャリと言うかシャーシャーというか音がします。音だけではなく道糸を手でつまんでリールの方に引っ張ってみると抵抗もかなりあるみたいです。傷などはルーペで見ても無いようです。塩の結晶が付いている様だと思うのですが今までの竿ではこのような音はしなかったと思います。これって普通のことなのでしょうか?ご意見をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>道糸は銀狼トリプルガンマの2号で巻き替えたその日の使用です。

リールではなく糸とガイドの音です。道糸をひっぱて動かすと音がします。

なるほど。
これは完全にライン自体のスベリ特性がかなり悪いんでしょうね。
ダイワのラインは一度だけ使ったことがありますが(随分以前の山元八郎監修モデル)
巻き癖も多く使えなかったので、それ以外使っていませんがナイロンで糸鳴りするというのは
繊細なラインの送り出しが必要なフカセでは結構弱点になりますね。

もともとダイワは自社ではラインの製造ノウハウがないので道糸は以前は三菱油化(現三菱化学)が
作っていましたし、PEはよつあみのOEMに若干のコーティングなどの差で出しているものと思います。
道糸はラインメーカーの製品が使いやすいと思いますよ。

サンラインなどは道糸の特性を細かく浮力まで表示していますから購入の際も分かりやすいですね。
http://www.sunline.co.jp/catalog/mitiito/top_mit …

私はサンラインのサスペンドマリオ(型落ち最終分:秋にはマスラードに変更予定)をメインに
風の弱いときはテクニシャンTCオシャレ、超強風時はダイワのギガフロン(これはフロロながら
非常にしなやかで立っていられない様な強風でも仕掛けが馴染む)の3種類、すべて1.5号を
使い分けています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度回答有難う御座います。大変参考になりました。道糸を変えてみようと思います。

お礼日時:2011/04/14 11:22

これは現状を見ていないので何とも言えないですが、フカセは30年以上本格的にやってきましたが


ガイドとラインのこすれ音というのはほとんど経験ないですけどね。

使っているラインや太さ、使用回数などが分からないので原因ははっきりしませんが
通常表面が滑らかな新しいラインとSICガイドとの接触でしたら音は出ないと思います。
ご使用中のロッドと同じオールIMガイドのロッドも使用していますが音は出ませんね。

以前ダイワのリールも使ってみようかと言うようなご質問がありましたが
まさかダイワのリールで持病のシャー音が出ているのではないでしょうね。

これは音の出る原因としてラインローラーのオイル切れ(オイルが効いていても粘度が低いので
僅かなテンションの掛かり具合の差によってシャー音が出る)と、ワンウェイクラッチ周辺の
オイル切れによる部品の接触で金属の擦れる音が出る場合がダイワにはよくあります。
これらの音は魚をかけて強いテンションがかかるより巻き上げ時のように軽いテンションの
方が音が出やすいのも特徴ですね。

これは通常リールだけを自宅などで回したときには音は一切出ずに、ラインテンションが掛かると
ローラーやワンウェイクラッチ周辺の部品に負荷が掛かることによってパーツ同士が僅かに接触して
擦れる音が出るのが原因で、ローラーなら純正グリスをローラー両側から注すことによって治ると思います。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6663797.html
ラインローラーはオイルを注しがちですが、純正グリスは粘度も低く常に高負荷のかかる
ラインローラーにはグリスの方が内部のベアリングの保護になりますし、最近は10セルテートなど
メーカーの説明書もグリスを注すように書いていますね。

あとはメインシャフトに純正オイルを注油してみて(シャフトが一番上がった状態でローターとの
根っこに数滴、ここで回転させて馴染ませもう一度シャフトが伸びた状態から数滴さして回転させる)
それでも音が出るようでしたらワンウェイクラッチ周辺のオイル切れ(水が入ったりしてのオイルの
乳化なども)と思われるのでメーカーに出すのが良いと思います。

もしリールでなくホントにラインとガイドとの接触で音が出ていて、ガイドに一切のクラックも
なければライン表面の劣化なども考えられるかと思います。
通常前回使用時の塩の結晶が多少付いていても、数時間使用していたら完全に濡れて結晶自体も
次第に取れていき音の出る要素はなくなってくると思います。

どのような道糸を使っているか分かりませんが、道糸はサンライン、東レなどが無難ですね。
ラインメーカーで有名なバリバスなども磯用ラインになるとイマイチですね。
もし1シーズン以上使っているならラインを交換してみるのがいいかと思います。

この回答への補足

回答有難う御座います。道糸は銀狼トリプルガンマの2号で巻き替えたその日の使用です。リールではなく糸とガイドの音です。道糸をひっぱて動かすと音がします。

補足日時:2011/04/13 22:51
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。

お礼日時:2011/04/13 22:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qnftの竿について

nft POWERLOOP ADVANCE 翔磯3/520TS という竿ですが
定価や鉛負荷等知りたいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

今ごろNFTの竿の質問とは・・・なんともなつかしい限りです
NFTはかなり前にシマノに吸収されたメーカーです
今でもシマノのラインナップにはNFTの使っていたネーミングのものが
たくさんあります

さてパワーループアドバンス翔磯3号520TSの値段と錘負荷とのことですが
まず値段ですが多分3万前後だと思います
私はパワーループもパワーループアドバンスも両方持っていますが
パワーループがベーシックなタイプで定価が2万円台でアドバンスのほうが
確か3万台だったと記憶しています でその上にダイヤフラッシュという竿がありましたが
手がでませんでした このシリーズのあとエアノスとベイシスのシリーズがでて
そのあたりでシマノに吸収されたように記憶しています

錘負荷はあくまでも記憶ですがダイワの同じ号数の竿と比べて少し硬めに設定されていた
と思います 3号だとおそらく10~15号ぐらいではないかなと思います

ちなみにTSのつくものはスピニングの遠投モデルでガイドが大きく数もノーマルタイプより
少なく作られています またバットの部分が投げやすいように少し長くなっています
用途としてはカゴの遠投のほかぶっこみ釣りといったところです

なんせおそらく20年ぐらい前の竿なのでもし使うのであれば折れないように細心の注意が
必要だと思います 

今ごろNFTの竿の質問とは・・・なんともなつかしい限りです
NFTはかなり前にシマノに吸収されたメーカーです
今でもシマノのラインナップにはNFTの使っていたネーミングのものが
たくさんあります

さてパワーループアドバンス翔磯3号520TSの値段と錘負荷とのことですが
まず値段ですが多分3万前後だと思います
私はパワーループもパワーループアドバンスも両方持っていますが
パワーループがベーシックなタイプで定価が2万円台でアドバンスのほうが
確か3万台だったと記憶しています でその上にダイヤ...続きを読む

Qシマノ チヌ竿タフテック穂先

シマノチヌ竿の燐海スペシャルRBの06を使っています。先日35センチぐらいのチヌをぶり上げたら穂先の根元から20センチぐらい上で折れました。タフテック穂先なのにという思いでなんかしっくりきません。これってどう思いますか。ご意見をお聞かせください。ぶり上げたのがそもそも無理なことだったのでしょうか?

Aベストアンサー

タフテック穂先と言うのはウキを必要以上に巻きすぎてトップガイドまで巻いてしまったり
ライン絡みなどにより、不測な曲がりをしたときに簡単に折れる従来の強度を2倍~4.5倍にした穂先で
抜き上げても大丈夫ですよという穂先ではないんですよ。

ですからどんなメーカーのどんな竿でも限界を超えれば簡単に折れてしまいます。

それと気になるのは06の柔らかいチヌ竿で35cmのチヌなら手元では胴から結構曲がっているでしょうから
限界を超えて抜き上げれば折れるのは#2か#3ぐらいになると思います。

これで穂先が折れたというのは何らかの傷があってそこに負荷がかかったか、抜き上げと同時に
レバーの逆転で負荷をうまく逃がしきれなくて、残った負荷が一気に穂先にかかってしまったかの
どちらかではないかと思いますが・・・・

私もグレの32、3cmは普通にしょっちゅう抜きますが、出している道糸と竿の角度を十分に
考慮しながら竿全体に負荷が掛かるようにゆっくりながら一気に抜いて、水面を切って魚が
こちらに向かってくるのと同時にレバーの逆転で負荷をどんどん逃がし、手元でハリスを
掴むときには竿はほぼ真っ直ぐに近いぐらい負荷が逃げています。

こうしないと魚を掴んだ時点で負荷が残っていると、穂先や#2に急激な負荷が掛かって
折れてしまう結果になりやすいですね。

私はどんな釣りでも絶対に竿を地面に置かないように気をつけていますから、どんな竿もすべて
ほとんど無傷で、特に磯などでは絶対にバッカンを枕にしたり、仕掛け交換はすべて脇に挟んでいますし
やむなく岩場に置くときも必ず竿尻と元上ガイドの足できっちり岩にずれないように時間を掛けて置きます。

この10秒ぐらいの気使いで竿は相当長持ちして、折れなどはもう14、5年以上ないですね。

いずれにしてもタフテックは抜いても折れない強固な穂先ではありませんから、玉網を使った方が良いですね。

タフテック穂先と言うのはウキを必要以上に巻きすぎてトップガイドまで巻いてしまったり
ライン絡みなどにより、不測な曲がりをしたときに簡単に折れる従来の強度を2倍~4.5倍にした穂先で
抜き上げても大丈夫ですよという穂先ではないんですよ。

ですからどんなメーカーのどんな竿でも限界を超えれば簡単に折れてしまいます。

それと気になるのは06の柔らかいチヌ竿で35cmのチヌなら手元では胴から結構曲がっているでしょうから
限界を超えて抜き上げれば折れるのは#2か#3ぐらいになると思います。

...続きを読む

Q石鯛竿の購入で迷っています

オークションでの石鯛竿の購入でアドバイスお願いします。
以下の石鯛竿で迷っています。
日本海側の釣りで太平洋側ほどの大物は出ないと思います。
竿ケースには振出のほうが収まりやすいのですが、強度は並継でしょうか。グラスは重いので敬遠します。価格は中古で15000円前後。
古いものでキズがあっても安ければかまいません。ガイドが錆びてラインにキズがいくのは困ります。頑丈な竿がよいです。30号くらいの錘で70m前後飛ばせればよいのですが。先径16mmと18mmではどうちがう?
(1)ダイワHZILシーライン石鯛TH500
(2)シマノ海魂EV・MH-540(並継)
(3)石鯛 510H POWER LOOP ADVANCE
(4)シマノIGHI海魂EV・MH-500T(振出)
(5)ダイコー石鯛 波伝500MH
(6)石鯛NFT SUPER BORON 極翔石鯛 525
(7)ダイコー石鯛 伝承 500MH
(8)ダイワ豪海24-544
(9)NFT石鯛POWER LOOP 540H

Aベストアンサー

私は以前オークションで振り出しの石鯛竿を購入しました。
出品者さんが傷の状態など細かく書いてあり安心出来そうでしたので。
案の定、傷は表面のコーティング等に細かい傷があっただけで問題ない状態でした。
しかしながら、振り出しは失敗でした。フィールドで実際使ってみないとわからないものだと実感したのです。やはり振り出しは腰が柔らかく並継ぎにはかなわないなーと思いました。
上記9種類書かれていますが、以上の事から何が良いかは実際に行く磯の状態によって大きく変わるのではないでしょうか?
例えば、根の張り出しがきついところは腰が比較的強く長い方が楽だとか、足下で手持ちで釣る時は短めが良いとか・・・
また、竿の特性は実際に錘を付けて投げてセットした状態も見ませんとはっきりわからないと思います。
私がもっているのはパワーループ振り出しですが、友人は並継ぎの540Hを使っていす。比較しますとしっかりした良い竿だと思いました。
申し訳ありませんが、パワーループ以外、他のここに書かれている物を使っている人を見ていませんので、詳しくわかりません。

Q臨海スペシャルRB

先日臨海スペシャルアートレーター06(5.3)と銀狼エアー06(5.2)について質問して皆さんのご意見で臨海スペシャルアートレーター06(5.3)に決めかけていたのですが、シマノのプロモーションビデオで臨海スペシャルRBの事を知りました。最近発売された様でスパイラルXでぶれが少ないみたいです。値段はこちらが15000円ぐらい安いみたいですが、いま迷いが出てきました。どの様に思われますか?ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

良い選択だと思いますよ。

アートレーターとの差は#2のノンコンタクトがないぐらいですから
その辺は使うラインの太さや質感によって防げるものだと思います。

ここ最近のシマノの新ロッドはほとんどスパイラルXになってきてますから
やはり新しいマテリアルの方がいいと思いますよ。
もともとシマノはずっと昔からハイパワーXといってXテープ製法は
長年の実績、ノウハウがあり私も当時はシマノのハイパワーXばかり使用していました。

この価格差はないというより、こちらの方がずっとコストパフォーマンスが優れていて
私もシマノで買うならこちらでしょうね。

Qチヌ竿と磯竿の違い

磯釣りを始めてすでに20年以上経ちます。

竿は磯竿を使っています。
チヌ竿は使ったこと無いです。

今は、ダイワのメガディス競技1.5-520・DXRメタルトップ1.5-530で
ほぼ全ての磯釣りテトラなどふかせ釣りを行っています。
渚釣りと夜釣りにはNFTのIG-ハイスピード極翔1.5-530を使っています。(かなり古いです)

そこで質問ですが、
チヌ竿と磯竿はどう言った違いが有りますか?
使ったことが無い(チヌ竿の必要性を感じない)ので、違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

私の回答はウザイかもしれませんが、質問者さんの質問内容とかけ離れた回答が多いので
私の知っている範囲でちょっと説明させていただきます。

一般的にメーカーの言う磯竿と言うのは基本的にグレ釣りに適した竿を言い(上級機種と
万能竿に近いような1万円以下では違いますので、あくまで中級クラス以上)
#2から#3竿を支点として曲がるいわゆる7:3調子ぐらいが大半だと思います。

それにもうちょっと#3、#4に張りを持たせて積極的にロッドワークで短時間にグレを浮かせる
競技会向けの8:2調子の竿など(がまかつグレ競技SPECIALなど)の先調子の竿も少数ながらあります。

同じグレ竿でも尾長専用になると、積極的に竿尻を肘に当てて軽やかにロッドワークでなど
無理なので6:4調子の胴調子ながら非常に反発力があり、尾長の突進に両手でタメていると
徐々に魚が浮いてくる調子もありますが、大半は7:3調子がメインになっています。

対象魚のグレとチヌは今さら説明するまでもないと思いますが、グレは岩礁やテトラなどの
くぼみや穴に基本的な住み家をを持っているいわゆる根に着く魚ですが、チヌは海底付近にはいますが
決まった住み家は余り持たず、回遊しながらいろんなエサをあさっている魚なので深い岩礁にもいますが
海岸や河口の極浅い1m以内のシャローにもごく普通にたくさんいます。

グレはこうした住み家からマキエで浮上させて釣るので、針に掛かった魚は一気に自分の住み家に
戻ろうとして下に突っ込みますから、柔らかい竿では瀬切れしたり根に張り付かれたりしますから
ある程度ロッドワークで主導権を取って浮かせないと切られてばかりになりますから上記のような
先調子の竿が多くなっています。

対してチヌはハリ掛かりするとゴンゴンと首を振ってハリを外そうとするような行動を取り
竿が強く硬いとよりゴンゴンと激しく抵抗しますから、先調子の張りのあるグレ竿ですと
手元への負担も大きくなり、魚が暴れるので海藻に巻かれたり、カキに触れてハリス切れなどを
起こしやすくなります。

ですからチヌ竿はこのゴンゴンと言う衝撃を吸収して魚にも優しく暴れさせないように竿全体を
曲げて柔らかいやり取りをして魚を浮かすように6:4調子や5:5調子のように胴調子の竿が多く
チヌは大型でもグレのように根に張り付いたりせずに、根に沿って走ったりしますから、柔らかい
竿を思い切り曲げてゆっくりと泳がせながら徐々に浮かすというやり取りに向くように設計されています。

そのように、対象魚の性質に合ったように専用設計されていますから、#2さんが言われるように
メーカーが勝手に言っている訳ではなく、落とし込みや前打ちロッドは(落とし込みは随分夢中になって
竿も当時のリョービの上級ロッド3本を使い分けていました)目印やラインのほんのちょっとの
変化を鋭く掛け合わせて瞬間的にヘリやテトラから引き離すように9:1調子に近いような
非常に先調子の掛け調子で、魚が突っ込むとそこから徐々に曲がっていくような、やはり
専用設計された竿で、ガイドだけが違って元竿は同じなんてことはありませんね。

私の回答はウザイかもしれませんが、質問者さんの質問内容とかけ離れた回答が多いので
私の知っている範囲でちょっと説明させていただきます。

一般的にメーカーの言う磯竿と言うのは基本的にグレ釣りに適した竿を言い(上級機種と
万能竿に近いような1万円以下では違いますので、あくまで中級クラス以上)
#2から#3竿を支点として曲がるいわゆる7:3調子ぐらいが大半だと思います。

それにもうちょっと#3、#4に張りを持たせて積極的にロッドワークで短時間にグレを浮かせる
競技会向けの8:2調子の...続きを読む

Q釣竿の元竿から2番目の部分のガイドを竿、ガイド共に傷めずに取り外したい

釣竿の元竿から2番目の部分のガイドを竿、ガイド共に傷めずに取り外したいのですがよい方法が有れば教えてください。竿はチヌ竿1号5.3メートルです。それを5m.の竿としても使いたいので、2番目の中間部分と端の部分を太くして再度取り付けたいためです。中間部分だけですと2番目を引き出した状態でも出来るのですが端の部分が取り出さないと出来ません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すべての固定ガイドを外さない限り元上のブランクのみ取り出して改造するというのは無理だと思います。
しかし固定ガイドを外すのは熱を加えないといけませんが、これが非常に微妙で熱を加えすぎると
内側のプラスチックが変形しやすく、外す際もうまくプラスティックだけ持ってきれいに取らないと
金属部を持って外すとプラスティックが熱で柔らかくなっていますから、プラスチックと金属の密着が
弱くなって金属部がグラグラになったりして結構難易度が高いですよ。

それだけのことをして5.3mのチヌ竿を5mにしても使いにくくはなっても良い面はないと思いますよ。
まず元を摘めると曲がりの支点が手前に来ますから現在より胴調子になり、やり取りや仕掛けの振り込みは
今よりおそらくしにくくなるでしょう。

元部が従来より柔らかくなりますから5mになってもあまり持ち重り感は減った感じはしなくて
風などがあったら従来より重く感じるようになるかもしれません。

5mロッドのような軽快な取り回しを希望するなら穂先を15cm位フリーガイドとの位置関係を
考えて摘めて、約0.9mmぐらいにはなるでしょうがトップガイドを変えるだけで済みます。
あまり長くつめるとトップの先径が大きくなりトップガイドの足が2番のフリーガイドに入らなくなりますから
そこは十分に注意が必要です。

あとはグリップエンドの20cmぐらいにまずは板オモリを巻いて、その上から糸でもテープでもいいですが
グリップエンドにかけて太くなるように成形してその上から釣具店に売っている熱圧着ラバーを被せれば
仕掛けの投入ややり取りも非常にしやすくなり、グリップエンドに加重を持たせることによって
持ち重り感は今より若干改善できます。

この方法がもっとも確実で失敗なく効果のある改造法だと思いますよ。

すべての固定ガイドを外さない限り元上のブランクのみ取り出して改造するというのは無理だと思います。
しかし固定ガイドを外すのは熱を加えないといけませんが、これが非常に微妙で熱を加えすぎると
内側のプラスチックが変形しやすく、外す際もうまくプラスティックだけ持ってきれいに取らないと
金属部を持って外すとプラスティックが熱で柔らかくなっていますから、プラスチックと金属の密着が
弱くなって金属部がグラグラになったりして結構難易度が高いですよ。

それだけのことをして5.3mのチヌ竿を5mに...続きを読む

QシマノとNFT

 くだらない質問と思わず、知っている方がおみえでしたらぜひ教えてください。シマノとNFTは同じですか?また、NFTは何の略ですか?

Aベストアンサー

幼少時代 NFT製の竿は販売してました。
後に シマノが買収しNFTの竿製作技術がシマノに引き継がれたのです。
シマノ機械加工メーカーであっても 竿(カーボン製品)製造技術が無かった為でしょう
NFT買収により ロッド・リールのトータルメーカーとして成長しちゃいました。

ちょっと前の マミヤOPが オリムピックを買収し切り捨てたのは記憶に新しいかと思いますが!

Qシマノ 鱗海 SPECIAL RB 06号530 バットから折れたのは不良品?

先日根がかりし、上に電線があり足場の悪いところで糸を手で取りづらかったので竿を根元から曲げて引っ張ったらリールシートから30cmくらい上のところから折れてしまいました ハリス1.5号でした 根がかりしたのはハリスの先で間違いなかったです

竿のもっとも強い根元が1.5号のハリスの強度(引っ張り強度約3キロ程度?)で折れるなら大型の魚がかかれば同じように折れますよね、これは竿に欠陥があったとは言えないでしょうか?

前にも一度大型魚をやり取りした後根がかりしたのを軽くひっぱっただけで3番あたりが簡単に折れました
その際は保証で直せたのですが、今回は全額自腹です

傷などはなかったとは思います 折れる前に大型魚とやり取りはありました すぐにハリス切れましたが

今回の場合はハリスを切るつもりで強めの力で斜め後ろに引っ張りました

Aベストアンサー

2回目です、
渓流竿でも磯竿でも竿を無関係な状態にしてラインを持って手で引っ張ります。
ハリスは
①魚が歯で切る
②岩でこすれて切れる
以外はなかなか切れないということです。
ルアーロッドなどでしたら短いのでラインとロッドを一直線にして切ることはできるかもしれませんがそうするときにライントラブルになりやすいのでロッドの外側で持って切るほうがいいです。釣りを良くしますが、竿の弾力で竿を曲げて根がかりはずすときは糸が切れるほど引っ張ってはだめです。アユ竿なんかもかならず糸を引っ張ります。けっこう値段がしますし。。わたしは水流の中に竿を入れて折るという無茶をして大損したことがありますが結局細心の注意が必要だとおもいます。

しかし、最初から傷があった場合のことはわかりませんので、どうしてもそう思うのでしたらメーカーに問い合わせるしかないのでは?とおもいます。

QMebius再インストールで困ってます その1 NFTSの巻

Mebius PC-MJ140MでWindows98で再インストールをしようとしています。12GBのHardDiskで、前オーナーの方が6GBずつ2区画に区分し、一方でWindows2000(NFTS)を使用されていて、Fdiskでその領域が削除できず、私は12GBすべてをWindows98で使いたいのに結局1区画にできず、6GBどまりです 泣); Windows2000については、ThinkPadのならO/S入りのリカバリーCD-ROMもあるのですが。。 何とかMebiusのNFTS領域を削除できないでしょうか?

Aベストアンサー

LINUXの起動ディスクでFDISKしてやるとか、
XPの起動フロッピー作成ツールをMicrosoftからDLしてフロッピー起動しHDDを初期化とか。

参考URL:http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;418279

Qシマノ鱗海スペシャルRB

シマノ鱗海スペシャルRB06号を今使っています。チヌ釣りに使用しています。50センチぐらいのちぬは十分取り込めましたが、60オーバーを期待しています。またカンダイが良く食ってくるのですが、60ぐらいまでは何とかなりますがそれ以上は取り込みが難しいです。今日もカンダイだけが6つも来てしましましたが、大物すぎて取り込めませんでした。そこでもう一本1号の購入を考えています。06号と1号ではだいぶ違いが有るのでしょうか?ご意見をお聞きしたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チヌ竿の0.6号と1号ではさほど差はないでしょうね。
と言うか、チヌとカンダイを同じ仕掛けでカンダイの大型まで取り込もうというのは難しいと思いますよ。

地元にフカセカンダイの第一人者、池永祐二氏がいらっしゃいますが、仕掛けは全く別物です。
そして掛けてからは一気に主導権を与えず浮かせにかかって、とにかく突っ込ませずに短時間で
浮かせることが大型カンダイを取り込むキモのようです。

http://www.youtube.com/watch?v=5lB7xSg2DMc

ですから地元では遠征クラスの3、4号のグレ竿を使う方が多いですが、それでもへし折られたという
現物なども釣具店で見たことがあります。

ただカンダイにシフトするとチヌはすったりになりますから、兼用で使うなら目一杯まで
ためてパワーを発揮できるがまかつのアテンダーIIの1号~1.25号ぐらいがいいんじゃないでしょうか。
http://www.gamakatsu.co.jp/search/index.php?Act=detail&id=22568G
1.25号になると50cm以下のチヌだと竿のパワーが勝ってしまうので面白くなくなるでしょうが・・・

いずれにしても60cmオーバーのチヌと、ほんの少しでも大型カンダイに対応しようと思ったら
アテンダーIIの1号ぐらいがベストだと思います。

チヌ竿の0.6号と1号ではさほど差はないでしょうね。
と言うか、チヌとカンダイを同じ仕掛けでカンダイの大型まで取り込もうというのは難しいと思いますよ。

地元にフカセカンダイの第一人者、池永祐二氏がいらっしゃいますが、仕掛けは全く別物です。
そして掛けてからは一気に主導権を与えず浮かせにかかって、とにかく突っ込ませずに短時間で
浮かせることが大型カンダイを取り込むキモのようです。

http://www.youtube.com/watch?v=5lB7xSg2DMc

ですから地元では遠征クラスの3、4号のグレ竿を使う方が多い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報