ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

夫40代半ば、妻30代半ばです。子供はいません(今後も予定なし)。
7~8年前から生命保険と個人年金保険に入っているのですが、毎月の保険料が全部で47,000円くらいで、そのうち年金が27,000円くらいです。

生命保険のほうはダンナの死亡給付金(病気・災害)2,200万、私(妻)は800万弱です。正直私のほうは要らないのですが、保険の規定上ここまでしか減らせないらしく、現在そのままになっています。
その他医療保険で3大疾病やら7大疾病、がんなどの特約もいろいろ?ついてます。
夫婦2人とも内容についてあまり理解できてないので、近々代理店での無料相談へ行こうと思っているのですが、年金を除いた保険料が月2万くらいなら、こんなもんなのかな…とか勝手に思っていたりもします(これから勉強&見直しはしたいと思ってはいますが、保険料多すぎでしょうか?)。


気になるのは個人年金のほうです。
毎月の保険料は夫が月17,000円くらい、妻が月10,000円くらいで、以前私が勤めていた会社に来ていた外交員さんに勧められて入りました。子供は作らないと決めているので、なんとなく老後のためにあったほうがいいのかな…と思ったのもあります。

最近になって、別に年金保険にわざわざ入らなくても、その保険料の分だけ貯金しておけば別に良いのでは??とか思ったのですが、トータルで見ると保険料の払込額よりは年金の支払額(支払期間10年)の方が65万円ほど多くなる(夫の場合。私は63万円)ので、全く損ではないのかな、とも思います。
その分投資とか運用すれば、という考えもあるのかもしれませんが、元金より減るのだけは絶対嫌なので全く興味がありません(絶対に元金は減りません、とかならまだいいですけど^^;)

保険料の払込期間(夫23年、妻31年)での利息がそれぞれ65万、63万と考えるとそんなに損(無駄)というものでもないのでしょうか。
現在住宅ローンの返済もあって、繰上げも頑張ってやってるのですが、家計は毎月余裕でラクラク!という感じではないので、年金保険ってどうなのかなあ・・・と思ったりもします。

そこそこ手堅く行きたい私のような人なら、今は定期でも大した利息は付かないし、まあやっててもいいんじゃない?って感じでしょうか。少なくとも損、ではないですよね・・・?それとも見直ししてもっと他に活用?すべきなんでしょうか。なんだかよくわかりません。


その他必要な金額や数字がありましたら補足しますので、何かアドバイスでもいただけたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お金はトータルのマネープランの中で考えなければなりません。



貯蓄、年金、保険、ローン……
お金にまつわる物は、様々ですが、それぞれを別個に考えると
おかしなことになります。

例えば、ローンを支払っている一方で、せっせと貯蓄するのは、
穴の開いているバケツに水を貯めようとしているようなものです。
まずは、穴をできるだけ小さくする、なくすることを考えないと、
水は貯まりません。
ローンの金利よりも高い貯蓄はありません。

また、個人年金には、税金の控除があります。
それは、利息といっしょなので、そのことも考えなければなりません。

さらに、個人年金保険の場合、保険料負担者と受取人の関係が重要です。
保険料負担者=夫様
受取人=奥様
と、なっている場合、受け取る年金には、贈与税がかかります。
重要な事は、口座名義が奥様になっていても、奥様に収入がなければ、
保険料を支払うことができるはずがないので、収入のある夫様のお金を
奥様の口座で管理している……つまり、夫様のお金と見なされます。
贈与税とされれば、利息なんて、あっという間に吹き飛びますよ。

すべては、トータルのマネープランで考えてください。
尚、総合代理店の無料相談は、サービスではないので、注意してください。
保険代理店は、保険相談料を取ることを法律で禁止されています。
つまり、サービスで無料にしているのではなく、無料なのが当たり前。
代理店は、契約してもらって、その手数料が収入になりますから、
中立だとか、そんな甘い言葉に惑わされないように。
特に、適当なヒヤリングをして、必要な保障額も計算でずに、
パンフレットを出してくるような所は、要注意です。
また、10社の代理店をしているのなら、10社の見積りを出すのが当然。
選ぶのは、質問者様なのです。

そのような代理店に行ったら、まずは、キャッシュフロー表を作成してもらって
ください。
「キャッシュフロー表 家計」で検索すれば、どんな表かわかります。
まずは、そのキャッシュフロー表を作って、
理想のマネープランを作成することからはじめてください。
例えば、ローンは何歳までに完済するとか、定年時には、いくらの貯蓄を
しておきたいとか、
定年退職金はいくらかとか……
人生のマネープランを作るのが最初です。

次に、万一があったときのシミュレーションをします。
夫様の収入を遺族年金にして……
葬儀代、死亡退職金などを計算。
住宅ローンはゼロにします。
生活費から夫様の分を引きます。
などなどの操作をすれば、万一の時のシミュレーションになります。
このときのマイナスが、必要保障額です。
それをどのように確保するのか……
全額を保険にするのか、親などを当てにするのか……

保険の金額が決まれば、今度は、どんな保険にするか……
解約払戻金=老後の資金のある保険と掛け捨ての定期保険の
組み合わせを考えます。

これに、医療保険やがん保険なども考えて、
再び最初のキャッシュフロー表によるシミュレーションをして、
人生のマネープランは、これでOKとなれば、
ここで初めて、では、これを満足する保険は、どんな保険があるのだろうと
保険商品を探すのが、基本です。

このようにして、決めた保険ならば、どんな保険であろうとも、
必ずニーズを満たしています。

ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 1

>年金の支払額(支払期間10年)の方が65万円ほど多くなる



銀行よりはちょっとましかな?

昔なら、5%台を超える運用でしたから毎月17000円を30年も積み立てれば
1000万を楽に超える金額が支払われましたが・・・

今は、そんな夢のようなリターンは望めないでしょうね
個人年金の戻りだけを重視するなら、保険の部分をぎりぎりまでカットするのがいいです
あとは期間を長くする

個人年季は確か年末調整で控除も可能だから、やっぱり銀行よりはいいかもしれません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですねぇ、銀行の利息よりは良いのかな?と考えてその分貯金してるということで続けたほうが良いのかな…と思っています。
リスクなしで大きく増えそうなものなんて、そうそうないですし…。
とりあえず保険の見直しは、できるだけ早くしようと思います。

そういえば今思い出しましたが、ダンナが結婚前から入っていた簡保の養老保険というのもありました。
正確にはダンナのお母さんが申し込んで払っていたらしいのですが、結婚後から手続は私がやるように言われて渡されてます。
それもどういうものかよくわかってないのですが、多少はお金が貯まるタイプのものなのかな?と勝手に思ってるのですが(以前満期のお知らせはがきが来たので…)、そのまま入ってていいのかな?とちょっと気になってます。

毎月貯金(定期)も別にやってはいるのですが、簡単に一部解約や追加の預入ができるので、額がある程度まとまると住宅ローンの繰上げに回したりしていて、なかなか貯蓄はまだ貯まりません。
できるだけローンを早く終わらせて、老後の資金をもっと貯めたいところです(汗)

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/13 16:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「個人年金をするくらいなら貯蓄した方がいい」はどういう意味ですか?

最近、個人年金を奨められて考え始めた45歳独身女性です。
金融の知識が乏しいので図書館で本を借りて読み始めましたが
分からないことがあるので質問させてください。

国内大手ニッ○イの個人の個人年金(一時払い)を奨められました。
660万くらい支払って、25年後に725万になるそうです(62万増える)。
もう1つのプランは、660万払って808万になる(増149万)

周りの人も加入していて、その人たちいわく
●銀行の定期とかに預けてもここまで利息は増えないよ。
●ニッセ○イは大手だから、まず潰れることはないよ。
万が一つぶれたときは日本が終わるとき。
保険組合で保護されるから元金は保証されるよ。
●外資やカタカナの会社のはやめた方がいいよ。
●控除が受けられるよ

というものです。
確かにゆうちょの定期預金に25年預けておくくらいなら
個人年金に入った方が得なのではないかと思いました。
マイホームを買ったりする予定はいまのところないので
引き出すことは考えていません。
また、私自身は金融知識に疎いため、積極的に自分で運用する自信はありません。

しかし、ネットや本を読んでいると次のような意見に遭遇します。

●今は金利が低いから魅力ある商品ではない。
●今は入る時期ではない。金利があがってから入った方がよい
●貯金しているほうがまだまし(→なぜ??)
●インフレに対しては実質目減り(→銀行に預けててもそれは同じですよね?)
●今入っても、お宝保険に入ってた人の原資になるだけ。
保険会社はその支払で経営は大変・・・など

株やら投資信託やら分散投資で積極的に自分で運用した方がまし、
というのならまだ理解できるのですが、【貯蓄】した方がましというのは
どういう意味なのでしょうか?
単なる銀行の【貯蓄】だと利率はものすごく低いですよね?
それならば個人年金の方が貯まる気がするのです。

あと、図書館で借りてきた本が古くて2005年の時に出版された個人年金の本ですが、
それらにも「今は金利が低くてあまり魅力のある商品とはいえない」
と解説されていました。(何冊もそう書いてあります)

その時で1.5パーセントくらいですが、今2015年で既に10年経過していますが
同じような低金利のままです。この本のアドバイスに従って、
金利が上昇する時がきたときに加入すればよいと思って、加入をやめて待ち続けたとして
10年たった今でも、まだ1.5パーセントくらいの横這いだったら
結局入った方がよかったのではないかとも思うのですがどうなのでしょうか?
(というのは、周りの人から入るなら1年でも早い方がいいよと言われていて、
入るべきかどうか焦っています。)

仮に私も今は入るのをやめて(金利が上昇した時にお得な金融商品にはいろうとしても)
この先10年も同じ状態だったら55歳になった時に『金利のあがる時代なんていつ来るんだ。
あのとき入っておけばよかった』と後悔するのでは・・・とも思いました。
これは誰にも予測できないことかもしれませんが・・・。

長々と書きましたが、
個人年金に入るより貯蓄した方がいいと言われる方の意味(メリット?)
を教えて頂けると幸いです。
よろしくお願いいたします。

最近、個人年金を奨められて考え始めた45歳独身女性です。
金融の知識が乏しいので図書館で本を借りて読み始めましたが
分からないことがあるので質問させてください。

国内大手ニッ○イの個人の個人年金(一時払い)を奨められました。
660万くらい支払って、25年後に725万になるそうです(62万増える)。
もう1つのプランは、660万払って808万になる(増149万)

周りの人も加入していて、その人たちいわく
●銀行の定期とかに預けてもここまで利息は増えないよ。
●ニッセ○イは大手だから、まず潰れる...続きを読む

Aベストアンサー

このご質問は、最終的にはご本人の判断となりますので、判断材料を書き連ねますね。

> 660万くらい支払って、25年後に725万になるそうです(62万増える)。
25年で 725/660≒1.0984倍 となっていますから、終価係数表で調べると、利率は0.38%をチョット下回る辺り
 →念の為にエクセルの適当なセルに「=1.0038^25」と入力すれば、1.0994609

> もう1つのプランは、660万払って808万になる(増149万)
こちらも25年ですよね。
808/660≒1.224倍だから、終価係数表で調べると、利率は0.814%をチョット下回る辺り
 →念の為にエクセルの適当なセルに「=1.00814^25」と入力すれば、1.22446759

こういうものは複利計算なので、『◎年後に何倍になっているから、預けた期間で割れば利率」だとして考えてしまうと物事が見えくなります。


> ●銀行の定期とかに預けてもここまで利息は増えないよ。
「(複利据置)自由満期定期預金」と言う預金種類がございます。
本日時点でヤフーファイナンスで利率を調べたところ、5年もの[元本300万円以上]で最高0.06%となっております。
 http://info.finance.yahoo.co.jp/interest/original/?price=300

 1 725万円になる方に比べて利率は高い。且つ、5年と言う期間なので、低金利で25年も固定にするリスクを回避はできる
 2 5年後に、再びこの定期預金に預け入れ出来るのかは不明(商品として残っているのか?)。且つ、5年後、10年後、15年後、20年後の預け入れ時の利率が何パーセントなのかは不明

また、300万円以上のスーパー定期を同じくヤフーファイナンスで調べると
5年物(メガバンクは除く)は最高0.06%(ネットバンクを除く)、10年物で0.12%となっております。
 http://info.finance.yahoo.co.jp/interest/supermiddle/


> ●ニッセ○イは大手だから、まず潰れることはないよ。
> 万が一つぶれたときは日本が終わるとき。
> 保険組合で保護されるから元金は保証されるよ。
そう簡単につぶさないというだけであり、日本などの先進国が経済破綻するのと、日本最大(グローバルでもあるけれど)の民間生命保険会社が資産運用を誤って破たんするのとどちらが可能性が高いのか?誰もわかりません。
そして、生命保険会社が破たんすれば日本の評価は下がるでしょうが、果たしてそれだけが原因で日本が経済破綻するのかと考えたら・・・私の答えはNOですね。
あと、預貯金も生命保険、ともに元本1000万円までは保護されています。 ・銀行側)預金保険機構
  http://www.dic.go.jp/shikumi/gaiyo/
 ・生保側)生命保険契約者保護機構
  http://www.seihohogo.jp/

> ●外資やカタカナの会社のはやめた方がいいよ。
数年前にアメリカのAIGが事実上破たんしましたが、日本にある「AIG富士生命保険株式会社」は存在しいます(序でに、損保のAIUも)。
逆に、私が若い頃に伯母の勧めで加入していた「第百生命」は破たんして「マニュライフ生命保険株式会社」が契約を引き継ぎました(現在も継続して加入中)
斯様な事実もありますが、どこがどう悪いのかは、個人の感性に左右される部分もあります。


> ●控除が受けられるよ
1 保険料を支払った保険会社に支払ったとき[保険契約]
生命保険に対する控除額(収入から控除)は最大で5万円であり、且つ、一時払いであれば、支払った年のみの1度きりです。
ご質問者様の収入額及び収入の内容は不明ですが、給与のみであり、「基礎控除」「生命保険料控除」「社会保険料控除」「その他もろもろの控除」を控除した後の『課税給与所得額』が195万円以下であれば、税率は5%ですから、5万円×5%=2500円程度の減税でしょう。

2 満期受取時
 25年後の税制(税率および計算方法)はどうなっているのかわかりませんが、現時点で書けば
 1)年金として複数年にわたって受け取るであれば、空けとっている期間中は雑所得控除が毎年受けられますので、実質無税と思われます。
 2)一括受取だとすると、「一時所得」となりますので、『(受取額-元本-雑所得控除50万円)×0.5』が課税対象額。
  725万円を選んだとすると (725-660-50)×0.5=7万5千円 に対して課税されます[実際には他の課税対象所得額との合算]。


> ●今は金利が低いから魅力ある商品ではない。
> ●今は入る時期ではない。金利があがってから入った方がよい
では、1年後に長期金利が7%(昭和50年代)に上がるのでしょうか?
固定利率で長期運用を行うリスクを回避するのであれば、中途解約による損害が比較的低い定期預金等(短期又は中期)で運用してください。
当たり前ですが、運用のセオリーはだけでも知っている次の2点です
 1 金利が上昇し始めたら、変動金利の短期又は中期モノに切り替える。
 2 いい加減金利上昇が怖くなったら(暴落するかも?の不安)、固定金利の長期モノに切り替える。

> ●貯金しているほうがまだまし(→なぜ??)
これ以上金利が下がらない(底)だと考えた場合、生命保険に対して固定金利で長期に預けたら、金利上昇時に解約して預け替えをすると思います。
 →行えば、中途解約で元本割れリスク
 →やらなければ、運用利差益で多少は利回りがよくなるが、預け返した方が有利ではないかと言う欲が有る。
一方、預金は、固定金利あったとしても、大抵は数年以内に満期を迎える短期の定期預金等を想定しているからです。

> ●インフレに対しては実質目減り
> (→銀行に預けててもそれは同じですよね?)
その通りです。

> ●今入っても、お宝保険に入ってた人の原資になるだけ。
> 保険会社はその支払で経営は大変・・・など
否定はできませんね。
そもそも、財テクに長けていると考えている方々から見れば、「一時払い養老保険」の類は、運用益から経費(保険会社の給料など)引かれており、コストパフォーマンスが悪いとみられています。

このご質問は、最終的にはご本人の判断となりますので、判断材料を書き連ねますね。

> 660万くらい支払って、25年後に725万になるそうです(62万増える)。
25年で 725/660≒1.0984倍 となっていますから、終価係数表で調べると、利率は0.38%をチョット下回る辺り
 →念の為にエクセルの適当なセルに「=1.0038^25」と入力すれば、1.0994609

> もう1つのプランは、660万払って808万になる(増149万)
こちらも25年ですよね。
808/660≒1.224倍だから、終価係数表で調べると、利率は0.814%をチョット下回...続きを読む

Q個人年金を続けるべきか解約するべきか。

今、主人が結婚前から入っている個人年金を解約しようか悩んでいます。
某保険会社の個人年金で主人が20歳頃から入っています。(現在25歳)
内容は60歳から10年間毎年72万(月6万円)支給されるというもので今毎月1万1000円ほど払っています。

私の母がこの保険会社の営業ということもあり母は「絶対かけておいた方がいい!貯金だと思って」と言います。
(主人が入った理由は職場で勧められてなので私の母が勧めたわけではありません)
私も国の年金には不安があって満額貰っても生活していけないだろうと思っているので、毎月1万円の出費は大きいけど払えるまで払っていこう!と思っていました。

しかし最近個人年金はそんなに得じゃないとか、20代ならこれからの妊娠・出産・子育てや家の購入などの為にお金を蓄えて使っていった方がいい、個人年金に加入するのは後でもいいといった意見を聞いて迷いはじめました。
お金の運用や利子や保険の知識などは全く分からない素人なので分からないことだらけです。

正直、毎月個人年金と生命保険(夫婦2人分)で2万8000円払っていてキツイという思いもあります。
家賃を引いた手取りが17万円ほどなので1割以上が保険代です。
元々少なかった貯金も最近は出費が続いて底をついてきたので解約金の70万円に手を出しそうになっているといった状況です。
(何か大きな出費があるわけではないんですが手元に置いておきたいお金として…)

でも今解約して30代40代になって月1万円また払い出せるかというとあまり自信がありません…。


主人25歳サラリーマン
私25歳 専業主婦
結婚8ヶ月 子供はいません


ご意見下さると助かります。

今、主人が結婚前から入っている個人年金を解約しようか悩んでいます。
某保険会社の個人年金で主人が20歳頃から入っています。(現在25歳)
内容は60歳から10年間毎年72万(月6万円)支給されるというもので今毎月1万1000円ほど払っています。

私の母がこの保険会社の営業ということもあり母は「絶対かけておいた方がいい!貯金だと思って」と言います。
(主人が入った理由は職場で勧められてなので私の母が勧めたわけではありません)
私も国の年金には不安があって満額貰っても生活していけないだろう...続きを読む

Aベストアンサー

60歳で払込の場合
11,000X12X(60-20)=5,280,000
720,000X10÷5,280,000=1.36363636363636
7,200,000-5,280,000=1,920,000
利率から得ではありますが、飽くまで60歳払込の場合です。
保険料払込年齢と、年金支給開始年齢が同じ60歳なら良いですが、もう一度証券をお確かめになって計算して下さい。
簡単な四則計算ですので、電卓でも出来ます。

Q個人年金、解約したほうがいいですか?

平成4年に入った個人年金、退職する時に前納した保険料がなくなり、この四月から又月17000円払わなければいけません。後20年払い続けて年間100万円の年金がでます。専業主婦の今、月にそれだけの保険料を払うことができないので、解約するか、払い済みにするか悩んでいます。
レディさんは「予定利率が良かったときの保険だから、解約するのはもったいないが、転換ならお得」といいます。
払い済みにすると年金額は52万円になり、解約すると返戻金が170万円になるそうです。
今まで払った額を考えると170万円は少ないような気がしますが、20年後の52万円もどれだけ助けになる額か疑問です。どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 平成4年から現在まで継続されて約1年余。月々17000円ですから払込み累計額は225万円程になりますから現在の解約返還金170万円は少なく思われるかもしれませんね。
 保険は預貯金などと違って満期まで継続していただくことを前提にしていますから貯蓄型商品といえども途中の解約は払込み累計額より通常少なくなっています。
 kumiko160156さんの価値判断に拠りますが現在の170万円が重要でしたら解約も一つの選択肢です。払済みにした場合の年金額が52万円ということですが、金額から推測して5年確定年金と思われます。そうしますと52万円を5年間で260万円と、もし配当金があればプラスされることになり払込み累計額以上になります。
 「予定利率が良かったときの保険だから、解約するのはもったいない・・」というのはレディさんの言うとおりだと思いますが「・・転換ならお得」には、転換する商品が何かにも拠りますが通常転換する場合、今まで以上の保険料にするという規程がありますから現在のkumiko160156さんのご事情にはそぐわないのではないかと思われます。
 yorozuyaのご指摘の通り減税の解約返還金170万円が払込み累計額より少ないと拘られるか、20年後とはいえ170万円が260万円程度に増え52万円を5年間に亘って受け取る資産を持ったと割り切るか、運用について冷静に判断されるといいと思います。

 平成4年から現在まで継続されて約1年余。月々17000円ですから払込み累計額は225万円程になりますから現在の解約返還金170万円は少なく思われるかもしれませんね。
 保険は預貯金などと違って満期まで継続していただくことを前提にしていますから貯蓄型商品といえども途中の解約は払込み累計額より通常少なくなっています。
 kumiko160156さんの価値判断に拠りますが現在の170万円が重要でしたら解約も一つの選択肢です。払済みにした場合の年金額が52万円ということですが、金額から推測...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報