listen toは句動詞ですか?
参考書には、フレーズを構成する個々の単語の意味からだけではフレーズ全体の意味が推測しづらい場合のみ、 句動詞として分類されるとなっています。
それでも、listen toは句動詞ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

listen to は、下記のように一緒に辞書に書いてあるのですが句動詞ではないような気がします。


 http://eow.alc.co.jp/listen+to/UTF-8/

 なぜかと聞かれると困るのですが、一緒になった結果が、成分から簡単に推測できるからだと思います。
句動詞の見分け方につては下記をご覧下さい。listen to が句動詞でない例として挙がっているので安心しました。
 http://www.englishcafe.jp/answer/and-1f.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2011/04/13 23:15

listen to は句動詞です。

「フレーズを構成する個々の単語の意味からだけではフレーズ全体の意味が推測しづらい場合のみ、 句動詞として分類される」というのは少し言い過ぎ(あるいは表現不足)と思われます。sit on the bench ぐらいだと (sit on を) 句動詞とは言いませんが、look at, come in, sit down は立派な句動詞です。これらは2つの単語があたかも1つの単語のように頭に入っていませんか。そういうのは大抵句動詞です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhave to be able toって?

You have to be able to go there and back.

have to しなければならない
be able to できる

日本語が繋がらないです

be able toはいるんですか!?

Aベストアンサー

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する意味があるのが分かりやすいと思います。

質問文の、You have to be able to go there and back. は、単独では、
「あなたはそこへ行って、帰って来れなくてはいけない」という意味です。

be able to を省略してもよさそうに見えますが、前後の文脈とあわせればもっと意味をとりやすいはずです。

私なりに本当の意味を推測しますと、こういう意味ではないかと。

「あなたはそこへ行くだけではダメ、自分で帰って来れなくてはいけないんだよ」

この意味であれば、
You have to go there and back. では意味が全く違ってしまいます。

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する...続きを読む

Qseem to 動詞 seem to be 動名詞 意味変わりますか? また、seem to 動詞に

seem to 動詞
seem to be 動名詞
意味変わりますか?
また、seem to 動詞には、
状態を表す動詞しか入らないのですか?
know. think
意外にも入るのですか?

Aベストアンサー

確かに、seem to の後は状態動詞が自然です。
現にそうしている、という状態でないと、
そのように思われる、見える、らしい、
ということにはならないので。

「これから~するらしい」的な意味ではないのです、seem to は。

動作動詞でも、be ~ing で進行形になれば
「~している最中」という状態になるので、
seem to の後に続けられます。

だから、進行形に seem to がついているのであり、
動名詞ではありません。

know/think 以外でも、状態動詞なら使えますし、
申し上げたように、動作動詞でも be ~ing にすれば使えます。

Qbe+to不定詞の識別

Nationalism is not to be confused with patriotism.

という文ですが、
この文のbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現のどちらか判別できません。

また、この文に限らず、
一般的にbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現なのかを
どのように判別するのでしょうか?

Aベストアンサー

My aim is to go to college.
補語となるパターンを考えればわかりやすいと思います。

go という不定詞部分の主語は I 自体であり、
my aim 自体が go するのではない。

my aim = to go to college

助動詞の代用の場合は、
He is to attend the meeting.
attend の主語は he そのもの。

he という人間が to attend the meeting という行為と=ではない。
単純に is to を must などの助動詞に代えて成り立つのだから当然のことです。

助動詞の代用という説明自体、判断する手がかりです。
助動詞に置き換えて意味が通じればそちら。

私としてはそういう説明上のもので、助動詞の代用というのが
be to の本質ではないように思います。

Q英語 to不定詞が来る動詞、to+名詞などが付く動詞などの覚え方は?

知覚動詞、使役動詞、megafepsdaなどは覚えやすいのですが
それ以外に動詞はたくさんあります。

to不定詞が付く動詞や、付かない動詞など、英作に必要な動詞を
覚えるのに、分類して覚えたいので、良い方法を教えてください。

知ってる動詞でも、英作する度に「to不定詞ってありかなぁ~」
と思うと、調べなくてはいけないので。
よろしくお願い致します m(_ _)m

Aベストアンサー

Oubliさんに賛成です。使う時に調べていくのが一番早道のような気がします。そのうちよく使うものはだんだん頭に残ってくるのではないでしょうか。I like to go shopping today.とは書いても、I like to shopping today.とは書かないみたいに…。自分自身がこうして身につけたものですから、私にはこれが一番いいように思います。

たしかに高校時代に似たような用法の単語をまとめて覚えるという指導をうけた記憶はあります。用法に違うものがあるという事実を理解するには役立ったと思いますが、そのとき定期試験までは記憶したそれぞれの単語は、使っていない限りしっかり忘れていますし、翻訳するときにも、自信のないものはたとえ初歩的な単語でも辞書やネットで用法を確認してから使っています。

ただし、記憶力がないことには定評のある(?)者のいうことですから、普通以上の記憶力をお持ちの方からは、別のアドヴァイスがあるかもしれません。お役に立ちましたら幸いです。

Qbe likely to の不定詞の用法

 be [likely/apt/liable] to,be [willing/reluctant] to, be eager to,be ready to, と思いつく限り書いて見ましたが、この
be+形容詞+to doの形の不定詞は何用法にあたるのでしょうか?

 僕が思うに副詞的用法の形容詞の限定には考えにくい
と思うのですが、それともこれは熟語の一部としてとらえた
方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾語として形容詞または形容詞相当語句のあとに置いて、判断の理由、条件、感情の原因などを表します。
This scheme is difficult to put into practice.
(=It is difficult to put this scheme into practice.)
  (この計画は実行に移すのがむずかしい)
That old machine is not safe to touch.  (あの古い機械は触れるとあぶない)
I am happy〔glad、delighted〕to make your acquaintance.
 (お知り合いになれてうれしく思います)

[注]
「be + 形容詞 + to不定詞」の形で、慣用句としてよく用いられるものに次のようなものが挙げられます。
be anxious〔eager、impatient〕to~(~したがっている)
be apt〔liable、likely〕to~(~しやすい、~しそうだ)
be ready〔prepared、willing〕to~(いつでも、喜んで~する)
be sure to~(きっと~する)など。

 ということで、お尋ねの不定詞は、副詞的用法ですが、慣用表現ですので、判断の理由、条件、感情の原因のどれにもあたらないのでしょう。

 いかがでしょうか?

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾...続きを読む

Q句動詞と同意の動詞の使い分け

現在TOEICに向けて勉強中なのですが、句動詞が覚えられずに苦労しています。
そこで疑問に思ったのですが、句動詞ってnatureの人はどの程度使用されているのでしょうか?
句動詞と同じ意味の単語があった場合、句動詞とその単語ではどちらが優先されるのですか?
句動詞っていろんな意味が含まれているので、使いにくい感じがするんですけど。

例えば、understand と make out を比較したときに、understandの場合、すぐに「理解する」っていうのが頭に浮かぶんですけど、make outの場合、理解するっていう意味の他にも「作成する」なんかがありますよね。なんで前後の意味を考えないといけない意味で、understandの方が使い易い気がするんですけど。

それでもnatureの人は句動詞を多用されるのでしょうか?使われている単語の難易度を考えると、make outは子供が使う口語、understandは文語もしくは大人の口語って感じもします。そう考えるとnatureの日常的な会話では句動詞が飛び交っているのかと考えてしまいます。

現在TOEICに向けて勉強中なのですが、句動詞が覚えられずに苦労しています。
そこで疑問に思ったのですが、句動詞ってnatureの人はどの程度使用されているのでしょうか?
句動詞と同じ意味の単語があった場合、句動詞とその単語ではどちらが優先されるのですか?
句動詞っていろんな意味が含まれているので、使いにくい感じがするんですけど。

例えば、understand と make out を比較したときに、understandの場合、すぐに「理解する」っていうのが頭に浮かぶんですけど、make outの場合、理解するっていう...続きを読む

Aベストアンサー

>そこで疑問に思ったのですが、句動詞ってnatureの人はどの程度使用されているのでしょうか?
>句動詞と同じ意味の単語があった場合、句動詞とその単語ではどちらが優先されるのですか?
状況によりけりだ、としか言いようがないと思います。
「句動詞と同じ意味の単語」といっても、完全に同じ意味ではないですから、
状況によって、句動詞が適切な場合もそうでない場合もありうるわけです。

>句動詞っていろんな意味が含まれているので、使いにくい感じがするんですけど。
「いろんな意味が含まれている」というのは、すなわち表現として
豊かだということを意味しているのです。
例えばmake outで言えば、「理解する」や「作成する」などの
意味があるわけですが、それらすべての意味の根本は
「(頭や体を使った)作業によって意味のあるものを生み出す」
ということです。
つまり、make outには、単なる「理解する」ではすまされないような、
動きを伴ったイメージが付随しているのです。
そのようなイメージはunderstandにはありませんから、
たとえ辞書で同じ「理解する」という意味を与えられていても、
make outとunderstandでは意味合いが異なってくるわけです。

他の句動詞も同様です。
狭い意味しか持たない「高級」な単語より、広い意味と豊かなイメージを持っているのです。
発話の際にそれらのうちどちらを選ぶかは、その人が何を伝えたいか、
どのように伝えたいかで決まってくるわけです。
フォーマルな場で、客観的な立場から正確に物事を伝えたいなら高級な単語を選ぶでしょうし、
自分の心の動きや立場を積極的に織り込んで伝えたいなら句動詞を用いるでしょう。

>そこで疑問に思ったのですが、句動詞ってnatureの人はどの程度使用されているのでしょうか?
>句動詞と同じ意味の単語があった場合、句動詞とその単語ではどちらが優先されるのですか?
状況によりけりだ、としか言いようがないと思います。
「句動詞と同じ意味の単語」といっても、完全に同じ意味ではないですから、
状況によって、句動詞が適切な場合もそうでない場合もありうるわけです。

>句動詞っていろんな意味が含まれているので、使いにくい感じがするんですけど。
「いろんな意味が含まれて...続きを読む

Qbe going to beがわかりません。

be going to beがわかりません。

I'm not going to be humiliated in front of the entire neighborhood.

ご近所全員の前で辱をかかせたら承知しないわよ!
(親が子供に言ってる台詞でした)

この文は何でbe going toを使うのですか?
be going toは、これから何かしようとする時に使うと思っていました。

I'm going to go to....のように。

Aベストアンサー

SPS700さんのお答えの通りです。

また、I don't want to be ... でしたら、現在形ですから、「現在私は~されることを欲しない」という意味になります(未来の時点では変わるかもしれない)。
それに対して I'm not going to be ... だと、現在の時点から以降のことを問題の対象にしています。
直訳すれば、「私はご近所全員の前で辱をかかせられるような状態に陥るつもりはない」とでもなるでしょうか(日本語には英語の未来時制に相当する表現がないので、これくらいがせいぜいでしょう)。
「つもり」はなくてもそうなったらどうなるか。I'm not going to be ... という、しかるべき状態を否定されるわけだから、あり得べき世界が壊れることを意味する。もはや、それまでのような秩序は期待されない状態になるので、何がどうなるか分らない・・・

Q句動詞と動詞の使い分けはどうするのでしょう?

例えば、"延期する"という意味で"put off"と"postpone"がありますが、外国人にメールをする場合には、どのような状況、場合で句動詞、動詞を使い分けるのでしょうか?
これに限らず、一般的には句動詞は気さくな会話をするときに使うのかなとも思いますが、どうでしょうか?
外国人はどのように使い分けているのか疑問に思いました。

Aベストアンサー

これは一概には言えないような気はしますが、私が一つ感じるのは例えば postpone のような単語は意味がはっきりしていて面白みがない。put off のような句は put と off の語感・ニュアンスが絡み合って意味が発展的である。(辞書を見ても put off の方が多様な意味を持っているように説明してあります)つまり句を使う方が面白いのだろう、という気がします。従って formal な文書には postpone が使われ、演説や会話では句が使われる傾向があるかもしれない、と思います。

蛇足ですが、postpone は次の日程まで延期するというニュアンスで、put off はとりあえず無期限で先送りするニュアンスがあります。put off の場合 off のニュアンスがそこに効いているのだと思います。
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=347314

QThere are going to be ..........................

NHKラジオ英会話講座より
There are going to be a lot of really interesting art and showbiz people there.
そこには本当に面白い芸術家や芸能界の人たちがたくさん集まるのよ。

質問:there is 構文とbe going toの組み合わせに疑問があります。
(1)主語はinteresting art and showbiz people でしょうか?
(2)There will be a lot of really interesting art and showbiz people there.とbe going toの代わりにwillではいけませんか?
(3)there are going to beが1つの型でありthere are going to do
とbeの代わりにdoの型もありますか?
(4)be going toの主語は人意外は経験がありませんので、なにかアドバイスをお願いできれば幸いです。 以上

Aベストアンサー

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明します

be going to は既に予定されていた事に使います

Mother: Can you repair Tom's bike? トムの自転車直せる?
It has a flat tire. パンクしてるの
Father: I know. He told me. 知ってる。言ってきた
    I'm going to repair it tomorrow.
    明日直す予定だよ

will は話の中で予定を組む時に使います

Tom: My bicycle has a flat tire.自転車がパンクしてる
Can you repair it for me? 直してくれる
Father: OK but I can't do it now. わかった。でも今は無理
    I will do it tomorrow. 明日するよ

上記ははっきりした区別です。それ以外の未来は、どちらでもよく、
その違いはありません。

It will rain this afternoon.
It's going to rain this afternoon.

I will be 20 next month.
I'm going to be 20 next month.

It's already 8 o'clock. I'll be late.
It's already 8 o'clock. I'm going to be late.

例の文は従ってどちらでも変わりません。もし違いがあるという
英語国民がいるとしたら、それは個人的な感覚と言えます。

There will be a lot of ...
There is going to be a lot of...

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明しま...続きを読む

Q英語 視覚/知覚動詞+O+動詞の原型、視覚/知覚動詞+O+現在/過去分詞について 視覚/知覚動詞+O

英語

視覚/知覚動詞+O+動詞の原型、視覚/知覚動詞+O+現在/過去分詞について

視覚/知覚動詞+O+動詞の原型を受身の形にしたい時はto不定詞が使われますよね、
The boy was seen to fall down.
訳:その男の子は転ぶのを見られた
このような感じに

ここで、知覚/視覚動詞+O+現在/過去分詞の形を受身にしたい場合はどうすればよいのでしょうか?

その男の子は母親に叱られるのを見られた
この文を英文にしたい場合

The boy was seen to be scolded by his mother.
翻訳アプリではto不定詞を用いて↑のように表していたのですが、翻訳アプリなので文法が合っているのか分からないので質問させていただきました。
(あまり使わない表現だと思いますが文法を知りたいので別の言い回し等は聞いていません^^;)

Aベストアンサー

> 要するに受身を表す分詞の形は適切な表現が無い

人によるってことです。
「知覚動詞+O+過去分詞」を受身にした形に、何の問題も無いという人もいるし、一瞬、何のことか理解できない人もいる。

だから、先に挙げたスレッドでは
”The boy was seen knocked down by a car.”
が言えるかどうかで、議論になっている。

不自然だという人は、これを読んで不自然に思わない人のことが理解できない。
逆に、言えるという人にとっては、これのどこが不自然なのか理解できない。
だから、探せば用例はたくさん出てくる。



> 文法問題で分詞を使った視覚/知覚動詞+O+過去分詞をつかった問題はまず出てこない

大学入試レベルではまず出さないでしょう。

そもそも「知覚動詞+O+過去分詞」がそれほど頻度が高くない。
「知覚動詞+O+現在分詞」または「知覚動詞+O+形容詞」の方がはるかに多い。

だから、「知覚動詞+O+現在分詞」または「知覚動詞+O+形容詞」の受け身形なら出るかもしれない。
でもまあ、「知覚動詞+O+過去分詞」の受身を問題として出されたとしても、これでもう分かるようになったんじゃありませんか?
実際、用例がないわけじゃないから。



> The boy was seen being scolded by his mother.

これは
Someone saw the boy being scolded by his mother.
「男の子が叱られているのを見た」
「知覚動詞+O+現在分詞」の受け身形です。

> 要するに受身を表す分詞の形は適切な表現が無い

人によるってことです。
「知覚動詞+O+過去分詞」を受身にした形に、何の問題も無いという人もいるし、一瞬、何のことか理解できない人もいる。

だから、先に挙げたスレッドでは
”The boy was seen knocked down by a car.”
が言えるかどうかで、議論になっている。

不自然だという人は、これを読んで不自然に思わない人のことが理解できない。
逆に、言えるという人にとっては、これのどこが不自然なのか理解できない。
だから、探せば用例はたくさん出て...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報