アマチュア無線のラジアルアンテナで質問です。

 144/430MHzをモービルで使っています。諸事情から短いアンテナを使わないといけなくなりました。
 47cmのアンテナで、430MHzはノンラジアル、144MHzはラジアルになっています。(ダイアモンドのSG-7000)

 これを取り付けて、SWRを計ったところ144,430MHz両方とも1.1程度で収まりました。

 ところが、基台はルーフレールにラバーを巻いて取り付けた為にアースは取れていません。
 もちろん、無線機側の筐体はアースしてあります。

この状況で、質問は…

1.こういう事はありえるのでしょうか?

2.このまま、144MHzでQSOしても大丈夫でしょうか?

 何か一時的な条件で、たまたまSWR=1.1になっているとすると、今後、壊れる事も考えられるので、お知恵をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1アマです。



答えから言うと問題ありませんよ。



ラバーを巻いても、静電容量(コンデンサ)のような動作をしているんだと思います。(実物を見ないとはっきりわかりませんが)

アンテナから発射される電波は交流です。コンデンサは電流が良く流れるので、アースが取れていると考えてOKです。

気になるようなら、基台に50cm弱のエレメントを1本取り付けてはいかがでしょうか?(L型アンテナのような感じです)
このエレメントは、車の屋根と平行につければ見た目も悪くないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1アマの先輩ありがとうございます。

 交流とコンデンサの関係及びラバーの事は確かに言われると、そのとおりですね。
 4アマの修行中の身としては、そこまで気が回らないのと自分に自信がありませんでした。

 ラバーは厚み2mm(締めこんでるので、実質は1mm)程度の薄いものなので、コンデンサ効果はありえると思います。
 ルーフレールは、1.5mの金属製でにコンデンサ(ラバー)をかえしてつながっていると考えると、144MHzレベルではうまく行くという事ですね。

 コンデンサの状況が変わると、変化があるのかもしれないので、今後も時々SWR計をつけて確認をしてみたいと思います。

 あと、エレメントのヒントも頂いたので、これも調べてみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/13 17:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイアスタイヤとラジアルタイヤ

バイアスタイヤとラジアルタイヤの違いについて、
構造や価格以外のことを教えて下さい。
かつて四輪車にラジアルタイヤが普及していった頃、
ラジアルタイヤのあまりのハンドリングの良さに
皆が驚いたと聞きます。
なぜ二輪ではラジアルばかりにならないのでしょうか?
構造や価格差以外にどんなメリット、デメリットが
あるのでしょうか?
また、どんなバイクにどちらのタイヤが向いているのでしょうか? 
(レースは除く)
乗り手の立場で教えて下さい。

Aベストアンサー

>なぜ二輪ではラジアルばかりにならないのでしょうか?

それはハーレーのようなアメリカンなどそれほどハイスピードを求めないものにはこれで十分だということ。だいたい時速240km以下なら実用上なんら問題はないことです。

>構造や価格差以外にどんなメリット、デメリットが
あるのでしょうか?

ラジアルですとバイアスに比べて軽く作れること。剛性が保てること。燃費に優れている。太く接地面積の広いタイヤを作れるので大出力のものでも容易に受け止めることができブレーキ性能をあげることができます。

一方バイアスの場合は重量変化に強いのでかなり沢山の荷物+人が乗っても変形することがありません。高さがある分クッション性がよくラジアルに比べると乗り心地が柔らかい。衝撃吸収に優れているためにオフロードではいまだにバイアスが主流(これはタイヤ自体がサスペンションと同じくらい動いてくれるため)。

ハイスピードで走るバイクや高出力のバイクはまちがいなくラジアルを選択するべきでしょう。

それ以外のたいしてスピードを求めないアメリカンやゆったりのんびり走り積載量の多いグランドツアラーなどはバイアスのほういいでしょう。

>なぜ二輪ではラジアルばかりにならないのでしょうか?

それはハーレーのようなアメリカンなどそれほどハイスピードを求めないものにはこれで十分だということ。だいたい時速240km以下なら実用上なんら問題はないことです。

>構造や価格差以外にどんなメリット、デメリットが
あるのでしょうか?

ラジアルですとバイアスに比べて軽く作れること。剛性が保てること。燃費に優れている。太く接地面積の広いタイヤを作れるので大出力のものでも容易に受け止めることができブレーキ性能をあげることがで...続きを読む

Q144/430のハンディータイプアマチュア無線機

今後の災害に備えて、情報収集用にアマチュア無線機を探しています。
ただアマチュア無線からは、かれこれ20年以上離れており、私の用途に向いた
無線機が良いのかさっぱりわからないため、お知恵をお借りできればと思います。

今考えているのは、周波数帯:144/430 電源:乾電池運用可能 その他:防水性能が
あるものを探しています。

定番機種などはあるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アマチュア無線局です。
東日本大震災時に被災地に144、430M帯のハンディー機を実際に所持しましたが、思うように、想像以上に活用できませんでした。
被災地の無線局の方々が無線機、モービル機=自動車を津波で流失したものですから、まったく応答ありませんでしたが、レシーバーの様に様々な周波数を傍受して自己管理の下に他人に漏洩しない範囲で情報を得ることは出来たかは乏しい状況でした。
質問は、災害時の無線機の選択でしたが、現在、ハムショップで販売されているハンディー機で十分活用できると思います。
以上、体験談ですみませんがご参考までに投稿させていただきました。

Qラジアルマウントブレーキってどんなブレーキですか?

タイトルのとおりですが・・・。
'03モデルのGSX-R1000などに採用されているラジアルマウントブレーキというのはどんなブレーキなのですか?
どこがどうなっているとラジアルマウントなのでしょうか?
初歩的な質問かもしれませんが横文字に弱く、ぱっと見違いが分からないのでどなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

ここの中程のキャリパーを外した写真を見ればホイル中心に向かってマウントしているのがよく分かりますよ それでラジアルなんですね
http://plaza.harmonix.ne.jp/~fumimasa/R10-main.html

蛇足ですが利点は
キャリパーをラジアルマウント化したことにより、フロント・ブレーキディスクをφ320ミリからφ300ミリへと小径化したことにより、ディスク重量を160グラム軽量化している。

ラジアルマウントはレバーストロークが少ない傾向らしく、コーナ進入で奥まで引きずるタイプのライダーには、合わないらしい。

キャリパーは、4パッド方式。その制動力は非常に高いと同時に、じつにリニアな効き味でコントロール性もいい。
スムーズなブレーキの利き味を生み、限界点も高めている。後輪の無用なリフトを抑える働きも生む。

Qアマチュア無線アンテナ APA-4とAPA-4DX

両方使って見た方いらっしゃいますか?
特に、APA-4DXは「ビームアンテナなみのDXできる」とうたっていますが、本当ですか?

もう一件。
APA-4とAPA-4DXの違いはなんでしょうか?寸法、重さ的ではなく、APA-4DXにAPA-4と比べて、なにがあるのでDX交信できるのでしょうか?

住まいは5階立てアパートの5階で、屋根から3メートルぐらいの高さまではアンテナ上げること可能ですが、あまり目立たないDXできるアンテナ探しています。3~4メートルぐらい長い2エレの八木があればDXできるかなと思っていますが、目立つでしょう。APA-4DXなら目立たないと思っていますが、経験、知識のある方、アドバイスください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>特に、APA-4DXは「ビームアンテナなみのDXできる」とうたっていますが、本当ですか?

う~ん、APA-4って「屋根にアンテナ上げられず、ベランダしか場所が無い、アパマンハム用」なんで「それなり」にしか飛びませんよ。

>APA-4とAPA-4DXの違いはなんでしょうか?寸法、重さ的ではなく、APA-4DXにAPA-4と比べて、なにがあるのでDX交信できるのでしょうか?

エレメントとコイルの配置が違っていて、コイルそのものも違います。その為、DXは大型化して重量もあります。

>APA-4DXなら目立たないと思っていますが

ベランダからニョッキリ出るので、目立つのは普通のアンテナと変わりません。

んで、APA-4シリーズで困るのは冬季。着雪した雪や氷が落ちるので「ベランダの下が、歩道や通路など、人が通行する場所」の場合、落ちた雪や氷で事故が起きるので、そういう場所には設置出来ません(貴方が自費で「頭上注意・落雪注意」の看板でも設置するなら話は別ですが)

当然ですが、落下事故が起きた場合の責任問題になりますから、賃貸の場合は、大家や管理会社から「ベランダへの設置許可」を貰わないといけません。

>特に、APA-4DXは「ビームアンテナなみのDXできる」とうたっていますが、本当ですか?

う~ん、APA-4って「屋根にアンテナ上げられず、ベランダしか場所が無い、アパマンハム用」なんで「それなり」にしか飛びませんよ。

>APA-4とAPA-4DXの違いはなんでしょうか?寸法、重さ的ではなく、APA-4DXにAPA-4と比べて、なにがあるのでDX交信できるのでしょうか?

エレメントとコイルの配置が違っていて、コイルそのものも違います。その為、DXは大型化して重量もあります。

>APA-4DXなら目立たないと思っていま...続きを読む

Qラジアル荷重・スラスト荷重

ラジアル荷重とは軸に対して垂直。
スラスト荷重とは軸方向にかかる荷重ですよね。
ではラジアル荷重とスラスト荷重が同時にかかるものとは例えばどんなものがあるのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

>ラジアル荷重とスラスト荷重が同時にかかるものとは例えばどんなものがあるのでしょうか。

ウオームギアが良い例です。
これでウオームホイールを経由させ、1トンの物質をクランク上昇させた場合、ウオームギアは回転すると同時に(α/1t)の加重で外側へ飛び出してしまいます。

ウォームホイールに全加重(α/1t)を掛けながら回転させ、
短期間での破損に至ります。
この場合、テーパーベアリングがどうしても必要です。

また、微細なスラスト加重のためにテーパーベアリングを考慮すれば、組み付け工事、修理工事でのトラブルも増加するので生産コストは倍加してしまいます。

圧縮加重以外が想定出来ない場合、鋳物を使用すれば良く、鋳物の生産性や工作性やを考慮すればコストは半減します。

設計士の胸三寸な訳です。

Qアマチュア無線の144メガヘルツ帯のF2の超小型微弱出力ビーコン電波発

アマチュア無線の144メガヘルツ帯のF2の超小型微弱出力ビーコン電波発信機の米国仕様の回路図です、これを日本仕様で実験したいが、回路図にあるPIC12f675集積回路の代替品となる日本国内で入手しやすい、安価な集積回路の型番、ピン接続を教えてください、供給電圧はボタン電池で3ボルトから6ボルト、集積回路の機能は、FM変調信号発生用非安定マルチバイブレーター回路と、水晶発振回路の、供給電源のオン、オフのスイッチング回路です、これで送信電波を断続的に送信、停波を繰り返して、電池寿命を伸ばします、

Aベストアンサー

秋月電子通商では12F675は120円で売っています。
老婆心ながら、PICは買ってきたままで回路に継いでも動作しません。
PICは小さいながらもマイコン並みの機能があり、(パソコンほどではないですが)
色々なコントロールが自由自在に出来ます。
逆にいえば、プログラム次第で電圧計になったり、7400シリーズで有名なロジック回路を構成できたり、
今回のFM変調、送信断続などが出来ます。
今回のご質問では、チップの入手先ということで秋月電子通商を紹介致しましたが
上記の理由から、プログラム本体と、プログラム書き込み機が必要になるでしょう

PIC 12F675 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00253/
書き込み機 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-02018/

Qバイアスタイヤとラジアルタイヤ

バイアスタイヤとラジアルタイヤは、違いはカーカスの向きだということは知っていますが、そんなに違いがわかりません。
バイアスは安いのでつけましたが、別に日常の使用では使用感はわかりません。

レースでもでればまた違うでしょうか。
そもそも、なぜ、どういう必要があってラジアルは開発されたのでしょう?もともとは、最初はバイアスだった訳ですよね。バイアスのその限界といいますか、欠点といいますか。どこを改善したくてラジアルはでてきたのでしょう。


ただ、不思議なことにバイアスタイヤが悪いタイヤなら消えません。バイアスは乗り心地がいいと聞きました。よくわからないのでご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

バイアスという言葉は、タイヤだけに使われる言葉ではなく、裁縫でも使います。
布は縦糸と横糸を編み合わせてますが、糸の方向に引っ張っても布は伸びませんが、糸に対して45度に引っ張ると伸びます。
これもバイアスといいます。
バイアスタイヤの乗り心地がいいというのは、この性質によって小石などを踏んでもタイヤが包み込むように変形するためです。
なので、未舗装路が多かった時代はバイアスタイヤの方が都合よかったのですが、
道路の舗装化が進み、高速化してくるにしたがい耐久性の問題が出てきました。
ゴムは変形を繰り返すと発熱しますから、柔らかい=発熱しやすい=減りやすい、となってきます。
そこで、トレッド面の剛性が高く、変形しにくいラジアルタイヤの登場となるのですが、
バイクの場合は四輪の殆どがラジアルタイヤになってもバイアスのままでした。
それは、ラジアルタイヤはトレッド面とサイドウォールの剛性が大きく違うため、四輪と違い曲がる時に車体(タイヤ)を大きく傾けるバイクでは都合が悪かったのです。
そこで、リムのワイド化、タイヤを扁平化して横剛性を上げたラジアルタイヤが使われるようになりました。

今回、ラジアル指定からバイアスにしたとのことですが、
バイアスであっても高速化への対応がなされていましたので、近年のスポーツタイヤであればラジアルに近い特性になってます。
少なくとも、同サイズのあるタイヤなら。
昔のフロント19インチのバイアスタイヤであれば、ラジアルと大きく違うのは見ただけでも判ると思いますが、
140/70-17と140/70R17であれば、びみょ~・・・な感じではあります。
89年式のCBR250R(バイアスタイヤ)と90年式のCBR250RR(ラジアルタイヤ)で劇的に違うかといわれれば、よくわからないですし。
それでも、比べてみれば違いはあると思うのですが、その違いが僅かで、
耐久性も価格差を補うほどではないのであれば、好きなほうを選べばいいのかな、とは思います。
私としては、いろんなタイヤを試した結果、ノーマルサイズが一番良かったなんてこともあったので、指定タイヤにはそれなりに意味があると思っているのですが。

バイアスという言葉は、タイヤだけに使われる言葉ではなく、裁縫でも使います。
布は縦糸と横糸を編み合わせてますが、糸の方向に引っ張っても布は伸びませんが、糸に対して45度に引っ張ると伸びます。
これもバイアスといいます。
バイアスタイヤの乗り心地がいいというのは、この性質によって小石などを踏んでもタイヤが包み込むように変形するためです。
なので、未舗装路が多かった時代はバイアスタイヤの方が都合よかったのですが、
道路の舗装化が進み、高速化してくるにしたがい耐久性の問題が出てき...続きを読む

Qアマチュア無線・おもしろ無線用モービルアンテナ

現在ハンディ機VX-8Dを使っているのですが、ハンディー用のアンテナでは物足りないのでモービルアンテナとマグネット基台を買おうと思っているのですが、何かいいものはないでしょうか。
用途はアマチュア無線をしたりエアバンドや消防無線、鉄道無線などのおもしろ無線受信です。
とりあえず候補としてはNR950Mがあるのですが・・・・・・

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NR950Mをマグネットベースでは飛ぶ可能性があります。
向かい風の高速道路であれば、間違いなく飛びますよ。

NR950Mをモービル運用されるのなら、
マグネットベースでなくトランクリッドベースを使われることをお勧めします。

Qラジアルタイヤとバイアスタイヤの混ぜ履きはだめですか?

三菱ふそうのファイター4トン車に乗ってます。6本のタイヤは8.25-16LT14PR、8.25-16PRというのを履いていて、両方ともラジアルではないタイプ(バイアスタイプというと思いますが、これって正しいですか)ですが、、、質問はサイズが同じなので、すり減ったタイヤの交換に8.25R16 LT 14PRという「R」の文字の入ったラジアルのタイヤは履けますか???ある人は「混ぜ合わせ履きはダメ」といい、ある人は「ナイロンにこだわることないよ」といいます。実際どっちですか?前2本ラジアルでそろえるなら問題ないのですか?ちなみに長距離はまったく走りません。

Aベストアンサー

 クルマの設計屋で、トラックのサスも守備範囲の者です。

1.標準がバイアスタイヤ設定ですね?そうしますと、バイアス構造とラジアル構造はサイドスリップが違うので、ラジアルを前輪に履くと直進性が劣化し、危険です。前後で必ず同じ構造のタイヤを履きましょう。…・というのはクルマ屋としての建前、或いは一般論で、今手元にあるフロントアクスルの分類表(ファイター用ではありませんが、強力なライバル車のモノ)を見てみますと、バイアスとラジアルでセッティングが変わりません。
 ファイターも近いセッティングになっているはずなので(リジッドのフロントアクスルは既に追及され尽くしているので、どのメーカも似たような仕様になっています)、バイアスをラジアルに変えても直進性には大きな問題は無いと思われます。

2. 但し、バイアスとラジアルでタイヤの偏向性やセルフアライニングトルク(回転するタイヤを操舵した時、勝手に戻ろうとするトルク)の大きさが違うのは間違いないので、左右は同じ銘柄がよいでしょう。左右で違うタイヤを履いていると、制動時は勿論普通に直進している時でも、無視出来ないハンドル取られが発生する可能性があります。

3. 摩擦力の問題は…・最近の乗用車のタイヤだけしか見ていないと『バイアスよりラジアルの方が確実にハイグリップ』と考えてしまいがちですが、トラックタイヤは必ずしもそうなっていません。
 タイヤの銘柄の組合せや車両側との相性もあるので、どんな組合せでもゼンゼンオッケー・変化ナシ、とは言い切れませんが、摩擦力に関しては危険なほどは差が出ないと言えます。(前後のタイヤが違う事など、4t分の空積の差から見たらどぅとゆぅ事もありません。)

4. それより問題はタイヤの許容荷重とスペアではありませんか?
 今ちょうど手元にJATMA(日本自動車タイヤ協会が規定するタイヤのハンドブック)が無いので調べられませんが、許容荷重はタイヤ屋やタイヤメーカのHP等でしっかり確認しておいてください。ま、サイズが殆ど同じなので、許容荷重も同じぐらいだとは思いますが。(極論しますと…トラックのタイヤなんて、許容荷重とサイズがOKなら、どんなタイヤでもどぅでもヨイ、とも言えます。)
 後はスペアタイヤですね。4t車ともなると、パンクしたからといって路上に放置しておく事も出来ませんが、長距離は走られないとの事ですし、例え左右で違うタイヤでも慎重に走ればなんとかなるでしょう。

 クルマの設計屋で、トラックのサスも守備範囲の者です。

1.標準がバイアスタイヤ設定ですね?そうしますと、バイアス構造とラジアル構造はサイドスリップが違うので、ラジアルを前輪に履くと直進性が劣化し、危険です。前後で必ず同じ構造のタイヤを履きましょう。…・というのはクルマ屋としての建前、或いは一般論で、今手元にあるフロントアクスルの分類表(ファイター用ではありませんが、強力なライバル車のモノ)を見てみますと、バイアスとラジアルでセッティングが変わりません。
 ファイターも...続きを読む

Qアマチュア無線免許(アマチュア無線をはじめたいです。)

アマチュア無線をはじめたいのですが、どういった免許を取ればいいでしょうか?またどういう規模の機材など必要でしょうか?
僕がやってみたいのは世界中とやってみたいです。日本国内だけでもいいのですが。いろいろ免許の種類があるみたいですが(電気の量?)
あまり工学的知識はありません。うろ覚えな記憶ですが、機材は航空無線を傍聴してる人などが持ってるエアバンド的な大きさ(持って歩ける大きさ)がいいです。とにかく距離さえ全範囲に話せるならかまいません。ご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

日本国内や近隣の国と、まんべんなく交信したいのなら7MHz帯。
少し長距離を望みたいなら21MHz帯。
空のコンディションによって思わぬ長距離を望むなら、28MHz帯

さらに、CW(モールス)を習得すると、小さな電力で、遥かに遠距離と交信できます。

上記はどれも4級アマチュア無線技士の免許の範囲で使えるHF(短波帯)です。

短波帯の無線機は、手持ちサイズのはあまりないですね。なぜかというと、大きなアンテナが必要なので、無線機だけが小さくても意味がないからです。

しかし、いくらここで説明しても理解半分でしょうから、まずは、下記をご覧ください。
http://www.jarl.or.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報