アメリカによる日本支援、トモダチ作戦は対米追従ポチ世論を醸成
するための作戦ですか?
アメリカによる支援は結構なことなんですが、作戦とついてしまっている
ように、これはアメリカ追従ポチ世論を醸成するための作戦ではないの
ですか?
米軍基地問題などでギクシャクしていましたが、この作戦によって再び
米軍基地を容認させようというような下心が見え見えのような気がす
るのですが、気のせいですか?
メディアなんかもアメリカを喝采しまくっていて、非常に薄気味悪いの
ですが。
アメリカ追従ポチの人たちもここぞとばかりにアメリカ万歳してますし。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

個人の行動ならともかく、国家ですから


計算尽くの上での行動だと思います。
そうでなければ、米国の指導者は米国民に
対する背任です。
国家間、というものはそうしたものでしょう。

具体的には、これで日本が米国債を売る
大義名分が出来たので、米国が慌てた
ということだと推測しています。
    • good
    • 0

こんにちは




> 作戦とついてしまっているように、これはアメリカ追従ポチ世論

米軍は、今回の災害・人道支援以外にも、過去 戦闘を伴わない
大規模な軍事行動には"Operation ××(××作戦)"という名称
を付けることはよくあります。
・Operation Fiery Vigil:1991年、フィリピンのピナツボ火山噴火に
ともなう海軍による緊急避難支援
・Operation Unified Assistance:2004年のインド洋大地震とそれ
に伴う津波被害に対する人道支援
などなど。


> 米軍基地を容認させようというような下心が見え見えのような
> 気がするのですが、気のせいですか?

多少 米軍のイメージアップにはつながる、という目算は確かに
あったでしょうが、普天間に代表されるような基地問題の解決に
直結する、という 甘い期待 はさらさら抱いてないでしょう。


> メディアなんかもアメリカを喝采しまくっていて、非常に薄気味
> 悪いのですが。

そうですか・・・、
それよりも、ここぞとばかりに、我が国周辺に軍用機を飛ばして
きたり、領土問題で係争中の島の新規開発計画を発表したり
する国のほうが、よっぽど"不気味"ですが・・・。
    • good
    • 0

私はもういい齢ですが、純粋にアメリカ国民の好意と受け取っています。


喧嘩した相手とは仲良くなれる。
戦後65年。
寛大な勝者とすべてを失い飢えている敗者の関係から再構築が始まり今ではベストパートナーに発展した。私は単細胞なのかもしれませんが、米国のフレンドシップを心から嬉しく思い歓迎しております。
    • good
    • 0

これはアメリカ追従ポチ世論を醸成するための作戦ではないのですか?


>>友達の居ない人(国)にはわからないと思う。。


米軍基地問題などでギクシャクしていましたが、この作戦によって再び米軍基地を容認させようというような下心が見え見えのような気がするのですが、気のせいですか?
>>米軍基地あるから応援に来てくれるので問題ない。

メディアなんかもアメリカを喝采しまくっていて、非常に薄気味悪いのですが。
>>かなり、爽快ですが。。


アメリカ追従ポチの人たちもここぞとばかりにアメリカ万歳してますし。
>>そうだよ。日本企業は、アメリカに工場あるからね。いろいろ、お得意様。
    • good
    • 0

 当然何らかの打算はあるでしょう。

大人なんですからね、幼稚園児じゃあるまいし、本当に「友達だから」だけで世の中は動きませんよ。まあ台湾のように、見てる方が心配になっちゃうような義援金送ってくれる所もありますけど。

 アメリカとしては「ここで日本に潰れて貰っちゃ困る」のです。長年韓国を支援してきたのも同じ。でもそれで結構、日本はそれを利用すればいい。支援必要なのです、断る理由もありませんし、この機に乗じて揺さぶりをかけてくる中国やロシア、朝鮮に比べてなんと頼もしい事か。逆にここで日本を支援しないようだと、ここぞとばかりに中国追従ポチや朝鮮追従ポチの連中が日米同盟不要論を唱え始めますから。
    • good
    • 0

こんなに救助活動に汗しているオトモダチの米国債を売らないよね?


http://sankei.jp.msn.com/world/news/110316/amr11 …

と言いに来たのでしょう。
    • good
    • 0

いえいえ、オトモダチ作戦はこれまで目下の同盟者としていたのを反省して、やっぱり対等な友達でないといけないと気づいたためのネーミングです。

オトモダチ作戦をしているアメリカは当然「思いやり予算」などは辞退します。大震災・レベル7の原発事故で大変な日本から「思いやり」を受けるはずがないからです。海兵隊のグアム移転費も当然日本から巻き上げたりしません。それどころか、三沢基地も横田基地も仮設住宅建設地に使ってくださいと申し出てくるはずです。なにしろ「オトモダチ」なのですから。
    • good
    • 0

質問者の脳みそが壊れているからそう思うんでしょうね。


病院に行って相談してみましょう。直らない可能性もありますが、人と会話をすれば多少改善できるかもしれません。

お大事に。
    • good
    • 0

まあ、その意味合いはどうしても排除できませんよね。

支援も外交のうちですから…
でも、現にそれで多くの命が救われ遺体回収もはかどり、腐敗して無惨な死に様をさらさなくて済む方が、たくさんいるのだから、対米ポチ世論とかどうでもいいじゃないですか。

個人的には、アメリカのポチでいた方が日本は幸せだと思ってますから…
中国のポチになるくらいなら、アメリカのポチの方が数千倍マシです。
    • good
    • 0

左翼乙w



石原を頭ごなしに批判したり米軍の支援を批判したり

極左丸出しのお前が一番気持ち悪いよ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q君はポチを見たか?

「ポチ」。あまりにも有名な犬の名前です。
ポチといえば犬、犬と言えばポチと思うほどです。

しかし、実際に、飼い犬にポチと名付けている人はいるのでしょうか?
私はあまりペットを飼っている人とつきあいがなく、いるかどうかわかりません。
「太郎」「花子」などの名前の人がたまにいるように、ポチもいるのでしょうか。
ポチを見た経験があれば教えてください。

あと、「タマ」という猫も見た経験があればお願いします。

Aベストアンサー

田舎のせいか、近所に2匹ポチくんいます。
2匹共雑種・外飼い・おじさんにかわいがられている、という共通点があります。

受け狙いでつけるみたいですよ。
洒落た名前の犬が多い中、ポチはいまや珍しい名前ですから目立ちますし。

タマは見たことないと思います。
名前を知っている猫自体少ないので、ちょっと分かりません。

Q対米従属(米英中心主義)の政治と対米離脱(多極主義)の政治。

対米従属(米英中心主義)の政治と対米離脱(多極主義)の政治。

ネットを通して、いろいろな論客のブログを読むことが出来ます。

メディアの報道が極めて偏向している現実を、恐らく多くの人々が自覚しつつ、しかしながら
結果としてメディアのB層情報操作によって世論が形成されている現実があるように私には
思えます。

昨年の衆院選挙で、政権交代がなされたものの、権力の交代までは至っていないということ
をこの数ヶ月の政治の現状や多くのブログを読んで私は認識しました。

ある評論家の指摘として、米国・政・官・業・メディアの既得権者によって、日本はまだまだ
支配されたままであるとされています。

その具体的姿までは分かりにくいものの、多くの大手メディアの報道が客観的でない現実は
明らかに何がしかの大きな力で統制されていると感じます。

新しい時代に向けて、日本という国は従来通り、対米従属でいかざるおえず、それでこそ、
米国に軍事基地を提供し、経済的にも米国を支援し、言論等で支配されつつも、経済に集中
することで繁栄できた路線を継続すべきか、あるいは対米離脱という新たな戦略で、米国との
信頼関係を構築しつつ、米国からの圧力ではなく、日本独自の考え方で中国他、他国とも友好的
な関係を構築していくべきか。

私自身は当然の如く、後者だと思います。

しかしながら、現実の政治は、対米従属と対米離脱の2者に分かれているのではないでしょうか。

政・官・業の既得権とは具体的に何をさすのでしょう。
政治では自民党清和会の政治家がそうだと言われています。
官とか、主に財務省なのでしょうか。
業とは多くの大企業をさすのでしょうか。

大手メディアを統制できる勢力とは具体的にどこなのでしょう。単に電通であるというものでは
ないと思います。官僚機構のどこかではないのでしょうか。上記にある財務省でしょうか。

検察についても、検察独自で政治家に対する起訴、不起訴の判断を下すというより、その後方で
米国からの圧力に忠実に動いているのが実態なのではないでしょうか。
その米国から圧力とは具体的にどのような勢力なのでしょうか。
単にCIAといっても、その後方の何かがあると思います。

日本が将来に向けて、経済的に破綻せず、新たな繁栄を実現していく為に、政治はどうあるべきか。

その基本は、対米離脱(多極主義)の政治の確立がベースになるべきであるということを論理的に
説明できる論客がいないものでしょうか。

対米従属(米英中心主義)の政治と対米離脱(多極主義)の政治。

ネットを通して、いろいろな論客のブログを読むことが出来ます。

メディアの報道が極めて偏向している現実を、恐らく多くの人々が自覚しつつ、しかしながら
結果としてメディアのB層情報操作によって世論が形成されている現実があるように私には
思えます。

昨年の衆院選挙で、政権交代がなされたものの、権力の交代までは至っていないということ
をこの数ヶ月の政治の現状や多くのブログを読んで私は認識しました。

ある評論家の指摘として、...続きを読む

Aベストアンサー

最も好ましい日本の将来への道は、「対米従属」と「対米離脱」の中間にあります。
それは「対米友好」の道です。

質問者さんがどういう意味で「対米離脱」を述べているのか分からないのですが、私が言い直せば「対米従属からの離脱」、、、こう言い直せば質問者さんの文意が通りますので、多分そのおつもりなのだと思います。

純粋な対米離脱は日本の置かれた状況では無理です。
これを主張しそれに猛進するのであれば、その前に米国を仮想敵国と見なして日本の安全保障をある程度完成させてからでなければ成りません。
純粋な「対米離脱」は日米同盟の廃止を意味し、現在の極東情勢下ではこれは即座に米国を仮想敵国とします。
これに対応するには日本の核武装か、中国・ロシアの2カ国と同時に軍事同盟を結ぶ以外に方法は有りません。
このいずれかを今の日本は実行する決意があるのでしょうか。
またちなみに、後者の方法は日本の中国・ロシアに対する属国化を意味します。

つまり日本の取るべき道は、これまでの対米追従を継続するか、中国・ロシアの2カ国の属国化を断行するか、核武装をするか、対米追従を離脱した「対米友好」の道をとるか… この4通りです。
(なお複合的な道として、核武装を部分的に行いながら日米同盟含む対米友好の道をとるという方法も有りますが、私はこれが最も好ましい道であると考えますし、実現可能です。)

単純に多極化を良しとして国の立ち位置を見誤ると、国際孤立・領土縮減・国家主権の放棄に至ります。
そもそも米国はそのような国際環境下に日本を貶めようと戦後努力してきたのであり、冷戦終結後は最大の敵を日本であるとし、中国と共謀して元の切り下げ固定化を断行し、日本の経済力を低下させ中国経済力を上昇させました。(これがキッシンジャー路線ですね)

質問者さんもご存知の某左傾コラムニストは、米英の隠れ多極主義者が米国の一極支配戦略をわざと過剰に押し進めて失敗させ、世界を多極構造に導いて行って、多極主義者自らは経済的恩恵を受けようと画策した… との妄想に近い主張をしていますが、、米国の民主党を中心とした政治集団はそもそもがその多くが共産主義者でして、米国資本主義の崩壊を狙っています。(そもそもそれが共産主義にとっての正義ですから…)
と同時に彼ら米国共産主義者の多くが政治思想としての米国資本主義の崩壊を目論む傍ら、その行為によって莫大な金銭的利益を受けるべく金儲けに邁進しております。中国マネーですね。

こう見てくると、日本の本質的な敵は米国の多極主義者(や隠れた極主義者)なのであって、この多極主義者達は日本を経済的政治的に追い詰めようとしている。
それに対し米国の共和党勢力に代表される一極主義者達は、むしろ日本を重視し本来の意味での日米同盟・日米友好を維持しようとの勢力。
ここにネオコンが加わっていますが、ネオコンは日本に過剰な米英側の要求を突き付けてくる傾向があったので、どうしても日本の敵に見られがちでした。

多極主義 - 共和党 - ネオコン
対米離脱 - 対米友好 - 対米従属

日本にとって最も好ましいのは、↑の中間あたりですよ。

最も好ましい日本の将来への道は、「対米従属」と「対米離脱」の中間にあります。
それは「対米友好」の道です。

質問者さんがどういう意味で「対米離脱」を述べているのか分からないのですが、私が言い直せば「対米従属からの離脱」、、、こう言い直せば質問者さんの文意が通りますので、多分そのおつもりなのだと思います。

純粋な対米離脱は日本の置かれた状況では無理です。
これを主張しそれに猛進するのであれば、その前に米国を仮想敵国と見なして日本の安全保障をある程度完成させてからでなければ成り...続きを読む

Qポチの意味を教えてください。

三橋貴明さんのブログを読んでいて疑問点があります。

自民党はいつから三木谷会長のポチになったのか!
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11551166431.html

↑この「ポチ」ってどういう意味ですか?

最近、人のことを「ポチ」って言ってる人がいますが
よくわかりません。
調べても、犬の名前だとか、購入、公開など・・・

私も使ってみたいので教えてください!

Aベストアンサー

飼犬の名前として「ポチ」が多く使われています。
転じて、人の言いなりになって動く人や、善悪の価値を判断せずに追従する人を「ポチ」と呼ぶ事が多いですね。
飼犬は概ね飼い主に忠実なので(たまに飼い主の手を噛むような困った飼犬もいますが…。)、そこから転じられて使われているようです。
似たような意味の言葉として「太鼓持ち」、「茶坊主」等があるようですね。

>私も使ってみたいので教えてください!
使ってみたいとの事ですが、この言葉はどちらかというと人を貶したり、あるいは蔑視したりする意味で使われる事が多いですので迂闊に使わない方が無難です。
ある程度大きな時事問題(例えばアメリカの追従することしかない日本の外交を揶揄する形で、「ポチ外交」と呼んだりします。)で使うケースがありますが、人に対して使うと失礼に当たる事が多いようです。

Q自衛隊による後方支援に関する日本国民の世論は、あまり取り上げられていませんね!

 リチャード・アーミテージ米国務副長官が15日に「今回は日の丸の旗を立てて欲しい」と発言したことを受けて、日本政府は時限立法という手法で、自衛隊による後方支援の具体策(燃料などの補給、物資の輸送、医療サービスの提供)という新法の骨格案を固め、与党との調節に入ったということが各紙で報告されております。
 今回の新法は、米国の要求・国際世論に応じるかたちで発案されたと思いますが、最も重要な日本国民の「世論」が何ら反映されていないように思うのですが、如何でしょうか。
【以下は、私の考えです】
 「目には目を」の思想は支持します(「目には歯を」でさえ仕方ないケースもあると思います)。理性で止められる感情ではないと思います。しかし、それが戦争を生むこともまた事実です。
 過去の戦争・テロをきちんとお互いが納得できる形で整理・総括しないと、戦争・報復の悲劇は繰返されるのだと思います。靖国神社問題に代表されるように、平和国家である日本でさえ、過去の戦争に対する「総括」が未完成であると思います。
 武力行使で裁くのではなく、本当の意味での「世界の警察」が必要なんだと思います。
 日本政府も「後方支援」だけに気持ちを向けるのではなく、米国国民の「憎いが、報復合戦に終止符を打とう」という国民感情形成にも精力を注いでほしいと思います。それが平和国家日本の一番大切な役目ではないでしょうか。前回の湾岸戦争で国際世論の批判を浴びたから今回は・・・というのでは、あまりにも筋が通っていません。
 日本国民の世論調査をして、国際社会に提示することも大切ではないでしょうか。
 自衛隊員も、平和国家日本の自衛のために入隊した方が多いのではないでしょうか。国際有事に出動するのであれば、入隊前にインフォームド・コンセント(説明と同意)が必要ではないでしょうか。

 リチャード・アーミテージ米国務副長官が15日に「今回は日の丸の旗を立てて欲しい」と発言したことを受けて、日本政府は時限立法という手法で、自衛隊による後方支援の具体策(燃料などの補給、物資の輸送、医療サービスの提供)という新法の骨格案を固め、与党との調節に入ったということが各紙で報告されております。
 今回の新法は、米国の要求・国際世論に応じるかたちで発案されたと思いますが、最も重要な日本国民の「世論」が何ら反映されていないように思うのですが、如何でしょうか。
【以下は、...続きを読む

Aベストアンサー

1.
今回のテロの残虐性・不当性についてや、その行為に対する怒り・憤りは、誰もが一致するところだと思います。
しかし、その発生を増長させた原因が国際社会特にアメリカに無かったかと言えばそうではないと思います。特に、ブッシュ政権になってからのアメリカの、気候変動枠組条約、包括的核実験禁止条約、ミサイル防衛問題、小型武器規制問題などでの、独善的な態度はあまりにも酷い。それ以前からも、パレスチナ問題ではあまりにもイスラエル寄りの姿勢、湾岸戦争での情報操作、大使館爆破テロでの報復誤爆など、とても「世界の警察」などとは言えないことをやってきています。
今回のテロのあまりの被害の大きさに、そういった原因への批判・反省が国際的にも国内的にも殆ど出来ない状態になってしまっています。これは大変な問題だと思います。

2.
もし、自衛隊が派遣されるとして、いつまで派遣し続ければすむのか、分からない。国連決議か多国籍軍かNATO軍かアメリカ主体か、どういう形態で、どういう報復行動が行われるかも分からないが、実際の行動はアメリカの指揮下になるのは目に見えている。その場合、アメリカの意思ひとつで、いつまで続けるかが変わってしまう。日本にはもちろん細かい相談などしないでしょう。10年続いても終わらないという話もアメリカの首脳からは出ています。しかも、終わったとしても、本当にテロ組織を壊滅させられるとは誰も思っていない。例え、壊滅しても、テロを生む土壌がある限り、また復活するでしょう。
そんな、先も見えない、泥沼の戦争に協力する覚悟が日本国民にあるのでしょうか?

3.
アメリカ政府の行動原理は、常に国益だけであってそれが問題であることは明らか(だから、国益のためには180度政策が変わることもある。)ですが、一方、日本政府の行動原理には、国益という概念は殆ど無い。
もし、国益にもならないのに、自衛隊を派遣し、お金を出し、しかも、感謝もされず下手をしたら恨まれるとしたら全く無駄なことです。
日本は、一国主義に陥らずに(そもそも日本はアメリカに比べれば遙かに一国では成り立てない国ですが)日本自身の将来にわたるテロの脅威に対する安全保障、中東諸国との平和友好とエネルギー安全保障、世界全体との友好関係や環境問題への取り組みを通じた食料安全保障など、ありとあらゆる国益を検討して、それでもプラスだと判断するのなら(もしそうであれば、上で書いた条件は全て満たされるはず。)、特別時限立法で自衛隊だけに拘らず支援すれば良ろしい。中谷防衛庁長官のようにただ、前回の轍を踏みたくないというだけではダメだ。

1.
今回のテロの残虐性・不当性についてや、その行為に対する怒り・憤りは、誰もが一致するところだと思います。
しかし、その発生を増長させた原因が国際社会特にアメリカに無かったかと言えばそうではないと思います。特に、ブッシュ政権になってからのアメリカの、気候変動枠組条約、包括的核実験禁止条約、ミサイル防衛問題、小型武器規制問題などでの、独善的な態度はあまりにも酷い。それ以前からも、パレスチナ問題ではあまりにもイスラエル寄りの姿勢、湾岸戦争での情報操作、大使館爆破テロでの報復...続きを読む

Q「ポチ」の語源は?

非常に素朴な疑問なんですが、
よく犬に付けられる名前である「ポチ」という名は、
どういう語源があるのでしょうか?
「ジョン」や「ベス」ならまだ分かる気がするのですが、
「ポチ」だけはどうしても意味が分かりません。

ご存じの方がおられましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

團伊玖磨「日本人と西洋音楽~異文化との出会い」では、
「また「ぽち」という犬の名前は、英語のスポッティ(spotty、斑点のある、ま
だらの、の意)からきたものです。つまり、“ぶち”の犬を西洋人がこう呼ぶ
のを聞いた明治時代の日本人が、犬の名前はポチというのだな、と思い込んだ
わけです」
と書かれています。

また、東京堂出版の『基本外来語辞典』に
「英語の「spottie(スポッティ=点のような→小さい)」からとの説、フランス語の「petit」からとの説がある」
とされています。

それ以外に四国大学で
「最古の「ポチ」が確認できるのは明治時代「花さかじいさん」が文部省唱歌
になった時「シロ」から「ポチ」になった。
由来説1:spotty(スポッティ「ブチの犬」)が訛った。
一字目が子音なので消えた。(つづく)
有力説。他の例:横浜メリケン波止場はアメリケン波止場の訛り。
由来説2:法師の訛り。法師とは下級の修行僧の意で、低くみられていた。
昔、動物に「何とか丸(麻呂)」と名前をつけ敬意を表したが、犬は鼻がきく
=地下世界を探る=死者の世界を探る=犬が死者の魂を導く=下等な動物、
から法師と結びつけた」という講義を受講された方がいるそうです。(URL参照)

私は、「ぽち袋」の「ぽち」と同じかと思っていたんですが、
堀井令以知『大阪ことば辞典』(東京堂出版)でぽち袋の語源として「ポチはポッチリ(ほんの僅か)の意からか。フランス語のプチからというのは民間語源説。」
としており、また、大辞林第二版をみると
「ぽち(名)
(1)小さい点。ぽつ。「文章の切れめに―を入れる」
(2)(京阪地方で)芸妓や茶屋女などに与える祝儀。はな。チップ。「―袋」
(接尾)指示代名詞や数を表す語に付いて、それだけの数量しかない意を表す。だけ。ぽっち。「それっ―のことで怒ってはならない」「これっ―じゃ足りない」〔上の語との間に促音が入って「っぽち」の形で用いることが多い〕 」
とあります。

犬の「ぽち」とぽち袋の「ぽち」は一緒だと
文化放送の「吉田照美のやる気まんまん」の1コーナー「やる気大学」では放送したことがあったようなのですが、詳細な内容まではわからず、何を根拠としているのかは、残念ながら不明。

ちなみに「花咲爺」の唄は、明治三四年六月に石原和三郎が作詞したもの。
彼は、1865(慶応元)年群馬県生まれです。これが、京阪地方生まれなら、大辞林の「ぽち袋」に大当たりだったんですけどね。
明治34年の群馬では関西弁と異人の言葉、どちらが浸透していたのやら・・・

ところでnozomi500さんが「回答」されているのは
>犬の名前になるのは「裏の畑でポチが鳴く」でしょうけれど、
 花咲じいさんの犬がポチだったのは、外来語ですかね。
というのは、皆さんの回答にある「ポチ=外来語説」はありえないという含みですか?ならば、あなたの説をぜひ、お聞きしたいです。「アドバイス」ではないようですから。
確かに、「花咲爺」の唄のもととなっている、「花咲爺(花咲カセ爺)」が人口に膾炙されていた江戸初期~中期頃でしたら、外来語とは考えにくかったかもしれませんけどね。



しらべて出てきたのはこんなURLです。
http://home.att.ne.jp/green/uej/kotoba/pouch.html
http://members.tripod.co.jp/fuyuu/question/word.html(ページの下の方です)
http://www.wind.co.jp/asahi_pr/yukari/wasabu/wasa1.htm

参考URL:http://kuzan.f-edu.fukui-u.ac.jp/BBS/room_1/BBS_MSG_970516072417.html

團伊玖磨「日本人と西洋音楽~異文化との出会い」では、
「また「ぽち」という犬の名前は、英語のスポッティ(spotty、斑点のある、ま
だらの、の意)からきたものです。つまり、“ぶち”の犬を西洋人がこう呼ぶ
のを聞いた明治時代の日本人が、犬の名前はポチというのだな、と思い込んだ
わけです」
と書かれています。

また、東京堂出版の『基本外来語辞典』に
「英語の「spottie(スポッティ=点のような→小さい)」からとの説、フランス語の「petit」からとの説がある」
とされています。

それ以外...続きを読む

Q中国対米国対日本

 中国の日本に対する我儘な政治的発言が昨今増して中でふと思うのですが、中国は国内の問題(ヘイハイズ、貧富格差の増大、エイズ患者の増加)が表面化する中で世論を日本の靖国問題へすり替えようと思えます。
 今後、多くの人口(農産物及びエネルギー資源輸入国となりつつある中国)を抱え、通貨「人民元」の切り上げ問題等で経済の行き詰まりを向えた場合、中国の政策としては、台湾の併合を軍事的に実施すること想像してしまいます。(現実的には、考えられないのですが)
  仮説として中国による台湾併合軍事進攻があった場合の想定を質問いたします。(歴史的な背景は、少し研究していますので..)
(1) この場合、台湾の統治が不明瞭な状況でのアメリカは政治的にどのような判断をシュミレーションするのでしょうか。
(2) アメリカは、台湾の防衛に軍を派兵するのでしょうか。?
(3) 日本は、どのようなシュミレーションしているのでしょうか。
(4) 台湾から日本政府に自衛隊派遣を要請された場合の対応は、どうなるのであろう?
  また、日本の憲法9条的には、集団的自衛権でしかないことから台湾の自衛隊派遣は、イラクと同様の人道支援で終わってしまうのだろうか?
(5) 他のインド、韓国や北朝鮮はどのような態度をとるのでしょうか。
  中国の軍事派兵を契機に行き詰まった政治状況の北朝鮮による日本へ派兵された場合の防衛庁のシュミレーションは、どのように考えているのだろうか。?

 中国の日本に対する我儘な政治的発言が昨今増して中でふと思うのですが、中国は国内の問題(ヘイハイズ、貧富格差の増大、エイズ患者の増加)が表面化する中で世論を日本の靖国問題へすり替えようと思えます。
 今後、多くの人口(農産物及びエネルギー資源輸入国となりつつある中国)を抱え、通貨「人民元」の切り上げ問題等で経済の行き詰まりを向えた場合、中国の政策としては、台湾の併合を軍事的に実施すること想像してしまいます。(現実的には、考えられないのですが)
  仮説として中国による台湾...続きを読む

Aベストアンサー

質問番号に沿って回答したいと思います。
1) 米国は1979年4月に『台湾関係法』を制定し、同法は「3つのコミュニケ(*1)に優先する」と明言しています。とは言え、「台湾による中国への挑発」に対しては、同法の執行に憂慮する旨の発言をも合わせて行なっています。
 米政府としては、経済発展が約束されてる中国との経済関係は維持したいはずです。特に米政策の基本理念は「自国の利益」が最重要事項であり、台湾が中国に呑まれることで米国経済にどの様な影響がでるかで決まると思われます。
 上記回答弁は短絡的とも捉えられがちですが、実際…過去に常任理事国であった中華民国が持っていた国際主権を奪ってまで、中国との関係を第一とする決定をくだした当時の主要国は、まさに”自国の利益”を追求した結果であったと言わねば成らず、日本としてはどれほど中国との関係が悪化しようと、米国政府が次にどう動くかによっては、米中両国を敵にする事態を招く可能性もあるわけで、慎重な対応を執らざる負えないでしょう。

 これまで中国経済が世界を動かすなど、世界恐慌以上に恐ろしい悪夢として捉えていた米国も、それが現実となりつつある現在、中国と……政治的、経済的、軍事的にどう付き合うかでによって、台湾との関係の濃度が決まる者と考えます。

2) 1)では米国政府の判断を決める要因として「対中国経済」を引き合いに出しました。が基本的に米政府が台湾を擁護する立場に変化はなく、中国を牽制する意味合いからも”台湾関係法”を堅持してゆくはずです
 よって、中国による台湾侵攻が勃発すれば、間違いなく米国政府は中隊紛争に介入するものと思われます。

 台湾侵攻とも成れば軍事敵行動を隠蔽させることは不可能で、監視衛星によって逸早く嗅ぎつけられるはずです。中国にとって厄介なのは米航空機であり、航空母艦の存在でしょう。よって、中国政府はこれらの驚異を薄らげようと、台風が多発する時期を狙って行動するかも知れませんね。

3)政府が自衛隊(統合幕僚会議事務局など)へ正式に同事態への研究を要請、また防衛庁独自による研究がされているとの話しを聞いたことがありません。少なからず三隊内にある防衛部の誰かがリポート程度は作成しているかも知れませんが...

 まず考えられることは、日中台の境界地域に於ける警備監視任務に関する問題と、尖閣諸島および石垣島など南西諸島の島々に向かうであろう台湾(避)難民への対応(受け入れ)をどうするかが問題となるように思われます。
 中国政府は「脱島した中国市民全員の返還」を求め、“日本政府による中国市民への強制監禁”とかで国際的な非難キャンペーンを実施し、日本政府による政治および軍事介入に圧力をかけるものと思われます。
 人道的(これまでの台湾との関係と米中による紛争で米国が勝利することを信じて)見地から、日本政府は難民受け入れを決断するものと思うのですが。

4) 紛争現場に自衛隊が戦いを目的に送られるとは考え難いですね。自衛隊はあくまでも自国を守るための戦力であることは明白で、現在行なわれている対イラク法を利用することも、PKF(平和維持軍)として送り出すことにも無理があり、何よりも日本国民が海外への自衛隊派遣に反対するはずで、政府が派遣をごり押しすれば政権交代などの事態にも発展しそうな気もします。
 少なくとも米中対立の結果はともかくとして、台湾での紛争が終焉したのち、日本政府が自衛隊による軍事以外による治安や公共設備の修理や設置といった支援を打診するか、台湾府からの自衛隊による復旧支援要請があれば、国会で人道支援の名目で審議されるものと思われます。

5) 個人的には中台紛争でのキーパーソンに「インド」があるように思っています。
 米政府がインド政府に要請する形で、インドが軍事的動きを見せることで、パキスタンだけでなく中国軍もこの方面への警戒を強めねば成らず、また中国からの独立を狙っている新疆ウイグル自治区や他民族で構成されているチベット自治区などに米政府による工作如何によっては、やはりこの方面への警戒も強める必要に迫られそうです。

 韓国の関心事は、事態の推移にともない変化する北朝鮮の動きではないでしょうか。米国との不仲が噂されてる韓国だけに、小説としては「中韓朝の三国同盟」と言ったストーリーも考えられますが、現実的に韓国がいま北朝鮮と統一するには荷が重すぎる(経済的格差と難民流入による国内問題)ようで、現実味がありません。むしろ、在韓米軍機が韓国内から戦場へと向かう事態を歓迎しないのではないかと考えてしまいます。

 質問に「北朝鮮による日本への派兵」とありますが、北朝鮮が日本へ投入できる兵力は、その手段……輸送船や輸送機、投入した部隊を支援する支援部隊を輸送する手段の確保など等からして、限られた船舶で少数を潜入させるのが関の山だと推測されています。

 現実にこのような事態ともなれば、日本の監視衛星の眼が台湾方面を睨むと同時に、日本海への監視も強化されるはずで、北朝鮮の港を出港する船舶は、その動向が逐一監視対象とされるはずで、今以上に海上保安庁の船舶が稼働率が高められるものと考えます。

 質問にあるような政策を北朝鮮が執るのであれば、大規模な軍事行動ではなく、五〇名ほどの工作員による日米政府施設および軍事施設、交通機関、放送施設への破壊工作などが考えられます。
 新潟の海岸に北朝鮮戦車が揚陸…などは、宇宙戦争が起きる以上に可能性が低いはずです。

 自衛隊では国内でのテロ事件や韓国沿岸で座礁した北朝鮮潜水艦などを参考に、国内に侵入したゲリラ対策として、新たに陸自内で対ゲリラ戦闘を米軍から学ばせており、ミリタリー関連誌でも再三にわたり取り上げられているテーマとして知られています。

参考;資料サイト
※1『現代中国ライブラリィ 現代中国事典』
http://www.panda-mag.net/keyword/ma/comuni.htm

質問番号に沿って回答したいと思います。
1) 米国は1979年4月に『台湾関係法』を制定し、同法は「3つのコミュニケ(*1)に優先する」と明言しています。とは言え、「台湾による中国への挑発」に対しては、同法の執行に憂慮する旨の発言をも合わせて行なっています。
 米政府としては、経済発展が約束されてる中国との経済関係は維持したいはずです。特に米政策の基本理念は「自国の利益」が最重要事項であり、台湾が中国に呑まれることで米国経済にどの様な影響がでるかで決まると思われます。
 上記回答弁は...続きを読む

Q犬の名前「ポチ」について

犬の名前として「ポチ」というのは誰もが思い浮かべるかと思いますが、この「ポチ」という名前になにか由来があるのでしょうか。
なぜ犬の代名詞ともいえるほどのメジャーな名前になったのでしょうか。

Aベストアンサー

 う~ん、これはわかりませんですねえ。
 犬といえば「ポチ」、猫は「タマ」となっちゃっています。
 みなさんおっしゃるように諸説あるようです。
 私が知っている中で、「ポチ」と書かれているもので一番古いものは、「♪いじわるじいさん ポチかりて~」で有名な花咲爺です。これは1901年(明治34年)に出版された「幼年唱歌 初編」に収録されています。
 花咲爺の民話は相当古いものだと思いますが、それにはポチという名前はついていなかったようです。
 この唱歌が出る前から、犬=ポチ というのは、かなり一般化していたのだと思います。そうして、この唱歌により完全に定着したのでしょう。
 さて、どうしてポチになったのかですが、わたしは擬態語のようなものからではないかと思います。
 ポチという名前は、大きくて恐ろしそうな犬には似合いません。
 ポチは小さくてかわいいというイメージです(偶然にもフランス語のプチと同じです)。
 「これっポッチ」や関西弁の「ボチボチでんなあ」のように、この手のものの語感からは、「小さい」とか「少し」という印象を受けます。
 こんなようなところから、庶民の間で自然にポチという名前が発生して流行し、さらに唱歌で磐石の地位を得たのではないかと想像しました。
 祝儀袋の小さいやつをポチ袋というらしいですが、犬のポチと関係があるのかどうか知りません。
 フランス語のプチやその他の外国語由来説も有力なようです。
 ただ、昔「『台風』が英語のタイフーンから来た」といっていたのが、最近では逆だというのが定説になっているよう例もあります。
 私は国粋主義者!ですので国内擬態語由来説をとりたいと思います(笑)。

 う~ん、これはわかりませんですねえ。
 犬といえば「ポチ」、猫は「タマ」となっちゃっています。
 みなさんおっしゃるように諸説あるようです。
 私が知っている中で、「ポチ」と書かれているもので一番古いものは、「♪いじわるじいさん ポチかりて~」で有名な花咲爺です。これは1901年(明治34年)に出版された「幼年唱歌 初編」に収録されています。
 花咲爺の民話は相当古いものだと思いますが、それにはポチという名前はついていなかったようです。
 この唱歌が出る前から、犬=ポチ という...続きを読む

Q日本産牛肉 対米輸出について

米国産牛肉の輸入再開が決まりましたね。
ところで、日本で2001年9月に初めて狂牛病が見つかった時、
アメリカは日本からの牛肉輸入をストップしましたよね?
そのことなのですが、今現在でもアメリカは日本産牛肉の輸入は再開していないのでしょうか?
もしそうだとしたら納得いかないのですが・・・。

すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

これらが参考になるかと。


http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/kz/0000032747.shtml
http://www.yomiuri.co.jp/features/kgbs/200509/kg20050914_41.htm

Q「ポチ」が犬、「タマ」が猫なのは、何故?

「ポチ」が犬につけ、「タマ」が猫につける愛称になったのは、何故なんですか?

「タマ」という犬、「ポチ」という猫がいても、よさそうに思うんですけど・・・

Aベストアンサー

こちら

参考URL:http://www.union-net.or.jp/cu-cap/potitama.htm

Qイラク自衛隊派遣 対米関係

この前、テレビでこういう論争をしていました。
イラク自衛隊派遣は、
1.日米安保
2.後方支援、国際協調
どちらの意義でだすのか?

また、経済面、対外面からみて、アメリカと手を切る(安保をやめる)のは
1.可能
2.不可能
どちらか?

政治家や経済会の人間もいたわりには、たいした根拠も、結論もあいまいで、よくわかりません。政府はどう考えているのでしょうか?また、自衛隊(憲法9条も含めて)、対米関係はどうあるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

「テレビ」というのは「テレビタックル」のことでしょうか?確かにそんな議論してましたね。

「どちらの意義で出すのか?」というご質問ですが、両方というのが正解だと思います。
自民党の議員(前議員)達は、「国際協調」重視でしたね。これは小泉首相の自衛隊派遣についての趣旨説明が「国際貢献」だったためそれに沿った発言をしているわけです。
これに対してハマコーさんは、「日米安保」のためと言ってました。政権を持っている側の本音が「日米同盟」だと言うことをハマコーさんは言っていたんだと私は理解しました。
実際問題としては、日米同盟・国際協調両方の目的で自衛隊を派遣するんです。仮に、アメリカと手を切ったとしても、日本の現在の経済力が変わらないならば、目に見える国際貢献はしないわけにはいかないですから。

日米安保条約を破棄することは不可能ではないでしょう。ただ、国論を二分する大論争にはなるとは思いますけどね。
最大の論点は、破棄した場合自衛力をどうするのか?ということです。言葉を置き換えれば自衛隊だけで日本を防衛できるか?ということです。
「防衛できる」という立場の人はスイスのような国(非同盟中立)を目指すでしょう。
「防衛できない」という立場の人はNATOに加盟して集団的自衛権を行使できるよう憲法改正を主張するでしょう。
個人的にはどちらに進むのも険しい道のりなわけで、今の状態が日本にとって一番「楽ちん」なのです。だから、現実的にはアメリカとは手を切ることは不可能だと思います。

「テレビ」というのは「テレビタックル」のことでしょうか?確かにそんな議論してましたね。

「どちらの意義で出すのか?」というご質問ですが、両方というのが正解だと思います。
自民党の議員(前議員)達は、「国際協調」重視でしたね。これは小泉首相の自衛隊派遣についての趣旨説明が「国際貢献」だったためそれに沿った発言をしているわけです。
これに対してハマコーさんは、「日米安保」のためと言ってました。政権を持っている側の本音が「日米同盟」だと言うことをハマコーさんは言っていたんだと...続きを読む


人気Q&Aランキング