どなたか知ってましたら教えてください。

もう8年くらい前かも知れません。NHKで夜中にやってた番組なんですが、
加賀美さんって元NHKアナウンサーの方が番組の案内をしてたんですが・・・

見た目イカで足はタコ数で、メスは越前クラゲのような触手っぼいのがたくさんある
「タコイカ」って名前の生物を扱った番組を見たはずなんですが・・・情報がありません。

一般的に言われてる「タコイカ」とは見た目が違います。
真夜中の番組で半ば意識朦朧としつつ見ていたので、
あまりに情報がなく夢だったのかと思うほどです。

メスは卵を産むと海底へと沈んでいってました。
とにかくバカデカイのと、見た目は▲のイカの姿なんですが・・・
加賀美さんが「タコイカ」ってハッキリ言ってたんです。が・・・

あれ以来・・・自分なりに調べたりしてるんですが、再会が果たせてません・・・
一目だけでもいいんで・・・またタコイカの写真とかあれば、ぜひ見たいので・・・

「見たぁあああああ」とか。「それなら知ってる」とか。ありましたら
ヨロシクお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 多分、テカギイカの仲間のタコイカではないかと思われます。


 オスの画像はhttp://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?itemid=222 …に、で、メスの触手っぽく見えたものは多分、卵塊ではないかと思われます。こちらのほうは図版のみですが、こんなものがありましたhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~grafish/fb_l_bathype …
 とか書いているうちに動画も見つかりましたね。メスが卵塊を抱いて泳ぐ様子は2:50辺りからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Vwiyoonnさんへ

ヽ(o^∇^o)ノヽ(llllll´▽`llllll)ノヽ(*^∇^*)ノありがとうございます。

動画を見ていて・・・コレに間違いないって思いました。
NHKのと違うので、ハッキリはいえないものの。この神秘的な印象は同じです。

卵を産んで死んでしまうといってた気がするので、わたしが触手と思い込んでたのは
卵塊だったんですね。動画を見ながら、改めてそう思いました。

とにかく寝ながら見てた番組だったので、番組の内容もハッキリしないまま。
とても神秘的な印象とタコイカという名前と、姿がイカなのに足が八本ということ。
その程度しか記憶になくて・・・NHKのアーカイブスで調べたり、検索しまくったり。
この数年間、思い出しては色々やってたんですが・・・

なんせ番組名と時期も定かでなく。わたしの夢物語だったのかとさえ思ってました。
あとはNHKのアーカイブスで、もう1度だけ見ることを目標にしていきます。

本当に、ありがとうございました。恥ずかしながら、嬉しさに涙が出ました。
ホント感謝しています。早速、息子に「コレだ!」と見せてあげたいと思います。
ずっと・・・わたしの話しを聞いてくれてたので・・・(笑)

お礼日時:2011/04/14 12:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生タコをうまく切る方法

生タコってくにゅくにゅしてうまく包丁で切れません。
(あまり鋭くない包丁、というのが良くないのかもしれませんが)
タコのしゃぶしゃぶをつくりたいので、うまく薄く切る方法があったら
教えてください。

ついでに刺身、カルパッチョ以外でオススメのおいしい食べ方とか
紹介してくださるととっても嬉しいです。

Aベストアンサー

わかります。あの作業のむずかしさ。
私はこうしてます。下ごしらえは、塩でもんでぬめりを落とします。そして、表面の皮をそぐようにはぎます。ここまでは、いつもの通りです。この後、皮をはいだ足を、冷蔵庫で少しだけ冷やします。これを取り出して、柳刃包丁で薄づくりにしてみて下さい。私はいつもこのやり方です。
足の吸盤を、さっと湯通ししてアサツキといっしょに薬味にされると、たまらないおいしさです。

Q8本足で2mmくらいの謎の虫。

皆様こんにちは、ご相談したい事があります。

1年前の事です。
勉強していたら、机の上に虫がいました。

足は8本、目は丸くて、尾の先に一見羽毛に見える物があります。

羽毛みたいなものは、触るとすぐに取れてしまいます。

取れると、ほんの少しずつではありますが、又生えてきます。

普通に前に歩く事もできますが、蚤の様に飛び跳ねる事もできます。

写真に納めようとしても、納められない位小さいです。

なんという虫でしょうか?

稚拙な文章で、申し訳ありませんが、ご教示願います。 

Aベストアンサー

こんにちは、足が八本と言うことは、クモの類ではないでしょうか。
アリグモと言うのも居るそうです。

参考URL:http://www.insects.jp/kon-kumoari.htm

Q加熱したらもはやカルパッチョとは言えないの?

えぞ鹿のカルパッチョを料理本でごく簡単なレシピとともに写真を載せてありました。生肉で食べるのか、加熱するのか書いてなかったし、写真からも判断できませんでした。
生肉でも加熱しても食べれるとは思うのですが、一応定義として cru 生だと思うのですが(ラルース辞典)、加熱したのもカルパッチョといえるのでしょうか?カルパッチョの範囲も肉だけから魚へと広がっているわけですし。

Aベストアンサー

もともとカルパッチョはイタリアの画家の名前だったと思います。
彼の絵の特徴として赤色が多かったので、
脂肪対策をしている客に牛フィレの薄切りを前菜に出したところ
彼の絵みたいだったのでカルパッチョと呼ぶようになったそうです。

時代が変わり生で薄切りのものを皿に広げたものをさすようになっていきました。
なので火を通しても薄切りで見た目それっぽいのならわたしはokだとおもいます。
でも肉類は火を通すとしろっぽくなりますよね、、
まあ魚もokなのだからいいと思います。

苺を薄切りにしてアイスクリームを乗せデザートにしてもカルパッチョですよ。色も赤いのでこちらの方が説得力はありますがね。

Qどなたかこの蜘蛛の正体知りませんか

どなたかこの蜘蛛の正体知りませんか。
とてつもなく大きいです。私は今までに3度見たことがあります。蜘蛛が苦手で、まじまじと見たわけではありませんが、見た目は全身一色で、オレンジ色のような肌色のような色でした。模様はないように見えます。大きさは3度とも10cm以上はありました。
1度目は学校のプール、2度目は家の近くの、隣に林がある坂、3度目は家の中で見ました。どれも動いていない時に見たので、どれくらいの速さで動くかはわかりません。
私は茨城県の、比較的田舎のほうに住んでいるのですが、東京出身の母が小学生だった頃もプールで見たことがあるようです。
ネットで、苦戦しつつ調べてみると、大きい蜘蛛としてアシダカグモという蜘蛛がいるようですね。遠目で画像を見ましたが、イマイチピンときません。確実に違うとは言い切れないのですが、どうも色や模様が似ていないように見えます。
苦手なら気にしなければいいとは思うのですが、どうしても気になってしまいます。何かご存知の方いらっしゃいましたら、どうか教えていただきたいです。

Aベストアンサー

大きなクモについて調べてみました。
イオウイロハシリグモというクモが比較的大型で、黄色っぽいクモのようです。
http://kumomushi.web.fc2.com/h_j/iouirohashiri.htm
http://mushinavi.com/navi-insect/data-kumo_hasiri_ioh.htm
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B0%E3%83%A2

アシダカグモの体長(胴の長さ)が3cm、このクモは2cm程度と書かれていますが、
大きな個体だと全身の長さは10cmぐらいとアシダカ並みになるそうです。

Qカルパッチョの意味

料理に使用する名称でカルパッチョとはどういうものですか ?
カルパッチョの意味と何処の国の言葉なのか教えて下さい。

Aベストアンサー

イタリア語、というか、イタリアの人名です。
「ヴィットーレ・カルパッチョ」という画家が由来です。

詳細はこちらに。
http://gogen-allguide.com/ka/carpaccio.html

Q少し赤っぽくなっている蚊はもうすでに誰かを刺したということで、もう刺すことはありませんか?

少し赤っぽくなっている蚊はもうすでに誰かを刺したということで、もう刺すことはありませんか?

Aベストアンサー

満腹でない限り、刺す可能性大。

逆に、血をすうために刺すのは雌だけで雄は刺しませんから、腹が赤くなってない蚊は50パーセント以上の確率で、刺しません。

Qカルパッチョと刺身の関係は?

カルパッチョとは、イタリアの伝統料理かと思っていましたが、1950年代に創作された新しいレシピだそうですね。
そもそもは、薄切り牛肉を使った料理で、生魚を食べる習慣はおそらくヨーロッパには無いと思うのですが、刺身を材料として使うようになったのは、和食が影響しているのでしょうか。もしかして刺身のカルパッチョは日本だけで、イタリアには無いものなんですか。

Aベストアンサー

カルパッチョの歴史はご存知の通りです。
もともとイタリアでは(も)生魚を食べる習慣はありませんでした。
しかし、今ではしゃれたお店で結構新鮮な生魚を食べさせてくれます。
しかもグラスワインまでついて立ち呑みしながら結構にぎわっています。
マグロやカジキ、サーモンなど数種類のお刺身をオリーブ油やレモンと塩でいただきます。
この料理、まさに「魚のカルパッチョ」なのですが、お店ではSushi Italiani(イタリア風寿司)と呼んでいました。
イタリアでこのように,生魚が食べられるようになったのは近年のことで、
日本食の影響で料理に生魚を取り入れるようになったと聞きました。

Q遺伝 8:1:1:8 ???

乗換えと組換えの勉強をしていますが
この中で「8:1:1:8の割合で配偶子ができたと仮定する」との内容が出てきました。
実験から求められた数値だと思うのですが
理論的にはどういう組み合わせの時にでるのでしょうか?
ベーツソンの7:1:1:7でしたら理解できるのですが・・・>(乗換組換なし:乗換組換あり=3:1の時)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
高校で生物を学習なさっているのでしょうか。
その状況を前提にお話ししますが・・・・

普段、減数分裂を起こす際には1つの1次精母細胞からは4つの精子が形成されます。(卵は1つから1つですが、分かりやすく精子を例にします。)

この減数分裂は第一分裂で対合を起こし、対合面→縦裂面の順で離れていきます。
このとき、縦裂面で近接している染色体同士が乗換え(ねじれ)を起こして組換え遺伝子が生じます。

もし、親の遺伝子型がAaBbでI型連鎖だとすると、乗換え・組換えが起こらなければ1個の母細胞からはABとabが2個ずつ生じることになります。
ここで乗換え・組換えが起これば、1個の母細胞からはAB、Ab、aB、abの4つがそれぞれ1個ずつ生じます。

おっしゃるとおり、4個の母細胞から1個が組換えを起こせば、7:1:1:7になり、組換え価は12.5%
になります。

この問題では、逆算すると『9個の母細胞があり、2個が組換えを起こした。』とすればよいでしょう。
9個のうち、7個は正常
よって
14AB、14abが生じる。
9個のうち、2個は組換え
よって
2AB、2Ab、2aB、2abが生じる。

以上をあわせると
16AB:2Ab:2aB:16abとなり8:1:1:8になります。


とりあえずの助言ですが、問題作成上の設定ですので、そこまで深く追求する必要はないと思います。

もともとの母細胞の数を求めよ、なら別ですが・・・。

ちなみに、真ん中から半分の2つの和のうち、組換えの数値(この場合、真ん中の2個の和)が組換えを起こした母細胞になりますよ。
7:1:1:7なら8個のうち、2個。
つまり4個のうち1個で3:1です。
8:1:1:8なら9個のうち2個となるわけです。

納得いただけましたでしょうか?

こんにちは。
高校で生物を学習なさっているのでしょうか。
その状況を前提にお話ししますが・・・・

普段、減数分裂を起こす際には1つの1次精母細胞からは4つの精子が形成されます。(卵は1つから1つですが、分かりやすく精子を例にします。)

この減数分裂は第一分裂で対合を起こし、対合面→縦裂面の順で離れていきます。
このとき、縦裂面で近接している染色体同士が乗換え(ねじれ)を起こして組換え遺伝子が生じます。

もし、親の遺伝子型がAaBbでI型連鎖だとすると、乗換え・組換えが起こらなけ...続きを読む

Qカルパッチョの定義を教えてください。

どなたか専門知識のある方。
カルパッチョの定義をおおしえください。

Aベストアンサー

ちょうど一年前、同じ質問がありお答えしたのですが、ヴェネチア派の画家「カルパッチョ」の名前から由来しています。

赤い色を好んで使った彼の画風に似て、赤みの牛肉を使用するのが正統派のようです...その時のURLです。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=27678


その回答をした後、フランスの料理のバイブルと言われる【ラルース・ガストロノミーク(1984)】のが手元にあるのを思いだし

調べたところ、次のように出ていました。。。これならば定義としては一番信頼できると思います。
   ___________________

【カルパッチョ】イタリーのオードーブル、薄くスライスした牛の刺身、細やかにに盛り付けたオニオンスライス、そこに

オリーブオイルを加えた[ヴィネグレットソース]を添え、冷やした状態でサーヴィスします。。。

この料理(名)はヴェニスの【ヘンリーズ・バー*】によって名付けられた...*(有名なパリのアメリカンバーとは関係ない)

この料理の名前は、ルネッサンス期のヴェネチア派の画家を表敬して名付けられたものである。。。

   ________________以上項目全文.

残念ながら何時頃生れた料理ということは触れてありません、、、ただ1984年以前であることは間違いありません。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=27678

ちょうど一年前、同じ質問がありお答えしたのですが、ヴェネチア派の画家「カルパッチョ」の名前から由来しています。

赤い色を好んで使った彼の画風に似て、赤みの牛肉を使用するのが正統派のようです...その時のURLです。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=27678


その回答をした後、フランスの料理のバイブルと言われる【ラルース・ガストロノミーク(1984)】のが手元にあるのを思いだし

調べたところ、次のように出ていました。。。これならば定義としては一番信頼できると思います。...続きを読む

Qタコには足が8本あるのですか。腕が8本あるのですか。

タコには足が8本あるのですか。腕が8本あるのですか。
タコには足が8本あるのでしょうか。それとも腕が8本あるのでしょうか。

Aベストアンサー

皆さんのようにウィットの利いた回答ではなく、動物行動学からの観点から…

イカは長い一対の腕と八対の足を持ちますが、タコは三対の腕と一対の足を持ちます。一番後の一対が足で、前三対は腕だそうです。なぜそのように判断されるかといいますと、後二本は歩行の際にしかほとんど使用しないために足と判断されるようです。むろん獲物を捕らえた際には、我々も足も絡ませますから、イカやタコも足も絡ませるんではないかと思いますが…

英語でも「アーム」ですから腕ととらえる見方が一般的と思いますが、分類学者が軟体動物を腕足類や頭足類と○○足類と分類したがために日本では一般的に「足」と呼ばれるだけです。


人気Q&Aランキング