(1)「父の兄弟は、兄は公務員で、弟は医者だ。」
(2)「崖っぷちの道には赤い百合の花が咲いており、トンボが群れをなして飛び回っている。」

(1)が複文というのは理解できたのですが、(2)が重文というのは理解できません。(2)も(1)と同じような構造にみえるので、複文のような気がするのですが、、。
なぜ(2)は重文になるのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(2)は典型的な重文だと思います。


むしろ、(1)も重文だと思いますが、なぜこれが複文だと思われたのでしょう。

重文と複文は、どちらも文中に「述語」に当たる文節を含む「節」が複数ある
という点では同じです。
(「主語と述語の関係を複数含む」というような書き方がされることもありますが、
 日本語の文においては主語は必須の要素ではないので、この表現は必ずしも
 正しくないと思います。
 なお、「節」という用語を説明の都合上使わせてもらいますが、国文法では
 必ずしも一般的でないと思います)

これらの複数の「節」が並立の関係にあり、全く対等であるものが重文です。
多くの場合、2つの文に分けたり、前後を入れ替えたりしても文の意味は
損なわれません。

それに対し複数の「節」の間に「主節」・「従属節」の区別があり、対等とみなす
ことができないものは複文と呼ばれます。
一般的には、「従属節」は「主節」の中で何かを修飾する「修飾部」になります。
(「接続部」という扱いになることもあります)

(2)の文は、
 「赤い百合の花が『咲いており』」・「トンボが群れをなして『飛び回っている』」
という2つの「節」を含みます。二重括弧の部分が述語(述部)です。
これら2つは並立の関係で、両者の間には優劣関係は存在しません。
ですから、例えば、
 「崖っぷちの道には赤い百合の花が咲いている。そして、トンボが群れを
  なして飛び回っている。」
のように2つの文に分けたり、
 「崖っぷちの道にはトンボが群れをなして飛び回っており、赤い百合の花が
  咲いている。」
のように前後を入れ替えたりしても構いません。
したがって、これは重文であるということになります。

(1)の文は
 「兄は『公務員で』」・「弟は『医者だ』」
という2つの「節」を含みますが、(2)の文と同様、これらに優劣関係は見いだせません。
 「父の兄弟は、弟は医者で、兄は公務員だ。」
と順序の入れ替えも可能ですから、これも重文だと思います。

この回答への補足

なぜ(1)が複文かについて蛇足です。

〈(1)の文は、文のある成分の中で主語・述語の関係が並立しているので、重文ではなく、複文である〉と説明されてました。つまり
「父の兄弟は(主部)、兄は公務員で、弟は医者だ(述部)。」の述部の中で並立してる場合は重文ではなく複文だと言うのです。ちなみに、この参考書の重文の説明は〈主語・述語の関係が二回以上あり、それが並立している文を重文という。(【例】雨が降るし、風も強い。)〉です。
ってことは、(2)の文も複文ではないかと思ったのですが、(2)は重文であると同じ参考書に書かれていました。
もう何が何だかわかりません。

補足日時:2011/04/15 18:24
    • good
    • 0

主部、がけっぷちの道にはの述部、赤い百合の花が咲いておりと、


トンボが群れをなして飛び回っている。が対等の資格で結ばれている。

簡単に言うと、「道には花が咲き、トンボが飛ぶ。」


兄は公務員で、弟は医師だ
文中に主語述語の関係が二回以上成立しているので複文。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q和田家という駅知ってますか?。

 テレビで駅から自宅まで30歩という駅が紹介されてました。
 その駅が「和田家」という駅だったんですが、その駅の情報や画像が載っているサイトってありませんか?。

Aベストアンサー

それは和田家ではなく「和田塚」です。

江ノ島電鉄です。

参考URL:http://www.enoden.co.jp/

Q単文複文重文

1、キリンは首が長い。
2、幼虫は、十分に育つと、近くの小枝で親虫に変わるために、穴から外に出て来ます。

この二つの文が三つのどれに属するかの問題で、私はそれぞれ1単文2重文が答えだと思ったのですが、解答を見ると、1複文2単文となっていました。
解答が間違っているとしか思えないのですが、どなたか詳しい方教えて下さい。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私もあまり詳しいことはわからないのですが、
主述の関係が複数ということに着目すると、
「私は大事に使っている」「父が買ってくれた」の方は複文ですよね。

しかし、
「算数のできる人がうらやましい」が複文というのは私にはよくわかりません。
「算数ができる」という意味になるので、それを主述の関係として考えるということなのでしょうか。

以下のサイトに「第三部 複文」という項目があり、かなり詳しく解説されています。
単文・複文と分けるのが困難なものもあり、分ける意味がどれほどあるのか、というようなことも含めて述べられていますが、
よろしければご参考になさってください。
http://www.geocities.jp/niwasaburoo/mokuji.html

参考URL:http://www.geocities.jp/niwasaburoo/mokuji.html

Q重文について

重要文化財についての質問ですが、
図録などをみていますと、「国重文」と単なる「重文」があります。
重文にもいろいろと種類があるのでしょうか?
例えば国、市町村などと。
お教えください。

Aベストアンサー

 重文も国重文も同じです(違いがあるとすれば、指定時期の違いかな?)

 今通用しているのは1950年の文化財保護法に基づいて、文部科学大臣に重要として指定された有形文化財を指します。

 昔「国宝」に指定されたものは、いったん重要文化財に吸収されましたが、その後、審議会で特に重要と提案された重要文化財が特に国宝に指定されています。

 ですから、重文にはふつうの重文と国宝的重文があるわけです。

 自治体には重文を指定する権限(文部科学大臣が持つ)がありませんので、上記の通り、重文とは国指定の重文です。

 経緯はよく知りませんが、べつな法律で「国宝」が指定されていた時代に指定された重文に「国重文」という説明が付いているのではないかなと思われます。

 ですから、いまフッと思ったのは、昔は重文だったが今は重文指定されていない物も「国重文」のなかにはあるかもしれないなぁということです。

 というのは、私は城が好きで、日本中の城巡りをしたのですが、城の入り口に「國寳」の石碑があるのに、いまは國宝ではないという話を聞いたことがあったからです。

 頭の中にある知識だけで書いていますので、真否を詳しく承知していませんが。

 ちなみに、都道府県、市町村などが独自に指定している文化財には「○○県指定文化財」とか○○村指定史跡とかそんなふうな名前が付いているはずです。
 

 重文も国重文も同じです(違いがあるとすれば、指定時期の違いかな?)

 今通用しているのは1950年の文化財保護法に基づいて、文部科学大臣に重要として指定された有形文化財を指します。

 昔「国宝」に指定されたものは、いったん重要文化財に吸収されましたが、その後、審議会で特に重要と提案された重要文化財が特に国宝に指定されています。

 ですから、重文にはふつうの重文と国宝的重文があるわけです。

 自治体には重文を指定する権限(文部科学大臣が持つ)がありませんので、上記の通り、...続きを読む

Q中学校の国語科の先生方塾の国語科の先生方国語の専門家の人に質問します。

こんにちは。
中学校の国語の参考書について質問します。
私個人的な意見なのですが国語は、読解力がとても大切だと思います。だから参考書は要らなくても良いと思うのですが・・・
もし購入するとすれば、受験研究社が発売している中学用の「自由自在」を購入したいと思います。がこの本の内容は中学生にとっていい内容なのでしょうか?お尋ねします。できればこの本は、最適か否それと理由も書いてください。

Aベストアンサー

私も No.1 の回答者の方と同様、「資格」の無い者です。
「自由自在」という参考書の名前自体がなつかしいです。
思えば数十年前、小学生用だったか中学生用だったかが思い出せませんが、国語の「自由自在」を持っておりました。
「参考書」としてより、読みもののひとつくらいの感じで、あちこちを適当にめくっては読んでおりました。
内容は多岐に渡り、学校での学習とは直接つながらないものも多かったように思います。
けれど、その参考書のせいだけではなかったかもしれませんが、国語に関して、いろんな関心を持てるようになりました。
そして、国語の成績は、自分で言うのもどうかと思いますが、中学・高校と、学年ではトップクラスを維持できたように思います。
「関心」が持てた、ということが大きかったのではあるまいかと考えます。
とかく「国語」の授業というのは、退屈に思えるものです。
成績がともなうかどうかは別問題として、「日本語に関する本」と割り切り、暇な時にでも読むようなつもりで、手元に置いておいても損はないと思います。

Q重文、複文

重文、複文の見分けが付きません。
重文、複文に関するサイトを見ると、なんとなく分かった気がするのですが
いざ他の文章でトライすると、分からなくなります。

また、次のような、「にもかかわらず」を含んだ文章は重文、複文といえる
のでしょうか? それとも単文なのでしょうか?

a)仕事中にもかかわらず「えっ」と叫んでしまった。
b)朝早くにもかかわらずたくさんの人が集まってくれた。

a)は「仕事中(である)にもかかわらず」と解釈すると重文、複文といえな
くもないような……。ですが、字面だけみれば、「単語+にもかかわらず」
なので単文のようにも思えます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「にもかかわらず」についてですが、「に も 拘ら ず」と分けられます。
「に」は格助詞です。「も」は副助詞です。「拘らず」は現代で言うと「拘らないで」で、「拘る」は動詞で、「ない」は助動詞で、「で」は接続助詞です。「拘る」は自立した動詞なので述語です。

ですから、a)には「拘る」と「叫ぶ」のふたつの述語があります。b)には「拘る」と「集まる」のふたつの述語があります。
複数の述語があるということは単文ではないです。

「である」の「ある」は確かに動詞ですが、自立語と付属語という分け方があって、「である」の「ある」は元の「ある」という語の働きと違うことから、自立語でない語だと判断されます。
自立語でない語は付属語と言っても良いんですが、非自立語と呼ばれる場合もあります。「である」の「で」は付属語で、「ある」は非自立語という感じです。
文節は自立語から自立語までです。
ですから、「仕事中である」は「仕事中で」+「ある」ではなくて、「仕事中である」です。
「仕事中であるにも拘らず」なら「仕事中であるにも」+「拘らず」です。

ここまでの回答は、他の人の回答について思った私の考えです。
質問者のtatumi10さんがより良く判断できると良いと思って書きました。

しかし、質問者のtatumi10さんはそれらのことは既に分かっているのかも知れません。
つまり、肝心の質問である
1)単文でないなら、重文か複文のどちらか?
2)「仕事中にも拘らず」=「語+にも拘らず」という分析なのか、「仕事中であるにも拘らず」=「文+にも拘らず」という分析なのか?
について、

1)は、ふたつの述語が対等に並立していないので複文だと私は考えていますが、対等や並立というのがあいまいに思えるので、今の私はちゃんとした根拠を付けて説明することは出来ません。

2)は、語だけでなく文にも格を示せるかということと言っても良いと思いますが、これについては、ちゃんとした根拠を付けて説明することはもちろん、考えを示すことも今の私には出来ません。

良い回答を待ちましょう。

「にもかかわらず」についてですが、「に も 拘ら ず」と分けられます。
「に」は格助詞です。「も」は副助詞です。「拘らず」は現代で言うと「拘らないで」で、「拘る」は動詞で、「ない」は助動詞で、「で」は接続助詞です。「拘る」は自立した動詞なので述語です。

ですから、a)には「拘る」と「叫ぶ」のふたつの述語があります。b)には「拘る」と「集まる」のふたつの述語があります。
複数の述語があるということは単文ではないです。

「である」の「ある」は確かに動詞ですが、自立語と付属語と...続きを読む

Q姉・兄・妹・弟と特定せず、ひっくるめて「きょうだい」と書ける漢字が生まれなかった理由はなんでしょうか?

こんにちは。

例えば、文章で「彼のきょうだいについては、私は何も知りません。」
と書こうとする時、”きょうだい”を漢字で書きたいやり残したような気分になります。

その彼に兄がいるのか妹がいるのか判りませんので、代表的な”兄弟”と書いては、読んだ人へ先入観を与えそうです。

また、”家族構成”と言うと、一緒に暮らす親や祖父母も含めて指しているように思えます。

元々、「兄弟」一つで、兄妹や姉弟の場合も含めているのかもしれませんが、
さらに、3人以上のきょうだいの場合、「姉弟」「兄妹」で、”きょうだい”と読ませるような便利な方法もありません。


今日まで、性別の特定まではしない、家族という単位までいかない
その中間の範囲を指す”きょうだい”という漢字が生まれなかったのは何故でしょうか?

自分的には、姉弟で”きょうだい”と読ませる表記より、そんな漢字があった方が便利な気がします。


似たようなものとして、伯父と叔父、伯母と叔母もあります。
とにかく、その人の両親どちらかの兄か弟であるのは確かだけど、
書く時に「伯父」か「叔父」どちらか選択しなければならない。

「親戚」と書くと、ちょっと距離があるようなイメージがあると思います。

よろしくお願いします。

こんにちは。

例えば、文章で「彼のきょうだいについては、私は何も知りません。」
と書こうとする時、”きょうだい”を漢字で書きたいやり残したような気分になります。

その彼に兄がいるのか妹がいるのか判りませんので、代表的な”兄弟”と書いては、読んだ人へ先入観を与えそうです。

また、”家族構成”と言うと、一緒に暮らす親や祖父母も含めて指しているように思えます。

元々、「兄弟」一つで、兄妹や姉弟の場合も含めているのかもしれませんが、
さらに、3人以上のきょうだいの場合、「姉弟」...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。
お礼ありがとうございます。

「はらから」のことですをちょっと補足します。
近代的な個人を単位とする社会が出来るまでは、どこの国も封建的な世襲による財産相続が一般的でした。
今なら会社形式になっていれば、子供が継がなくても事業を継続することができますが、昔は商家でも武家でも農家でも、世襲をしないと財産を失ってしまいました。
これはどこの国でも共通した問題点で、特に何十人の使っている商家とか、一族郎党で家族も含めば1000人ぐらい禄を食んでいる武家などは、主人の家の相続が出来ないということは、失業するということを意味していたのです。今で言えば大会社がいきな倒産するのと同じです。

ですので、家督を継ぐか、そうでないか。といのは大問題だったわけです。
そして、世襲をするのは男子に限るというのが世界的に共通した認識でしたので、男の子が生まれないということは大問題になるわけです。今でも中国の一人っ子政策で、女の子と分かると中絶するなどして、男女比がいびつになっているなどの問題もあります。
つまり、どの国の言葉でも「はらから」は○人といったときに、「えっじゃあ男の子はあなた一人?」とかそういうわずらわしい会話になるわけで、最初からシスター何人、ブラザー何人のほうが会話の実情にあったのです。

日本だけはちょっと事情が違って、表向きは男子の世襲なのですが、女子に財産相続権を与えることによって、婿養子をとって名前を嫁の姓にして世襲するとういう方法があったり、農家では女の子しか居ない場合、そのまま田畑を相続させて相手の家に持参して、男の子が何人も生まれたら嫁の姓を復活して再興するするなども方法もありました。地域によっては女紋という男子側の家紋とは別に代々女性が受け継ぐ家紋(と財産)というのもあったのです。世界的に見て、女性の財産相続権のある国は珍しいといえます。
またこのような仕組みだったので、いとこ同士で結婚したり、おじと姪が結婚して一族の財産を守るということもありました。
ちなみに放牧を知っているユーラシア大陸の民族は、近親配合のリスクを知っていますので、絶対にいとこ同士程度の血縁では結婚しません。

このような文化があるため、日本では男女を兄弟を区別する必要性が薄く、「はらから」で済んだのです。

#4です。
お礼ありがとうございます。

「はらから」のことですをちょっと補足します。
近代的な個人を単位とする社会が出来るまでは、どこの国も封建的な世襲による財産相続が一般的でした。
今なら会社形式になっていれば、子供が継がなくても事業を継続することができますが、昔は商家でも武家でも農家でも、世襲をしないと財産を失ってしまいました。
これはどこの国でも共通した問題点で、特に何十人の使っている商家とか、一族郎党で家族も含めば1000人ぐらい禄を食んでいる武家などは、主人の...続きを読む

Qフィールズ賞の森重文さんについて

ご質問させて頂きます。

1990年に【三次元代数多様体の極小モデルの存在証明】にて、フィールズ賞を受賞された森重文さんですが、

・この証明はどんな分野に役立つものでしょうか?

・受賞された当事、かなり話題になりましたか?

・数学を勉強する人達だったら、森重文さんは有名な存在ですか?

回答いただけると、幸いです。

Aベストアンサー

代数幾何の分野で有名で、この分野に役立ちます。
代数幾何≠代数・幾何
代数幾何≠代数&幾何
です。幾何を代数の言葉で表し、代数の資産を活用して新たな幾何概念の創造や難解な幾何を証明しようとするものです。

【三次元代数多様体の極小モデルの存在証明】は1987年に証明した
「ハーツホーン」の予想がきっかけです。
証明の過程で見つけた誤りを発展させて森理論を作り上げた様です。

Q例えば兄弟とか姉妹とか言う言葉があるんですけど、上が兄で下が妹だったらどう言う風に言うんですか?また

例えば兄弟とか姉妹とか言う言葉があるんですけど、上が兄で下が妹だったらどう言う風に言うんですか?また、上が姉で下が弟だったらどう言う風に言うんですか?ふと思いついたので、、時間ある人は教えてください!

Aベストアンサー

兄妹(けいまい)
 姉弟(してい)

 なお,PCの日本語変換では「きょうだい」で出てきます。(Windows標準MS-IME)
 ついでに,姉妹も変換で出てきます。

 普通は姉妹のみ女性のみという事で,あまり使い分けせずに単に「きょうだい」というのが普通じゃないですか?

 なお,男男女の場合は3人でも兄妹,同じように女女女女男男の場合は姉弟と言った感じで,性別が交互にならなければ使えます。

 ただ,詳しい兄弟姉妹の構成を示している訳ではないので,あまり気にしないのが現実かも。

Q英文における重文と複文

英文における重文と複文の違いを、簡潔に教えて下さい。

例えば、I think he is a teacher.

などは、どっちになるのでしょうか?

Aベストアンサー

「等位」「対等」「主従関係」「主節」「従節」という意味の定義の方がよっぽど難しいですよ。
文法用語を使わずに「もっとも簡潔に」説明しましょう。
以下「矢印」の方向(→/←)に注意して読んで下さい

「重文」
読み手が日本人ならの「目」がひたすら左から右へと流れる

Father is a teacher→and→Mother isanurse.
父は教師です→そして→母は看護婦です
 
Father likes the Giants but I like the Tigers
父は巨人が好きだ→しかし→私はタイガーズが好きだ
 
we should start at once  or  we'll be late.
すぐに出発したほうがいい→そうしないと→遅れるぞ


「複文」
日本語に訳すと「従属節のところで」読み手の「目」が右から左へとバックする
I don't know  / whether← he'll join us.
私は知らない   かどうか←彼が参加する 
I was taking a bath / when← you called me.
 私は風呂に入っていた  時←君が電話してきた
though←he lives near me,  /I seldom see him.
けれども←彼は近くに住む   めったに合わない
if←you turn to the right,/you'll find his house.
れば←右に曲が      彼の家が見えるよ
Is this the watch /that← you lost.  
これが時計かい(*ところの)←きみが無くした
[*漢文調訳で!] 


「混文(混成文)」というのは重文と複文が文字通り混合された文です
he isn't here now but he will come soon if you call him.

「等位」「対等」「主従関係」「主節」「従節」という意味の定義の方がよっぽど難しいですよ。
文法用語を使わずに「もっとも簡潔に」説明しましょう。
以下「矢印」の方向(→/←)に注意して読んで下さい

「重文」
読み手が日本人ならの「目」がひたすら左から右へと流れる

Father is a teacher→and→Mother isanurse.
父は教師です→そして→母は看護婦です
 
Father likes the Giants but I like the Tigers
父は巨人が好きだ→しかし→私はタイガーズが好きだ
 
we should start at once  or...続きを読む

Q「この道より、われを生かす道なし。この道を歩く」の意味は何ですか?

こんにちは。
お聞きしたいことがあります。

「この道より、われを生かす道なし。この道を歩く」
とは、どういう意味でしょうか?何となく、意味は
わかるのですが、よく分かりません。

親戚のおばさまから送られた年賀状に、このように
書かれていました。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「今あなたがやっていること(道)をやめるなよ。お前(失礼)が一番イキイキしているのだから。このままやり続けなさいね」という意味だと思います。
簡単に言うと「自分の信念を貫いて、我が道を行け!!」という意味だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報