起業の準備をしています。
営業窓口のために電話番号とFAX番号が一般的に必要かと思いますが、
その当たり前を用意、維持するのにコストがかかります。

FAXは今はメールの時代なんで無視したとして、
電話番号は携帯電話じゃまずいでしょうか?(まずいというか信用の問題?)
企業間の取引もそうですが、末端の一般ユーザーからのイメージはどうでしょうか?

質問の意ご察しの上よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は自営で、事務所には電話・FAX・コピー・プリンターの複合機を置いています。

事業が電話だけで済むのであれば、携帯電話だけでもやって行けます。私の知人は、出版や印刷の取り次ぎ業をしていますが、固定電話は使っておりません。携帯のメールは、文書ファイルを添付することが出来ないので、パソコンのメールを使っています。文書ファイルの送受信がなければ、携帯のメールだけでも良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ベストアンサーです。

要するに考え方ですね。信用は=サービスでも商品でもないので、=必要経費ではないですからね。
ただ信用が+αでつくということですかね。(もちろん信用は大事ですよ)
逆に言えば、なくても事業は成り立つということかな。
結論は、ないよりあったほうが信用が増すと、ただ必ずしも必要ではないと。

FAXについては、あったほうがメールできない人のために用意してあげるって感じでいーやw
経験上FAXのやり取りが多いのは、仕入れ先(中小企業)で大手は基本的にないから。
紙とトナーの無駄ね、あと営業FAXをシュレッダーにかける手間w

お礼日時:2011/04/14 10:37

起業する会社の顧客によって少しは変わると思います。


独立するなどで、今までの顧客を中心に仕事が出来るなら、あなた自身の信用力で携帯で十分でしょう。しかし、起業する際に顧客を持たず、1から開拓する場合や、一般顧客の場合には携帯では信用力が落ちると思います。

確かに固定電話は固定費なので出来ることなら安く抑えたいでしょうけど、この目に見えない「信用」は何物にも代え難い大事な部分です。
まして、自社の売上を左右する部分であれば、こうしたところを削るよりも売上を上げることに専念した方が良いと思います。

因みに、メールの時代だと思っているようですが、それはメールを使い慣れた世代が言うことであって、実際の顧客や客先には案外、通用しないものですよ。
特に注文などの場合は、自社だけでなく顧客側でもメールの送受信でのトラブルは頻発しています。
また、自社が受け取る注文などはメール1本にしたとしても、自社が発注する事があるならば、その相手先はFAXなんて事もありますから、侮れません。

この回答への補足

「FAXは大手企業~」→「メールは~」の間違いね

補足日時:2011/04/14 10:18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに信用力は比べて低いですよね。
FAXは大手企業だからこそ通用しますよw
少なくとも大手は環境、事務コスト、業務管理手法(独自のシステム)の面からも逆にFAXが断られるほうが多いです。
中小以下は別ですけどね
メールとFAXでは明らかにFAXのほうがトラブルがおおいからw
一番多いのは「・・・よめね。」

お礼日時:2011/04/14 10:16

携帯電話というものの性質上、一般のお客様や取引先にも信用度は落ちると思います。


お金を借りる場合金融機関等でも携帯電話だけだと信用度は落ちます。
IP電話で裏番号の市外局番のある普通番号を持つのが一番ではないでしょうか。
IPなら料金も安いですし。
固定電話があることはコストうんぬんではないと思います。
かかるコスト以上に稼げれば問題ないわけです。
FAXについてはインターネットファックスをひいてパソコンで受信すればいいかと思います。
まだまだ中小企業ではFAXを使う方はたくさんいますのであったほうが付き合いは広がります。
イメージアップ、人脈拡大が商売繁盛のひけつではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ごもっともといったところでしょうか。
やはり信用力は低くなるようですね。

お礼日時:2011/04/14 10:19

>末端の一般ユーザーからのイメージはどうでしょうか




携帯電話だけだと、固定電話ではないので、本当にそこに会社があるの?って思います。
よくあやしいちらしなんかだと、携帯電話だけですよね。

感じ方とらえかたの問題でしょうが、ほかの会社ではどうなっていますか。
ポストにはいるチラシなんかでは、携帯だけっていうのもみかけるようになったと思います。

必要経費と割り切るか、経費をけづって料金をやすくするか、判断ですよね。

・・・別に悪いとかまずいとかは思いません。よいところであれば、電話の一本はいれてみて、どういう対応をとるのか(とりあえず信用できそうかどうか)、確認します。

以上、通りすがりの一般人でした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはりそんな感じですかw

お礼日時:2011/04/14 10:23

規模によるのではないですか?


20人も30人も居るような会社で それは信用も無いと思いますが。
 
2~3人の会社なら大丈夫じゃないですか?
名刺や電話帳には”会社受付”とか書いておけば良いかと。
業種が解らないですが。 
FAXは必要な気がしますね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q起業アイデア(ビジネスプラン)を提供して、ロイヤリティをもらい生活をす

起業アイデア(ビジネスプラン)を提供して、ロイヤリティをもらい生活をすることは可能ですか?
またはそういう団体はありますか?

私は現在起業を志している者です。
その過程で起業アイデア(ビジネスプラン)がいくつか出てきました。

ただ、自分が本当にやりたいことではないため、それを自らやろうという意志が働きません。
そこで、アイデアを提供しそれを誰かに実行してもらうことでそのロイヤリティを得たいと考えています。

自分がやるより「やりたい」と考えている人に楽しくやってもらいたいというのが本心です。

そこでそういう人・団体を探していますが、どなたかご存知ないでしょうか?
知っていたらぜひともよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は特に新規ビジネスを企画し、実現させることを支援してきた大手シンクタンクのコンサルタントです。
そういうマッチングの組織はいくつかネットバブル期に生まれましたが、成功した例がすくなくあまり機能していません。
もっと現実的な方法は、リスティング広告などを使って、セミナーを開いたり、関心がある企業に訪問して説明したり、あるいは展示会への出展(50万円くらいはかかりますけど)、あるいは、ベンチャーに出資している会社、たとえば、ネットエイジとか、そういうところに持ち込むことで、のってくる人はいるかも知れません。
おそらく気にされるのは、話すとノウハウが漏れるとかだと思いますが、話したくらいで他の人ができるようなことは、お金にすることは難しいのがこれまでの経験です。
話して、相手も面白いと思い、でも、自分ではできそうではない、手伝って欲しい、という順番です。
他人にやらせるなら、それを仕切れる信頼できるパートナーをセットにして売り込みする必要があります。
アイデアの内容がわかりませんのであくまで、ご参考まで

Q個人事業主申請 起業日以前の、起業準備の費用を経費にできますか。

教えて下さい。

今年、初めて開業しました。収入が見込めたので個人主事業申請を税務署にしてきました。青色にしました。

起業日は申請する日から二ヶ月前にしか遡れないということでしたから、その様にしてきました。

が、その起業日以前に発生した経費を、経費としておとすことは出来ないのでしょうか。

Aベストアンサー

可能です。

起業の際には通常「創業費」「開業費」の費用の支出があります。

「創業費」とは設立するまでにかかった費用です。
「開業費」とは設立してから営業するまでの準備にかかった費用で、具体的には、業務用の消耗品の購入費、印鑑や名刺の作成費、広告用チラシ等の作成費、調査費や資料代、接待費、準備活動に要した交通費 等です。

税務上は下記の処理を任意に選択できます。
1.繰延資産に計上して、5年間で償却する(5年以内でも未償却残高を一気に計上することもできます)
2.開業年度に一括して経費に計上。

創立費・開発費は5年以内に任意な金額を償却(任意償却)できますので、一括経費にするか、資産として繰越すかは、期末時に決算をして利益が確定してから決めても良いと思います。

具体的な処理としては、例えば開業費であれば、
開業までに支出した金額を「開業費」(繰延資産)としていったん計上して、決算時に「繰延資産償却費(開業費償却)××/開業費××」という仕訳を行います。

Q起業のアイデア思考法

起業するためには、今までにない業態や、差別化を図れるアイデアがないといけないのかと思います。しかし、いろいろ考えてみてもなかなか思いつきません。皆さん、どのようにされているのでしょうか?アイデア思考法とかそういったものご存知であればご紹介頂きたいと思います。

Aベストアンサー

 「起業する」というのが先にあって、「何をどうする」は未構想なのでしょうか。それでは勝算に乏しいですね。順序が逆です。どんなビジネスであるかについて、その競争力(他にない「売り」や「差別化」「強み」)や経営戦略があって、ニーズや将来性も含めて勝算が見込めるときに、起業を考えるものでしょう。漫然と起業したのでは、ポシャるのは確実です。自分が持っている(他に負けない)技術・経験・知識(ノウハウ)・ネットワーク(人脈・サポートしてもらえる組織など)・資金に基づくものでなければなりません。アイデアだけでは起業しても失敗します。それを実現する能力がなければダメでしょうね。アイデアよりも営業力・仕事を確保する力のほうが成功には重要です。

経営コンサルタント(30年間勤めた大手企業を脱サラして株式会社を興し8年目に入った団塊の世代のオジサン)より

Q起業準備期間に購入した物を来年の起業時に経費にできる?

来年事務所を開設しようと思いますが、今から準備と
して、少しづつ、必要な物をそろえて行こうと思いま
す。この時、来年実際に事務所をスタートし、税務申
告をする時、今年購入した物を経費に計上しても問題
ないのでしょうか?
それとも、年をまたぐと何か問題がありますか?
とりあえず来年は個人事業主としてのスタートを考え
ています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 開業までの必要経費は「開業費」や「創業費」(科目名は何でもいい)となります。
 その費用は開業後、6年で償却することになります。つまり、開業した年度で一括償却(全額を経費として算入する)こともできますし、6年に渡って毎年経費として算入してもかまいません。
 いづれにしても、その事業の開業に必要となったものしか経費にできませんし、領収書を残しておく必要がありるのはいうまでもありません。

Q起業アイデア真似していいの?

タイトルどうりの質問なんですが、今はいろいろなアイデアで
仕事をしている方々がたくさんいます。
こんなやり方の商売があるのか、と驚かされることも多々ありますが、
そんな仕事のアイデアを、真似して起業や開業してもいいのでしょうか?
特許などをとっていなければ、商売のやり方など真似ても
いいのでしょうか?

無知で恥ずかしいですが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は決して真似をしても問題は無いと思いますよ。
そもそも、インターネット関係では、SNSもオークションサイトも誰かやどこかの企業がアイデアを出して始めたものですよね。

アイデアだけでは商売として成り立ちませんので、そこにどの程度の資本を投下し、アイデアを具現化して事業として成立させるか!が大事ではないでしょうか?

Q電話できける起業相談窓口

国か都でやっている創業の支援電話相談窓口とかご存じないでしょうか?
例えば、**という分野を開業するには**という認可が必要ですとか電話で教えてくれる
または、実際の窓口に相談できるような施設とかはないでしょうか?

Aベストアンサー

東京都中小企業振興公社の総合事業相談です。ここはワンストップ総合相談窓口ですのでたらい回しにされる心配がありません。

電話でも相談も受けつけているみたいですが、これから起業を考えていらっしゃるようでしたら、一度、秋葉原の本社を訪ねてみたほうがいいと思います。融資、セミナー、支援策などのパンフも置いてあります。

Q起業のアイデア

30代後半の男性です。
起業したいのですがアイデアがありません。
今までの職歴も工場のライン作業などマニュアル化されたものが多かったので
ヒントになるようなものがありません。
どういった目で世の中を見渡せばビジネスのヒントを得られるのでしょうか?
長らく人材派遣にお世話になってるのでそれをしようかと調べたのですが
飽和状態で今更という感じなので起業の対象にするのをやめました。
まずは簿記の勉強でも始めたほうがいいのですかね?^^;
止まっていてもなにも前に進まないので・・
0を1にしたいです。
回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

同世代の方のようですね。

何に興味があるか、などが重要だと思いますよ。

興味のない仕事で起業しても、いつかは破たんが来ることでしょう。
興味がなければ、勉強しても身に入りませんし、興味のないことについての情報も耳に入ってきませんからね。

興味のある分野で、技術やノウハウを身に着けるべきです。
極論をいえば、経営学を学んでも、経営で成功できるわけではありません。経営コンサルタントの多くが経営コンサルタント以外の仕事で起業していないところからも言えることでしょう。

私は、企業の気持ちが一切ありませんでした。
しかし、兄が起業意識が高く、私自身が税理士をめざし、簿記は当然に税務なども学んでいたことと、税理士試験を挫折したこと、しかし、税理士事務所での経験があったこと、などから起業の際に合流し、財務を中心とした事務の多くを任せられています。
起業の分野がITだったのですが、パソコンの修理やカスタマイズについては趣味程度に行っていたことから兄から指導を受けながら、販売からサポートまで行うこともあります。

儲かる仕事を見つけたとしても、まねされることでしょうし、大資本の企業に真似されれば、かなわないことでしょう。起業したいというだけでは、難しいと思います。
まずは、どのような分野でどのような商売をしてみたいか、を探してみてください。そして、少なからずその業界での経験がないと、商売が成り立ちにくいことでしょう。
特に会社員であれば会社が用意したルールや書類などに従えばよいですが、それも0からのスタートとなります。経験があれば、調べることなどでそのような書類なども用意が可能でしょう。未経験ですと、取引先とのトラブルにもなりかねませんからね。

検定試験などは、あくまでもスキルアップのためであり、事業に直接関係しないことも多いと思います。簿記検定などを持つことは、持たないよりもよいことです。しかし、経営者のすべてが簿記を知っているわけではありませんし、必須ともいえないでしょう。

回答にならないかもしれませんが、頑張ってください。

同世代の方のようですね。

何に興味があるか、などが重要だと思いますよ。

興味のない仕事で起業しても、いつかは破たんが来ることでしょう。
興味がなければ、勉強しても身に入りませんし、興味のないことについての情報も耳に入ってきませんからね。

興味のある分野で、技術やノウハウを身に着けるべきです。
極論をいえば、経営学を学んでも、経営で成功できるわけではありません。経営コンサルタントの多くが経営コンサルタント以外の仕事で起業していないところからも言えることでしょう。

私...続きを読む

Q40台で起業するための準備

会社で知れてますが10年ほどカスタマイズプログラマー、SEなどやってました。
最新のシステムを少しでもいじっておこうと今も忘れずにいじってます。端末も3,4台WINDOWS
MAC、タブレット、スキャナなど好きでちょこちょこいじってる程度。
コレで何か商売ができないかと考えています。

ただ気持ちがこれやったらむり、あれやったらむりって自分で壁をつくって考えが固まらず、とまっています。税理士、司法書士、宅建、社会保険労務士、行政書士、FP、簿記、アフィリエイト、WEB開発、
いろいろみてかじる程度でぴんときてないまま。普通の会社員をしています。

このまま会社員をやっていても落ちていくだけなので。ここでなんとか踏ん張って何かをしたいと思っています。

こういうのって誰かに相談したいんですが、誰もいない状態です。

相談できるような専門家がいないものでしょうか?

Aベストアンサー

 とにかくニーズを探そう。
 キミがやっているのは単なる技術。技術は使える場がなければただの趣味。
 本気で探すのなら、いろいろな体験やメディアで情報を集め、世間の人がほしがっている「何か」を探し出す必要がある。

 でもね、むしろこれまでカジってきたものをきちんと資格修得までいって、そういった資格を使う仕事場へ転職したほうが、経験もつめるしいいんじゃないかと思うが。

Q起業のアイデアが浮かんだ時どうする?

ここ3年ほど、自分の専門の分野で、起業案を考えていたのですが、ようやく勝算がありそうな、案件をひらめきました。

友人とは少し盛り上がっているのですが、初めに役所で相談をしたほうがいいのでしょうか?

バックオフィスその他コールセンターホームページ製作もろもろアウトソーシングを考えており、費用がどれぐらいかかるかを知りたいです。

Aベストアンサー

費用はご自身で算出しましょう!
もしここに具体的に書いてくれたら「参考意見」は貰えるかも・・・
それと「企画書」作って役所に行こう!
でないと相手にして貰えないよ。
その企画書には「どの様にして利益を出すか」を明確に!
出来れば聞かされてる人が想像できるぐらい具体的にね。

成功を祈ってます。

Q起業して個人事業主になる準備は?

起業して個人事業主になる準備は?
現在無職30代前半・女ですが、いずれ化粧水などを販売できたらと思っています。
製品を委託製造してもらい、私が販売したいです。
そのためには私が屋号をつけ看板ぶら下げて、個人事業主にならないといけないとわかりました。

知っておかなければならないことはたくさんあり、薬事法の提出やクレーム対処などあると思いますが、ほかに必要なことは何でしょうか?
とるべき資格はあるでしょうか?
「ビジネス実務法務」検定など必要でしょうか?

また、個人事業主であって従業員は私一人の予定です。
それでも株式会社などにしたほうがいいのでしょうか?
人を雇えるような余裕は当面ないです。

融資などありますが、有限・株式会社でないとだめですか?
私は有限・株式会社にする予定は現在ありません。
(製品化への費用がかかるのでそちらに使いたい)

企業に関する知識ある知り合いがおらず、ほかでネットで質問しましたがあまり良い回答がなく困っています。

厳しいご意見でも結構ですので、出来るだけ情報があれば助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下のURLに回答していますので参照してください。

個人事業主に関する以下の質問に回答してありますのでそちらをご覧くだされば回答になると思います
http://okwave.jp/qa/q6119379.html
http://okwave.jp/qa/q6117219.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報