先月、原付で車と交通事故を起こしてしまい、顔面打撲で、左頬骨と左上顎骨と左眼窩底を骨折してしまいました。
過失は5:5ほどで私も不注意だったと反省しています。
眼の方はなんとも無かったのですが、左上顎骨の骨折のせいで口が開きにくくなっていました。
形成の先生が言うには、左上顎骨の骨折してるところで側頭筋の一部を挟みこんでるため、口が開きにくくなってるのかもしれないとの事でした。

先生は手術をして戻す方法と、顔の骨格のずれもそんなにひどくないので、このまま保存療法で様子をみて、口の開口の訓練をしてみる方法とどちらにしますかと聞かれました。

その場ではもう少し考えさせてくださいといい、答えを保留にしてもらいました。
測ってもらうと開口が3cmほどでした。

正直、顔の手術はあんまりしたくないので、保存療法でいきたいと思ってるのですが、本当にもどるのかが不安です。
そこでお聞きしたいのですが、

(1)上顎骨の骨折でも開口障害とかは残るものなのでしょうか?
(下顎骨の骨折で開口障害は結構みるのですが・・・)

(2)上顎骨の骨折で側頭筋のを挟み込んだりとかは、よくあることなのでしょうか?

(3)やっぱり手術した方がいいでしょうか?

備考: 私は20代前半の男です。

どんな些細なことでも結構ですので、教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

オペしましょう、保存療法で元にもどらなければ改善の見込みは無くなります。


このままだと「ビックマック」食べれなくなります(^0^;大変・・・

傷の程度はしりませんが、主治医がそう言っているなら確かでしょう。

私は脳梗塞で動かない顔面の筋肉があり、出せない声とか呂律がまわらないですが、手術して元にもどるならその方法が早くて安心です。示談してないならそも半分請求できますしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにビックマックが食べれないのはつらい・・・( ̄□ ̄;)!!
脳梗塞で顔の筋肉が動きずらいのもお辛いですね。
手術した方が確実ならやっぱり手術した方がいいですよね・・・

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/16 00:59

大変ですね。


さて、形成外科でみて貰っているとのことでず、一度口腔外科でセカンドオピニオンを受けられてください。
開口障害や咬合はより詳しいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに形成外科の先生よりも口腔外科の先生の方がいいかもしれませんね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/04/16 00:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般住宅の開口部の割合

自宅の増改築を考えています、その際、出来るだけ多く開口部を取りたいのですが、外壁に対して開口部の割合に決まりがあるのですか?
また、一般の建売住宅などは、外壁に対してどのくらいの割合で開口部を取っているのですか?

Aベストアンサー

建築基準法で決まっていると思います。

割合はまではわかりませんが、トステムのトータルハウジングという
カタログに載っていました。
トステムのHPからカタログ請求できると思います。

開口部を大きくしたい理由は、採光のためですか、それとも通気のためですか?

他の方が仰っているように現在の住宅は強度に重点を置きます。
開口部が多くてその分強度には目をつむるということは、許されなくなりました。
採光や通気の方法は窓の形状や取り付け位置で工夫が出来ます。
そのほうが地震や台風の時に安心ですよ。

Q頭蓋底骨折 マーゲンゾンデ

頭蓋底骨折により鼻出血が起こっているときに、マーゲンゾンデを鼻からではなく、口から入れることもありますか?またそれはなぜですか?

Aベストアンサー

 頭蓋底骨折患者さんへの鼻からの胃管挿入は一応禁忌になっていますよね。

 鼻から胃管を入れたら、それが口腔内の方向ではなく脳の中に入ってしまったことがある、と有名な先生が学会でおっしゃっていました。

Q排煙上有効な開口

避難用バルコニーに出るための両開扉は排煙上有効な開口になりますか?
定義を読むだけでは認められるような気がするのですが、例としての開口が全て腰窓なので・・・
後、通常の開口ではなく「避難用バルコニーへの特定防火設備扉」だというのも気になっています。
何方か、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>避難用バルコニーに出るための両開扉は排煙上有効な開口になりますか?
避難用バルコニーへの特定防火設備扉は、排煙上有効な開口にはなりません。

排煙上有効な開口は、主要室(居室)の平均天井高さから80cm下方の範囲にある窓などの開口部分です。

以上

Q脚骨折の完治前の運動による後遺症などの影響と対処法

脚のヒコツ遠位端を10日前に骨折し、現在病院に通っています。
全治4週間(完治はそれ以上6~8週)と先生には言われてギブス固定しています。
しかし植木屋という仕事柄、完治まで働かない訳にはいかず、困っています。完治まで仕事は無理とのお言葉に落胆さえしてます。

多少は無理して働くつもりですが完治前に重たい物を持つ、高い所に上るなどの動きによって、骨の癒合などにどういった影響があるのでしょうか?
また、どうしても働かなくてはならない状態で、ギブス以外に動き回れるいい固定具などはあれば、教えてください。

尚、若い為か10日でレントゲンに写っていたヒビは今日の検診では消えて見えませんでした。また、3週間は動かず我慢するつもりでいます。

Aベストアンサー

腓骨と言っても そとくるぶし は別としてそれ以外は放置しても大丈夫。下腿には大きいケイコツ と細い ヒコツ が有り 両方が折れた場合はヒコツがケイコツの骨癒合の邪魔をする事が多々あるので 余程ずれていない限り ヒコツは余り考えなくても自然につきます。外くるぶし の場合は話は別です。ここは足関節ですから関節面がズレていてはいけません。きちんと関節面を合わせて6週かけてなおします。
 昔 ロスアンジェルスのオリンピック だったか 柔道の山下選手が腓骨骨折を隠して試合に出て寝技で金メダルを取ってから日本に帰国して治療しました。腓骨ってのは そんなものです。ご安心を

Qレーザーの開口率について

どうして開口率は大きい方がいいのでしょうか?
開口率が小さい方が焦点が定まりやすいように思えます。

Aベストアンサー

確かに開口数が小さい方が焦点深度は大きくなるので、焦点はずれにくくなりますが、その代償として分解能が下がります。もし光学メディアの記録ピットに対して余裕がない分解能だと、ちょっとしたことですぐ読み取りエラーになってしまい、実用にならないでしょう。理論に関しては、参考URLをどうぞ。

CDでもすでに、記録ピットの大きさは1ミクロン未満なので、赤い光の波長よりちょっぴり大きいだけしかありません。これでは開口数を下げる(分解能を落とす)余裕はないと思います。逆にそういうぎりぎりの領域だから、マニアな人は開口数が高いものを求めるんじゃないですかね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/開口数

Q大腿骨骨折

最近スノーボードをして左足大腿骨骨折しました。ちょうど太ももの真ん中で折れたようです。手術してチタンの棒が入っています。また運動、ボードができるまで普通どのくらいかかるでしょうか?人によってずっとできない、かなり時間がかかるなど聞きますので詳しいかた教えてください。ちなみに今は手術から二十日経ち3分の1加重しています。歳は25です。

Aベストアンサー

骨折がどのようにどの程度だったのか分かりませんので何とも言えませんが、術後3週間で1/3加重でしたら、予後良好であり、割と早く復帰出来ると思います。(でも、今シーズンは多分諦める事になると思います。)
具体的な話は、主治医に相談されると宜しいでしょう。

余談ですが、アスリートの治療では、「マイクロカレント療法MCR」や「高気圧酸素療法」が、治癒速度を早めるとして注目されています。(ベッカムが2002(?)ワールドカップ中に驚異的な回復を見せ話題になりました。松坂なども過去に行っています。)

後者は安い機器でも400万円くらいするので未だ試した事はありませんが、MCRでしたら、参考URLのトリオ300(定価78000円)という安価な機器でも効果があります。

高いようですが、上級機ES-520は240万円、ES-420は38万円ですから、お得感は大きいです。(トリオ300でしたら筋トレEMSや鎮痛TENSにも使えます。操作性が悪いのが難点ですが、携帯性は抜群です。←メーカーの回し者ではありません。笑)

経験的に言って殆どの患者さんにおいて、概ね「普通の治癒速度×1.3~1.5倍」の回復速度が見込めます。

スポーツ整形Dr.のいる病院や、トレーナー業務もおこなっている接骨院・治療院などには機器があるかも知れません。

早くよくなられます様お祈り致します。どうぞお大事になさってください。

参考URL:http://www.itolator.co.jp/hospital-use/catalog/cat02.html

骨折がどのようにどの程度だったのか分かりませんので何とも言えませんが、術後3週間で1/3加重でしたら、予後良好であり、割と早く復帰出来ると思います。(でも、今シーズンは多分諦める事になると思います。)
具体的な話は、主治医に相談されると宜しいでしょう。

余談ですが、アスリートの治療では、「マイクロカレント療法MCR」や「高気圧酸素療法」が、治癒速度を早めるとして注目されています。(ベッカムが2002(?)ワールドカップ中に驚異的な回復を見せ話題になりました。松坂なども過去に行っていま...続きを読む

Q開口率

イメージセンサなどで、開口率という性能指標があります。
この開口率の定義がよく分かりません。アドバイスをお願いします。
(開口率は大きいほど良いらしいのですが、どうすれば大きくできるのかのアドバイスも併せてお願いいたします。)

Aベストアンサー

大雑把にはセンサのチップに対する受光部の割合

電気的に隣の画素とつながるわけにはいかないので、隙間があります。
受光自体に関与しない配線もあります。もちろん両者は重なってますけど。

それらが、センサの開口率を下げる要因です。

よくやる手は、個々のセンサの前に、マイクロレンズと呼ばれるレンズを置くことです。もう一つは、半導体プロセスの微細化により、配線を細くすることです。

Q大腿骨頚部骨折時のハンソンピンの位置

大腿骨頚部骨折などの際にハンソンピンで固定するとします。
この時、大腿骨頚部の骨量の多い足側にハンソンピンを打つと思いますが、この部分は名称などあるのでしょうか?あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ハンソンピンを刺入する場合なら、遠位ピンはMLで見て中央、APで見て骨梁の多いカルカー寄りに打ちます。
近位ピンはMLで見て前方よりで、APでは頚部上方を通るラインに打ちます。

>骨量の多い足側にハンソンピンを打つと思いますが
この表現が骨梁の多い部分に打つ遠位ピンを指すのであれば、大腿骨頸部から骨頭下部にある骨梁が多くはしっているカルカー部の事かと思います。

Qツーバイの開口補強、帯金物について

ツーバイの開口補強、帯金物についてなんですが、
900以下の開口の場合、帯金物での補強は要らないと言われたのですが、
引抜などを考えると、開口部のWが900以下でなく
耐力壁とみなさない900以下の壁の間違いではないかと思うのですが、
教えてください。

Aベストアンサー

どちらにしろ、現在の建築基準はあまいので
開口部全箇所には、帯金物を取り付けることをお勧めします。
そして、帯金物はある程度重みを乗せるまでは、
仮止めにしておき、重みを乗せてから(ボードを各部屋に配る)
全ての釘を止めてください。

Q大腿骨頚部骨折 - 手術しなくちゃダメ?

50代の女性です。
3日前犬と戯れて横向で走っている時、足元の障害物につまずいて、思い切り腰を打ちました。
全く動けない状態で病院に運ばれましたが、「上記部位の骨折で、ボルトで固定する手術をしましょう」と言われました。
「自然に治す方法はないでしょうか」と聞いてみると、2,3ヶ月安静ニしていられる覚悟があるならですが、手術のほうがずっと早いですよ、とのことでした。

レントゲンの写真を見ると、外部骨?の付け根のところの端のほうだけが割れ目が入っていて骨の中心部までは達していないように見えました。そのせいか今は足を引っ張られたりもしていません。

私は手術とか人一倍苦手な性格で、体に異物が入るということにもものすごく抵抗があります。
でも良くくっつかないと骨が壊死してしまうこともある、と怖いことも書いてありますし,,,。

今は痛みも大分引いてきて、膝を曲げたり、少し横向に寝たり、着替えやトイレの為に腰を浮かしたり、足を少しだけ上げることも出来るようになりました。先ほど初めてベッドを降りて片足で壁をつたいながらトイレへ行ったのですが、怪我したほうの腰や足もあまり痛みませんでした。

来週早々手術を受けることになっています。

決断するのはすべて私自身の責任と自覚していますので、忌憚のないご意見やアドバイスをいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

50代の女性です。
3日前犬と戯れて横向で走っている時、足元の障害物につまずいて、思い切り腰を打ちました。
全く動けない状態で病院に運ばれましたが、「上記部位の骨折で、ボルトで固定する手術をしましょう」と言われました。
「自然に治す方法はないでしょうか」と聞いてみると、2,3ヶ月安静ニしていられる覚悟があるならですが、手術のほうがずっと早いですよ、とのことでした。

レントゲンの写真を見ると、外部骨?の付け根のところの端のほうだけが割れ目が入っていて骨の中心部までは達していないよ...続きを読む

Aベストアンサー

大腿骨頚部骨折は、その折れた場所によりさらに、内側骨折と外側骨折に分類されるようです。内側骨折では、骨折した時に、同時に栄養血管も損傷され、骨折した部位に血流や栄養が行かなくなり、壊死を起こすことが多いのでで、人工骨頭が選択されることが多いようです。ecoyanさんの場合はおそらく外側骨折だと思いますので、壊死の可能性は低いとは思いますが、主治医の先生が言われるようにボルトで固定する手術を実施したほうが、日常生活に復帰する期間が短くなると思います。大腿骨頚部骨折の方でも、骨折によるずれが、少ないなど手術しないケースもあるようでうが、2,3ヶ月安静すると筋力、体力の低下が激しく、2,3ヶ月後、骨折した場所が完治しても、それからまた、筋力、体力を回復されなければ、ならないようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報