たった、3か月音信不通で、死者扱いされる。即ち、生保加入者は、数億円ないし数千万の、死亡

保険が受取人に入る。

地元出身者にも、当然いると思うが、観光や仕事を理由に、3/11に被災場所にいたという事を、言えば、行方不明でも、死亡保険が・・・・・・

死んでいない人、明らかに、計画的、死んだふりして、保険金受取、その後、整形、偽名を演じ、

数億円を他人名義などで、運用し、楽して食っていく屑どもが仮に発見されても、死刑どころか、

単なる、保険詐欺・・・・こんな屑どもを死刑にする事は、今後百年ないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

地震が起こる日時が判ってて保険に入る奴は居ない

    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは当然の事。

過去からずっと入ってた会社社長や、役員など、不景気に泣かされて、その勢いで、つい詐欺っちゃう人が、いると思う。

賭け金も払ってないような、典型的乞食詐欺師屑は、火事場泥棒とか、復興事業のピンハネ妊婦出しをやってると思う。

派遣会社も、死刑で良いと思うよ。人をごみのように使い、自分は、偽善者気取って、実際楽してぼろ儲け野郎

お礼日時:2011/04/14 03:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報