財団法人等について以下教えて下さい。
 1.普通の企業より法人税が少ないと思いますが、どうでしょうか?
 2.どのような職種だと財団法人と認められるのですか?
 3.財団法人と社団法人の違いは?
以上です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

財団法人は、


ある特定の個人(皇族や大手企業の創始者などが多い)や企業などの法人から拠出された財産(基本財産)で設立さ、、基本財産の運用益である金利などを主要な事業原資として運営している法人のこと。

公益法人制度改革に伴い、2008年12月より公益目的以外でも非営利目的であれば一般財団法人を設立できるようになりました。

一般社団法人は、税制上、以下の2つに分けられます。
1.原則として非課税
2.原則として課税

公益性がまったく無い事業でも設立できるようになった財団法人ですが、公益性のある事業の場合には法人税等の軽減措置が適用されます。

原則として非課税というのは、公益性のある事業の比率が高くとも、公益性の無い事業分の収益があれば、公益性の無い収益に関しては普通の会社と同じように課税されます。

2は逆です、公益性の無い事業の比率が高くとも、公益性のある事業分については非課税になります。

営利(剰余金の分配を目的とし無いと言う意味で、収益を上げてはいけ無いと言う意味ではないです)を目的としなければ、一般財団法人を作ることが出来ます、業種に制限は去りません。
300万円以上の価額の財産の集合体である「財団」に法人格を付与したものが「一般財団法人」となります。

社団法人との違いは、
大まかに説明しますと、
社団法人は人(出資した人=社員)の集まりです、
財団法人は財産(拠出された財産)の集まりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2011/04/15 21:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財団法人か社団法人の一般事務

来年の4月から財団法人か社団法人の一般事務の仕事がしたいと考えています。財団法人や社団法人の一般事務の仕事というのは株式会社の事務と比べると仕事は楽なんでしょうか?普通の株式会社よりも公益法人の財団法人か社団法人の仕事のほうが楽な気がするのですが。

(1)財団法人や社団法人の一般事務の求人というのは人気があるのでしょうか?

(2)財団法人や社団法人の一般事務の仕事というのは株式会社の事務と比べると仕事は楽なんでしょうか?


(3)普通の株式会社よりも公益法人の財団法人か社団法人の仕事のほうが楽ですか?

(4)公益法人の財団法人か社団法人の求人が多くでているサイトや、新聞がありますか?

(5)とっておくと有利な資格はありますか?(これから受験できるもので)

公益法人の財団法人か社団法人というのはたまに新聞などに出る小さな求人のことです。

Aベストアンサー

No.2のものです、ご質問あったので再度回答させていただきます。

私は貿易関連社団法人と医師会でした。
貿易関連は市の補助団体ということと、比較的明確な趣旨がない(といっては失礼ですが)ため単調で、年数回の総会やセミナー以外は本当単調でした。こちらは市の派遣が正職員としていましたので、私の立場は嘱託職員でした。人間関係は閉鎖的で大変、気に入られれは居心地いいですが気に入らなければ・・・・(これ以降はご想像で)

医師会ははっきり言ってハードです。医師会は単にお医者様が所属する団体と勘違いされがちですが、業務は多岐にわたり、事務も連日連夜残業とかあります。おそらく美容・健康保険も変わりないかな。あとはっきり言って給料安いですし、正職員になれるのもほんの一握り。大抵は嘱託が数年続きます。私は諸事情により短期臨時職員で勤めましたが、正職員さんは「給料安い割りにハード」とよくぼやいてました。(実際やめて転職方もいます)

私が住んでいるのは所謂政令指定都市、つまり都会と称される地域なので、そうじゃないところであるならこれが当てはまるとは言えないですが^^;

No.2のものです、ご質問あったので再度回答させていただきます。

私は貿易関連社団法人と医師会でした。
貿易関連は市の補助団体ということと、比較的明確な趣旨がない(といっては失礼ですが)ため単調で、年数回の総会やセミナー以外は本当単調でした。こちらは市の派遣が正職員としていましたので、私の立場は嘱託職員でした。人間関係は閉鎖的で大変、気に入られれは居心地いいですが気に入らなければ・・・・(これ以降はご想像で)

医師会ははっきり言ってハードです。医師会は単にお医者様が所属す...続きを読む

QNPO法人、社団法人、財団法人の違いと作り方

NPO法人、社団法人、財団法人の違いと作り方を教えて下さい。

公益法人を作りたいのですが、NPO法人にあまり良いイメージがありません。
NPO以外の社団法人や財団法人とは何なのですか?
そしてそれを開くにはどうすれば良いのですか?

Aベストアンサー

 NPO法人なら、素人でも勉強すれば設立できるし、運営もできるでしょう。およその目途として、事業規模が年500万円を越えるようなら、任意団体が法人格取得に向う時期かもしれません。5,6万円程度で申請事務を代行する業者もあります。

 公益社団/財団法人は、素人が設立、運営するのは無理です。年間の事業高が5000万円を超える規模なら、経理の専門家を入れて公益法人化を考えてもいいでしょう。申請業務を代行する業者もいますが、100万円はかかるという噂です。

 公益法人を目指すなら、まず一般社団/財団法人を設立しなければなりません。こちらの方は登記だけで設立できるので、素人でも難しくありません。

Q財団法人について教えて下さい。

財団法人等について以下教えて下さい。
 1.普通の企業より法人税が少ないと思いますが、どうでしょうか?
 2.どのような職種だと財団法人と認められるのですか?
 3.財団法人と社団法人の違いは?
以上です。

Aベストアンサー

財団法人は、
ある特定の個人(皇族や大手企業の創始者などが多い)や企業などの法人から拠出された財産(基本財産)で設立さ、、基本財産の運用益である金利などを主要な事業原資として運営している法人のこと。

公益法人制度改革に伴い、2008年12月より公益目的以外でも非営利目的であれば一般財団法人を設立できるようになりました。

一般社団法人は、税制上、以下の2つに分けられます。
1.原則として非課税
2.原則として課税

公益性がまったく無い事業でも設立できるようになった財団法人ですが、公益性のある事業の場合には法人税等の軽減措置が適用されます。

原則として非課税というのは、公益性のある事業の比率が高くとも、公益性の無い事業分の収益があれば、公益性の無い収益に関しては普通の会社と同じように課税されます。

2は逆です、公益性の無い事業の比率が高くとも、公益性のある事業分については非課税になります。

営利(剰余金の分配を目的とし無いと言う意味で、収益を上げてはいけ無いと言う意味ではないです)を目的としなければ、一般財団法人を作ることが出来ます、業種に制限は去りません。
300万円以上の価額の財産の集合体である「財団」に法人格を付与したものが「一般財団法人」となります。

社団法人との違いは、
大まかに説明しますと、
社団法人は人(出資した人=社員)の集まりです、
財団法人は財産(拠出された財産)の集まりです。

財団法人は、
ある特定の個人(皇族や大手企業の創始者などが多い)や企業などの法人から拠出された財産(基本財産)で設立さ、、基本財産の運用益である金利などを主要な事業原資として運営している法人のこと。

公益法人制度改革に伴い、2008年12月より公益目的以外でも非営利目的であれば一般財団法人を設立できるようになりました。

一般社団法人は、税制上、以下の2つに分けられます。
1.原則として非課税
2.原則として課税

公益性がまったく無い事業でも設立できるようになった財団法人ですが、公益...続きを読む

Q財団法人と社団法人について

質問のタイトルどおりなのですが、「財団法人」と「社団法人」の違いを教えてください。たとえば、管轄や設立の定義など。

こういう分野に関しましては、全くの無知識です。わかりやすい回答を求めています。

回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

・財団法人
個人・法人から寄付された財産(基本財産)で設立され、これの運用益を資本金として活動する非営利の法人である。定款に相当する規定を「寄付行為」という。高野連や船舶振興会なども、そうである。

・社団法人
一定の目的で構成員(社員)が結合した団体(社団)である法人。
非営利の一般社団法人・公益社団法人、
営利社団法人である会社、
他に医療法人:社会福祉法人:NPO法人:宗教法人:監査法人:弁護士法人:税理士法人:司法書士法人:社会保険労務士法人:行政書士法人:協同組合:政党など

財団法人・・・財産の存在を基礎とする
社団法人・・・人的結合を基礎とする

Q公益財団法人への移行

一般財団法人を設立した後に、公益財団法人に移行する場合、公益認定をうけた一般財団法人は、その名称中の一般財団法人の文字を公益財団法人と変更する定款の変更をしたものとみなされる。という規定があります。

ということは、公益認定の申請時に、一般財団法人の定款(公益財団法人の要件をみたすもの)をそのまま添付して、それがそのまま公益財団法人の定款となるのでしょうか?

であれば、設立の段階から公益社団法人の要件を満たす定款を作成する必要があると思うのですが、「公益認定の取消しに伴う贈与の定款規定」等は、一般社団法人の段階で定款に入れるのは変だと思いました。どのように処理をするのが正解なのでしょうか?

お解かりになる方がいましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 この質問には、いくつか分からないことがあります。

 まず、公益財団法人は、一般社団法人のなかで公益認定を受けた団体のことです。移行というのは、以前の公益法人が、新公益法人に変わることではないでしょうか。そうだとすれば、ご質問に該当するケースはなくなります。

 それはともかく、公益法人の認定はガイドラインに即してゼロベースで行われます。言い換えれば、前身があろうとなかろうと、審査に直接の関係はありません。ご質問の場合、定款が要件を満たしているかどうかが問題です。

 お尋ねの件は呼称だけの問題なので、認定審査には無関係だと思われます。

Q社団法人や財団法人は民間扱いですか?

知識が曖昧なので教えてください。
社団法人や財団法人は法律上どのような位置づけになるのでしょうか?
設立や運営に税金は使われますか?
そのような法人が公表する文章に著作権はありますか?
例えば、行政書士試験を主催する「財団法人行政書士試験研究センター」がありますが、
この行政書士試験問題は普通に転載されてますので著作権がないという認識で良いのでしょうか?
難しい法律用語抜きで教えていただけると助かります。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>社団法人や財団法人は法律上どのような位置づけになるのでしょうか?
設立に際して国や地方公共団体の認可が必要なだけで、あくまで民間団体です。

>設立や運営に税金は使われますか?
一般には使われません。ただし、第三セクターのように公共団体からの助成が設立の前提となっているところもあります。あくまでその団体の設立趣旨によります。企業でも助成金を受ける場合もあるので、社団法人や財団法人の特権であるわけではありません。

>そのような法人が公表する文章に著作権はありますか?
日本の法律では、誰が作る著作物でも基本的に著作権はあります。ただし、法律などについては著作権法で保護の対象から除外していますので自由に使えることになっています。

著作権法第十三条(権利の目的とならない著作物)
 次の各号のいずれかに該当する著作物は、この章の規定による権利の目的となることができない。
  一 憲法その他の法令
  二 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人(独立行政法人通則法<平成十一年法律第百三号>第二条第一項に規定する独立行政法人をいう。以下同じ。)又は地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成十五年法律第百十八号)第二条第一項に規定する地方独立行政法人をいう。以下同じ。)が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
三 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  四 前三号に掲げるものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの

社団法人や財団法人は上記条文の著作者に含まれませんし、また国民向けの法律や告示や通達などを作る立場でもありませんから、その著作物については当然に著作権があります。ただしそれを主張するかどうかはわかりません。

>社団法人や財団法人は法律上どのような位置づけになるのでしょうか?
設立に際して国や地方公共団体の認可が必要なだけで、あくまで民間団体です。

>設立や運営に税金は使われますか?
一般には使われません。ただし、第三セクターのように公共団体からの助成が設立の前提となっているところもあります。あくまでその団体の設立趣旨によります。企業でも助成金を受ける場合もあるので、社団法人や財団法人の特権であるわけではありません。

>そのような法人が公表する文章に著作権はありますか?
日...続きを読む

Q財団法人と社団法人

(1)財団法人は、「公益社団法人」「営利社団法人」「中間社団法人」3つのいずれかに該当するのでしょうか。

(2)公益を目的とするのが財団法人であるとすれば、
財団法人⇔公益社団法人
は限りなく近いと考えてよいのでしょうか。

(3)(2)の仮設が成り立つとしたら、今度は
財団法人⇔公益社団法人
はどこが違うのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) いずれにも該当しない。財団法人はその名のとおり「財団」であり,「社団」ではありません。
 
(2) 財団法人は公益法人ですが,公益「社団」法人ではありません。理由は(1)で述べたとおりです。
 
 そもそも,「財団」と「社団」は設立過程が異なります。No.1の回答者がおっしゃるとおり,目的は似ていますが,よって立つところが異なるのです。
 
 「財団法人 社団法人」で検索してみれば,お分かりになるとは思いますが。

Q一般社団法人と一般財団法人の違いは?

一般社団法人と一般財団法人の違いは?

社団は、人の集まり
財団は、金の集まり

どちらも、設立登記によって成立する法人

社団のイメージは
株式会社と同様な活動が出来るが、
しかし
社団の事業の為であり、利益の個人分配は認められない。

では、
財団法人の活動は、
どのようなものなのでしょうか?

社団は人
財団は金
と、
簡単な説明ではなく、
活動(営業・利益など)の違いを教えてください。

Aベストアンサー

・社団法人も財団法人も、運営は理事が行い、これを監事が監査します。
 営利団体(株式会社)でいえば、重役(社長を含む)です。
 やる業務そのものは、両法人とも同じように考えてよいでしょう。
 
・では、だれが理事を選ぶのでしょう。社団法人は社員(普通は会員という)が
 いて、会員が総会を開き、その多数決で決めます。株式会社では株主が
 株主総会で決めますが、この場合は株数により議決権が違います。しかし、
 社団法人では1人1票です。一方、財団法人では評議員という人が選ばれて、
 評議員が理事を決めます。評議員は財団により、最低3人でも可です。
 その評議員は、最初は評議員選定委員が決めますが、後は選定委員が
 決めたり、評議員自身が決めます。

・上記のように、社団法人では社員が必須です。ただし、自然人でなく
 法人でも可です。いわゆる業界団体は、営利会社が会費を払い社員に
 なっています。

・一方、財団法人には「会員」は必須ではありません。会員をおいている
 ところもありますが、会員には(特典はあっても)法人を運営する
 権利はないのが普通です。

・たとえば、博物館・美術館などはしばしば財団法人です。つまり、
 建物と所蔵品という「財」を理事が守るわけです。こういうところ
 では「友の会」が組織されたりしますが、友の会の人は入館料の
 優遇などがあっても、理事を選挙する権利はありません。

・社団法人も財団法人も、運営は理事が行い、これを監事が監査します。
 営利団体(株式会社)でいえば、重役(社長を含む)です。
 やる業務そのものは、両法人とも同じように考えてよいでしょう。
 
・では、だれが理事を選ぶのでしょう。社団法人は社員(普通は会員という)が
 いて、会員が総会を開き、その多数決で決めます。株式会社では株主が
 株主総会で決めますが、この場合は株数により議決権が違います。しかし、
 社団法人では1人1票です。一方、財団法人では評議員という人が選ばれて、
 ...続きを読む

Q遺産相続、財団法人のために利用の個人名義借金

祖父が亡くなりました。
祖父は地域文化復興を目的とした、営利目的でない財団法人
を立ち上げた会長でした。

ほとんどボランティアのような仕事です。地域の人々からもとても
感謝して頂いています。
昔かたぎの人。その財団法人を運営維持するために必要なお金を、
財団法人関係者に迷惑をかけないために、という理由で個人名義で
借りていました。

父は長男です。祖父とずっと同居をし、最後まで看取りました。
間もなく定年ということもあり、自分の仕事かたわら、
祖父の意思を継ぐために赤字だらけの財団法人を守っていくつもりです。
次男が遺産相続の際、財団法人の赤字部分は考えもせず、残った家土地を
金銭に還元して要求しています。
家と土地は財団法人の運営を行う場所でもあり、
それを売ったり分けたりするわけにはいかない状況です。

祖父の借金の用途はすべて帳簿に記録されています。
借金の用途が財団法人のためだと証明できれば、
財産相続の際、個人の借金でも財団法人での借金と同様に
みなしてもらうことは可能でしょうか。

Aベストアンサー

原則は、相続人は被相続人の債務も相続します。
次男にはここのところをよく説明する必要があるでしょう。

借金の総額を計算して、相続人の相続分がどのようになるのかをまず確かめてください。

純法律的には、実際の借金が財団法人のものであれば、財団法人に返済義務があります。

Q一般財団法人&一般社団法人と株式会社について

一般社団(財団)法人と株式会社の違いがいまいちよくわかりません。

例えば、ある人が法人を立ち上げようとする場合、一般社団(財団)法人か株式会社等の何らかの形態を選択するわけですが、一般社団(財団)法人は事業目的に公益性がなくても設立できるし、かといって税制も株式会社と大きく変わらないと聞きます。

どんどん売り上げをあげて投資をして事業を成長させ、株主に配当を分配し自分もお給料をたくさんもらいたい人はもちろん株式会社を選択するでしょう。
一方で、公益目的でない事業をしたいという人の中で、株式会社でなく一般財団(社団)法人という形態を選択する人もいると思います。ただ、なぜ一般社団(財団)法人を選択するのかよくわかりません。

なぜなら、一般財団(社団)法人は利益を分配できないので自分のお給料も大きく変化することはないと思いますし、なぜ株式会社の形態をとらないでしょうか。
大きな利益を上げようとするほどガツガツ働きたく、株主からのプレッシャーも感じない一般財団(社団)法人がいいと思って一般財団(社団)法人という形態を選択するのでしょうか。
それとも一般財団(社団)法人の方が聞こえがいいとかあるのですか?(あるいは銀行からお金が調達しやすい等)

勉強中で無知なことが多くて恐縮ですが、どなたかご存知の方がいらしたら教えていただければ幸いです。

一般社団(財団)法人と株式会社の違いがいまいちよくわかりません。

例えば、ある人が法人を立ち上げようとする場合、一般社団(財団)法人か株式会社等の何らかの形態を選択するわけですが、一般社団(財団)法人は事業目的に公益性がなくても設立できるし、かといって税制も株式会社と大きく変わらないと聞きます。

どんどん売り上げをあげて投資をして事業を成長させ、株主に配当を分配し自分もお給料をたくさんもらいたい人はもちろん株式会社を選択するでしょう。
一方で、公益目的でない事業をしたいとい...続きを読む

Aベストアンサー

 営利を目的としない団体が簡単に法人格を取得できるのが一般社団/財団法人の利点で、たとえば業界団体や同窓会など共益的な活動をする組織に向いています。

 しかし、資金調達という点では出資者に配当できる株式会社が有利で、わざわざ一般社団/財団法人を設立する意味はほとんどないといっていいでしょう。

 事業が小規模なうちはどちらでも大きな違いはないでしょうが、規模を拡大するときには株式会社に限ります。成長性が見込めない一般社団/財団法人には、銀行は見向きもしないのではないでしょうか。新興の株式会社の目標は上場することで、こういう夢は一般社団/財団法人にはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報