放射性ヨウ素は、ウランの核分裂で出来るのですか?
ウランからヨウ素まではどの様な変遷で、物質が変化や分裂を
してゆくのでしょうか?

それとも、
ウランのせいで、水がくっついて、ヨウ素になるのでしょうか?

参考となるURLがありましたら教えてください。

A 回答 (4件)

「理科年表」(丸善)


に「おもな放射性同位体」の半減期・崩壊形式はあります。
また、質量数対核分裂生成物のグラフ程度のものはあります。↓
http://www.keirinkan.com/kori/kori_physics/kori_ …

ただ核分裂直後の半減期の短い物も含めて同位体ごとに細かく書かれた
ものは↓など大抵英語です。(読み取れる専門知識も必要です)
http://ie.lbl.gov/fission.html
↑で Thermal Neutron Induced Fission の 235U を見ると↓
http://ie.lbl.gov/fission/235ut.txt

元の質問文から、化学反応と原子核反応の違いすら読み取れてないよう
だったので、控えてました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
おかげさまで、
セシュームとストロンチュームが同程度できることが分かりました。
ストロンチュームは骨にたまりそうですので
もう少し勉強しながら、その影響を調べてみます。
水がくっついては、
核融合が起きればヨウ素も作れるかなと思ったのです。
核融合は起こすのが大変ですから起きませんね。

お礼日時:2011/04/16 07:47

ウランが核分裂を起こすと、2つの原子核にわかれます。

この時、必ず真っ二つに分割されるのではなく、質量数の大きな原子核と小さな原子核、2つの原子核の質量数を足すとおおよそウランの質量数になるように分かれます。

それらがたまたまヨウ素の質量数になったとき、ヨウ素となります。詳しくは、核分裂生成物といったキーワードで検索sるとHPに出てくるでしょう、
    • good
    • 0

ヨウ素131は、直接ウランの核分裂でできるのは、少なく、


他の物質ができて、放射線を出して変化してできるのが多いのです。

たとえば、ウランの核分裂は、

☆ウラン235 + 中性子 → アンチモン131 + ニオブ103 + 2x 中性子
(右側の2つの物質は、いろいろな組み合わせがあります。)
(ヨウ素131ができやすそうなパターンを選んでみました。)

アンチモン131は、半減期が短いのですぐにテルル,ヨウ素になります。
☆アンチモン131 → テルル131 + β (半減期 23分)
☆テルル131   → ヨウ素131 + β (半減期 25分)
ヨウ素131は、これらより半減期が長め(8.06日)でたまりやすいのです。
さらに先を書いておくと
☆ヨウ素131   →  キセノン131m + β
☆キセノン131m →  キセノン131  + γ
ここで、放射性でないキセノン131ができて安定になります。

ついでに、ニオブ103の方も書いておきます。
☆ニオブ103(半1.5秒)→モリブデン(半1.18分)→テクネチウム(半54秒)→
→ルテニウム(半39.27日)→ロジウム103(安定)

ヨウ素やセシウムが話題になるのは、水に溶けやすかったりで、
拡散しやすいからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
生成過程は様々であることが理解できました。
統計的には
どの様な崩壊過程がどの程度起こるかというような
ことが書いてある本はありませんでしょうか?

お礼日時:2011/04/15 18:17

>放射性ヨウ素は、ウランの核分裂で出来るのですか


いわゆる核分裂です。
ヨウ素ができるとき残りの核成分が何になるのかは忘れました。(恥、汗;)
なぜヨウ素ができるのかについてはいまだに分かっていないはずです。
核分裂生成物の「核種分布」は統計的にしか分かりません。
つまり、ウラン235の特定の原子が自発的分裂する、あるいは遅い、もしくは速い中性子を吸収して誘導分裂するときにどのような二つの原子(娘原子と呼ぶ)に開裂するかは「不確定」なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/15 18:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熱核分裂性(fissile)と、核分裂が起こりうる(fissionable)原子核について

こんにちは、
いま図書館で借用した古い原子炉工学(1975年)の本を読んでおりますが、そこに
(1) 233U、235U、239Pu、241Puなどの原子核は、熱核分裂性(fissile)の原子核と呼ばれる。運動エネルギーがゼロの中性子であっても、核分裂が誘起される。
(2) それに対して、233U、235U、239Pu、241Pu以外の重い原子核については、
核分裂が起こりうる(fissionable)原子核と呼ばれる。この238Uのような臨界エネルギーがあまり高くなくて、入射中性子エネルギーが約10MeV以下で核分裂が誘起される。
という言葉が使われています。
いまでも、熱核分裂性(fissile)と、核分裂が起こりうる(fissionable)原子核と言う言葉はそのまま使用されているのでしょうか?

また、核分裂が起こりうる(fissionable)原子核は、具体的にどの元素が該当するのでしょうか

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、

>また、核分裂が起こりうる(fissionable)原子核は、具体的にどの元素が該当するのでしょうか

http://wwwndc.tokai-sc.jaea.go.jp/jendl/j33/J33_J.html
に核反応の計算値があります。
例えば 241Am を見ると
http://wwwndc.tokai-sc.jaea.go.jp/j33fig/jpeg/am241_f2.jpg
の下の実線のようにfissionの反応率(反応断面積)があります。
こういうのは fissionable というのではないでしょうか?

今もfissible,fissionableという言葉が今も使われてるかは分かりません。すみません。

Qウランの核分裂でプルトニウムができるのはなぜ?

ウランの核分裂でプルトニウムができると記述されていました。核分裂で使われるのはウラン235です。なぜ分裂して質量数が4も大きいプルトミウム239ができるのですか?

Aベストアンサー

原発の原子炉で、エネルギーを生み出す核分裂の元になるのはウラン235ですが、燃料棒中のウランのうち、ウラン235は5%ぐらいしかありません。残りはウラン238です。
このウラン238がプルトニウムの元になります。

まず、ウラン238に中性子が一個入るとウラン239になります。
(原子番号=陽子数は92のままで、原子量=陽子数+中性子数が一つ増えて239に)

そして、ウラン239がβ崩壊することでプルトニウム239になります。
(β崩壊によって、原子核の中の中性子が陽子+電子になるので、原子量はそのままで
原子番号=陽子数が一つ増えます。原子番号92のウラン239からβ崩壊2回で、原子番号94のプルトニウム239に)

http://goo.gl/ajD8V

Qウランの核分裂

ウランの核分裂について教えてください。また、もしウランが2つでなく3つの同じ大きさの破片に分裂するとしたら、放出されるエネルギーはどう変わるのでしょうか。知っている方は教えてください。出来るだけ早く回答いただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

ウラン235が核分裂してできる生成物の質量数は、90付近と140付近に二つのピークを持ちます。すなわち、同じ大きさではなく、「ちょっと小さめとちょっと大きめ」に分裂する場合が多い、ということです。それゆえに、ストロンチウム90とか、セシウム137、ヨウ素131などの割合が多く、核分裂生成物による汚染の場合の問題となります。

ウランが3つの原子核に分裂する確率は、ほとんど無視できるくらい小さいはずです。同じ大きさの3個ということならさらに確率が減りますが、仮定すれば質量数が(235/3=)78くらいですか。分裂した時点では原子番号は(92/3=)31くらいなので、ガリウムや亜鉛でしょうが、中性子が過剰で、何度かベータ崩壊してセレンや臭素になるのでしょう。

いずれにしても、これらは軽元素は原子核の結合エネルギーが大きく、したがって核分裂の際のエネルギーは、普通の場合より小さくなると思います。

Q東電が水から核分裂で生成した物質8種類とは?

「東電は福島原発三号炉タービン建屋の水から核分裂で生成した物質8種類を検出したことを明らかにしている。」
その物質は、一体何か?
関連で、火傷した作業員二名は、ベータ線火傷でなければ、何の可能性高いか?
いずれも、答えは猛毒「プルトニウム」でしょうか?
ウワサが飛びかっています。
正確な情報を、至急教えてください。

Aベストアンサー

I-131,Ba-140,Ce-141,Zr-95,Sr-89
Ce-144,Pr-144,Ru-106,RH-106,Pm-147
Sr-90,Cs-137

のどれかじゃないかな。

Q自発核分裂物質の半減期を算出する理論

自発核分裂物質の半減期を理論的に算出することは可能でしょうか?可能でしたらその理論を教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。
まずお断りしておきますが、私は原子核分裂の専門家ではありませんので、現代の理論の詳細については詳しくありません。その点は割り引いてお読みください。

>1. この核分裂断面積計算式を使用すると、たとえばU235なんかは、正確に核分裂断面積を求めることが出来るのでしょうか?
トラペを見る限り実験データとの整合性を求めているので少なくともオーダーは正しく計算されるものと思います。どこまで正確なのかは不明です。

>2. 自発核分裂するかしないか、目安を求める式は、P2の「液滴モデルによる安定性の限界」によって計算できるのでしょうか?この式の詳細を知りたいのですが、日本語の本はないでしょうか?
>3. 自発核分裂するかしないか、目安を求める式は、現在でもP2の「液滴モデルによる安定性の限界」に記載の液滴モデルによって、求めるしかないのでしょうか?
それはあくまで安定性の目安です。P3にあるように実際には殻効果があってそのためより小さな核(ウランなど)から自発分裂を起こします。理論は従って液滴模型と殻模型の統合を目指しています。
その式自体は一般的な原子核構造の入門的専門書にあります。専門書は理系大学生協や図書館で見られます。ネット上で詳しい説明はないですがさわりだけ概括されている物を上げておきます。http://www.metro-u.ac.jp/~suzukitr/nucl6.pdf

>4. ウラン等の金属に、電圧、温度等の外力を加えて、核分裂断面積を大きくすることは可能でしょうか?
エネルギーの桁が全く段違いなので日常的な温度変化や電圧印加などでは変化しません。原子核の形状を変形させるほどの大きな外力は放射線によってしか与えることができません。一般に断面積はエネルギーが高くなれば大きくなりますがその依存性は複雑です。

>5. 原子核の振動数は10の21乗ヘルツ程度らしいですが、この振動数はどのように測定するのでしょうか?
それは原子核の核子の固有エネルギー準位や変形のエネルギー準位のことだと思われます。光の振動数がエネルギーに比例するように、原子や原子核のエネルギーも振動数で表すことができます。その測定には通常光を利用します。光と言ってもγ線やX線と呼ばれるエネルギーの高い光です。原子核が高いエネルギー状態にあるときは、よりエネルギーの低い安定な状態に移るときに光を放出するのでそれを測定します。

No.2です。
まずお断りしておきますが、私は原子核分裂の専門家ではありませんので、現代の理論の詳細については詳しくありません。その点は割り引いてお読みください。

>1. この核分裂断面積計算式を使用すると、たとえばU235なんかは、正確に核分裂断面積を求めることが出来るのでしょうか?
トラペを見る限り実験データとの整合性を求めているので少なくともオーダーは正しく計算されるものと思います。どこまで正確なのかは不明です。

>2. 自発核分裂するかしないか、目安を求める式は、P2の「液...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報