今回の地震・原発問題で電力不足が深刻になっていますが、
地デジの時のように、50Hzと60Hzを国策で統一できないのでしょうか?
影響が多岐に渡り過ぎるために難しいのでしょうか?

最近の家電は50Hzでも60Hzでも使えようになっているようですが、
昔は違ったのでしょうか?

統一を図る事が出来れば、こんな有事の時でも国内で支え合えるのに…と思いますが、
何分知識がないものでわかりません。
どなたか詳しい方、教えて頂けませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

周波数の変更にはいろいろな問題があります。


変圧器なども使って使えない事はないですが、効率が低下します。
大電力を扱う変電設備となれば1%の効率低下でも凄い量の熱が発生します。

周波数が変わると誘導電動機の回転数が変わります。
工場などではその対策が大変でしょうね。
家庭用でもタイマが狂い、洗濯機のプーリ変更が必要だったり、ポンプ類も吐き出し量が変わります。
銅鉄安定器タイプだと蛍光灯具も影響を受けるでしょう。
同様に水銀灯やナトリウム灯なども影響を受けると思われます。

以前から周波数統一や電圧変更案が出ては消えを繰り返しているのは、そのあたりの面倒さがあるからだと思います。
また、全国で電力が融通しあえるようになると電力会社同士の競争が起きますよね。
今は事実上地域に1社で独占ですから競争はありません。

電力会社の儲けの仕組みを調べると分かるのですが、原発などのカネのかかる設備を作れば作るほど実入りが増えるのです。
節電を呼びかけながら、一方ではオール電化を推進し、電力が足りないから原発を作るという流れもそこから来ているわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをどうも有難うございました。

電力会社間の競争という所には思いが至りませんでした。
どうも、家電製品や工場の設備等の問題だけではなく、
もっと大きな所に課題があるようですね。

それに、節電とオール電化、確かに相反しています。
言われるまで気づきませんでしたが。

国内で統一を図るという望みは難しいようですね。

お礼日時:2011/04/14 11:49

国策でやらなければならない事です。



東京を主として、50hzに統一する場合、発電機は点検や交換をしなければなりません。

その発電機の発電量をダイレクト送電で、大阪の何区と何区を50hzにして と少しずつ変更していくべきです。

負の遺産は強い政治指導者が生まれたときに、統一されるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントをどうも有難うございました。

私はこの度の震災をきっかけに、素人の考えでいろいろ思っただけですが、
周波数の統一というのは想像以上の時間・費用・労力を伴うようですね。
電力は今やもう基本のものとして根付いているだけに、
そこに不安を感じるとやりきれません。

なんとか解決策が見つかると良いですね・・・。

お礼日時:2011/04/14 12:06

統一しても、質問者の思っているほどのメリットが無いことが一番です


そして莫大な費用と準備の時間がかかります、そして、変更はある範囲を決めて短時間で行わなければなりません(変更の際には停電が伴います)
さらに莫大な投資をしても新たな電力を全く生み出さないこと

変更のための費用と時間・手間は、40年ほど前に 沖縄で道路交通を USA式の車は右から日本式の車は左に 変更した時のことを調べれば、見当が付くと思います

メリットは、家電製品が国内ならば、どこへ行ってもそのまま使えること(現実にはほとんどの家電製品がそのようになっています)と局地的な災害で発電所が停止した時に融通できる電力が増えることくらいです(猛暑時の全国的な電力不足の場合には、ほとんど無意味です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをどうも有難うございました。

そうなのですね、私が思っているよりもメリットは少ないのですか(涙)
どうも、この度の震災でいろいろな事に対して疑問が生じてしまい、
日本国内で支えあえる体制が実現しないものだろうか、と
素人の頭で考え込んでしまいました。

お礼日時:2011/04/14 12:04

この手の類似質問は既に多く出てますが、家電品レベルで考えると簡単なようですが、発電所や変電所などの大規模レベルで考えると現実的ではないです。


曾て、国鉄だった鉄道でさえ、交流架線と直流架線が混在してる路線がありますが、今でも統一されてないのです。
世界各国をみれば、周波数どころか電源電圧すら統一されてない国はたくさんあります。
日本は、電源電圧が統一されてるだけ便利なほうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをどうも有難うございました。

ついつい身近な家電等の問題にばかり目を向けていました。
しかし、まずは発電・変電・送電設備ですよね。

この狭い国内で周波数が統一されていない事に激しい違和感を感じていたのですが、
まだ日本はマシな方なのですか・・・。

なんとか国内で助け合える体制になれればいいな、と思っていましたが、
どうも難しいようですね(涙)
そもそも、実現可能なのであればもっと昔に成されていたのかと思いますが。

お礼日時:2011/04/14 12:02

それでは、現実問題として


今回関東圏はどうせ被害を受けたから
60HZ仕様で発電所、変電所等を作り変えなさい!
と言われたら、全部一斉に立て変えますか?
その際、個人の50HZでしか動かない機械は、アダプターを各自負担!
とかなったら、横暴!!となるでしょう。
ここまできちんと普及してしまってからでは
そこだけ考えても、まず、難しいでしょうねー。
最初に、縛りをかけなかった政府がアホと言われても仕方なしです。
ビデオのベータとVHSじゃあるまいし、流れに任せておいて済む話でもないでしょうにねえ。

統一化により、皆が喜ぶ事、一時的に多少不便でも皆が我慢する事
利権がドーンと発生して強力な推進派が出来、世論を操作する。
または、HZが違っても融通できる技術革新が出来れば
一気に話は進むでしょうが、
当面、50HZ⇔60HZの変換施設の拡充ぐらいが良い所ではないでしょうか?
お金無いし、出来たらいいな!ぐらいで終わるのでは?

しっかし、オール電化!とかを進めておいて
お粗末って感じですよね。
今は、電気で制御しているから万全ではないですが
九州では、台風がよく来ていたので
熱源は、分けろ!が基本でした。
昔は1週間とか平気で停電してましたから、
お湯が沸かせないと不便です。
今は、高層階には水も電気を使ってポンプで揚げていますから
水と非常灯ぐらいは何とかなるように
非常用発電機を備えるのも法改正に入れておいていいかもしれませんよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをどうも有難うございました。

オール電化と節電の件、他の方の回答を見て初めて気づきました。
確かにこれほど矛盾する事はありませんよね。

国策として長いスパンで取り組めば可能な事ではないのか?
などと素人考えで思ってしまっていましたが、
どうもそんな簡単な事ではないようですね。

狭い日本の中で2つの規格があるだなんて、何とかできれば良いのに・・・。
ずっとそう思っていましたが、改善は難しそうですね。

お礼日時:2011/04/14 11:58

問題になるのは家電製品じゃなくて、発電,送電設備や工場などの大型設備です。


元から両方の周波数で使えるように設計されている物は多くないのです。
戦後の復興で周波数を統一する計画はあったそうですが復興が急だったので、その好機を逃してしまいました。
問題を認識しつつ先送りにしてきたツケですね。
周波数統一はできない事はないです、アメリカなどの外国でも時間と金をかけて統一している所はあります。
今回も原発の損害賠償や震災の復興が優先されますから、また先送りにされるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをどうも有難うございました。

これまでも、好機があったのですね。
こういう有事の時にこそ役に立つ事であっても、
こういう有事の時だからこそ手をつける事ができなくて、
なんとも複雑な思いです。

でも、実現する事がいかに難しいかという事がわかり、
納得する事ができました。

お礼日時:2011/04/14 11:55

電力に関する専門的な知識は有りませんが、かなり難しそうです。



電力会社については、発電所・送電所・変電所の設備を全て置き換える必要があります。これには、膨大な費用と時間が掛かります。

企業などの大口利用者では、工場などの(周波数に依存した)電気設備の置き換えが必要となります。一般の家庭で問題になるのが蛍光灯かと思いますが、とくに建物に備え付けられた照明器具の交換は大変です。

これらの交換工事は、地域を限定したとしても、全てを一斉に行う必要があり、現実的に無理でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをどうも有難うございました。

そうですね、確かに発電・送電・変電設備をすべて整えないといけないわけですね。
そう言われるととんでもない大規模な仕事になりそうです。
周波数の問題さえ解決すれば日本国内で電力をまわせるのにな、と素人考えで思っていましたが、
いかに難しい事かというのを知り、納得しました。

有難うございました。

お礼日時:2011/04/14 11:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報