福島の大学に通っているものなんですが今実家にいて福島市の様子が分からない状態です。

街の賑わいや人通りはどうかなど教えてくれると嬉しいです。

もう夜とかは普通に飲み会なんかをしてるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

南北矢野目あたりですが、店舗の営業時間も通常に近くなってます。

歩道なんかの隆起も応急処置が完了してる漢字ですね。
夜間も散歩してる人がいたり、コンビニも通常営業しているので、被災された一部店舗以外はある程度通常状態かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 23:19

地震起きる前と対してかわらないけど、マスクしてる人が多かった印象

    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱマスクしますよね。
ありがとうございました

お礼日時:2011/04/17 23:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福島市での生活

私は四月から大学に進学するため福島市に引越します。
車の免許をまだ持っていないのですが、福島市で生活するには免許を持っていたほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

ご入学おめでとうございます。

私は、以前隣の郡山市に住んでいました。

まず、福島県に住んで1番驚いたことは、県内の広さです。定かではあろませんが、日本で5本の指に入る大きさだったと記憶しています。
しかも、地下鉄もなく、バスの運行本数も極めて少なく、市内をちょっと移動するのには車は不可欠でした。

お住まいになる地域は市内のどちらなんでしょう?
大学の近くのアパートでしたら、コンビニ、本屋、食堂と充実して、不便は感じませんが、少し離れたところになると、やはり車がないと不便かも知れません。

福島県は、郡山が1番の都会だったと思います。
県内の人も郡山に遊びに来てるようでしたが、福島市から60キロ近くあったと思います。
なので、皆さん車はお持ちのようでした。

私も郡山に住んで、車を買いました。
会津やいわき、猪苗代や喜多方といろんな所を観光して回りましたが、福島は綺麗で、とても整備された住みやすい所でした。

なにはともあれ、楽しい学校生活になりますように。

Q福島県郡山市まで東京都小平市から電車でどれくらいかかりますか?

福島県郡山市まで東京都小平市から電車でどれくらいかかりますか?

Aベストアンサー

小平市といってもどの地域かにより変わります。
市役所付近なら青梅街道駅が近いですし、中心駅は小平駅ですし、東は花小金井駅、西は東大和市駅、南は一橋学園駅や鷹の台駅で、それぞれ所属路線が異なるため、かなり変わってしまうのです。

小平駅から、有料特急を一切使わないで、かつ乗換が比較的容易な経路はNo.1の方が示す「普通」のルートで、4,180円です。

新幹線を使う場合、最安値のルートはNo.1の方が示している「新幹線」のルートで、乗車券4,090円、自由席特急券2,520円で計6,610円です。
ただし、秋津駅-新秋津駅間は約400m離れており、駅間の道路も標識等がなく分かりにくい上に屋根もありませんので、個人的にはあまりお勧めできません。
「普通」のルートで、途中大宮駅で降りてそこから新幹線を使う場合、乗車券料金は「普通」と同じ4,180円になりますので、合計で6,700円に値上がりしますが、乗換が分かりにくい場所は一切ありませんので、こちらのほうがいいと思います。

なお、小平市内の出発駅を選べるのであれば、新小平駅をお勧めします。
新小平駅は武蔵野線の駅で、「新幹線」のルートの「新秋津」を新小平駅に置き換えてそのまま使えますので、秋津駅-新秋津駅の面倒な乗換がなくなる上に、料金も最も安くなります。

小平市といってもどの地域かにより変わります。
市役所付近なら青梅街道駅が近いですし、中心駅は小平駅ですし、東は花小金井駅、西は東大和市駅、南は一橋学園駅や鷹の台駅で、それぞれ所属路線が異なるため、かなり変わってしまうのです。

小平駅から、有料特急を一切使わないで、かつ乗換が比較的容易な経路はNo.1の方が示す「普通」のルートで、4,180円です。

新幹線を使う場合、最安値のルートはNo.1の方が示している「新幹線」のルートで、乗車券4,090円、自由席特急券2,520円で計6,610円です。
ただし、...続きを読む

Q発電所の北西、風上の福島市の放射能濃度

発電所の北西、風上の福島市の放射能濃度が県内一高いのはなですか。

発電所地近くや風下の地域よりも、福島市の放射能濃度が高い理由が分かりません。

退去命令が出ている方々が福島市に逃げてきた際、むしろ放射能濃度が高いのでは逃げる意味が無いのではないかと思います。

切実な問題で、誰か教えてください。

Aベストアンサー

他に比べると確かに飛び抜けて高い数値を示しています。
しかし測定値には誤差が生じます。
単位がマイクロシーベルトなので数値は誤差の範囲だと思われます。(他の地域が低い測定誤差なのかもしれません)

数値が正しいならば地形の関係で他に比べ風の抜けが悪く放射線を出す物質が滞留しているのかも知れません。
測定器の調整の不備や測定場所にある何かが放射線を出している可能性もあります。
病院などのレントゲン設備を持つ施設でも放射能測定値が高くなる場合があります。
今回の測定値が正確なものかどうかの検証もされていませんのでそのまま信じる値かどうかも不明です。

切実な問題だと感じられているようですが個人レベルでは対策の施しようがありませんし現在の測定値が正しいならば数年かかって初めて人体への影響がわずかに出るレベルですのでとりあえず安心してかまわないと思います。

Q初めて通る道、久し振りに通る道、不慣れな道の運転は、あまり上手く行かないものですか。

初めて通る道や、久し振りに通る道や、不慣れな道の運転は、あまり上手く行かないものですか。

Aベストアンサー

そうですね、私は不慣れな道を通るときは初心者マークをつけて走っています。

Q放射線管理区域と福島市

放射線管理区域という単語を最近知ったのですが、3か月で1.3ミリシーベルトを超えるところには人は立ち入ってはいけないとの法律があるみたいですね♪
3か月で1.3ミリシーベルトということは1日あたり1300÷90で14.4マイクロシーベルト
1時間で14.4÷24で0.6マイクロシーベルト

放射線管理区域の基準は毎時0.6マイクロシーベルト
素人計算ですがこれでよろしいですか?

一方、現在福島市の1m地点の線量はだいたい毎時1.0マイクロシーベルトです。

これって、福島市は放射線管理区域の基準より強い放射線に曝されているって事ですか?

もしそうなら、福島市に人は立ち入ってはいけないのでは?

福島市在住の方々は法律を踏みにじる無法者となるのですか?

詳しい方教えてください。

よろしくお願いします♪

Aベストアンサー

「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律施行規則」の冒頭に用語の定義がありまして。
場所の分け方として、管理区域、作業室、廃棄作業室、汚染検査室、排気設備、排水設備、、などが列挙。
このうちの「管理区域」の定義は、
「外部放射線に係る線量が文部科学大臣が定める線量を超え、空気中の放射性同位元素の濃度が文部科学大臣が定める濃度を超え、又は放射性同位元素によつて汚染される物の表面の放射性同位元素の密度が文部科学大臣が定める密度を超えるおそれのある場所」

規制値の具体的数値としては以下のように定められてる。
(1) 外部放射線に係る線量については、実効線量が三月間につき一・三ミリシーベルト
(2) 空気中の放射性同位元素の濃度については、三月間についての平均濃度が第七条に規定する濃度の十分の一
(3) 放射性同位元素によつて汚染される物の表面の放射性同位元素の密度については、第八条に規定する密度の十分の一
(4) 第一号及び第二号の規定にかかわらず、外部放射線に被ばくするおそれがあり、かつ、空気中の放射性同位元素を吸入摂取するおそれがあるときは、実効線量の第一号に規定する線量に対する割合と空気中の放射性同位元素の濃度の第二号に規定する濃度に対する割合の和が一となるような実効線量及び空気中の放射性同位元素の濃度

質問者さんが計算したのは上の(1)。
よく言われているのが表面密度の(3)。
(4)で外部被曝と内部被曝の合計値で規制するように定められてる。

以上、これら0.6μSv/h以上の空間放射線量率の場所は、用語の定義として「放射線管理区域」としての要件を満たす。
放射性物質が一定基準以上固まっていなければ放射性物質として取り扱わないというのと、放射線管理区域かどうかというのとは、別のもので、これをゴタマゼにしているのなら、放射線関係者・原発関係者の中には発達傷害と思しき人も居ますから。

「管理区域」は一般人の入り込み困難に区分けして、放射性物質が既に存在している場所を管理区域とする。
しかし原発事故の福島においては、地元住民が事故前からその場所で生活していたわけ。
そこに突然断りもなく放射性物質が乱入してきた。← 普通はこういうのはない。
福島の人間にとっては生活の場に乱入して来た放射性物質が迷惑なだけで、そこから立ちのこうが居続けようが、本来ならば本人の自由。
裁判所もばら撒かれた放射性物質は「無主物」であり、東電所有の物ではないので東電に除染義務は無いと判決出した。無主物が勝手に入ってきたのに対し、自分で自分の場所を放射線管理区域に設定しないから法に違反している… というのはありえないですよ。

しかし現状は放射線管理区域の基準を裕に超えているわけだから、
公的権限でその場に居続ける事や活動する事を「指示」すれば違法行為になる可能性がある。
そこから避難したいのに避難の機会を与えず、若しくは避難の援助をせず他の汚染地域とは異なる対応をしているのなら、公的機関、つまりこの場合は国とか自治体の脱法行為とも考えられる。
特には学校など公的教育機関で、児童生徒の意志に反する強制として被曝行為を取らせるのなら、放射線管理区域の基準を持ち出して争えるだろう。。と。

ま、普通はそこまで突っ込んで考えずに、放射線管理区域の規制基準を超えているのに何をしてるんだ? と、注意喚起や問題提起する際に皆がコレを使ってますね。
加えて、最近また一つ良い基準が出来て、地上0.5~1mの高さで0.23μSv/hのラインが除染基準として定められましたね。それ以上なら除染対象になる。
この基準は法制化される。
各自治体はこの基準値を元に独自に更に厳しい判定値を用いて除染判断してます。地上10cmの高さで計った時、、とか。

「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律施行規則」の冒頭に用語の定義がありまして。
場所の分け方として、管理区域、作業室、廃棄作業室、汚染検査室、排気設備、排水設備、、などが列挙。
このうちの「管理区域」の定義は、
「外部放射線に係る線量が文部科学大臣が定める線量を超え、空気中の放射性同位元素の濃度が文部科学大臣が定める濃度を超え、又は放射性同位元素によつて汚染される物の表面の放射性同位元素の密度が文部科学大臣が定める密度を超えるおそれのある場所」

規制値の具体的...続きを読む

Q家を継ぐと言う観点を教えてください ○代か続く田舎の長男です 実家は寂れた商店街の中央部分に築百年近

家を継ぐと言う観点を教えてください
○代か続く田舎の長男です
実家は寂れた商店街の中央部分に築百年近い店舗と屋敷があり両方を古い家屋で挟まれています
商売は続けていけない市場と環境にあります
このような実家家屋ですがやはり長男なのでこの土地建物を引き継ぎ私の子供にも受け継がせるべきなのでしょうか

私は現在は別世帯で妻子供と暮らしています
どなたかご意見をお聞かせください

Aベストアンサー

>土地建物を引き継ぎ
規模が大きく違うでしょうが、私も父の所有してきた土地と家屋を相続しました。今は空き家状態ですが、どうにか維持している、今後はどうするか、思案中というか、決定を先送りしています。

固定資産税も支払うし、壊れている部分を修繕したり、掃除、草取りなどを定期的にしているのですが、場所は一等地までは行かないでも中心地ですので、売れば買い手は探せる、借地契約で貸し出ししたり、駐車場にして管理してもらうという手も大手不動産会社から提案されています。

家屋ですが、大きいほど維持が大変、特に耐震補強が必要だったり、東日本大震災で被害が無かったものの、近隣の建物が損壊、その崩れたもので一部破損、修理した状態ですので、次にもっと大きな地震が来た場合などには被害が出そうなので、近所への迷惑を考えると建て替えるなり、耐震補強工事などを本格的にすることを考えないと住宅密集地ほどお金もかかるものです。

ということで、重要文化財クラスとか、非常に歴史的に貴重なものですと維持するにも寄付や地方自治体などからの補助も期待できる、実際に、母の祖父の寺などは荒れ寺状態でしたが、今は修復され、観光拠点に生まれ変わりました。しかし、私の父の不動産は、そこまで価値がないので、今後の活用や維持は難しいならば、更地にする方向で検討しています。

父の生前も維持が大変だった、どうにか小規模な修復作業を繰り返し、使っていたもので、近隣はほぼ全て建て替えが終了している、古い建物という点では価値があるし、東京大空襲の数年後には周囲に何も無かった状態で目立つ建物だったので、少し残念ということもあります。

土地そのものも更地にすると固定資産税も増えるし、必要に応じ検討しますが、住む予定が無いのならば、貸し出すなり、売却、あるいは、買い替えも検討する、すぐに行動しないでもよいものです。ただ、今後、地方は人が減る地域もある、今なら買い手がいても、20年後にはゴーストタウン状態になる場所もありそうですので、その時には維持する価値はないこともあります。

先祖伝来のものでも、災害や戦争、事故などで被害があることもあるし、リーマンショッククラス以上の経済ダメージがあると、存続が厳しいこともある、無理して維持するのはお勧めしません。親戚にもかつて世界のトップクラスに続く富豪もいましたが、役職を失うことで資産も大幅に減った、相続でも大半を物納したりで所有できなくなったものがかなりあるものです。相続対策を十分にしなかったと言われるとそうなのかも知れませんが、実際にどの程度の財産を残せたか、それは、その子孫の人しか知らないと思います。

いかに負担を減らして自分の子孫に残せるものを残すか、子孫も維持が大変なものは寄付するのも手、価値次第ですが、残す希望があれば、かつての先祖の屋敷として他の団体などに委ねる手もあるかも知れません。

所有することだけが残す手段ではないものです。

>土地建物を引き継ぎ
規模が大きく違うでしょうが、私も父の所有してきた土地と家屋を相続しました。今は空き家状態ですが、どうにか維持している、今後はどうするか、思案中というか、決定を先送りしています。

固定資産税も支払うし、壊れている部分を修繕したり、掃除、草取りなどを定期的にしているのですが、場所は一等地までは行かないでも中心地ですので、売れば買い手は探せる、借地契約で貸し出ししたり、駐車場にして管理してもらうという手も大手不動産会社から提案されています。

家屋ですが、大き...続きを読む

Q福島市・伊達市の大半は避難しなくていいの?

福島市や伊達市は放射線量高いですよね。高いところだと、1時間あたり3マイクロシーベルトはあるから・・・年間20ミリシーベルトを超える可能性はある。

千葉の柏や松戸がホットスポットということが話題に取り上げられるが、それどころではない。。。
しかしマスコミは福島市の放射線量が高いと言うことをあまり取り上げていないように思います。
伊達市は飯館村と一緒に出てきて、伊達市の一部地域は家単位で避難対象になったり、ならなかったりした。
福島市はけっこう人口だっているはずなのに。伊達市だってあんな避難し方でいいのだろうか。

政府はお金がかかることはしたくない・福島に住む人には仕事がある・・・とかいろいろな事情はあるけれど、本来避難すべきくらいの場所ではないのでしょうか?子供たちが心配です。

Aベストアンサー

福島や郡山の子供たちや妊婦さん、若い女性はすぐにでも疎開していただきたいです。
3月の時点で、福島県は1000人の子供たちの健康調査をしていて45%が甲状腺の体内被曝をしていることを認めています。 また、市民レベルで子供たちの尿検査をしたところ、子供の尿からセシウムが発見されたそうです。 また、鼻血や下痢の症状も放射能被害です。

NPOでチェルノブイリ原発の被害で軽度の放射線障害の障害を持つ子供たちをサマーキャンプで面倒見ていた野呂美加さんという方がいて、その人は何度もチェルノブイリ原発事故周辺地域を訪れています。

野呂美加さんが、福島市と郡山市の線量はチェルノブイリの立ち入り禁止区域より高い値とおっしゃっています。
また、山本太郎氏がやはり、線量計を持って、福島を訪れた時も住宅地内の公園など線量が高く、公園内には人影はありませんでした。 しかし、近くを通った高校生くらいの女子に聞いたところ、大変心配だが、避難地域にも指定されていないことや、経済的理由から疎開など現実にできないということでした。
また、小学校では避難した子供もいるのですが、ほとんどはそのままで、さらに、給食に40%の福島産の食材が使われているそうです。 政府の基準値以内と県の教育委員会は言っているらしいのですが、ほとんど検査はされていないそうです。 また、その基準値の値はウクライナが設定している物より緩く、数値はかなり高く設定されています。
15:00~基準値のフロップ
http://www.youtube.com/watch?v=6BzTe7nNpck&playnext=1&list=PL054CFEDF35604E3B


野呂美加さん 動画
http://www.youtube.com/watch?v=j_XByL8Do8k

基準値の比較が画面に現れます。 
http://www.youtube.com/watch?v=TFy8IUHhGkQ&feature=related

ドイツはチェルノブイリから2千キロ離れていますが、放射能被害を受けました。 ドイツの医者たちは健康調査を事故以降今も続けてレポートを定期的に発表しています。 
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/04/blog-post_17.html

先月の28日に東京電力を擁護する法案が衆議院を通過して、5兆円の税金が賠償の為に使われようとしています。http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011072902000049.html
小出先生の他で「今までの原発事故では誰も責任を取った例がない」と、おっしゃっていました。 
私たちが今の現状に無関心でいたり、どうしようもないと思っていれば、きっと、福島の子供たち、将来の子供たちが犠牲になると思います。

福島や郡山の子供たちや妊婦さん、若い女性はすぐにでも疎開していただきたいです。
3月の時点で、福島県は1000人の子供たちの健康調査をしていて45%が甲状腺の体内被曝をしていることを認めています。 また、市民レベルで子供たちの尿検査をしたところ、子供の尿からセシウムが発見されたそうです。 また、鼻血や下痢の症状も放射能被害です。

NPOでチェルノブイリ原発の被害で軽度の放射線障害の障害を持つ子供たちをサマーキャンプで面倒見ていた野呂美加さんという方がいて、その人は何度もチェルノブイ...続きを読む

Q帰宅困難区域の住人はいつ自分の家に帰れるんでしょうか。自分は福島の人間ではありませんが6号線を通る度

帰宅困難区域の住人はいつ自分の家に帰れるんでしょうか。自分は福島の人間ではありませんが6号線を通る度にそうおもってしまいます。5年以上経ってあの状況ではあと5年経っても何も変わらないんじゃないでしょうか?総理大臣の大事な人が帰宅困難区域内の住人だったら政府はどういう政策をするでしょうか?所詮は人事だからナイガシロになっている感は否めない気がします。

Aベストアンサー

6号線を通る度に見える様子だけで、総理大臣、政府などとする話は余りに短絡的。
帰宅困難者がなぜ帰宅が困難なのかからお勉強してください。
単純な話ではないのです。
それを調べ学ぼうともせず「所詮は人事」「政府は」という質問者さんもまた「所詮は人事」ですよね。

Q福島市に赤ちゃんを連れて行っても大丈夫ですか?

生後5ヶ月の子どもがいる主婦です。
福島市に住む親戚に不幸がありお葬式があるのですが、子どもを連れて行っても大丈夫でしょうか?
福島市までは東京から新幹線で行き、その他の移動は車を使って極力外気に触れないように気をつけようと思いますが、赤ちゃんなので放射線が心配です。福島市にお住まいの方たちも、乳幼児の外出は控えているのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

市の公式サイトはご覧になっていると思いますが、現在、屋外活動の制限は出ていません。基準に関する考え方についてもよくお読みください。
http://bousai.city.fukushima.fukushima.jp/info/h23-jishin/kankyouhousyanousokutei/housyanou-gakkou/kankyouhousyasen-gakkou/view

さて、肝心な福島のご親戚はどうおっしゃっているのでしょう。その方たちがいちばん、行き先の状況をご存じなわけですし、親族として、出席の重要性の度合いについても把握しておられるはずです。

ちなみに、私のまったく個人的な考えとしては、心配までしながら、生後5ヶ月のお子さんを連れていく意義は何だろうとは思います。確かに預け先を探すのが大変なのかもしれません。しかし、行ったところでお子さ自身は葬儀の記憶などすぐになくなります。ひょっとしたら、ご親戚が赤ちゃんに会いたいのかもしれません。では、赤ちゃん会いたさと放射能の心配と、どちらが勝るのかは、そのご親戚に判断してもらえばいいです。

ちなみに、県内で中高生を育てている友人は普通に暮らしています。しかし、いちばんの不安はお子さんに対する放射能の影響だと言います。じっくりとお考えください。また、四十九日や一周忌と、ほかにも機会はあろうかと思います。

市の公式サイトはご覧になっていると思いますが、現在、屋外活動の制限は出ていません。基準に関する考え方についてもよくお読みください。
http://bousai.city.fukushima.fukushima.jp/info/h23-jishin/kankyouhousyanousokutei/housyanou-gakkou/kankyouhousyasen-gakkou/view

さて、肝心な福島のご親戚はどうおっしゃっているのでしょう。その方たちがいちばん、行き先の状況をご存じなわけですし、親族として、出席の重要性の度合いについても把握しておられるはずです。

ちなみに、私のまったく個人的な考...続きを読む

Q福島市で中絶

いろいろ考え、話合いをした結果 中絶する事にしました。
最近引っ越してきたばかりでまったくわからないのですが、福島市内で中絶する人にもやさしい病院をどなたかご存知でしたら教えてくださいお願いします。
インターネットで調べて昨日ある産婦人科に行ってみましたが、最初の問診票を書く時に初めて「尚、当院では中絶手術は行っておりません」と書いてあり、あわてて「すみません。またきます」と出てきましたが、それでなんとなく受付にいた人達には私が何が目的で来たのかピンときたらしく保険証も無言で返されました。
産婦人科にとって確かに中絶目的で来る人はなんとなくイヤ(?)なのかなぁとも思いますが、中絶しなければいけないほうもいろんな意味で落ち込んでいるのになぁ…と思いつつ。。。
次の産婦人科に飛び込むのがちょっと怖くなってしましました。でも放っておくわけにもいかないし。。。
あまり込んでいなくて、いい病院をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

まず、直接の回答でなくてごめんなさい。
中絶は『母体保護法(旧優生保護法)指定医 』でなければできません(詳しくは『母体保護法指定医 』で検索してみて下さい)。
タウンページの広告やインターネットなどに、指定医と書かれている病院から探してみてはいかがでしょうか?

また、余計な事ですが、病院で診察はされたのでしょうか?
もし、その病院では無理でも紹介してもらうことは可能だと思います。


人気Q&Aランキング