「中空にとまらんとする落花かな」という汀女句がありますが、「中空に」は何と読むのでしょうか?
「なかぞらに」あるいは「ちゅうくうに」のどちらかだと思うのですが・・・・???

A 回答 (1件)

「ちゅうくう」みたいです。



参考URL:http://melma.com/backnumber_151498_4446292/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
「ちゅうくう」と読ませ、明るさがある・・・・??
そこはまだよくわかりませんが、読みがわかったことで十分です。

お礼日時:2011/04/14 13:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q荒木田守武という人の「落花枝に かへると見れば 胡蝶哉」といううたをエ

荒木田守武という人の「落花枝に かへると見れば 胡蝶哉」といううたをエズラ・パウンドというアメリカの詩人がを英訳して,それが現代詩に大きな影響を与えたと聞きました。
そこでお尋ねしたいのですが,
  落花枝に
  胡蝶
それぞれの読み方を教えていただけませんか?
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「らっか え にかえるとみれば こちょう かな」   です。

花弁がはらはらと散っているのに花弁が枝に戻っていく様に見える、よくよく見れば蝶々がひらひらと枝の方に舞っていたとの情景を詠んだものです。

Q敦盛の最期「汀にうちあがらん・・・」の現代口語訳を 教えてください!!

「汀にうちあがらん~熊谷が発心の思ひはっすみけれ。」
までの 現代口語訳を 教えてください。

Aベストアンサー

>「汀にうちあがらん~熊谷が発心の思ひはっすみけれ。」
まで
ってすごく長いですよね。全部はわからないまでも、古語辞典などで調べれば結構わかると思うのですが…授業か何かでやっているのでしょか?

↓が参考になるかと思います。

参考URL:http://rouss.fc2web.com/gensen.htm

Qハバネロの一番花が、落花しそうです。収穫への道は長いのでしょうか?

唐辛子の仲間のハバネロを育てています。

昨年は、種から育てたのですが、蒔き時期が遅かったこともあり、花は咲くもののすべて落花してしまい結実までには至りませんでした。そこで、今年は苗を買ってきて苗から育てております。

そして、そのハバネロに1週間前ほど前に一番花が咲きました。

その後、ポツリポツリと小さな花が咲きはじめてきています(今日現在4つ咲きました。つぼみは相当数な数があります。)。

今日、ハバネロを見ると一番花の付け根が細くなってきており、いかにも近々に付け根から落花しそうな状況です。

ハバネロは唐辛子の一種であるので、私の拙い知識でも、収穫時期は、秋頃であろうとは想像がつきますから、まだまだ花がひとつ落花した程度で慌てることもあるまいとは思うものの、昨年すべての花が落花してしまったのが少々トラウマになっているのかもしれません。

結構心配なのです。


さて、そこで質問なのですが、この時期に咲いている花はそもそも咲いても結実に至らず、散ってしまうものなのでしょうか。

それとも、今咲いている花も、花がしおれると結実していくものなのでしょうか。もし、そうであれば、落花させずに結実させるためにすべき事柄はありますでしょうか。


ちなみに、ハバネロの丈は35センチ程度で現在成長中ではあります。


ご助言。ご意見。などなど。

農業、ガーデニングにお詳しい方是非、是非お願いいたします。

頓首。頓首。

hazegasuki

唐辛子の仲間のハバネロを育てています。

昨年は、種から育てたのですが、蒔き時期が遅かったこともあり、花は咲くもののすべて落花してしまい結実までには至りませんでした。そこで、今年は苗を買ってきて苗から育てております。

そして、そのハバネロに1週間前ほど前に一番花が咲きました。

その後、ポツリポツリと小さな花が咲きはじめてきています(今日現在4つ咲きました。つぼみは相当数な数があります。)。

今日、ハバネロを見ると一番花の付け根が細くなってきており、いかにも近々に付け...続きを読む

Aベストアンサー

昨年ハバネロを種から育てましたが(まともに育ったのは3株でした)やはり最初の頃に咲いた花はすべて実がとまらずに落ちてしまいましたね。

やはり結実するには暑さが必要なのかもしれません。
でも、うちの場合は暑くなってからの花でも実がとまらずに落ちてしまった方が多いです。まあ、全部結実したらとてもじゃないけど消費しきれなかったでしょうから(さすがにハバネロ、とんでもない辛さですから、小さな実1個でも料理に入れるには十分すぎました)量的にはちょうどよかったのですが。

実になる花は、付け根の部分の茎が青々したまま太くなりますから、落ちる花とはすぐ区別が付きます。質問者さんの今の花は、残念ながら落ちてしまうことでしょう。
でも暑さはこれからが本番ですからね、きっとこれからちゃんと実るものも出てきますよ!

結実させるための助言には全然なってませんで、申し訳ありません。

Q句に「なる」と「する」との違いありーー芭蕉

タイトルの文章の出典と、その前後の文章をお教え
ください。
特定の句についての批評、あるいは例句の添削の
文章とも取れます。
句がわかりましたらお願いします。

芭蕉の至言だと思います。

Aベストアンサー

赤冊子

http://wasavi-design.com/txt/2009/09/000341.html

Qゴーヤの花が落花して困っています。

日除けを兼ねてゴーヤを(5苗)植えました。

勢いよく成長し毎日たくさんの花を付けてくれます。しかし、なかなか実がなりません。

よく見ると、花の大半が落花しています。花の付け根から切り取られたような感じです。

昆虫などが悪さをして、食いちぎっているのではないかと考えています。

どなたか、同じような現象を経験していませんか?

また、落花の原因並びに対策をご存じのかたおりましたら、是非教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

自宅庭でゴーヤを栽培経験5~6年になりますが、私も最初は何も分からず右往左往でした。

雄花(花の中央が黄色)がドンドン落ちるのは花粉を虫とかに渡して♂の役目を終えたからだと考えています。

受粉した雌花(花の中央が緑色)は咢の下が膨らんで来て結実したことが分かります。

立冬過ぎた頃から朝晩涼しくなり、未だ成熟してないのに端っこが黄色くなって種子を作ろうとします。

こうなると、食感がパサパサで美味しくなくなります。

私の処も今、30個ほど成ってますが、毎日朝に晩に色をチェックして少しでも黄色くなりそうな気配が見えたら大小構わず収穫してます。

今月一杯は、こんな管理をして、最後の二三個は来年の種子を作らせます。

昨年の種子は、50個位作って内30個を御近所に配りました。

種子作りにも色々コツがありますが、長くなるので遠慮します。

…追記…
ゴーヤは水と肥料が大好きですから絶やさない様に…。

Q高桑闌更の句「蝉の音も煮ゆるがごとき真昼かな」を探しています

加賀出身の俳人高桑闌更の句
「蝉の音も煮ゆるがごとき真昼かな」
が、どこに掲載されているのかを探しています。
どなたか、ご存じないですか?

Aベストアンサー

『俳諧発句三傑集』(寛政6年)に掲載されている句のようです。

『角川俳句大歳時記 夏』(角川学芸出版 2006年)p478にこの句が掲載されていて、出典が「三傑集」と出ています。この「三傑集」とは『俳諧発句三傑集』のことです(「俳諧」を付けない場合もあるようです)。ただし、この『俳諧発句三傑集』は活字化はされておらず、版本で読むか(国立国会図書館などが所蔵しています)、昭和36年にさるみの会によって出版された謄写版で読むか(所蔵している図書館は参考URLで表示します)という方法しか取れないようです(私も残念ながらこの句がこの本に掲載されていることを自分の目で確認できておりません)。謄写版については所蔵している図書館から最寄りの図書館に借りてもらうことができるかもしれませんので、もし必要であれば近くの図書館に相談してみてください。
※参考文献『国書総目録 第7巻(補訂版)』(岩波書店 1990年)、『古典籍総目録 第2巻』(岩波書店 1990年)

参考URL:http://unicanet.ndl.go.jp/psrch/PDetail.do?no=1&tcd=2024934&id=1197893696708C4C52EE99FD7B71D4322448CC8F54FD6

『俳諧発句三傑集』(寛政6年)に掲載されている句のようです。

『角川俳句大歳時記 夏』(角川学芸出版 2006年)p478にこの句が掲載されていて、出典が「三傑集」と出ています。この「三傑集」とは『俳諧発句三傑集』のことです(「俳諧」を付けない場合もあるようです)。ただし、この『俳諧発句三傑集』は活字化はされておらず、版本で読むか(国立国会図書館などが所蔵しています)、昭和36年にさるみの会によって出版された謄写版で読むか(所蔵している図書館は参考URLで表示します)という方法しか取...続きを読む

Q中村汀女作の「中空にとまらんとする落花かな」という句が、いつ発表になっ

中村汀女作の「中空にとまらんとする落花かな」という句が、いつ発表になったのか、どこに発表になったのか、ご存じの方がありましたら、お教えください。

Aベストアンサー

昭和10年(1935)作。

昭和5年に横浜税関に転任した夫に伴い横浜市の税関官舎に移り住んだ。 一人で三渓園を散策したときの句となっています。 

参考URL:http://www.melma.com/backnumber_151498_4446292/

Q「秀句は1句あればいい。3句もあれば大家である」は誰の言葉?

生涯、秀句は1句あればいい。3句もあれば大家であるといえる。
という趣旨のことをいったのは松尾芭蕉ではないかと記憶しているのですが……正しい話者と、正しい言を、お教えください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 「翁凡兆に告て曰、一世のうち秀逸三五あらん人は作者、十句に及ぶ人は名人なり」

 芥川龍之介『芭蕉雑記』の「四 詩人」より。

 芥川は出典を明示していません。凡兆が編集した『猿蓑』か、『書簡』か何かだろうと思います。ちなみに、『去来抄』『三冊子』『旅寝論』はざっとみたところ、ありませんでした。でも、熟読すればあるかも(でも、三冊とも芭蕉のことを、「師」「先師」と読んでるんで、ちがうかも)。

 情報が充分じゃなくてすみません。芥川が写し間違いをしてる可能性だってありますしね(大丈夫だと思うけど)。

 でも、言った相手が凡兆だってことが、なんとも示唆的ですね。

 付けたりに、堀辰雄さんの『雪の上の足跡』に出てくる凡兆の句を、

 鷲の巣の楠の枯枝に日は入りぬ

Q中空にとまらんとする落花かな

「中空にとまらんとする落花かな」という汀女句がありますが、「中空に」は何と読むのでしょうか?
「なかぞらに」あるいは「ちゅうくうに」のどちらかだと思うのですが・・・・???

Aベストアンサー

「ちゅうくう」みたいです。

参考URL:http://melma.com/backnumber_151498_4446292/

Q(芭蕉の句)「旅に病で」と「旅に病み」

1 旅に病(やん)で夢は枯野(かれの)をかけ廻(めぐ)る
2 旅に病(や)み夢は枯野をかけ廻る

1はご存知、芭蕉の句です(表記は小学館、日本古典文学全集70による)。
仮に私が芭蕉と同じ句想を得たとします。その場合、字余りはよくないとの知識があるので私の作は2になると予想します。一方、俳句の心得がある方は、2ではなく1であらねばならないと、あるいは1の方が断然優れていると、判定する筈です。どんな理由に拠りますか、芭蕉の代弁を希望します。
字余りに加えて、「旅に病(やん)で」は「旅に病(や)み」に比して幾分か口語色が強くなる気がする点からも私だと2にしてしまうと思います。ご回答には注文といって特にはありませんが、字余りと口語色をどう考えるかに触れて下さるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「病中吟」を論じるなど恐れ多いことですが…。
1.接続助詞「て」の意味
字余りとなる、そんな「て」の意味を考えるのに1番句(笈日記)ではなく、よりシンプルな次の句と2番句を比べます。
「旅にやみて夢は枯野をかけめぐる」(和漢文藻)
2番上五の「旅に病み」を動詞の連用形中止法と看做せば、一種の「切れ」が生じていますが、中七下五とは対等というか独立した事象の色合いが強まってしまい記述性が増し散文に近づきます。
また、別に連用形で「流した」ととった場合、因果関係のような一方向性だけが意識されて「旅」の持つ重みと離れた夢だけが空回りしがちです。
これが「旅にやみて」と、完了の助動詞「つ」の連用形中止法に由来する「て」が加わるや、状態を表わして下句を修飾する役割の中で、更に
1)時間的・論理的に先行する上五とそれに伴って生じた中七以下の関、
2)同時並列的に係わっている上五の事態と中七以下の事態、
3)上五の事態と中七以下の事態が逆説的に係わる、
などの輻輳性が高まり、その結果は上六字目となりながらも、それがむしろ単純な「て留め」のレベルをこえて、強弱共振し合い凝集力が増しているのではないでしょうか。

2.格助詞「に」の役割
どうしても上5で収めたいとしたら、2番句の「に」を「で」に変えたらいかがでしょう。
「旅でやみ夢は枯野をかけ廻る」
これについては「旅懐」の対比が参考になりませんか。
「此秋は何で年よる雲に鳥」(笈日記)
「此秋は何に年よる雲に鳥」(芭蕉句選)

3.発音便
はたして発音便を以って「幾分か口語色が強くなる気がする」ものでしょうか。
「松風や軒をめぐつて秋暮ぬ」(笈日記)
「松風の軒をめぐりて秋くれぬ」(俳諧曾我)
「なんで秋の来たとも見えず心から」(鬼貫)

「病中吟」を論じるなど恐れ多いことですが…。
1.接続助詞「て」の意味
字余りとなる、そんな「て」の意味を考えるのに1番句(笈日記)ではなく、よりシンプルな次の句と2番句を比べます。
「旅にやみて夢は枯野をかけめぐる」(和漢文藻)
2番上五の「旅に病み」を動詞の連用形中止法と看做せば、一種の「切れ」が生じていますが、中七下五とは対等というか独立した事象の色合いが強まってしまい記述性が増し散文に近づきます。
また、別に連用形で「流した」ととった場合、因果関係のような一方向性だけ...続きを読む


人気Q&Aランキング