初めに断っておきますが,決して宗教や精神世界が悪いと言っているわけではありません。
全く個人の自由であることは重々承知です。

そこで質問なのですが,身近に宗教じみた思想・精神世界にハマっている人がいます。
きっと皆さんの周りにも一人二人いるのではないでしょうか?
ネット上にもそういう人たちが集まって「教え」を広めているブログがあったりしますよね。
「愛の世界」とか「神・天使とつながる」とか…。
宗教ではないし,お布施を取るわけでもありませんが,有料のセミナーなどがあります。
参加者が個人の意思で参加しているので,詐欺なわけではいけれど,彼らの「教え」の
内容はどうみてもチープな論理でしかないのに「なんでこんなものを盲信できるの?」と
不思議で不思議でなりません。

はたから見ていると,そういうものに関心を持ってしまうのは結局,さみしい人・仕事や結婚・恋愛が
うまくいかない人等など…つまり不遇で「世の中に認められない人」「この世の中を生きていくのに
落ちこぼれ的な人」が大半ですよね。(ちょっときつい言い方ですが,端的にいうとそうです)

だから人生を好転させたくてそんなものにもすがってしまうのでしょうが,偽善的に「人間は
それぞれがみんな完璧だ」的なことを言う割には,上から目線で「自分たちの考えが正しくて,
自分たちが最新・最良の精神世界に生きている。自分たちの考えに同意しない者は遅れていて,
真実を理解していない」的なことを言う。矛盾だらけ。

早い話が「幸せな人に対する嫉妬・羨望」で,おまけにお金や物質的に豊かな人は「悪」との偏見を
持っている。「ものが見えていないのはあなたたち」「この世の中に適応する能力に劣っているから
そこから逃げようとしている自分が解らない」はっきり言って「幼稚」な人たちだと思うのですが
みなさんはこの手の思想をどう思われますか?

世の中が不景気だったり,不安定な時はこの手のものがはびこることは世の常ですが,
どうみても「子供騙し」の理論や大昔から一般論として言われている教訓みたいなものを
それらしく焼き直ししている古臭い教え。そしてそれに便乗して商売しようとしている人が
拡散させているだけだとしか思えないので,それを「盲信」して「盲目」になってしまう人の
心理が理解できません。

自分に直接害があるわけでもないし,無視して放っておけばいいのはもちろんなのですが,
この「不思議」の解決(納得?)をしたい気もするのです。

濃い宗教談義ではなく,俯瞰で全体的なことをお聞きしています。
みなさまのご意見やエピソードなど教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

その感触や考えで良いし、その違和感も疑問もよいと思います。



宗教と自己啓発がギリギリなものが多いですよ。
多分質問者さまのは、レイキとかヒーリング系かな?
あえて宗教ではないという場合は、宗教に近い観念の自己啓発というグレーな感じで、特定の「神」がいないという感じかなあ。

人は、見えないも、答えの無いものへのイメージを膨らませせたり、
共通の「恐怖」や「不安」を抱くものです。
そういう隙間産業かなあと…。
適度な自己啓発や、古来の信仰や風習はいいとして…です。

個人的にそういう方と接してみると、結局、幼稚というより、問題への解決方法が現実的に出来ないのかなとか、現実逃避にしかみえないことは多いです。

不遇→心が不安定
   通常、カウンセリングや精神科に行く所、何故か霊視や神社へ行 
   く。
不幸続き→通常、解決策を探すところ、何かの因縁だと思う。

そんな感じで、解決策のチョイスが基本的に現実離れしているなあ…。
と思います。

数人の初期からの変化に接してみて、「自然の話」「憑かれている話」「祈りの話」の単語が少しでも出たら、私の警戒センサーが働きます。
「自然の話」は時々ありますよ。
元々、アウトドア派で、自然が大好きでもないのに、地球環境の話とか、
空が奇麗だとか言い出して、違和感感じますし…。
その場合、その人の最近の背景を探ります。

子供の頃から知っている人の場合、
占いが好き、血液型が好き、風水が好き、幽霊信じるタイプの人は何となく陥り易いように感じてます。
なんか全般的な見えない世界に興味関心があるのでしょうね。

生きていれば不思議な現象もあるし、因縁めいた事もありますが、
生きてたら、そらあるわ~、ということにはならないのが残念な感じです。
人に人生を決めてもらいたいのかも知れません。
占いにしても、自分で決断して、自分の意志やタイミングを見れないという現れでもあります。
因縁にしても、見えない人のせいにさえして、ドン引いてしまいます。

年齢のせいか、
何処へ仕事で行っても、それが、どんな良い環境であっても、
苦手な人と、不思議系や宗教•自己啓発系の人は、必ず少数いますから、苦手な人ジャンルで、ひとくくりにしてます。

時々、バランスの良く、丁度良い感じの面白い「不快」でない方もいますが、大体は、聞けば聞く程、モヤモヤするので、聞かないようにしています。

周囲に本音をさらけ出せず、悩み続け、弱い人であれば、そうなることもあるのかなあと思います。

人に迷惑を掛けなければ基本的にOKですし、
個人の価値観として話すのもOKです。
ですが、良さを「知ってもらおう」というのは個人的にNGです。
金銭が発生しなくてもNGです。
「教え」という意味で、頭に入れてこようとしてきますから、いい迷惑ということで、避けます。

質問者さんは、驚いたと思いますが、いますよ結構。
私は年齢も重ねているので、ひとつアドバイスするとしたら、
そういう会話をさせない雰囲気の人間になることです。
話をされた時点で、あなたは聞いて貰えると判断されているのです。
あなた自身のスキが何かあるのではと思います。

そういう出会いを繰り返しをすると、そういう人を見抜けていきますから、そのうち誰も不思議な話はしてこなくなります(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
全く同感です。

ちなみに私のところには直接そういう話は来ません。
来ても「完全否定」ですし。

質問文は柔和に書いていますが,本当の私はかなりドギツイので
もしそんなのが目の前に来てしつこく同調を求めてきたら,
逆に徹底的に論破してそいつがもう二度と立ち上がれないくらいに
精神的に叩きのめしてやります(笑)

それが私が人生で学んだ正解ですから。
「みんななかよし」だけが正解はない。

お礼日時:2011/04/15 08:51

宗教だけを信じて周りが何も見えない 見ない 信じない


ここまでキチガイになってしまった人は、まあ死ななきゃなおらんとしかいえないのですが

先ほどの私の意見で 一般人というのは
こんなもんに狂ったように頼ったって何もならない ただ、神社仏閣風習は風土や生活に留め置いて
あくまで「イベント」としてかかわろうと ちゃんとわかっているのが一般です。

普通に考えりゃわかることですからね 人形に願掛けたってかなわないことなんて

それでも、彼岸や盆には墓参りもすれば寺も行く 商売繁盛や子宝成就厄落としなんかは、気の引き締めとして行く、大晦日・新年には詣でに行く

あくまで「イベント」や「景気づけ」「気持ちのいれ変え」の儀式のようなモンです。
宗教だけってのは頭がおかしいですけど、日本には「神様けんかせず」ってもんがあり
どこの宗派だろうがどこの神社だろうがをまたいで拝んでも願いは聞き入れられるという
平和的でかつもっともとっつきやすい決まりごとがあります。

だから、仏像や仏閣を美術鑑賞として歴史の舞台として見に行く人 長年続く神社仏閣をおとづれる
近所の社に毎朝挨拶に行く 仏壇を拝んで今日一日ふんどし締めて生活しますと報告する
寝る前に今日一日の行いを振り返る 飯時に「いただきます」という

こういうのは、宗教狂いでも何でもありませんので、偏見もありません。
自分の行いを確認すること 今日一日の生活に気合入れること 宗教じゃなくても
「当たり前に行うとよい事」ですから。
ですから普段伊勢神宮とかお稲荷さんにおまいりに行ったりする人たちをキチガイとは思いません
あくまでこの行動が「一般人」の行動です。


宗教狂いは、結局欲の塊で 自分は助けられる 自分は何やっても たまたまいいことは神のご加護
当たり前で悪いことは どこかの誰かのせい 集まりに参加すれば「あああなたは何も悪くない **が悪い ああカワイソ カワイソ 苦しかったでちゅか?」とさすられ
努力もしなければ、がんばりもしないで自分で自分の能力を落とし、ご都合主義で生きる
いいたとえで 性風俗に行くようなもんですわ。 金さえ払えば、どんな容姿でもプロの方が
あらゆる手を使って身も心も快楽させてくれる。
裸で乳出して触らせてくれるか 言葉巧みにぬるま湯の王様気分にさせてくれるかそれだけの違い


文字だけの説明でも 実にくっだらない 生きてるのか死んでるのかわんないような
生き方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

追加ありがとうございます。
結局,自分では尽力もせず,お手軽に「見返り」を期待しているのですよね。

お礼日時:2011/04/15 10:30

3歳の女の子を一人で遠くのトイレに行かせた母親がいました。

女の子は殺されました。母親は殺した人間を恨み慰謝料を請求します。

6歳の女の子を一人で市営プールで遊ばせた母親がいました。女の子は事故で死にました。以下同文。

これらは極端な例ですが、その母親達のように「自分の非を認めるのが耐えられないから責任転嫁したい。そのための後ろ楯として人間よりも高次の存在は絶対に安心」という、弱く醜い心が多いのだと思います。

キリスト教も「不満分子の神がかりな屁理屈」だから当初は政府から厳しく弾圧された。

そう考えると「苦行に耐えかねた元王子様が考えついた仏教」は平和だなぁ、とも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>自分の非を認めるのが耐えられないから責任転嫁したい。そのための後ろ楯として人間よりも高次の存在は絶対に安心という、弱く醜い心が多い

同感です。
彼らの中に多いのは「○○のせいで」という発想が強い。
こっちからしたら単に「自分のせいだろ!」って思うことばかりですよ。

お礼日時:2011/04/15 08:34

要は自分に自信が無いから



悪いことがおきたら何もかも誰かのせいにしたい
自分が苦しんだらみんながみんな自分に都合のいい心地いいことを言って さすってもらいたい
大勢の人とおんなじ方向を向かないと不安

こういう未練がましい しみったれた人が宗教にはまります。

ここにも沢山いますよね、自分の不幸や失敗を大げさに人事のように質問しておいて
「ああいい子いい子つらかったねぇ」って意見しか求めず
自分の悪さを指摘されると、知りもしないような相手の人格や人生まで勝手に脳内でくみ上げて
否定してクソミソに言うキチガイや
死にたい死にたいと書いておきながら じゃあ死んだほうが良いでしょうといえば
私は生きたいんですと、ほざくキチガイ

そのキチガイに「ああいい子いい子」といって見返りに何かをもらう人が教祖です。
無料セミナーだってその入り口に過ぎません
入場料は無料だけど中に入ったら出すもの出してもらうよというのがやり方です。
そりゃ出すもんだしてもらわなければ、活動する場所も 教材も作れもしないし維持もできないんですから

考えても見ましょう
受験でがんばってがんばって希望校へいけるように勉強した
そこに合格祈願のお守りを渡した
希望校へ合格できました。 理由は何でしょう

宗教狂いなら 「そのお守りのせい 神のご加護」といいます
普通に考えるなら「勉強をがんばった本人の実力」お守りってのは「アンタのことを応援してる人がここにいるよ」って励みなだけでしょ

宗教ってのは悪いことは全部悪魔だのなんだのせいにする反面
人のがんばりは一切無視で いいことは神のせいにする 自分放棄の考えです。
がんばれば神が見ていて報われる。 そんな得体の知れないもんが見ていなくても報われるわな・・・
だからバカバカしいのです。

石ころ 布切れ 加工した金属 紙切れとインク 木彫りの人形 こんなもんにガン掛けて願いかなってたらこの世の中誰も働いてません。

それを気づいている人が一般人
それだけに頼ってる人は 宗教キチガイ
それを利用するのが教祖です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうです。「自信」がないからですよね。
同感です。

質問文にはあえてその言葉は使いませんでしたが,私も彼らはキチガイだと
思っています。
彼らはなぜ気付かないのか,その馬鹿さ加減が不思議です。

お礼日時:2011/04/15 08:31

私は、身内に洗脳者がいるため、脱会できない創価学会員です。



概ね、あなたと同じ考え方をしています。


原因としては…、

自分や他人といった「人間」を信じることができない「弱い心の人」を作り出す【教育】にあると考えています。

「記憶力だけを競い合う」学校教育の、一番の問題点だと思います。

人として当たり前に身についているべき「古臭い教訓」が、何一つついていない人間が増えすぎました。

悲しいことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

脱会できない学会員の話は昔からよく聞きますね。
大変でしょうが洗脳されている身内の方がはやく目を覚ますといいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/15 08:27

それだからなんなのですか?



実は、あなたも、何処かの宗教に入りたかったりして、それを言い出せないものだから、

こんな、質問をしちゃって、なんて、ただそれだけのことと、ととられば

良いのでは。

世の中には「個」を、「己を」確立していない人は沢山居ます。でしょう。

まよえる、羊の群れを、集める人もいれば、きょうみないひともいる、ただそれだけのことでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

その邪推は全くの的外れです

お礼日時:2011/04/15 08:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング