ドイツの会社で音楽で使用するドラムなどの音を販売している会社がありまして、そこで購入した音を使用し曲を作って、なんどかメールで曲を送付し聴いてもらったことがあります。
昨日、前に作った曲を音質をよくしてメールで送付したら長い文章が返ってきました。
もしお時間がありましたらぜひ翻訳をお願いしたいです。
よろしくお願いします。


I think the mix is not bad if you consider that you started making music not so long ago. The kick could be much more in the front also use parallel compression for this track. Hip Hop needs in your face kicks and basses. Low frequencies make you wanna dance in the club so the kick and bass transports all the energy of the song. There are also some bad frequencies at around 700 Hz to 1 kHz ( I can't locate exactly) and also some bad phasing which might also be the fault of the bad youtube converter. However don't be worried, mixing and Mastering are one of the most difficult parts in a usual music production chain. And it's also still a big challenge for me after 25 years of making music. And you do not want to listen to my first mixes because they really hurt :-)

Also the mixing might not be that good, because I just made everything in a few hours. Usually It takes me more than 5 days to mix and master a song. So it could for example be 3db louder, that's for sure. Furthermore I just used your track from the youtube video which really has a very bad quality and it was kind of destroyed. When I gained or reduced some frequencies it got even worse. So I could not really get it to harmonize with the other instruments. Maybe you hear the difference when I removed your track at 2:00 To be honest it's very stupid to use mp3s or not to say youtube audio for mixng. It's kind of an unwritten law not to use mp3 or compressed audio material which makes sense of course. But no risk no fun :-)

Anyway I hope you will like it. And BTW: You can use the track for whatever you like it's all yours. But if you should make money with it, it would be very kind if you contact me then.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

音楽編集経験の短い割にはミキシングは悪くない。

キックをもっと前面に押し出すと同時にこのトラックでは多重コンプレッションと使うと良い。ヒップホップには迫力あるキックとベースが必要。低周波数はクラブで踊りだすような感じにさせるし、キックとベースは歌のもつ力を伝えてくれる。700Hzから1kHzのあたりに(ちょっと正確にはわからない)いくつか良くない周波数とフェイズがある。ユーチューブのコンバーターのせいかもしれない。でも、心配は要らない。ミキシングとマスターリングは、音楽編集の中で一番難しい過程だ。25年もこの商売に携わっているが、この部分はいまだに難しい。最初に編集した音楽を聴くのはいやなことだ。がっかりだ:-)

全工程を二・三時間で済ませたから、ミキシングも良くないかもしれない。ミキシングとマスターリングで五時間以上かかるのが普通だ。たとえば、確かに3dbだけ音量が大きいかもしれない。さらには、質の悪いユーチューブのビデオから貴方のトラックをとったから、状態がほぼ最悪だった。周波数を合わせる努力をしたけれど、かえって悪くなった。楽器同士のハーモニーが伝わってこなかった。二時にトラックを除去した時、何か違いに気が付いたでしょ。正直な話、エムピー3やユーチューブのオーディオをミキシングに使うのは、結構あほらしいことだ。エムピー3や、コンプレスト・オーディオで作った音を編集に使わないのはプロとして暗黙の了解がある。楽しいことだけどね:-)

とにかく、気に入ってくれるといいと思う。ところで、このトラックは君のものだから、好きに使ってくれたまえ。売れることになったら、もう一度こちらに連絡してくれたら、感謝する。

以上です。相当意訳しました。ミキシング、マスターリングなど、ローマ字で書いたところは音楽用語なので、あえて訳しませんでした。判りますよね。

それでは、Good Luck.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなりましたがすばらしい訳をありがとうございます!!!!

お礼日時:2011/04/29 04:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング