東京都で一括有期事業の労災保険に加入した場合、
東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡のエリアで使用が可能と言われました。

他の地域はどの様に分けられているのか、分かる方がいらっしゃれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

厚労省HPにあります。



参考URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouho …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一括償却資産の任意償却について

10万円以上20万円未満の一括償却資産を計上しました。今期赤字の為、たの減価償却資産は任意償却で償却しませんでしたが、一括償却資産は任意償却できるのでしょうかそれとも強制償却でしょうか?

Aベストアンサー

法人の場合は任意償却です。(個人の場合は強制償却です。)

一括償却資産の場合、法人税法上損金に算入される金額は、法人が損金経理をした金額のうち、次の算式により計算した金額に達するまでの金額とされています。

損金算入額限度額=一括償却対象額×その事業年度の月数/36

このように一括償却資産の場合も償却限度額が定められているだけで、その範囲内なら損金算入が認められるということです。

Q日本で加入する一括有期労災は海外で有効か

一括有期労災(継続事業ではない)は海外で工事を行う場合にも加入できますか。
国内では元請けが掛け、下請負人が被保険者となりますが、今回は下請負が海外業者となります。
ちなみに海外とはアジア諸国(ベトナム等)です。
元請けの現地出張員は海外労災保険に加入予定です。
国内の労災が加入出来なければ、現地国の労災保険のようなものに下請業者が加入すればよいですか、元請けが加入しなければならないのでしょうか。
あるいは労基に問い合わせるべきですか。出来ればこの質問の回答で解決したく思います。

Aベストアンサー

日本の法律は日本以外では原則適用されません。従って、日本の労災保険法には海外で適用になる条文はありませんから、海外では適用されません。まして、海外の下請け業者には適用されません。
海外で工事をするのなら、その国の法律に従います。
もっとも、労災保険法には特別加入制度があります。要件が満たされるのら、発展途上国に派遣される日本の労働者は、特別加入制度を利用すれば、その本人だけは労災保険で救われます。質問文に記載の「海外労災保険」がそれでしょうね。
なお余計ですが、有期事業の一括は、元請業者の労働者と下請業者の労働者が被保険者です。「下請負人」とありますが、下請け会社の社長や個人事業主は適用外です。

Q検索エンジン一括登録ソフト

検索エンジン一括登録ソフトでよい物を
探しています。検索エンジン一括登録ソフトで
検索しても結構怪しいHPが出たりして(見た目と
は違うでしょうが)どんなのがいいのかわかりません。

お勧めのソフトがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

あー、オートコレクターですね。特典テンコ盛りの情報商材(ツール系)。でも、これって使い方間違うというか、連発しまくると一発でスパム行為になりますから注意した方がいいかも?です。

って言うか、巷のアホバカアフィリエイターが既に連発してるので、ひょっとしたらスパムツールといったような評価を受けてるかもしれませんね。

確かにセールスレター読んだらとっても魅力的なんですが・・・。
被リンクの大量増産でSEO対策の一つの手としてはいいかも?なんてネ
でも、冷静に考えると被リンクが1日で何万件も出来るというのはやはり異常な事ですから。。。

それに、このツールを利用して検索エンジンリスト(色んな分野のハウスリスト)を生成できてそれを情報商材として販売、若しくは特典として情報商材のアフィリ活動のオマケとして利用できるとか、その生成リストを元に購入者自身が検索エンジン登録代行者として即開業可能とかの魅力を語ってますが、はたしてどうなんでしょ?

やはり巷のアホバカアフィリエイターとかが利用して購入者自身が悪徳業者扱いになる可能性もおおいにありますのでね。

私なら、宣伝野郎Aチームなんかがいいかも?とも思います。安いし。
コレ→http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se238190.html

ベクター登録ですからまぁ、巷の乱立する情報商材(ツール系)よりかは多少信用あるかもしれません。が、これも使い様によってはスパムになる可能性大です。

いずれにしても、この手のツール類は利用方法を誤ると一発でアナタ自身スパム行為者あるいは悪徳業者扱いされるので要注意です。

ネット上での「一発太郎(http://ippatsu.net/TARO/)」あたりでも十分な気がします。

まぁ、購入するしないはあなたが決める事ですのでこれ以上言いませんが、ツール類購入時は要注意です。ホント。

あと、「メールアドレスコレクター」なんてのもありますが、これもスパム行為を助長する可能性が大です。

あー、オートコレクターですね。特典テンコ盛りの情報商材(ツール系)。でも、これって使い方間違うというか、連発しまくると一発でスパム行為になりますから注意した方がいいかも?です。

って言うか、巷のアホバカアフィリエイターが既に連発してるので、ひょっとしたらスパムツールといったような評価を受けてるかもしれませんね。

確かにセールスレター読んだらとっても魅力的なんですが・・・。
被リンクの大量増産でSEO対策の一つの手としてはいいかも?なんてネ
でも、冷静に考えると被リンク...続きを読む

Q雇用保険をさかのぼって加入すると、労災保険の加入もしなければならないのでしょうか。

いつもお世話になります。
さて、タイトルの通りなのですが、昨年アルバイトから正社員になった従業員の話しです。

アルバイト期間(H18.2~H18.10)には労働保険に加入していなかったのですが、
H18.11月から正社員になり、そのときから労働保険、厚生年金、健康保険に加入済みです。

会社の業績が悪く、倒産するので解雇されるのですが、
この社員の雇用保険の期間が6ヶ月に満たないので、
雇用保険の給付が受けられません。

遡って加入することはできるらしいのですが、
「遡及被保険者資格取得に関する賃金支払額報告書」というものに
労働保険番号と雇用保険適用事業所番号とあり、記入するようですが
雇用保険を遡って加入すると、その分の労災保険も加入するようになり
労災保険料も発生するのでしょうか。

労災保険と雇用保険の関係がいまいちわからないので教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ややこしかったですね。
言い方を変えると
人を雇用した時点で労災に加入しています。
ここは絶対です。

自動的に加入と見なされますから保険料も払わなければなりません。
加入している以上、事故などが起き、申請し認定されれば労災保険が降ります。
本来は雇用した時点で手続きをし、保険料を払わなければならないのですが、手続き等していない場合は未納として扱われます。
バレた時点で最大2年分(時効があるため)とたぶん延滞利息などが請求されるかと、、、

で、雇用保険は労災と同じ労基署での加入ですから、ここでバレる事になります。
年末調整は税金であり、税務署管轄ですから、必ずしもバレる訳でもないですね。
(最近は横のつながりもあるのかな?)

Q教えて下さい。テレマ経験の方

第一次の入金案内のテレマの経験がある方。仕事内容は続けられそうな業務ですか?テレマ業界は入れ替わりが激しいと聞いております。今回、テレマ未経験での仕事で不安なのですが・・。派遣元はパ〇ナさんです。

Aベストアンサー

テレマーケティング管理経験者です。
テレマ業界は入れ替わりが激しいとのことですが、私から見て・・・の考察になりますが、理由は下記の通りかと。

(1)耐久力がない(同じことの繰り返し)
(2)くよくよするタイプ(お客様に叱咤されるとやめたくなる)
(3)より時給のよいテレマへの移行
(4)よりやりたい業務(カスタマーサポートや別職)への移行

第一次の入金案内であれば、クレーム率も低いですし比較的コールしやすいお電話です。お客様も「あぁ、忘れてました」とか「忙しかったから」などが大半です。クレームも想定される案件には対応方法もマニュアル化されていますし、大事になったら責任者のSV(スーパーバイザー)が対応します。

派遣元も信頼のできる会社です。多くの派遣会社の中でも、業務委託する企業の中でも信頼のある会社です。今度、違う派遣会社に登録する際にも、こちらの派遣経験があると、安心されるそうですよ。(友人の話ですが)

何かを売りつけたり、アポイントや契約をとるお仕事は正直大変です。ですが、先ほども書いたとおり、質問者様の業務内容であれば、笑顔で敬語がキチンとお話できれば問題ありません。どうか頑張ってください^^

テレマーケティング管理経験者です。
テレマ業界は入れ替わりが激しいとのことですが、私から見て・・・の考察になりますが、理由は下記の通りかと。

(1)耐久力がない(同じことの繰り返し)
(2)くよくよするタイプ(お客様に叱咤されるとやめたくなる)
(3)より時給のよいテレマへの移行
(4)よりやりたい業務(カスタマーサポートや別職)への移行

第一次の入金案内であれば、クレーム率も低いですし比較的コールしやすいお電話です。お客様も「あぁ、忘れてました」とか「忙しかったから」などが大半...続きを読む

Q一括有期事業開始届

建設業事務職のものです。
前年までは毎月10日までに一括有期事業開始届けを監督署に
提出していました。
しかし、今年から行政書士事務所と顧問契約を提携し、労務面につきましてはそちらの事務所に一任していますが、開始届けの提出は必要ないと言われましたが・・・。先日、今年の労働保険の申告について説明会があり、社会保険事務所・ハローワーク・監督署が説明してくれましたが、毎月の開始届けを参考に一括有期事業開始届けを作成すると作りやすいとのアドバイスでした。
開始届は、毎月提出する必要は本当にないのでしょうか?
提出しないことで何かデメリットはないのでしょうか?

Aベストアンサー

>開始届は、毎月提出する必要は本当にないのでしょうか?
提出しないことで何かデメリットはないのでしょうか?
廃止になったとは聞いていません。必要です。ただし、請負金額が500万未満の工事は纏めることが出来ます。
また、提出しないと、監督署はいつ、どこで、どんな工事が行われているか全くわかりませんから、安全面等の指導や監督が出来ず、また、災害が発生して保険給付を行う場合にも何かと支障をきたします。これは最大のデメリットです。

>行政書士事務所と顧問契約を提携し、労務面につきましてはそちらの事務所に一任しています
大体これが問題です。この種の手続きは社労士の専属業務です。社労士法に違反する恐れがあります。専門家でないので
>開始届けの提出は必要ない
このようないい加減なことを言うのです。

なお、年度更新の際に利用すれば、確かに仰るとおりですね。

Q消費者契約法における事業者とは

消費者契約法における事業者の定義がよくわかりません。

「団体」というのは事業や営業に関係なく、事業者の扱いになり、消費者契約法が適用されるのでしょうか?

どのようなケースが事業者の扱いを受けるのか具体的に教えて下さい。

Aベストアンサー

法律の文言上はそうですね。「法人その他の団体」であれば、事業の有無にかかわらず、事業者になるのが原則です。

ただし、マンション管理組合など、事業を行わない法人・団体が事業者になることについては異論もあり、事業者であるかどうかは法人であっても実態に応じて判断すべきであるとの見解もあります。

もっとも、「法人その他の団体」という表現ですから、ここで言う「団体」とは、法人に準じるようなもののことです。例えば、近所の数人で作っている仲良しテニスサークルのようなものは、一応団体とは呼べますが、消費者契約法上の事業者にはなりません。

Q契約社員の雇用保険・労災保険の加入について

教えてください。

2ヶ月更新の契約社員の雇用保険および労災保険の加入は必要でしょうか。
出勤日数は通常の一般常勤社員と同じです。

なお、業種としては建築土木関連です。
回答お願いいたします。

Aベストアンサー

契約社員であっても、31日以上の雇用見込みがあること。1週間当たりの所定労働時間が20時間以上であること。が、加入条件です。又労災保険は、これらの規定はなく全員を加入させなくてはいけません。
常勤社員と同様の勤務でしたら、健康保険・厚生年金にも加入の義務があります。

参考URL:http://www.jtuc-rengo.or.jp/kurashi/hoken_tenken/tenken_no.html

Q事業用定期借地権の目的外利用について

不動産実務または関係法令に詳しい方、ご教授ください。

例えば、太陽光発電設備のために土地を賃貸する場合など、建物の所有を目的としないのに、事業用定期借地権を設定登記する事は可能で すか?

私なりに調べてみると、事業用定期借地権は事業用の建物の所有を目的としていることは分かりましたが、その権利を目的外で設定登記した時、どの様な不利益があるのかまでは調べることが出来ませんでした。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

前者の解答は誤りです。

借地借家法上の借地権とは、建物所有を目的とするものです。
事業用とは、店舗工場ボーリング場など主目的が建物です。

まず、公証役場に行けば、公正証書を作成できないといわれます。

太陽光発電のように撤去可能な場合、借地借家法で強力に保護する必要はありません。
民法の賃貸借で十分だからです。

「借地借家法の解説」住宅新報社

Q労災保険未加入での事故

現在、労災保険未加入なのですが、従業員が事故を起こし
病院へ通院しています。
この場合、今から労災保険の加入を行った場合に、
(1)遡っても保険が出るのか?
(2)保険料をいつまで遡って請求されるのか?
(3)罰則などはあるのか?
について、教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 質問・回答のやりとりをしている時間があったら、早速手続きを始めてください。そもそも事業を始められたときに、ハローワークに事業所設置届を提出されていますか。「未加入」ということは、労災と雇用保険のための保険関係成立届を出していないということですね?この2件の届は始業後10日以内の提出が義務付けされています。

 怪我した従業員の方が立て替えているのではない限り、医療費の請求は病院から行政に直接行きますから、そうなる前に早めに手続きを完了しましょう。労災は労働者を守るための制度ですから、保険金は給付されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報