こんな時にこんなことをと何度も躊躇(ちゅうちょ)したのだが、逆に今しかないと思い直しあえて書くことにする▼もし世界のどこかに日本を侵略したいと考えている国があるとすれば、今、地震、津波、原発事故等々で苦悩混乱しているこの今こそは日本侵略の絶好のチャンスであろう▼ところが、いかなる国も攻撃を仕掛けてこないし、第一日本の自衛隊が緊急国防体制に入ったという話は聞かない。自衛隊は救難活動や復旧作業に汗を流し、誠に健全な姿を示している、言ってみれば今、日本は平和なのだ▼ならばなぜこの日本が弱体を曝している絶好の時にどこの国も戦争を仕掛けて来ないのか。その理由はいろいろあるであろうが最も根本的な理由は、それは世界の目が日本に注がれているからである。現在日本はまさしく世界中の平和世論によって守られているのだ▼いわゆる日本の同盟国アメリカの軍事報復を恐れて攻撃が仕掛けられないのではない。それ以前に世界中の倫理観が弱体日本への攻撃を許さないのだ▼この事実を直視する時、人間への信頼に基づいた平和思想、平和外交がいかに大切かが分かるであろう。そしてひとたび誤れば人類絶滅をも招きかねない軍事思想、核兵器や化学兵器に頼った「力」の外交のむなしさもまた明らかになるだろう。(八重洋一郎)

http://www.y-mainichi.co.jp/news/18111/

--------------------------------------

憲法9条でも日米同盟のおかげでもなくて、世界中の平和世論によって日本は守られているのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

日本が攻撃されないのは、


憲法9条や日米安保条約とは関係が無く、
単純にその価値が無い為です。
イラク、イラン、クウェート、リビアなど
戦争の起こっている地域は資源が豊富で
宗教や人権問題が在るところばかりです。
戦争をする為には大義が必要なだけで無く、
巨額な戦費が掛ります。
ですから、イラクは攻撃されたのに、
北朝鮮は放りっぱなしです。
戦争に勝っても全く賠償金を
取れないような国を
わざわざ攻撃する理由もない訳です!

また、北朝鮮なども日本と交渉している
つもりは無く、アメリカから
譲歩を取付けたいだけですから、
積極的に攻撃する事は考えていないでしょう!
ただし、韓国国境線の紛争からも分かる様に、
自国に攻撃する演習などには機敏に反応します!
現在は震災が有ったと言っても、
自衛隊に打撃がある訳でも無いので、
特に攻撃するチャンスでも有りません!

将来、日本近海のメタンハイドレードなどの
天然資源が領土問題の火種になる
可能性は有るものの、今すぐでは
有りません!
また、資源競争になった時は
中国やロシアだけで無く、
アメリカや台湾などとも険悪な
関係になる事も想像出来ます!
ま、先の話なので今すぐ考える
必要は無いでしょう!

この回答への補足

自衛隊に打撃がある訳でも無いので、日本は軍事的に弱体化していないということですね?
それ以前に、日本に価値は無いので攻められることはない、と。

補足日時:2011/04/26 10:17
    • good
    • 0

 はい。


 憲法9条があるから、他国が攻めてこないわけではありません。
 これは国内で通用する、限定的法律です。海外はそんなの守らなくてもいいということですから、関係ないですね。

 世界の環境は、お互いに補う関係です。それは、太陽や水、空気と同じように、何か1つなくなれば生きていけません。それは、国と国の関係でも同じです。それほど高度に経済発展してると思ったほうがいいでしょう。
 ですからすべてつながりあってます。

 そこでもし有事があったら、まず世界的に非難され、報復され、、多国籍軍や国連などで、また経済封鎖、アメリカなど銀行を使えなくしたり、、、これはそうとう効き目があるそうです。そうなると経済はストップしますね。
 そういう国際関係を少なくとも世界の良識あるTOPは知ってます。
 ですから、リビアを見てもわかるように、世界が軍事的に介入してます。その根底には、人権という考えがあります。それを無視すれば、黙ってないということです。またそういうことがわからない人は戦争などをするのでしょうが、、そういうやつは、世界は本気で抹殺するでしょう。それも現実です。
 そういうことがわかってないと、どの世界のTOPリーダーの世界にもいけないでしょう。

この回答への補足

ってことは、質問にあるコラム執筆者の主張は、理にかなっているということですね?

補足日時:2011/04/26 10:13
    • good
    • 0

8の補足について


質問者さんは本当に私の回答を読まれて、補足を書かれましたか?
私の書き方を見ればそんな補足を書かれるとは思えないのですが。
戦争とは軍事力だけで行うものではありません。直接戦闘するのが二国であったとしても二国だけで行われるものではありません。それは日本の戦国時代を見ても、日露戦争を見ても、ベトナム戦争を見ても解ることです。ベトナム戦争で圧倒的軍事力を持ち総合的国力でも圧倒的に上回っているアメリカがなぜ敗北したのかわかりますか。日露戦争は日本とロシアが直接戦争しましたがアメリカが深くかかわっていたことをご存知ですか。これが対米戦争の布石になっていくわけです。
仮に今の日本に侵略したら世界中が日本側を支持するでしょう。私の上げた「大義名分」はあまりにも突飛で無理があります。さらに事態が悪化し、日本政府・国民が分裂する状況になれば収拾に乗り出すのはIAEAを旗印にアメリカ・フランスなどの原発先進国の部隊でしょう。すでにアメリカは日本に駐留していますので新たに侵略などとはなりません。

現実に起こることは経済上の戦いです。これはすでに日本からの輸入品に対し放射能検査を行う、日本からの食品を扱わないなどと出ています。日本国内でも愚かな風評被害が出ていますが、世界的に日本が風評被害に遭いだしているのです。そして日本での生産力が落ちているのは事実ですので、そこに自国の製品を売り込んでくるのは必然です。特に韓国・中国との激しい経済上の戦いになるでしょう。
銃による侵略がどうのこうのなどと空論をもてあそんでいる暇はありません。

この回答への補足

で、質問にあるコラム執筆者の主張は、理にかなっているということですか?

補足日時:2011/04/15 10:05
    • good
    • 0

「平和理論」という建前の「報復理論」が正解。




倫理観はたしかにあり、弱体日本への攻撃を許さない。

しかしその倫理観こそが報復という驚異により強制的に生まれている概念なのである。

この回答への補足

「平和理論」?意味がわかりません。

>報復という驚異

誰からの報復ですか?
弱体を曝している日本ですか?

補足日時:2011/04/15 10:03
    • good
    • 0

震災に見舞われているとき侵略したら世界中から悪者と袋たたきに合います。

ですので今の時期は中国も尖閣諸島近辺をうろちょろしません。ロシアも大臣が国後択捉に来ないでしょう。韓国も・・・、と思ったら、韓国だけは放射能にかこつけて竹島に放射線量測定器を取り付けました。

どちらにしろ、今この時期に日本を叩くのは韓国政府・韓国マスコミくらいでしょう。世界の平和世論というよりもただの世界世論です。戦争を始めるには大義名分が必要です。あり得るとすれば、「福島原発の処理は日本政府には任せられない、放射能汚染はわが国にも及んでおりわが国民を守るために福島一帯をわが国の影響下に置かねばならない」といって福島に派兵する。それを日本政府・国民が阻止しようとしたら、「妨害勢力を排除するため日本全土を実効支配しなければならない」と言って全面侵略に移行するシナリオでしょう。

それよりは経済的に日本を追い落とそうとするでしょう。これは世界の世論も非難はしないでしょうから確実に行ってきます。現に阪神大震災の時は神戸港が使えなくなったのを好機として釜山が急成長しました。現実に起こるのは経済戦争です。

この回答への補足

弱体を曝している絶好の時に例に挙げられたような大義名分を示して実力をもって侵攻しないということは、憲法9条や日米同盟ではなく、平和世論or世界世論により日本の独立はまもられているということでしょうか?
もしそうだとすれば、質問にあるコラム執筆者の主張は、理にかなっているということですか?

補足日時:2011/04/14 17:44
    • good
    • 0

リビアを見ればわかるでしょう。



リビアは平和世論によって各国から攻撃を受けることになり、
平和世論を逆手にとって人間を盾にするという防御方法をとって防ぐことが出来ている。

この回答への補足

「弱体を曝している日本にどこの国も戦争を仕掛けて来ないのは平和世論のおかげ」という質問にあるコラム執筆者の主張は、リビア情勢を見ると理にかなっているということですか?

補足日時:2011/04/14 17:16
    • good
    • 0

正確な日時を忘れましたがアメリカは3月12日か13日には第七艦隊を支援として出動する表明を行い、空母エンタープライズや旗艦ブールリッジなどを日本海や三陸沖合いに出動させました。

 これを見て中国やロシアはがっかりしたと思います。

沖縄での政府の失政でギクシャクした日米関係でしたが、緊急事態となればアメリカは口より先に手を出すのがはっきりとしたし、少なくとも被災地でのアメリカへの信頼度はアキカン政府よりはずっと良いと思います。


>憲法9条でも日米同盟のおかげでもなくて、世界中の平和世論によって日本は守られている
被災地に出動している10万人と言われている自衛隊も不要と思われますか?

この回答への補足

ということは、弱体を曝している絶好の時にどこの国も戦争を仕掛けて来ないのは、日米同盟のおかげだからですか?

補足日時:2011/04/14 16:02
    • good
    • 0

>攻めてくるほどの欲しいと思わせる物がないってことは、守る為の自衛隊はいらないってことですか?



勿論、ノーリスクでほぼ只でくれるのならば欲しがる国はいくらでもあるでしょうね。
話の飛躍の仕方が、質問中のコラムニストと同んなじなんですね。

この回答への補足

自衛隊というリスクが無ければ「資源は少ないし国土は小さい」けど「忍耐強い国民性は労働力としての価値はある」から欲しがる国があるってことですか?
奴隷目当て?

補足日時:2011/04/14 15:06
    • good
    • 0

侵略という行為をゼロか100かで考えるとゼロに近いと思うのでしょうが、実際の外交はその中間で動いています。



つまり、日本固有の領土である国後・択捉島を実効支配しているロシアが、日本の弱体化のタイミングで、この実効支配の島にミサイルをデプロイしようとしています。
また、日本固有の領土である竹島に対して、韓国が恒久的建築物を建設し、実効支配をより強固なものにしようとしているのです。

ですから、やはり相手国が弱体化したときに攻め入るという古典的な兵法はいまだ健在と言うべきでしょう。

この回答への補足

>日本固有の領土である国後・択捉島を実効支配しているロシアが、日本の弱体化のタイミングで、この実効支配の島にミサイルをデプロイしようとしています。

検索してみると、震災以前に報道されていますが・・・

>日本固有の領土である竹島に対して、韓国が恒久的建築物を建設し、実効支配をより強固なものにしようとしているのです。

これも、震災後に動いたことですか?

補足日時:2011/04/14 15:01
    • good
    • 0

思うのですが、今の日本ってリスクをおかしてまで攻めて、欲しいと思わせる物ってあるんでしょうかね?資源は少ないし国土は小さいし。

侵略されたら、一部の知識人以外の頭脳労働者は排除されるだろうし。。。忍耐強い国民性は労働力としての価値はあると思いますが、フィジカルが弱いし、、、

。。。と読みながら考えてしまいました。そんな感じ。

この回答への補足

攻めてくるほどの欲しいと思わせる物がないってことは、守る為の自衛隊はいらないってことですか?

補足日時:2011/04/14 14:31
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング