ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

旧東ドイツにおける言論、音楽などの表現の規制がどのようにあったのか? 職業選択の自由があったのか?(例えば路上で靴磨きなどで稼げたのかなど)教えて頂きたいと思います。 宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あなたの疑問に答える本が出ていますよ



『ニセドイツ1』『ニセドイツ2』 伸井太一著 社会評論社

建前では御法度ですが
西ベルリンという西側のショーウインドーが国内にある東ドイツは
西側の文化的攻勢に必死に抵抗すべく?

生地が悪いジーンズを生産し
ヌード雑誌も発行され
皮肉なことにあらゆる公刊雑誌を差し置いて東ドイツでは最高の売上

ロックバンドもどきもありました
ただ上記の本を見る限りファッションやヘアスタイルは同時代の西側バンドを必死に真似たようですね

結局あらゆることを西側の真似ようとしたが、何れも中途半端
勿論反体制的な表現はできないし消費財は粗悪
それでも探偵小説、冒険小説、SF小説など娯楽小説や西側のパクリTVゲームなどありました

市場経済導入後のハンガリーを除けば
東ドイツは他の東側諸国に比べれば文化的自由度は高かったでしょう

一度上記で紹介しました本をご覧になってください
堅苦しい北朝鮮と全く違い滑稽と思えるほど東ドイツは面白い国と思えますよ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

書籍のご紹介ありがとうございます!

読んでみます!
ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/13 10:14

旧東ドイツ(DDR)において、社会主義ですので、勿論、言論の自由などありませんでした。

音楽も反政府を歌ったロックやフォークソングなども歌えませんでした。 東ベルリンは西ベルリンを囲んでいたので、西ドイツの夜の8時のニュースだけは見ることが出来ましたが、その他のTVは見られませんでした。西からの書籍物は一切読めませんでした。
当時は隣人も友人であっても、密告が当たり前だったようで、例えば、西からの親戚がたびたび訪ねて来るような家は、隣人からの妬みから党に密告されるようなことがあったようです。 西ベルリンに親戚が居る人は、コーヒー、チョコレート、ニベア、バナナ、オレンジなどの土産を西から持ってきてもらうのが普通のようでした。当時高級品だった、デジタル時計やカメラは税関を通るのが難しかったようです。

職業の自由はありません。但し、フィギュアースケートのカタリーナ・ヴィットの様に、オリンピックでメダルをいくつも取ってくるような選手はホーネッカーと肩を並べてDDRのプロパガンダとして大いにもてはやされ、若くても一軒家を与えられたりしましたので、オリンピック候補になりそうな他種目の子供達はドーピング漬けの日々でした。 

大学への進学も党に入らないと進学できないとかあったようです。

路上での靴磨きはドイツの習慣として、西も東にもありません。
小遣いを稼ぎたいときは、畑仕事などを手伝うとかの簡単な手伝いしかなかったのではないでしょうか。または、楽器の演奏の家庭教師なども考えられます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

一つ一つ御丁寧にありがとうございます。

参考になりました!

お礼日時:2011/04/14 23:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東ドイツと西ドイツでの価値観・国民性の違いについて

あまり歴史には詳しくないのですが、

東ドイツ=社会主義
西ドイツ=資本主義

といったイメージを持っています。

ドイツが分断されていた年月は、歴史全体から見れば僅かですが、当然、両国での教育や国民性は異なっているかと思います。

それぞれの国の教育による価値観や、国民性は、それぞれどういったものであったのでしょうか。

また、東ドイツが西ドイツに吸収されて今のドイツができたようですが、西ドイツと今のドイツの価値観と国民性には、根本的な違いはないのでしょうか。

Aベストアンサー

東ドイツ=DDR=Deutsche Demokratische Republik=ドイツ民主共和国=共産主義
西ドイツ=BRD=Bundesrepublik Deutschland=ドイツ連邦共和国=民主主義

東ドイツの教育は普通の授業と平行して、職業訓練も重要視されていました。
例えば、秋になると、農家の収穫を手伝うとか、Lehring, Geselle, Meisterと言った職人の見習い制度も重視されていました。

西ドイツでは保育園、幼稚園が不足していましたが、東では、保育園、幼稚園が充実していたようで、働きたいが、子供を預けられないといった心配はほとんど無かったようです。

西ドイツでは学校で初めて習う外国語がラテン語か英語ですが、東ドイツでは、ロシア語か英語、ラテン語でした。ですから、東出身の人はロシア語が分かる人がけっこういます。

また、東ドイツでは、SED=Sozialistische Einheitspartei Deutschelands=ドイツ社会主義統一党だけが、政党で、この政党党員の子供と、農民の子供が大学に行け、そこの党員でない人の子供は優秀でも大学に行けませんでした。

また、Abi(Gymnasiumの卒業試験)で彼らは、SEDをたたえる論文を書かなければ、大学に行けなかったそうです。

そして、例えば、農民の子が無事大学を卒業して、エンジニアになったとして、その人がSEDの党員でなければ、いくらその子供が優秀でも大学には入れてもらえない仕組みになっていたそうです。
もし、党に入っていない人の娘が優秀で、大学に行きたいのに行けないとかになると、身近な西ヨーロッパから来ている外国人とその娘が、偽装結婚して、彼の本国から西ドイツに渡って西ドイツの大学へ行くなどと言うこともあったようです。
教育自体は、西ドイツよりも東の方が良かったようです。

嘗て、東ドイツはオリンピックでメダルを多く稼いでいましたが、彼たちはSEDの格好のプロパガンダで、子供のころから、ドーピング漬けにされていた人達がほとんどで、ドイツ再統一後は大きなスキャンダルになっていました。
フィギュアースケートのカタリーナ・ヴィットはよくホーネッカーと雑誌などの写真に写っていて、プロパガンダの代表だったとも言える人です。

国民性の違いといって、バイエルン人と東プロイセン人との違いは無いと思います。ただ、地理的な関係で東プロイセンの人の引揚者が、東ドイツには多かったと思います。

東ドイツの時代は、友達や隣人がお互い見張っていて、スパイさながらの写真を撮って密告するなど、日常茶飯事、平気でやっていたようです。ですから、人を信じない人が多かったのではないでしょうか。

東ドイツでも東ベルリンでは、夜8時のARD(西ドイツの1チャンネル)のニュースが見る事が出来ました。西からの新聞、雑誌、出版物は禁止で、バナナ、オレンジ、チョコレート、コーヒーは市場にありませんでした。当時の東ベルリンのアレキサンダープラッツの喫茶店ではインスタントコーヒーで、その広場のスーパーでは、脂身の多いサラミーソーセージとラベルの貼っていない缶詰ばかりが目立っていました。缶詰は買って帰って、どうやって中身を判断するのか不思議に思ったものです。チェックポイント・チャーリーの国境を越えた東側は廃墟のビルしか見えず、人の気配が全くしない感じの所でした。

また、壁が崩壊する前、ハンガリーがオーストリア国境を開けると言った時に自分達の子供を置き去りにして、逃げた親が多くいて、壁の崩壊直後、当時のコール首相夫人が自らバスを運転して、その子供達を救いに行ったのは有名な話しです。

現在、嘗てDDRだった地方は、西よりも、目だった産業も無く、若者の失業率も高く、ザクセン州などはネオナチなどに走る若者がけっこういます。最近は親子3代ネオナチなんていうのもあるようです。

ベルリンの現在の国会議事堂内に国境線がありました。
そして、その脇に川が流れていて、鉄格子で仕切られている横に、十字架がいくつもあって、見れば、その前の年に撃たれた人のものもありました。30年前の話です。皆自由に行き来できる、いい時代になりました。

東ドイツ=DDR=Deutsche Demokratische Republik=ドイツ民主共和国=共産主義
西ドイツ=BRD=Bundesrepublik Deutschland=ドイツ連邦共和国=民主主義

東ドイツの教育は普通の授業と平行して、職業訓練も重要視されていました。
例えば、秋になると、農家の収穫を手伝うとか、Lehring, Geselle, Meisterと言った職人の見習い制度も重視されていました。

西ドイツでは保育園、幼稚園が不足していましたが、東では、保育園、幼稚園が充実していたようで、働きたいが、子供を預けられないといった心配は...続きを読む

Q東西ドイツの格差について

東西ドイツの格差について
1989年ベルリンの壁が
崩壊し、東西ドイツは統合して、
通貨も無理に統一しましたが、
東西ドイツの格差は解消された
のでしょうか?最近、新聞に
ドイツの情報が少ないので
よく分かりません。
興味があるので、是非、
教えて下さい。

Aベストアンサー

「ドイツの抱える大きな課題の一つは、失業問題である。失業者数は、2005年2月に戦後最大の522万人を記録した後、過去数年にわたる労働市場改革の成果もあり、2008年10月には300万人を割り込むなど改善傾向が続いていた。しかし、2008年後半からの景気後退を受け、雇用情勢は再び悪化し(2009年11月:失業者数322万人、失業率7.6%)、失業率の地域格差は依然として解消されていない(2009年11月:旧東独地域の失業率11.8%、旧西独地域の失業率6.6%)。」

「東西ドイツの経済格差は依然大きく、連邦運輸建設都市開発省の「旧東ドイツ地域開発に関する年次報告書2009」によると、2008年の旧東ドイツ地域のGDPは、旧西ドイツ地域のGDPの71%の水準である。」

http://www.de.emb-japan.go.jp/nihongo/deutschland/wirtschaft.html


人気Q&Aランキング